気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:離婚



    (出典 diet.news-postseven.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/07/17(水) 19:03:54.80 ID:I7RB0WUC9.net

    現行犯逮捕も報道

     タレントの紅蘭(29)は週刊新潮の取材に応じ、事実婚の関係にあるラッパーのRYKEYこと下田ムトアリッキー(31)と“離婚”する考えを明らかにした。

     ***

     RYKEYは現在、「容疑者」でもある。7月4日の午後7時40分ごろ、東京・世田谷区で知人の20代男性と30代男性に暴行。怪我を負わせたとして警視庁に現行犯逮捕されたためだ。

     思い返せば3年前にも紅蘭へのDVで逮捕され、覚せい剤の使用も発覚。1年間、服役した過去も持つ。

     17年、RYKEYと紅蘭の同棲を週刊新潮がスクープ。彼女は取材に応じた後、Instagramに《週刊新潮さんがお家に尋ねてきたよ 記者の方にお時間とってもらい 聞きたいことを全てお話ししたら記事になりました! 》と投稿したことも話題をよんだ。

     昨年12月には第1子の誕生などもあって、事実婚に踏み切った。「踊る! さんま御殿!!」(日本テレビ系列・火曜19:56~)などで夫婦円満をアピールし、多くの視聴者から注目を浴びていた。

     こうした経緯を踏まえれば、「紅蘭が離婚」と聞いて、RYKEYの逮捕が大きな影響を与えたはずと思う人も少なくないだろう。

     ところが、事実は違うという。紅蘭は週刊新潮の取材に対し、以前から離婚を考えていたことを明かした。

    「付き合い始めて4年が経ちますが、実はことある毎にリッキーと別れようと思っていました。今までずっと、彼からのDVに脅える日々を過ごしてきたんです」

     夫が振るう凄絶な暴力を、紅蘭は以下のように振り返った。

    「私に包丁を突きつけてきたり、携帯も壊され3回くらいバキバキに割れたこともあった。直接的な暴力より家の中の物を壊したり、凄い剣幕で罵詈雑言を浴びせてくる。言葉の暴力が酷かったんです」

     実はRYKEYが7月4日に暴力を振るった「知人」は、紅蘭の担当マネージャーが経営するアパレル会社のスタッフだったのだ。紅蘭は「怪我を負わせてしまい申し訳ない」と心から謝罪する。

     7月18日発売の週刊新潮は、紅蘭の独占手記を一挙、掲載する。ちなみに、紅蘭の父親である草刈正雄(66)は、娘が入籍していたものと誤解しており、今回の“離婚”で“事実婚”と把握、安堵の息を漏らしたという。

    「週刊新潮」2019年7月25日号 掲載


    7/17(水) 16:59配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00572125-shincho-ent

    (出典 www.dailyshincho.com)



    (出典 geisposoul.com)


    【草刈正雄の娘「紅蘭」がDV被害で、事実婚の夫「RYKEY」と“離婚”へ】の続きを読む



    (出典 www.officiallyjd.com)



    1 豆次郎 ★ :2019/06/26(水) 04:46:36.70 ID:cqKg7qam9.net

    6/26(水) 4:01配信
    早乙女太一と西山茉希が離婚…交際時から波乱万丈、結婚6年を機に再出発

     2013年6月に結婚した俳優の早乙女太一(27)と、モデルの西山茉希(33)が離婚していたことが25日、分かった。2人は今月30日に結婚記念日を迎えるはずだった。

     大衆演劇のスターと人気モデルのカップルとして注目を集めた2人がひっそりと離婚していた。関係者によると、2人はすでに離婚届を提出。5歳と3歳の女児をもうけているが、親権は西山が持つとみられる。

     結婚前から波乱万丈だった。11年夏頃から交際を開始し、翌年2月に交際を発表。その後、同せい状態であることも伝えられたが、同年5月に週刊誌で路上での大げんかや早乙女の「DV騒動」が報じられ話題になった。13年1月には破局が伝えられ、西山も「事実として今まで一緒に住んでいた家は離れました」と同せい解消を認めた。

