気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:Koki



    (出典 img.jisin.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/14(日) 09:45:31.08 ID:H8FtV8Ln9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    木村拓哉(46)と工藤静香(49)の間に、隙間風が吹き始めたともっぱらだ。原因は2018年に華々しくモデルデビューした次女Koki,(コウキ=16)のプロデュースが思うように軌道に乗らないためだという。

    コウキは今年4月期の中条あやみ主演の連続ドラマ「白衣の戦士!」の挿入歌「片隅」の作曲を手がけた。ピアノ、ストリングスをバランスよく配したミディアムバラードで、
    楽曲提供を受けたのは、あの三浦大知(31)。今年2月に平成の天皇の「在位30周年記念式典」に出席し、上皇が作詞し、上皇后が作曲した「歌声の響」を熱唱した。
    三浦は、18年まで2年連続でNHK紅白歌合戦にも出演。最近の新曲は、オリコンで初登場ベスト10入りが当たり前になりつつある“国民的歌手”だ。

    ところが、コウキ作曲の「片隅」は6月24日付のオリコン週間シングルランキングで12位。
    同日発表された三浦の最新ライブ「DAICHI MIURA LIVE TOUR ONE END in 大阪城ホール」のDVDとBD(ブルーレイ)を合計した
    「ミュージックDVD・BDランキング」は初登場1位。これを踏まえると「片隅」は残念な結果だったと言えるだろう。

    「コウキは母・静香が17年に発売した30周年記念アルバムに収録されている3曲の作曲を担当しています。中島美嘉にも楽曲提供し、作曲家としてある程度の“箔”をつけたことで三浦に新曲を歌ってもらえたのでしょう。
    コウキのプロデューサーでもある静香の戦略性を感じます。ただ、『片隅』のセールスが思うように伸びなかったこともあり、今後はテレビ局もコウキの楽曲採用には慎重にならざるを得ないでしょう」(音楽関係者)

    ■三浦大知に上から目線

    また、コウキが「片隅」について「実力のあるアーティストの方に歌っていただけるのを熱望して書いていた曲」とコメントを発表したことも評判を落とすことにつながった。
    三浦は芸能界ではコウキよりキャリアが長い。ネット上では「ずいぶん上から目線ですね」といった厳しい意見が相次いだ。

    この状況に静香は苛立ちを隠せない様子だという。

    「最近では家族でテレビを見ていても、音楽関係の話題に触れるのは“タブー”みたいな雰囲気があるそうです。
    せっかく三浦を担ぎ出すことに成功したのに、思うように曲が売れなかったからです。コウキはモデルに専念すべきだという声もありますが、静香は負けず嫌いの性格です。
    ほとぼりが冷めたら、また新曲のプロモーションを仕掛けてくるだろうというのが周囲の一致した見方です。
    気の毒なのがキムタクです。ジャニー喜多川社長が亡くなって、いろいろと大変なはずなのに、娘のプロモーションに協力する流れになりつつあります。
    もともとキムタクはコウキの芸能活動に賛成していたわけではありませんから憂鬱だと思いますね」(ドラマ関係者)

    最初は親の七光で注目されても、消えていく2世タレントは山ほどいる。コウキの実力もメッキがはがれ始めた。
    娘がダメージを負う前に引き際を見極めるのも親の務めだろう。

    (芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16771593/
    2019年7月14日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL


    【メッキがはがれ始めたKoki, ママ静香プロデュースが空回り】の続きを読む


    Koki,木村拓哉の写真をインスタ投稿? 2度目の登場に「痛い」の声


    NO.7545311 2019/06/19 20:47
    Koki,木村拓哉の写真をインスタ投稿?2度目の登場に「痛い」の声
    Koki,木村拓哉の写真をインスタ投稿?2度目の登場に「痛い」の声
    木村拓哉と工藤静香の次女でモデルとして活動しているKoki,が、6月17日にインスタグラムのストーリーズを更新。

    そこに、木村と思しき人物が写っていたことで、ネットユーザーの間から「もう家族ネタに走るの?」「話題集めようと必死だね」と、呆れた声が続出している。

    「Koki,は『Dreaming on dad’s lap』という文章とともに、こげ茶色の犬を膝に乗せた人物の写真を投稿。英文を直訳すると『パパの膝の上で夢を見ている』となるため、ネット上では写真の人物について『これってキムタクだよね!?』と話題になりました。木村は自身のweiboに愛犬の写真を掲載しているのですが、これがKoki,の投稿した犬とそっくりで、さらに“dad(パパ)”と記載されていることから、写真の人物は木村だと見て間違いないのでは」(芸能ライター)

