気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:薬物逮捕



    (出典 jprime.ismcdn.jp)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/06/20(木) 11:16:19.38 ID:6i2dzeHk9.net

    人気アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバー・田口淳之介被告(33)と“内縁の妻”で元女優の小嶺麗奈被告(38)の
    大麻所持カップルが逮捕されて、間もなく1か月が経過する。

    2人は7日にそれぞれ保釈されたが、関東信越厚生局麻薬取締部(通称・マトリ)は早くも次なるターゲットを絞り込んでいるという。
    その標的は、お笑い界の超大物タレントに違いないとささやかれている。

    マトリが狙うのは、小嶺のコネクションに引っかかった大物のようだ。芸能関係者が語る。

    「実は…小嶺にはある美人の親友がいたといいます。その女性は、芸能界では有名なアラフォー美女で、
    数多くのジャニーズタレントとも交友があったことで知られているんですよ」

    ところが、その親友の女性は「誰もが知る人気者で、現在もバラエティー番組などで活躍する
    超大物お笑いタレントと以前、男女の関係だったというのです」(同関係者)。

    このため“小嶺ルート”からこの親友の女性、交際相手だった大物タレントらの名前が、すでに捜査当局に伝わっているようだ。

    「小嶺本人は『自宅にあった大麻はすべて自分のもの』と供述し、田口をかばう姿勢を見せていました。
    そんな彼女だけに、他のクスリ中毒の芸能人の名前を、取り調べで簡単にしゃべるとは思いませんが…。
    それでもマトリもその道のプロですからね。予想以上の収穫があったそうです」と捜査関係者は明かす。

    さらに「小嶺からいろいろな話を聞いていた田口も、マトリの取り調べに知っていることは素直にしゃべってしまったとか」(同)。

    それだけに“小嶺ルート”で浮かび上がった大物タレントをいま、マトリががっちりとマーク、
    行動確認しているとしたら、いつ「逮捕!」のニュースが流れてもおかしくはないが…。

    「実際に小嶺と、その元カレであるサパークラブのオーナー、そしてこの大物お笑いタレント、その彼女だった小嶺の親友女性は、よく4人で会っていたようです。
    ある時なんか、この4人が挙動不審で言動不明瞭な様子で、都内カフェで密会している場面が目撃されたこともあった」(飲食店関係者)

    こうした話が漏れ伝わってくるということは、捜査が進展している証拠に他ならない。

    そして、このお笑いタレント以外にも“小嶺ルート”から名前が飛び出しそうだと噂される人物がいるようだ。

    「田口と同じ、元ジャニーズのタレントです。彼は遊び人として知られ、最近は以前にも増して、
    コカインなど強いクスリにどっぷりとハマっているとの噂です。マトリが徹底マークしていますよ」(音楽関係者)

    今回の小嶺、田口両被告の逮捕をきっかけに、マトリが芸能界の薬物汚染解明につながる“六本木ルート”を徹底的に潰そうと考えているのは想像に難くない。

    「梅雨が明けて夏本番になるこの1~2か月くらいで、アッと驚く新たな逮捕者が出ることは十分考えられる」(前出の捜査関係者)

    果たしてこの夏、どんな大物がマトリに挙げられるのか――。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00000011-tospoweb-ent


    【薬物逮捕迫る「お笑い界の超大物タレント」 小嶺麗奈ルートで2人浮上?】の続きを読む



    (出典 ritokei.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/04(木) 17:29:46.46 ID:x6zTDTf89.net

    コカインを使用したとして麻薬取締法違反の罪で、2日に起訴された俳優でミュージシャンのピエール瀧被告(51才)。
    その影響は芸能界に大きく広がり、映画やドラマ関係者の間では、タレントや俳優に関する薬物の捜査情報が、まことしやかに共有され始めているという。