     しかし同年4月に西山の妊娠と結婚を発表。5月には同居を再開し、6月に婚姻届を提出した。西山は雑誌で「周りのみんなが昔はあれはやっぱりただのけんかだったんだね、て笑ってくれるようになるまで一緒にいよう」という早乙女の言葉に結婚を決意したことを明かし、「私にとってはあれが、プロポーズの言葉みたいなものだった」などと語っていた。

     同年10月に長女を出産。15年6月30日の結婚記念日にハワイで挙式し、翌年4月には次女を出産した。西山は昨年12月に著書のイベントで早乙女について「マイペース。家庭において全く腹が立たないなんてことはないですけど、壮絶なバトルは(結婚前に)やり終えましたから」と話していた。

     ◆早乙女 太一(さおとめ・たいち)1991年9月24日、福岡県生まれ。27歳。幼少期から劇団員として育つ。95年に4歳で舞台デビュー。2003年、「座頭市」で映画デビュー。弟は俳優の早乙女友貴、その妻は元SPEEDの島袋寛子。今年1月、音楽活劇「SHIRANAMI」で主演。

     ◆西山 茉希(にしやま・まき)1985年11月16日、新潟県長岡市生まれ。33歳。スカウトをきっかけに04年にモデルデビュー。05年5月から「CanCam」専属となり、同年6月号で表紙に。10年5月、フジテレビ系「月の恋人」でドラマデビュー。身長168センチ、48キロ。血液型O。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00000014-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【早乙女太一と西山茉希が離婚…交際時から波乱万丈、結婚6年を機に再出発】の続きを読む


    岩崎良美 離婚後に愛猫を手放した理由が大炎上!


    NO.7548864 2019/06/21 11:15
    岩崎良美 離婚後に愛猫を手放した理由が大炎上!
    岩崎良美 離婚後に愛猫を手放した理由が大炎上!
    2011年10月に3歳年上の産婦人科医と結婚した歌手の岩崎良美が、昨年離婚していたと6月20日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。

    交際5カ月で結婚へと至った岩崎。

    記事によれば、2人は“動物好き”という共通点で急接近し、お互いが飼っていた猫と一緒にリフォームした新居で生活を始めたそう。

    だが、結婚7年目にして夫婦仲に亀裂が走った。

    岩崎の知人は「ご主人が岩崎の“自由奔放さ”に呆れて三下り半を突き付けた。

    立場ある名医の妻役をうまくこなせなかったようです。

    飼っていた3匹の猫も『結婚生活を思い出すのがイヤだから』と知り合いに譲ったみたいです」と離婚理由を証言。

    さらに岩崎本人も同誌貴社の質問に、離婚を認め「性格の不一致です」と答えていた。

    この記事に対して、ネット上では「過去の人でしょ?」「どうでもいいよね」「金持ちと結婚するからだよ」「興味なし!」と、この離婚劇にあまり関心がない様子。

    だが、その一方で、離婚よりも記事内の“ある一文”に注目が集まり、大炎上しているのだ。

    「飼っていた3匹の猫を『結婚生活を思い出すのがイヤだから』という理由で知人に譲ったと書かれていたんですが、これが離婚の件よりも大炎上中(笑)。まあ、猫好きの岩崎さんの強がりで言ったという可能性もありますが、それにしてもひどい理由ですよね……。ネットでも『だったら飼うな!』『何が動物好きだよ!』『猫に罪はなくない?』といった批判が殺到していますよ。昨今、動物についの問題は炎上しやすいですし。あの猫好きで有名な爆笑問題の田中裕二さんも山口もえさんと結婚する際、飼ってた2匹の猫を実姉に預けたという話に、ネットは激怒し、好感度を下げてましたからね。岩崎さんも今後『離婚を思い出したくなくて猫捨てた人!』と後ろ指指されることになりそうですね」(芸能ライター)

    過去には愛猫にフランス語で話掛けていると、猫への深い愛情を見せていたが……。

    離婚は2人の都合だけに、この手放した理由はいかがなものだろうか?
    【日時】2019年06月21日 08:00
    【提供】日刊サイゾー


    【岩崎良美 離婚後に愛猫を手放した理由が大炎上!】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 ひかり ★ :2019/06/12(水) 12:01:41.82 ID:/ZnkV84g9.net

     ビートたけし(72)が幹子夫人と離婚していたことが12日、分かった。仕事先などに連絡が入っており、関係者はこの日、本紙の取材に「離婚成立」を認めた。
    互いに弁護士を立てての協議離婚で、5月に成立したという。

