気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:ZIP


    日テレ『ZIP!』 首位独走から3位転落 リニューアルは改悪?


    NO.7382316 2019/04/08 14:55
    日テレ『ZIP!』 首位独走から3位転落 リニューアルは改悪?
    日テレ『ZIP!』 首位独走から3位転落 リニューアルは改悪?
    「今日という日が、皆さんにとってよりよい一日でありますように」――毎朝、日本テレビから聞こえてくるお決まりのフレーズだ。

    見ている視聴者はもちろんご存じであろう、朝の生情報ワイド番組『ZIP!』エンディングの挨拶である。

    この4月に放送9年目を迎えた同番組は、4月1日からリニューアル。

    だが、視聴者の中からは「改悪」といった声も漏れ聞こえてくる。

    視聴率は現在、『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)と『めざましテレビ』(フジテレビ系)の後塵を拝して民放3位。

    2016年には、年間平均視聴率で同時間帯トップを誇っていただけに、この状況は歯がゆいものがあるだろう。

    リニューアルした中で、最も大胆に変えたのはキャスティング。

    これまで月曜から金曜まで、桝太一アナウンサーと総合司会を務めていた川島海荷が降板。

    代わって、徳島えりかアナウンサーがその穴を埋めることになり、桝・徳島という局アナコンビが仕切る番組となった。

    これまで女性総合司会者にタレントを立ててきた同番組では、初めての試みだ。

    しかし、川島の降板以上に『ZIP!』ファンを驚かせたのが、「MOCO’Sキッチン」を担当していた速水もこみちの卒業。

    「もこみちに関しては、昨年8月時点でコーナーの人気は低迷していました。同10月には、コーナーのリニューアルを図り、『もてなしMOCO』をスタート。ゲストを招いて、料理でもてなすという内容でしたが、この路線変更が視聴者をさらに遠ざける結果に。まず『MOCO’Sキッチン』は、『料理をするカッコイイもこみちを見る料理ショー』といった発想でスタートしたため、リニューアルによって意図がブレてしまったのです」(放送作家) 

    ちなみに、4月1日から「MOCO’Sキッチン」に代わり、イケメンのハーフ男性・マーティンが47都道府県の朝ごはんを食べ歩く「日本全国朝ごはんジャーニー」が放送されている。

    川島の卒業、速水もこみちの卒業ときて3つ目の痛手が、11年の番組開始当初から金曜パーソリティーを務めていた鈴木杏樹の降板だ。

    「鈴木は、桝アナを除けばスタート当時からいる唯一のメンバー。その雰囲気で癒やしをもたらしていただけに、今回の卒業による視聴者のショックも大きいようです。しかも、新たな金曜の顔になったのは、鈴木と正反対のキャラクターといえる吉田沙保里。視聴者離れに拍車をかける危険性もあります」(同) 

    4つめは、「non・non」(集英社)専属モデルの貴島明日香が務めるお天気コーナーの変更だ。

    「4月から、気象予報士・小林正寿と2人で気象解説するようになりました。彼女ももちろん、これまで通りお天気キャスターとして出ているのですが、役割が半減。彼女見たさにチャンネルを合わせるファンも多いため、ネット上では『男なんていらねえ』『明日香ちゃんの存在意義がない』などと、もこみち卒業を超える勢いで批判が上がっています」(同) 

    これらのほかにも、リニューアルポイントはあるのだろうか?

    「今まで立ったままMCをしていたのが、着席スタイルで臨むようになっています。しかし、これが番組にどんな好影響をもたらすのかはわかりません。また毎日の企画として、『ZIP!バースデー』という、その日生まれた有名人を祝うコーナーもスタートしています。数人をナレーションで紹介しつつ、パーソナリティとゆかりのある人物にまわつるトークをするというものですが、人気コーナーに育つとは思えません」(同) 

    そのほか、エンタメコーナーのブラッシュアップや、コーナーの終了などさまざまな努力を図っているようだが、気になる一発目、4月1日の視聴率は『グッド!モーニング』午前7時台が10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『めざましテレビ』午前6時10分〜8時が9.2%に対し、『ZIP!』は8.2%と3位。