    この投稿には喜びの声も多数上がっていたが、「仲がいいのはステキだけど、もうやめた方がいいと思う……」「家族ネタで注目されようと必死な感じが痛い」「Koki,って家族ネタばっかりで、最初から実力で勝負する気ないでしょ?」との指摘も。

    「昨年5月、ファッション誌『ELLE JAPON』(ハースト婦人画報社)の表紙を飾り華々しくデビューしたKoki,は、その後も続々と有名ブランドのアンバサダーに就任。しかし、何の実績もないモデルがこのような活躍をすることに違和感を抱く人は多いようで、Koki,には『親の七光り』『ゴリ押し』という声が常に付きまとっています。16日の“父の日”にも、『Happy father’s day』という一文とともに、インスタで木村へ感謝のメッセージを送っていましたが、この時もネット上では『家で直接言えば?』『“親子アピール”がウザイ』と、反感を買っていました」(同)

    Koki,のインスタグラムに木村と思われる人物が登場するのは、これが初めてではない。

    昨年11月13日、木村の誕生日にシルエットだけのツーショット写真が投稿され、これが「木村とKoki,ではないか」と言われていた。

    「この時も、明らかに木村だとわかる写真ではなかったのですが、『お誕生日おめでとう!ファンキーでカッコいいお父さんの娘に生まれて来れて本当に良かった』という文章とともに投稿されていたことから、写真の人物が『木村なのでは?』と話題になりました。その一方で、Koki,に対して『父親を利用するのやめて』『二世アピールがすごいな……』と批判が続出。それでも再びKoki,のインスタに木村が登場したため、ネット上では『この人たち、自分たちが世間からどう見られてるかわかってないの?』『木村家がどんどん残念になっていく』などと言われていました」(同)

    頻繁にSNSへ家族のことを投稿しているため、「それしかネタがない」と見られてしまっているKoki,。

    あえて世間に公表する必要はないのかもしれない。
    【日時】2019年06月19日 17:39
    【提供】サイゾーウーマン


    【Koki,木村拓哉の写真をインスタ投稿? 2度目の登場に「痛い」の声】の続きを読む



    (出典 image.dailynewsonline.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/03(金) 12:37:48.56 ID:hZr5ruuT9.net

    俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香の次女でモデルのKoki,がファッション誌「ViVi」6月号で表紙の“カバーガール”に抜擢。
    同号でViVi専属モデルから卒業する河北麻友子を押し退けての表紙デビューということもあり、賛否両論を巻き起こしている。

    若干15歳にして「ブルガリ」アンバサダーを務め上げ、一度も映画出演を果たすことなく「エル・ガール ライジングスター賞」なるシネマアワードに輝くという離れ業をやってのけたKoki,。
    今回のViVi表紙への抜擢に対しても“またゴリ押しか…”との強い反発が続々とネット上に寄せられており、長年にわたって「ViVi」へ貢献してきた河北麻友子への同情の声も多く散見される。

    だが、不幸にも自身の卒業とKoki,の表紙抜擢が重なってしまった河北にとっては、“相手が悪過ぎた”としか言いようがない。

    「河北を応援するファンや、Koki,の恵まれ過ぎている境遇にウンザリしているアンチにとって、今回のViVi表紙デビューはKoki,のゴリ押しを非難する格好の出来事ではありますが、
    そもそもファッション誌の表紙を飾るのは必ずしも読者が求めるモデルではなく、その号を商品として考えた場合の“看板娘”という要素のほうが強い。
    その点で、今のKoki,は手にしたもの全てが超話題商品になってしまうほどに度を越した注目を集めており、話題性という面ではほぼ敵なしの状態。
    過去に『ELLE japon』で表紙を飾った際も、編集部には通常では考えられないほどの問い合わせが殺到し、“1989年の日本版創刊以来最大の反響”だったとされています。
    彼女を表紙に抜擢した今回の『ViVi』もネットニュースやワイドショーで頻繁に取り上げられ、その度に“ViVi”という名前が世間に知れ渡ることになります。
    卒業号だからといって河北を表紙に据えるというのはあまりにも凡庸かつ順当すぎる展開であり、Koki,を超えるほどの話題性をもたらすことは無かったでしょう」(エンタメ誌ライター)

    芸能界で天下を取った木村拓哉の娘という他とは一線を画したブランドを纏い、なおかつ容姿端麗なのであれば、ファッション業界がKoki,を放っておくはずがない。

    つまり、まだデビューから日が浅く、今が旬とばかりに強烈な存在感を放ち続けているKoki,とそもそも同じ土俵での椅子取りゲームに参加するのは、同業者にとってはあまりにもリスキーだったということだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1806610/
    2019.05.03 10:14 アサジョ


