気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:長濱ねる



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/09(土) 20:54:29.50 ID:YfDoo+Qd9.net

    欅坂46の長濱ねるが7日、グループからの卒業を電撃発表した。
    “電撃”ではあるが、しかしファンの間ではここ最近、「長濱ねるが卒業する」という噂で持ちきりだった。

    長濱ねるは2月22日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の出演を見送り、さらに3月1日に行われたラジオ番組『欅坂46 こちら有楽町星空放送局』(ニッポン放送)
    の公開収録も「スケジュールの都合」として欠席。さらに5日放送の『うたコン』(NHK)も欠席しており、相次ぐ不在にファンはザワついていたのだ。

    体調不良もしくは大きな個人仕事が入ってグループの活動を抑えているとの憶測もあったが、
    長濱ねるが3月に入ってから会員制モバイルメールサービスで意味深なメッセージを送っていたことで、卒業説は濃厚になっていた。

    ファンの予感は的中し、長濱ねるは7日のブログで欅坂46からの卒業を発表。卒業後については<約束なく 気持ちを緩めて考えられたらなと思っています。心を込めて生きていきますね>と綴り、
    グループからの卒業時期も未定としている。しかし3月9日から行われる全国握手会が最後の握手会になると明かしているため、2月27日に発売された8thシングル『黒い羊』が最後の曲になると見られる。

    本来、人気メンバーはスキャンダルによる卒業ではない限り、卒業シングルや卒業コンサートで華々しく送り出すというのが恒例である。
    しかし、長濱ねるには卒業シングルやコンサートなしのスピード卒業となる可能性も出てきた。
    この異例の卒業には不可解な点も多く、ファンからは欅坂の今後を心配する声も上がっている。

    欅坂46にとって、長濱ねるはいかに特別な存在であったか

    今思えば、長濱ねるは欅坂46加入当初から異例尽くしだった。2015年8月に行われた欅坂46一期生オーディションに参加したが、最終審査当日、上京した母親に故郷の長崎へと連れ戻されてしまう。
    しかし、泣きじゃくる彼女を見かねた父親が運営側に相談。運営側は、福岡で行われた欅坂46のコンサートに長濱と両親と招待した。
    そのコンサートのオープニング演出で流れた乃木坂46メンバーの父親によるコメントVTRを見た両親は考えを改め、運営はオーディションで高い評価を得ていた長濱を“特例”として加入させる。


    http://dailynewsonline.jp/article/1724300/
    2019.03.09 15:05 wezzy


    【欅坂46長濱ねる異例のスピード卒業をなぜ運営は引き止められなかったか】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    1 Egg ★ :2019/03/08(金) 08:56:30.09 ID:MoNlMFRu9.net

    欅坂46の長濱ねる(20)がグループを卒業することを7日、ブログで発表した。卒業後は休養に入るとみられる。早ければ今月21日でグループを離れる可能性があり、卒業コンサートは行われない見通し。欅坂の卒業は今泉佑唯(20)、志田愛佳(20)、米谷奈々未(19)に続き4人目。

     長濱は「8枚目のシングル(「黒い羊」)をもちまして卒業します」とコメント。「突然で申し訳ないです。卒業後については約束なく気持ちを緩めて考えられたらなと思っています。心を込めて生きていきますね」とつづった。

     長濱は大きな瞳と清楚(せいそ)なビジュアルでグループきっての人気メンバー。エースの平手友梨奈(17)が体調不良などで不在になりがちな中、キャプテン菅井友香(23)、渡辺梨加(23)らと中心になってグループを支えてきた。「ねるー、ねるらー、ねるれすと! 今日もあなたの最上級! 長濱ねるです」の自己紹介もファンの心を捉えている。

     長濱は2月22日のテレビ朝日系「ミュージックステーション」、5日のNHK「うたコン」を欠席。ニッポン放送のラジオ「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」の1日放送回も欠席していた。4月4日から大阪で行われるアニバーサリーライブの出演も未定という。これまでフル回転してきただけに、一度アイドル活動から距離をおきたいと考えたようだ。