     財産分与については、たけしが夫人側の意向をほぼ全面的に受け入れた。知人は本紙の取材に「お金よりもパートナーとの将来と人生を選んだようだ」と話している。

     たけしをめぐっては、18歳年下のビジネスパートナーの女性と新会社設立を端緒とし、昨年3月いっぱいで「オフィス北野」から独立、同4月1日から拠点を新会社
    「T.Nゴン」に移した。その中で、幹子夫人との離婚に向けた話し合いが水面下で進んでいた。

     たけしは幹子夫人と1983年に結婚。1男1女に恵まれた。かつても不倫や隠し子騒動が発覚し、86年には「フライデー襲撃事件」などを起こした過去もあるが離婚はしなかった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000107-spnannex-ent


    【ビートたけし 5月に協議離婚が成立 財産分与は夫人側の意向受け入れ】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/28(火) 08:36:23.30 ID:3cjR2QJ09.net

    「それはもう、仕方のないことだと思います。むしろ、よく今まで一緒におってくれたなと……」と語るのは、離婚を発表した磯野貴理子(55)の実母だ。

    12年、48歳のときに24歳年下の男性・Tさんと再婚した磯野。14年に脳梗塞を発症したが、Tさんが献身的に支えてくれたという。

    「Tくんはね、いい人なんです。脳梗塞になったときも救急車を呼んでくれたり、食事の世話などもしてくれていましたから。貴理子も、いつも感謝していました」

    実母は自らを納得させるかのように、「仕方ない」という言葉を繰り返した。だがその裏には、娘への思いも垣間見えた――。



    5月19日、磯野はレギュラー番組『はやく起きた朝は…』(フジテレビ系)で離婚を発表した。目に涙を浮かべながらも、明るく気丈にこう語っていた。

    「いちおう、理由聞きたいじゃない。待っていたらさ、『自分の子どもが欲しい』って。あっ、そうかそうか。そらそうだと思って。
    『何か勝手言って、俺』って(向こうに言われて)『勝手じゃないよ。自然なことだよ。
    当たり前じゃないの』って……(中略)むこうのほうが頑張ったよ。よく(今まで)一緒にいてくれたなと思って。全然、思えるよ。感謝しかないもん、私なんか……」

    本誌は両親の思いを聞くべく、三重県にある磯野の実家を訪ねた。だが実母は冒頭のように、Tさんへの感謝を語るばかりだった。

    「Tくんのためには、(離婚の決断が)早くてよかったんです」

    そう話す実母。磯野の離婚はこれで2度目だった。1度目は、7歳年下の元マネージャー・Sさんと09年に離婚。母はかつて、本誌に磯野についてこう語っている。

    「あの子もSさんも子どもを欲しがっていました。親戚や知り合いに子どもができたのを『いいなあ、いいなあ』って。病院へ治療にも行っていましたし……」

    そんななかでTさんと再婚。Tさんと子どもがいない人生を歩んでいくはずだった。だからこそ、実父も複雑な思いのようだ。本誌にこう語る。

    「子どもがほしいということを最初にわかっていたなら、結婚しなければよかったと思いますし……。どんな話でこうなったのかはよくわかりません。
    でも仕方ないことです。日がたつにつれて、考えに変化が出てきたのでしょう……」

    実は実父も脳梗塞で倒れたという。離婚発表を前にした、今年1月のことだった。

    「リハビリもかねて、2カ月ほど入院しまして。3月末にようやく退院しました。おかげさまで、今ではよくなりました。貴理子も脳梗塞になりましたけど、Tさんに助けてもらいました。
    命の恩人なんです。その後もいろいろ世話をしてもらいました。だからあの子も、感謝の思いのほうが大きいのでしょうね」

    最後までTさんへの感謝を語る実父。しかし、最後にこうポツリと本音も漏らしていた。

    「貴理子は離婚の原因を言っていました。最初の離婚も今回も、原因の100%が貴理子にあったわけではないですから……」

    http://news.livedoor.com/article/detail/16526895/
    2019年5月28日 6時0分 女性自身


    【磯野貴理子の両親が語る複雑胸中…元夫に感謝もポツリと本音】の続きを読む

    このページのトップヘ