    一時期は首位を独走していた同番組は、果たして視聴者を取り戻すことができるのだろうか?
    【日時】2019年04月08日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【日テレ『ZIP!』 首位独走から3位転落 リニューアルは改悪?】の続きを読む



    (出典 techdou.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/02(火) 18:39:28.89 ID:TYqaNTiH9.net

    女優の鈴木杏樹が、先月13日放送のテレビ朝日系ドラマ「相棒」で、7年間レギュラーを務めてきた小料理屋「花の里」の2代目女将・月本幸子役を卒業した。

    また、3月末で8年間レギュラーを務めていた日本テレビ系の朝の番組「ZIP!」を卒業した。

    4月1日スタートのNHK連続テレビ小説「なつぞら」で、劇団の看板女優役として出演するものの、現在のレギュラー番組は、ニッポン放送のラジオ番組2本となってしまった。その「相棒」を卒業した理由を発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

    同誌によると、その落ち着いた演技は主演の水谷豊からも好かれていたというが、ほかの番組を掛け持ちしていた関係で、撮影が鈴木待ちで組まれることになってしまったという。

    水谷の「相棒」にかける思いは相当なもの。共演者にも兼業をせずに全力で臨むことを求めるため、鈴木の兼業をあまり快く思っていなかったというのだ。ちなみに、降板は3月まで放送されていたシーズンの撮影前に告げられたのだとか。

    「水谷はマンネリを好まないので、そろそろ鈴木は“お役御免”と思ったのでは。おそらく、キャスティングのバランスからして、次のシリーズからは新たな女性キャストが加わることになるだろう」(テレ朝関係者)

    とはいえ、鈴木と所属事務所としては、大きな収入源であった仕事を一気に2本失ってしまった。

    「『ZIP!』の降板は、視聴率が上がらなかったために“クビ”になった形です。鈴木の事務所といえば、テレビ局に対して営業をかける時はかなり強気で行くことで知られています。そんなこともあり、“リストラ”される時は真っ先にターゲットにされてしまったのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

    すでに決定しているかもしれないが、相棒の新キャストの座を誰がゲットするかが注目される。

    http://dailynewsonline.jp/article/1755474/
    2019.04.01 21:00 リアルライブ


    【『ZIP!』に続き、悲しみの声 鈴木杏樹が『相棒』を降板せざるを得なかった理由】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/29(金) 06:23:11.03 ID:BvknMFYj9.net

    女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ元レスリング選手の吉田沙保里が、
    4月から朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)で金曜日のメインパーソナリティーを務めることが発表された。
    現在の金曜日のメインパーソナリティーは、番組開始当初から出演している鈴木杏樹だが、3月末で卒業。吉田は鈴木の後任となる。

    「『ZIP!』は3月末でMCの川島海荷、オリーブオイルの普及に貢献した料理コーナー『MOCO’Sキッチン』の速水もこみちも卒業するため、
    リニューアル後の後任が誰になるかと話題になっているところでした。そんな状況下で3月24日放送の『行列のできる法律相談所』(日テレ系)に出演していた吉田本人から新加入が語られたため、
    ネット上ではちょっとした騒ぎになっているようです。
    吉田は実績のある選手でしたが天才肌のアスリートだったため、指導者になって若手を育成するには厳しいとささやかれてもいました。
    さらに吉田本人も自身のことを『タレントに向いている』と公言していましたから、『ZIP!』就任は当然な流れかもしれません。
    しかしネット民からは『勘違いするな』『似合わないメイクや洋服もレスリング選手だったから許せたけど、タレントとしては許せないし見たくない』
    『現役時代は素直にすごく応援できたけど、去り際はタレント活動が楽しくなっちゃってしょうがなかった感が否めなくて、なんだかなぁと思ってたらコレか』
    『田村亮子のように政界進出して今より嫌われそう』など批判的な声が続出しています」(女性誌記者)

    日テレとしては2020年のオリンピックで吉田をレポーターとして稼働させるために「ZIP!」に引き込んだのかもしれないが…。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16233437/
    2019年3月29日 5時58分 アサ芸プラス


    【【日テレ】吉田沙保里「ZIP!」金曜レギュラー出演決定で聞こえてきた“厳しい指摘”】の続きを読む

    このページのトップヘ