     ブログでは「今週末から始まる全国握手会が最後の握手会となります」とした。握手会自体は7月頃まで続くが、ブログでは今月21日の大阪での握手会までの日程が書かれており、それ以降休養に入る可能性がある。

     最近のAKB、坂道グループで、主力メンバーが卒業コンサートを行わないまま卒業となれば、異例だ。

     ◆長濱 ねる(ながはま・ねる)1998年9月4日、長崎市生まれ。20歳。3歳から7歳まで五島列島で育つ。2015年、欅坂46のオーディションを受けるも、最終審査直前に親の反対のため辞退。その後、遅れてグループに合流。高校生クイズ長崎県大会決勝に進出したことも。159センチ。血液型O。

    2019年3月8日 6時2分 スポーツ報知
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16126461/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    この長濱の卒業発表は、ネット上で大きな反響を呼び、トレンド上位に顔を出した。

     ファンはツイッターに「ねる嘘だろ…」「今泉卒業のときもヤバかったけど、ねるの卒業はもっとヤバイ…」「無理無理無理無理」「早すぎるよ。 急すぎるよ」「長濱ねる いなくなっちゃダメ…」などの声を寄せ、唐突な決断に衝撃を受ける声が続出している。

     同時に「長濱ねるという存在がいたからこそ『ひらがなけやき』は生まれた」「ひらがなとの兼任でグループ引っ張ってきた唯一の存在だし背負うものが多すぎた」「ねるがいなきゃ ひらがなけやき、日向坂46はなかったと思うと感謝しかないな」などと、けやき坂46(日向坂46)を支えた存在の大きさを噛みしめる声も見られている。

    2019年3月8日 7時45分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16127018/


    【<欅坂46・長濱ねる>突然の卒業!21日握手会が最後か、異例の卒コンなしも..衝撃走る「嘘だろ…」功績に感謝の声】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/22(金) 15:25:22.65 ID:q5GBosu29.net

    2月15日(金)深夜、アイドルグループ・欅坂46の長濱ねるがメインパーソナリティを務めるラジオ番組
    「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」(ニッポン放送・毎週金曜24時20分~)が放送され、
    学生時代に転校を繰り返していたという長濱が、新しい学校に行くたびに“ねる”という名前を珍しがられたことで、
    一時期自分の名前にコンプレックスを持っていたと明かした。


    (出典 www.allnightnippon.com)


    毎回メンバーの一人をパートナーに迎えてトークしていくこの番組だが、今回は織田奈那が登場。コーナー『ガラポンテーマトークっ!』を展開した。
    このコーナーは、商店街の福引きでよく見る“ガラポン”を回し、出てきた玉の色と紐づいた紙に書かれたテーマに沿って、トークするというもの。
    「もし自分が転校生だったら?」というテーマを引き当てた長濱は、よく転校していたという学生時代の記憶について語った。

    長濱:私、結構転校生してた。何回したっけな?小学校2年生のときに転校したんだけど、黒板に自分の名前が書かれて

    織田:うわ~!

    長濱:「○○小学校から転校してきました、長濱ねるです」って言って。で、まぁ席に着くじゃん

    織田:うんうん

    長濱:でさ、やっぱり優しい学級委員長の女の子とかがさ、来てくれるの。先生も「学校案内しろ」みたいなこと言って

    織田:へぇ~

    長濱:もうそのときの気まずさ!

    織田:あ~そうなんだね~!

    長濱:“ねる”ってさ、名前から珍しいから、100%聞かれるの。「ねるって本名?」って

    織田:そこは突くよね、絶対ね。大変そう

    長濱:それがもう嫌で。転校きっかけで、最初の頃は自分の名前が嫌いっていうか・・・そうだったね

    織田:そうなんだ~

    長濱:今はもう好きになったけど

    転校を繰り返すたびに“ねる”という珍しい名前について触れられ、それが嫌だったと話した長濱。
    ほかにも、既にできているグループの中に新しく入って馴染んでいくことの苦労などを語り、
    転校の経験がないという織田も、これには強く共感を示していた。

    この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12246-198689/
    2019年02月22日 11時50分 allnightnippon.com


    【欅坂46・長濱ねる、自分の名前が嫌いだった過去を告白】の続きを読む

    このページのトップヘ