    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    【相手が悪過ぎた?河北麻友子がKoki,に「ViVi」表紙を奪われたワケ】の続きを読む


    Koki,平成のスターは「両親」 「SMAPライブいつも楽しみに」


    NO.7433185 2019/05/01 16:49
    Koki,平成のスターは「両親」 「SMAPライブいつも楽しみに」
    Koki,平成のスターは「両親」 「SMAPライブいつも楽しみに」
    ■Koki,初の独占インタビュー
    ――平成はどんな時代でしたか。

    「災害も多く大変な悲しみもあった中、再起する人間の強さも感じました」

    ――個人的には?

    「平成は自分の起点であり、新しい挑戦もあり、新しい世界と新しい自分を見つけさせてくれた時代です」

    ――令和はどんな時代にしたいですか。

    「多くの命が奪われる戦争だけは起きてほしくない。争いがないことを願います。そのためには今まで認められなかったものが認められる時代になってほしい。みんなが何かを受け入れる、そんな時代になってほしいです」

    ――寛容さが求められる時代だと。

    「例えばどの国でもまだ男女の格差はあると思うし、どの国の人が嫌いとか肌の色などでの差別とか、そういったことがまだ存在していて、そこから生まれる争い事が今でもある。そういった“他者との違い”をみんなが普通に受け入れられる、そんな時代になればいいなと思います」

    ――そのためには?

    「当たり前であることを当たり前にすることが、凄く大切だと思うんです。どの時代でも、誰かが悪いって言ったら、みんなが束になって悪いと言う傾向がある。自分の意思とか自分の考えているこ..



    【日時】2019年05月01日 10:31
    【ソース】スポーツニッポン


    【Koki,平成のスターは「両親」 「SMAPライブいつも楽しみに」】の続きを読む



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/24(水) 08:05:02.84 ID:M6BfyvjE9.net

    「静香さんの元には、テレビ局やレコード会社をはじめ、Koki,さんとの“母娘共演”のオファーが数多く届いています。あるテレビ局は200万円を提示したと聞きました」(ファッション関係者)

    4月14日は工藤静香の49歳の誕生日。Koki,(16)はインスタに母娘2ショット写真をアップし、母への感謝の言葉をつづった。

    《私は愛情あふれる家族に生まれて、こんなスーパーママを持つことができ、とても感謝しているし、うれしい》
    《人がどんなことを言っても、どんなふうに批判されても、たくさんの愛と希望を持って私を育ててくれて本当にありがとう》

    6月12日発売の工藤のアルバム『Deep Breath』のジャケット写真と同じ構図のインスタの2ショット写真はSNSでも大きな話題になった。にもかかわらず、実は“母娘共演”をKoki,がすべて断っているという。

    「工藤さんはアルバム発売の翌日から全国ツアーがスタートしますが、当初、このツアーにKoki,さんのサプライズ出演が検討されていました」と語るのは、音楽関係者。

    「披露する曲目の中にはKoki,さんが作曲した曲も組み込まれる予定で、母娘共演は長年、
    工藤さんを応援してきたファンにとっても嬉しいプレゼントになると、制作側が提案してみたそうです。しかし、母娘共演にはNGが出されてしまいました」

    まさかの“共演拒否”の理由は、何だったのか――。

    「Koki,さんは『モデルとして世界で活躍したい』という強い意志を持っているのです。
    しかし、母親と共演すると“タレント”のイメージがつく懸念が出てきてしまう。彼女の“本業”とは異なるため、きっぱり断っているそうです」(前出・ファッション関係者)

    Koki,は昨夏、ファッション誌でモデルとして電撃デビュー。すぐさまブルガリやシャネルといった高級ブランドのアンバサダーに就任し、
    インスタグラムのフォロワー数もいまや150万人突破と世界からも注目されるようになった。

    「最終的に背中を押してくれた父・木村拓哉さんからは『やるならナンバーワンを目指すこと』とアドバイスを受けたそうです。
    信念を曲げず芸能界の第一線を走り続けてきた両親にならって、Koki,さんも初志貫徹。“モデルとして大成”という、自分のポリシーを貫こうとしているのでしょう」(別のファッション関係者)

    世界のトップモデルを目指す愛娘の16歳の自立心を、静香は温かく見守っているという――。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16363282/
    2019年4月24日 6時0分 女性自身


    (出典 image.news.livedoor.com)



    【Koki, 、静香と共演NGの理由…200万円オファーもすべて断る】の続きを読む

    このページのトップヘ