気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:水卜麻美



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/25(月) 14:58:28.71 ID:3w/+q0bI9.net

    日本テレビの水卜麻美アナウンサーが25日、同局の「スッキリ」で、オードリーの若林正恭が15歳年下の看護師女性と結婚したニュースの時に突如涙を流し、MCの加藤浩次を驚かせた。

     番組では、若林と親交が深い、どきどきキャンプの佐藤満春が生出演し、若林の結婚の裏話を披露。佐藤は、若林が出演しているラジオ番組の武道館ライブ後に「彼が燃え尽きちゃった」と振り返り「そんなときに家族とかいると楽しいのになって勝手に思っていた。コンビニのイートインで食べる姿を見て、それもいいけど温かい食事もいいんだよってすごい思ってて」と心配していたところ「素敵な出会いがあった」と喜んだ。

     すると加藤が「え?なんでミトちゃん泣いてんの?」と驚き。すると水卜アナは涙をぬぐいながら「新人の時から若林さん、お世話になって。本当に良かった。サトミツさんの話を聞いたら…」とコメントし、佐藤と手を取り合って「良かったね」と喜んだ。

     加藤は「その涙は、絶対結婚できないと思ってたってことね、そういうことね」と言うと、佐藤は「僕も絶対に(結婚)しないと思ってた。あらゆる人にシャッターを閉める男だから」と加藤のツッコミを肯定。

     加藤は「若林って日テレの廊下で会っても絶対おれと目を合わせないからね」などと、若林の人見知りぶりを明かしていたが、水卜アナは涙が止まらず。加藤は「泣くと、水卜さんが失恋したみたい。ずっと好きで看護師さんに取られちゃったミトちゃんみたいになっちゃた。傷心したミトちゃんって」とからかい、水卜アナも「それは…」と必死に涙をぬぐった。

    佐藤は「(若林と知り合って)15年で初めて彼が女の子と一緒の写真を見せてくれた。タリーズコーヒーで号泣した」と水卜アナ同様、泣いてしまったことを明かしていた

    11/25(月) 9:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000044-dal-ent



    (出典 geitopi.com)


    【水卜アナ、若林結婚のニュースになぜか涙…加藤浩次びっくり「なんで泣いてるの?」】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/09(火) 00:26:07.04 ID:sv5O4X699.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    7月7日、日本テレビの水卜麻美アナウンサー(32)が自身のインスタグラムを更新。そこで公開した写真に激やせ疑惑が浮上している。

    この日、水卜アナは「#青木辻岡水卜市來 THE MUSIC DAY 見てくださってありがとうございました??」とコメントし、
    6日に放送された『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)で共演した同局の青木源太アナ(36)や辻岡義堂アナ(33)、
    元乃木坂46で同局の市来玲奈アナ(23)との写真を公開。大食い・ぽっちゃりキャラとして知られる水卜アナだが、
    この日の写真では、膨張色のベージュのワンピースを着用しているにも関わらず、ウエストのくびれがキュッと強調されており、脚もスラリと細く引き締まって見える。

    そんな水卜アナに対し、ファンからは「ミトちゃん痩せましたよね? 昨日MUSIC DAY見てて思いました」「みとちゃんガリガリ」
    「ミトちゃんお疲れ様でした ウエストがかなり細くなってますね」「みとちゃん!痩せたー!より美しさが引き立ちました」
    「水卜ちゃん痩せて別人みたいです!とてもキレイです」「ウエストがかなり細くなってますね」と体型の変化を指摘するコメントが殺到している。

    トレードマークの丸顔もだいぶすっきりしたように見える水卜アナ。

    ついにぽっちゃりキャラから卒業するときが来た……!?


    水卜 麻美さん(@mito_meat)がシェアした投稿 - 2019年 7月月6日午前7時47分PDT

    ※画像は水卜麻美アナウンサーのインスタグラムアカウント『@mito_meat』より

    http://dailynewsonline.jp/article/1913797/
    2019.07.08 18:15 日刊大衆


    【水卜麻美アナに“激やせ”の指摘相次ぐ「ガリガリ」「別人みたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