     芸能人が芋づる式に逮捕される可能性が囁かれる中、“キーマン”として注目されている人物がいる。

    「昨年4月に、薬物絡みで逮捕された40代の男性X氏です。
    彼は音楽関係の仕事をしていて、瀧被告とは古くからの親友だといわれています。
    X氏が捕まってから約1年後に瀧被告が逮捕されたことで、X氏の薬物ルートが瀧被告につながっていた可能性が指摘されています」(全国紙社会部記者)

    X氏と関係があったのは、瀧被告だけではない。逮捕当時のX氏は、リリー・フランキー(55才)の運転手だったというのだ。

    リリーといえば、イラストレーターやエッセイストなどマルチに活躍し、2005年に発表した自伝的小説『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』は200万部を超すベストセラーになった。

    俳優としても2009年に45才で初主演した映画『ぐるりのこと。』で、ブルーリボン賞の新人賞を受賞。
    福山雅治(50才)と共演した『そして父になる』(2013年公開)やカンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを受賞した『万引き家族』(2018年公開)など、数多くの話題作に出演している。

    リリーは瀧被告とも20年来の飲み友達で、バラエティー番組や映画で共演するなど公私にわたって親交が深い。

    「Xさんとリリーさんは古い仲というわけではなく、その頃、一時的に運転手を任せていたそうです。
    彼がクスリで逮捕されたと聞いて、リリーさんは呆然としていました。後日、リリーさんも、捜査員からXさんについて話を聞かれたそうです」(リリーの知人)

    ◆本人を直撃してみたら…

    当時、リリーの行きつけのバーでは、彼のこんな姿が頻繁に目撃されていた。

    「深い時間になりお酒が進むと“Xが逮捕されちゃった…馬鹿だよ”って、ため息をよくついていました。
    XさんはクラブでDJなどもしていて、ミュージシャン仲間も多い。
    瀧さんの逮捕と関係があるのなら、さらに彼らの周辺が調べられる可能性だってあります。リリーさんの嘆きはしばらく止まらないかもしれません」(前出・知人)

    X氏に話を聞いたが、「ぼくの方からは何も言えません」と言葉少なに言うのみだった。

    運転手と友人の薬物逮捕。しかし、リリーはどちらの逮捕時も“公式コメント”は口にしていない。

    3月末、沈黙を続けるリリーを都内のライブ会場近くで直撃した。

    ──運転手のXさんがクスリで逮捕されていたようですが。

    「確かにその当時、Xには運転を頼んだり荷物を運んでもらったりしていました。逮捕されて起訴されたと聞いていますが、それ以来会っていません。
    あくまで一時的に、お願いしていただけなので。もう仕事をお願いするに値しないですよ」

    ──リリーさんも警察に事情を聞かれた?

    「(捜査員から)電話があって話しました。尿検査なんかは受けていませんよ。捜査員と話した時にいろいろ聞いたんだけど、おれに対しては疑いはなかったようですよ。
    Xと瀧との関係から、おれのことを怪しむ人もいるのかな…まぁ世の中もそう見ますよね…こういうことがあると」

    ──彼らに言いたいことは?

    「瀧とXにはすごく迷惑しています。こうやって取材されることも含めて…信じていたから人間不信になりそうです」

     穏やかな口調ながら、困惑した表情でリリーは答えた。前出の知人が言う。

    「リリーさんは間違いなくシロ。ただ、迷惑というのは彼なりの表現で、リリーさんは瀧さんの逮捕後、かなりショックを受けていました。
    面倒見がよいリリーさんのことですから、瀧さんやXさんを今後どう助けられるのか、考えていると思いますよ」

    瀧被告の一件は氷山の一角なのかもしれない。

    ※女性セブン2019年4月18日号

    http://news.livedoor.com/article/detail/16266188/
    2019年4月4日 16時0分 NEWSポストセブン


    【リリー・フランキー激白、ピエール瀧と元運転手の薬物逮捕への困惑】の続きを読む

    このページのトップヘ