(出典 news.walkerplus.com)



1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/09(火) 06:58:44.58 ID:diiMEWVr9.net

今月1日に放送された、広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説「なつぞら」の初回平均視聴率が22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、好スタートを切った。
戦争で両親を亡くした主人公が、北海道・十勝の酪農家に引き取られ、やがてアニメーターを目指して成長していく姿を描いた同作。

朝ドラ100作目ということで注目を浴びているが、すでに登場している松嶋菜々子、ほかに山口智子、小林綾子ら歴代の朝ドラヒロインたちの出演が発表。
第2話には、朝ドラ1作目の「娘と私」のヒロインを務めた北林早苗が出演し話題を呼んだ。

「広瀬だけではどこまで視聴率を獲得できるか不安視されていたが、歴代の朝ドラヒロインが出演となると、そのヒロインたちの作品のファンだった視聴者もチャンネルを合わせることになりそう。
今後、徐々に数字が上がっていくのでは」(テレビ誌記者)

そんな中、まだ発表されてはいないが、出演に期待がかかる元ヒロインがいるというのだ。

「筆頭は『澪つくし』の沢口靖子。4月から1年間にわたってテレビ朝日系で主演ドラマ『科捜研の女』が放送されるだけに、かなりスケジュールがタイトなはず。
とはいえ、1シーンでも出演するとなれば大いに話題になりそう。また、『おしん』の大人時代を演じた田中裕子も名前が挙がっているようだ」(芸能記者)

その一方、出演に高い“壁”がありそうなのが、あの女優だというのだ。

「『あまちゃん』でヒロインを演じたのんです。所属事務所との契約問題がこじれたままで、しばらくテレビ出演から遠ざかっています。現状では難しいのでは」(同)

とはいえ、広瀬との新旧ヒロイン共演の実現に大いに期待したい。

http://dailynewsonline.jp/article/1766516/
2019.04.08 23:00 リアルライブ


【NHK朝ドラ『なつぞら』、今後も過去の朝ドラヒロインたちが続々? 最も登場の可能性が低いのは…】の続きを読む