気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:石原さとみ



    (出典 up.gc-img.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/12(金) 17:32:50.98 ID:DIF32GWi9.net

    7月11日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、石原さとみと福士蒼汰が志尊淳や一般人にドッキリを仕掛けた。志尊は放送後、ドッキリだとは気付かなかったとSNSで振り返ったが、視聴者は「番組側は『ドッキリ』と一般人に知らせていたのでは」と指摘、疑惑の目を向けている。

    現在放送中の同局ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』で志尊は、石原、福士と共演している。この日のドッキリは、一般人へのインタビュー企画に石原、福士の2人がスタッフとして紛れ込むというもの。2人はカツラや帽子で変装し、音声やADとして『Heaven?』出演者の印象を聞くインタビュー企画に臨んだ。

    一般人はなかなか石原、福士の様子に気付かない様子で古谷有美アナウンサーのインタビューに答えていた。このうち、1組目の一般人は福士が出演した『お迎えデス。』(日本テレビ系)を見ていたと言及。2組目の一般人は「石原のドラマはよく見ている」と本人の目の前で明かしていた。

    「やらせじゃないです感を無駄に出してくる」
    2組ともに、挙動不審な様子を見せる石原、福士の姿に途中で気付き、大いに歓喜していた。しかし視聴者は最初からその存在を知っていたのではと指摘していた。

    《ドラマ何か見てます?みたいなの聞かれて都合よく石原さんの… とか福士さんの… とか出てこないでしょ》
    《ど素人ならこんな撮れ高1000回挑んで1回撮れたらいい方》

    また、このところ「ヤラセでは」との指摘を受けている同番組と〝ヤラセ認定〟を受けた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)を比較する声も出ている。

    《もうちょっとやらせを隠そうという気がないのか》
    《イッテQ!がやらせと言われ、これがやらせと言われない日本のバラエティー。なんだかなぁ》
    《モニタリングのはやらせじゃないです感を無駄に出してくるのがもやっとする》

    番組への批判は加熱する一方のようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1919864/
    2019.07.12 11:00 まいじつ


    (出典 pbs.twimg.com)


    【石原さとみ『モニタリング』にヤラセ疑惑!?「都合良過ぎだろ」「もうちょっとヤラセを隠そうという気が無いのか」】の続きを読む



    (出典 storage.mainichikirei.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/10(水) 14:32:43.73 ID:WqHxkup/9.net

    石原さとみ主演の新ドラマ『Heaven?~お苦楽レストラン~』(TBS系)が7月9日にスタートした。今回、石原はフレンチレストランのオーナーを演じる。視聴者は、自由気ままな役柄が、『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』『高嶺の花』(ともに日本テレビ系)など、最近の石原主演作と類似していると指摘。「石原のこのキャラは嫌い」と否定的に見る意見が相次いだ。

    石原演じる黒須は、近く開店させるフレンチレストランの男性従業員として伊賀(福士蒼汰)、川合(志尊淳)、堤(勝村政信)らをスカウト。伊賀以外は、フレンチレストラン未経験者。開店準備を始めていたところ、「DM(ダイレクトメッセージ)を出しちゃった。オープニングパーティーは4日後」と黒須がいきなり告げ、スタッフらを大慌てさせた。

    黒須はその後も、従業員に無理難題を次々と押し付けていく。ドラマ終盤ではオープンしたレストランで、故障していたクーラーからほこりが一斉に飛び出す災難も。トラブル続きだったが、無事レストランのオープンにこぎ着けた。

    「強いキャラのドラマが多過ぎ」ファンがっかり
    初回を終えて、視聴者は石原の役回りが『高嶺の花』『地味にーー』と類似していると指摘。男性に強気に接する石原の演技に違和感を示していた。

    《heaven? のオーナーはあんなキラキラしてないんだよなー。高嶺の花のときと一緒に見えた》
    《高嶺の花と石原さとみのキャラが少しかぶってるような》
    《校閲ガールの河野悦子と高嶺の花の月島ももを足したような感じ》
    《こういうドラマは石原さとみがもったいない》
    《石原さとみって強いキャラ多いような気がする》

    など、最近演じる強気な役どころは、石原の魅力を引き出せていないとの指摘が相次いでいた。さらに、

    《アンナチュラルや失恋ショコラティエは良かったなあ》
    《ショコラティエのサエコがどハマりだったのに》

    といった、他の作品を懐かしむ声も。

    初回の視聴率はかろうじて10%を超えたようだが、評価はやや低調気味。2話目以降でばん回なるか。



    http://dailynewsonline.jp/article/1916642/
    2019.07.10 11:00 まいじつ


    (出典 plus.paravi.jp)



