気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:裁判



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    1 ばーど ★ :2019/08/13(火) 09:38:53.46 ID:oJ4l8SWM9.net

    週刊誌の記事をめぐり、タレントと出版社が対立するケースは珍しいことではない。最近でも2つの記事が火種となり、とある“騒動”が起こっていた。記事を執筆したのは、取材力に定評のある『週刊新潮』だ。

    1つ目は、'19年2月21日号で報じられた『ZOZO「前澤社長」の株価対策という面接官「剛力彩芽」』という記事。

    「ZOZOの採用面接に、前澤友作社長の恋人である剛力彩芽さんが同席したことが報じられました。剛力さんは質問というより、“いかに前澤さんがすごい人かを力説しているだけ”などといったことも書かれていて、ネットでは《部外者が面接官なんて信じられない》《社長が会社を私物化している》などと物議を醸していました」(スポーツ紙記者)

    これに対し株式会社ZOZOはツイッターで、記事が事実無根であると主張。

    「《社の名誉や事業活動に不当な損害を与える記事については、法的措置も含めた対応を検討してまいります》とコメントし、新潮社を提訴する姿勢も見せていました」(同・スポーツ紙記者)

    その後の動向は報じられていないが、両者は今、どうなっているのだろうか。

    週刊新潮編集部に、ZOZOから訴状が届いているか確認したところ、

    「訴状は届いておりません」

    とコメント。ZOZOも、

    「訴状は送っていません」

    とのことで、すでにこの問題は収束しているようだ。
    .
    一方、太田光の裏口入学報道は

    一方で、いまだ尾を引いているのが'18年8月16・23日号で報じられた『太田光を日大に裏口入学させた父の溺愛』という記事。

    「お笑いコンビ・爆笑問題の太田光さんが、母校の日本大学藝術学部に裏口入学したと報じたものです。記事には、今は亡き太田さんの父親が、仲介人物に800万円を支払ったとも書かれていました。これに対し太田さんサイドは事実無根であるとし、約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴しました」(ワイドショー関係者)

    太田は、7月28日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、この件について言及。吉本興業の闇営業問題をめぐって、雨上がり決死隊の宮迫博之が写真誌に対し、法的措置を取らないことについて議論していたときのことだ。

    「“僕も週刊新潮と係争中なんで、あんまり言えないんですけど”と発言して、笑いを取っていましたよ。まだ解決していないようですね」(同・ワイドショー関係者)

    両者の溝が埋まる日は、いつになるのだろうか。

    この件について週刊新潮編集部に問い合わせたところ、

    「係争中の訴訟につきましてはコメントを差し控えさせていただきます」

    一方、太田の所属事務所の代表を務める太田光代氏は、

    「訴えを起こしてから、弁護士同士が話し合いをしたのち、向こうから和解交渉を持ちかけられました。しかし、こちらが納得いくものではなかったため裁判で争っていく予定です。(実際に裁判に突入するのは)ここ1か月、2か月後になると思いますよ」

    和解を受け入れなかった理由については、

    「こちらも時間がないので、話し合いですませられればいいんですけど、本当に事実無根なのでね。裁判ですべてを明らかにして、何をもって裏口入学と言っているのかを知りたいというのが本心です」

    とのことだった。 どちらの証言が本当なのか、真実はひとつしかない。

    8/13(火) 7:00
    週刊女性PRIME
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190813-00015782-jprime-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【太田光vs『週刊新潮』裏口入学報道その後…和解交渉決裂し裁判へ「本当に事実無根」】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/29(水) 08:00:55.26 ID:SWg+2cBE9.net

    3月14日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、元モーニング娘。のゴマキこと後藤真希(33)の元交際相手の男性との不倫を報道。
    記事では、後藤の夫が相手男性に対して330万円の損害賠償を請求しており、裁判で後藤が具体的な不倫内容をつづった陳述書を裁判所に提出したと報じた。

    後藤は、2014年に建築現場で働く3歳年下の夫と結婚し、現在は二児の母。
    昨年10月にはフォトエッセイを出版したり、
    ベビーブランドのプロデュースや育児系イベントへ出演したりとママタレとしてもブレイクしていた中での不倫報道ということで、大きな衝撃を呼んだ。

    裁判に提出された資料によると、「不倫関係のはじまりは後藤が元交際相手の男性とインターネット上で連絡をとったこと。
    それをきっかけに2018年の初めころから頻繁に連絡をとり合うようになった2人は、都内のアパホテルや錦糸町の“大人のホテル”で、2回にわたり肉体関係を持ったこと」が明らかになっている。

    そんな後藤の不倫裁判が、泥沼化しているという。

    「5月中旬にも公判があったといいます。裁判が長期化しているのは間男が賠償請求に応じないためだそうです。
    相手男性は裁判で、後藤が夫からDV被害を受けていて、“すでに婚姻関係が破綻していたので、権利侵害行為は認められない“と主張。
    婚姻関係が破綻していた証拠として、“後藤とのLINEのやりとり”も提出しています。
    さらに、相手男性は逆に“夫に対して、慰謝料を請求するのでは”なんて話も聞こえてきます」(女性誌記者)

    『文春』の報道後、後藤は自身のブログに直筆の謝罪文を掲載。

    「夫よりDVなどを受けていると報じられていますが、当時の私自身が夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまい、相手との軽率なやり取りから誤解を招く内容となり、大変反省しております」と、
    夫からのDVについて完全否定し、仕事関係者やファンに向け謝罪をしている。

    「後藤をDVから救おうとしていた間男からすれば、後藤からもはしごを外されて騙されたという気持ちになっているのかもしれませんね。
    慰謝料の逆請求説が一部で噂されるのは、そうした理由からですかね。
    通常、不倫をめぐる裁判であれば、間男側が謝罪し、賠償金を支払うことで決着しますが、
    今回の後藤の裁判では間男側が和解に応じないため、さらなる長期化が必至と見られています」(前出の女性誌記者)

    後藤にとって、不倫の代償は思った以上に大きなものになりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1847632/
    2019.05.29 07:10 日刊大衆


    【後藤真希「世紀の不倫裁判」が衝撃の泥沼化!!】の続きを読む

    このページのトップヘ