    (出典 news.mynavi.jp)


    【石原さとみ、ドラマ『Heaven?』に酷評続出「また強気キャラ…」】の続きを読む



    (出典 beef-6.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/01(水) 06:57:58.22 ID:XKQhDad29.net

     綾瀬はるか(34)に石原さとみ(32)、吉高由里子(30)に新垣結衣(30)。いま、ドラマの主演は彼女たちと相場が決まっている感がある。ところが、「ドラマのTBS」は、7月期の“本気枠”で思わぬ勝負に出た! 

     7月期のドラマでTBSがすでに発表したのは石原さとみ主演の「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」。福士蒼汰や志尊淳といった配役からも気合いの入りようがうかがえるが、

    「火曜日22時からの放送なんですよね」

     と、TBS関係者が囁く。

    「うちのドラマは火、金、日。火曜日22時枠は若い女性向けで、視聴率より“話題性”重視の大穴狙いの枠。最近では、深田恭子主演の『初めて恋をした日に読む話』。ガッキーの『逃げるは恥だが役に立つ』が大穴的中の好例です」

     この枠で石原がどれだけ支持を得られるか見ものだ。

     そして21時の日曜劇場は、

    「高視聴率が望める人気ドラマ枠です。『下町ロケット』『天皇の料理番』といった、万人受けする“王道系”が多いのが特徴です」

     問題は、肝心要の金曜日22時枠。

    「通好みの作品が多く、うちの“本気枠”といえます。過去には石原主演の『アンナチュラル』、古くは『ふぞろいの林檎たち』『金曜日の妻たちへ』といった大ヒット作がこの枠でした」

     で、だ。石原から“本気枠”を奪ったのは……。

    ■米倉涼子を食った

     なんと、黒木華(29)である。先の関係者曰く、

    「まだ発表されていませんが、『凪のお暇(いとま)』。累計200万部を超える大ヒット漫画のドラマ化となります」

     彼女の起用にはもちろんそれなりの理由があって、

    「2016年春の火曜枠、『重版出来(しゅったい)!』で主演しています。平均視聴率こそ8%台だったものの、その1年前の『天皇の料理番』での好演とあわせて高評価でした。日テレの『獣になれない私たち』で嫌な女役を熱演し、テレ朝の松本清張作品『疑惑』の妖艶な演技は主演の米倉涼子を完全に食っていましたしね」

     そんな彼女について、

    「『はな』ではなく『はる』。この変わった読み方も彼女の活躍とともに浸透してきたのではないでしょうか」

     と語るのは、映画評論家の北川れい子さん。

    「ベルリン国際映画祭で銀熊賞を獲った山田洋次監督の『小さいおうち』では、いかにも昭和の女中という感じが出ていて素晴らしかったと思います。“しっかりした女優が出てきた”と強く印象に残りました」

    「凪のお暇」についても、

    「彼女なら大丈夫。回を重ねるごとに、観る人が主人公と一緒に成長できるような作品になるでしょう」

     と、早くも太鼓判を押す。しかし、彼女が通った追手門学院高校で演劇部顧問を務めていた阪本龍夫さんは、

    「マ、元気でやってくれさえすればいいですよ。こないだ、米倉さんと共演した『疑惑』を観ました。演技はうまいけど、米倉さんに比べると華がないね」

     勝負ドラマに必要なのは、華(はな)か、華(はる)か。

    「週刊新潮」2019年4月25日号 掲載

    5/1(水) 6:00配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190501-00560786-shincho-ent

    (出典 www.dailyshincho.jp)


    【石原さとみを差しおいてTBSドラマ「本気枠」に抜擢された黒木華】の続きを読む


    視聴率右肩下がりの石原さとみ 7月主演ドラマ次第で結婚も?


    NO.7379877 2019/04/07 11:18
    視聴率右肩下がりの石原さとみ 7月主演ドラマ次第で結婚も?
    視聴率右肩下がりの石原さとみ 7月主演ドラマ次第で結婚も?
    7月から放送されるドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)で主演を務めることが決まっている石原さとみ。

    今回の作品は、いろいろな意味で重要なものとなりそうだ。

    「最近の石原の主演ドラマの全話平均視聴率を見ると、完全に右肩下がり。残念ながら、年齢を重ねるとともに人気は低下していると言わざるをえない状況です」(テレビ局関係者)

    実際に、石原がここ数年の間に主演したドラマの全話平均視聴率を見てみると、2016年の『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)が12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、17年の『アンナチュラル』(TBS系)が11.1%、18年の『高嶺の花』(日本テレビ系)が9.5%となっている。

    そこまで“爆死”しているわけではないものの、間違いなく低下傾向となっているのだ。

    「この『Heaven?』の視聴率が悪かったら、石原の事務所内序列も下がってしまうのでは」(同)

    ホリプロが抱える主演級の女優といえば、石原、綾瀬はるか、深田恭子といったところ。

    その後輩格として高畑充希が控えている。

    「3人の看板女優の間に高畑が入り込むとなると、あまり数字を持っていない石原が“格下げ”になる可能性が高くなる。まさに7月期の『Heaven?』は、石原にとっての試金石になると思います」(芸能事務所関係者)

    尻に火がついた状態の石原だが、一方でプライベートを充実させたいという気持ちもあるようだ。

    「昨年交際が報じられたSHOWROOMの前田裕二社長との結婚を考えて、仕事をセーブしていたという噂もあります。ただ、今回ドラマの主演をするということで、気持ちが揺れている部分はあるのでは。もし、『Heaven?』が好評だったら、女優への熱意が復活してくるかもしれないけど、コケてしまったら、いよいよ結婚に向かっていく可能性も高いでしょう」(同)

    いずれにせよ、石原にとって、『Heaven?』というドラマが今後の人生を左右することとなりそうだ。
    【日時】2019年04月07日 08:00
    【提供】日刊サイゾー


    【視聴率右肩下がりの石原さとみ 7月主演ドラマ次第で結婚も?】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/06(水) 12:39:28.41 ID:80J56Vjr9.net

    1月半ば、年内の結婚に向けて準備着々と報じられた女優の石原さとみ。ところが、またもや雲行きが怪しくなってきたと囁かれている。

    石原は昨年5月、IT企業社長のM氏との交際が発覚。芸能マスコミを驚かせた。

    「去年の初めまではジャニーズ事務所の山下智久と交際。2人はそのまま良好関係が続くと思われました。
    しかし、突然にM氏の名が浮上。一部週刊誌が2人が沖縄にいるところを押さえましたが、あまりの展開に意表を突かれました」(芸能ライター)

    山下に関しては〝捨てられた〟という見方が定説だ。
    M氏と交際が発覚する少し前、部屋に入れてもらえないのか、石原のマンションのエントランスをウロウロする山下の姿が目撃されている。

    「石原はうっとうしかったのでしょう。その後、山下に知られないよう、所属事務所近くのタワーマンションに引っ越ししています。
    タワマンにはM氏も住んでおり、〝別部屋同棲〟になったらしいのです」(女性誌記者)

    それにしても山下とは相思相愛だったはずなのに、なぜ引っ越しをするほどまで嫌ったのか。

    「石原が信仰する新興宗教への入信を何度も山下に迫ったが、山下は『それだけはできない』と平行線だったそうです。
    そのため石原は見切りをつけて捨てた。でも捨てられた山下は諦めきれず、石原のマンションで待ち伏せたしたというのが真相」(前出の芸能ライター)

    宗教問題でM氏との関係に暗雲

    一方のM氏は、石原と宗教のイベントに一緒に参加したと一部で報道された。

    「仕方なく行ったとか、それなりに前向きだったみたいだったとか、さまざまな見方が出ていましたが、やはりいまだ入信までは至っていないようです。
    山下もそうですが、交際していても宗教や信仰は別問題でしょう」(前出の女性誌記者)

    石原とM氏は昨年末、別々に過ごしたことも明らかになっている。
    最近は一部の週刊誌が、「会う時間なんてない」と破局をにおわす石原の発言を記事にしている。

    「人気女優と企業の社長ですから、2人とも多忙。『会う時間がない』は、ただの〝愚痴〟との説もあります。

    とはいえ結婚となれば、相手の宗教にはやはり理解を示さなければなりませんからね」(同・記者)

    M氏がそこまでいけないのなら、山下同様に捨てられる可能性は大かもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1719671/
    2019.03.06 11:21 まいじつ


    【石原さとみ「年内結婚へ」の裏で再び囁かれる“あの問題”】の続きを読む

    このページのトップヘ