気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:朝ドラ



    (出典 realsound.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/16(火) 06:18:48.61 ID:0Zbp0ijs9.net

    NHK連続テレビ小説『なつぞら』に、視聴者からの不満が高まっている。

    広瀬すず主演の『なつぞら』。戦争で両親を亡くした少女が北海道・十勝の開拓者一家に引き取られ、
    やがて東京でアニメーターを目指すようになるというストーリーが描かれている。
    朝ドラ100作目ということもあり放送前から話題を集めていたが、4月1日からの放送開始以降、
    2週にわたって描かれた幼少期編は「泣ける」「感動する」として大反響を呼んでいた。

    現在、『アニメーション編』が描かれている本作だが、視聴者からの評判はすっかり落ちてしまったという。

    「実は『東京・新宿編』に突入して以降、視聴者からの評判が落ち始めているとのこと。
    当初は、『北海道・十勝編』の反動では? と言われていたものの、主人公・なつの身勝手さが目立つようになってきた。
    『なつぞら』の登場人物たちは基本的に無条件で親切になつに接するのですが、なつはその親切さを無下にするように反発することもしばしば。
    第46話では、なつが川村屋に泊まっていることを知ったなつの兄・咲太郎(岡田将生)が、ひどい目に遭っていると勘違いしてなつを迎えに来る一幕がありましたが、
    これにマダム(比嘉愛未)が『なつさんを幸せにできるの?』と忠告すると、なつはなぜか『マダムは、兄の何を知ってるんですか!』と反発。
    初対面で泊まる場所まで提供してくれた恩人に接する態度ではないと批判が殺到する事態に。
    『これも黒歴史朝ドラになるのか…』といった懸念も出ています」(ドラマライター)

    「黒歴史」と呼ばれた朝ドラといえば、18年上半期に放送された『半分、青い。』が挙げられるが――。

    「実は『なつぞら』と『半分、青い。』には共通点があると言われています。
    第78回でなつが幼なじみの天陽(吉沢亮)の結婚を聞かされたシーンがありましたが、なつはそれに対し明らかに動揺していました
    。『半分、青い。』でも、主人公の鈴愛(永野芽郁)がはがきで幼なじみの律(佐藤健)の結婚を知り、動揺しながらはがきを片手に住所まで押し掛けるという展開がありましたが、
    なつも鈴愛も、かつてその幼なじみから告白され、その告白をスルーした身。『振っておいて明らかに惜しいことしたって顔するのやめなよ…。
    鈴愛じゃん』『天陽くんなんて鼻にもかけてなかったのにショック受けるなんて鈴愛みたい』といったツッコミが多く聞かれました」(同)

    とはいえ、「なつはあの鈴愛よりも自分勝手」「他人が鈴愛に厳しかった分、なつの方が助長してタチ悪い」といった声も多く見受けられている。
    果たして『なつぞら』は今後どのような展開になっていくのだろうか――。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16778489/
    2019年7月16日 6時0分 リアルライブ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【NHK朝ドラ『なつぞら』、なぜ評判が落ちた?  伝説の“炎上朝ドラ”と共通点が】の続きを読む



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)



    1 かばほ~るφ ★ :2019/06/03(月) 17:40:36.86 ID:aK0mMPdD9.net

    2020年前期朝ドラ『エール』ヒロインは二階堂ふみ 主演・窪田正孝の妻役
    2019-06-03 17:02

    NHKは3日、2020年春から放送されるNHK連続テレビ小説第102作『エール』のヒロインに、
    女優の二階堂ふみ(24)を起用することを発表した。二階堂は連続テレビ小説に初出演となる。

    同作は2月に俳優の窪田正孝(30)が主演を務めることを発表した会見で、主人公の妻となるヒロインを、
    3月からのオーディションで決める意向であることを明かしていた。
    求めるヒロイン像について、制作統括の土屋勝裕氏は「金子さんは明るく元気な女性だったようです。
    積極的に自分が思ったことを発言していました。なので、活発なイメージのある方がいいですね」と話していた。

    二階堂は「この作品を朝ドラでやると聞いたときから、携われたらいいなと思っていました」と話し、
    「実は、きのう結果を聞いたばかりで…。うそなんじゃないかな」と冗談交じりに笑いながら
    「(窪田を)1年間、明るく元気に支えられたら」と力を込めた。
    窪田の印象については「すごく誠実で真っ直ぐな方。それでいて繊細さもあり、
    大胆なところもある方。今回の裕一さんはピッタリなんじゃないかな」とべた褒めした

    3日前にヒロイン決定を聞いたという窪田は「彼女の描く芝居の繊細さ、キャラクターの入り方が魅力的。
    1年間できることが幸せ。2人にしかできない化学反応が起こったら」と気合十分。
    互いに深々とおじぎし、協力と誓うと「結婚式みたい」と苦笑いした。

    同作は、全国高等学校野球大会の歌「栄冠は君に輝く」をはじめ、「六甲おろし」(阪神タイガースの歌)
    「闘魂こめて」(巨人軍の歌)など スポーツシーンを彩る応援歌など数々を作曲した
    福島県出身の作曲家、古関裕而(こせき・ゆうじ)氏と妻で歌手としても活躍した
    金子(きんこ)氏をモデルに音楽とともに生きた夫婦の物語を描く。

     二階堂は1994年9月21日生まれ、沖縄出身。2009年に『ガマの油』でスクリーンデビュー。代表作は映画『ヒミズ』『地獄でなぜ悪い』『オオカミ少女と黒王子』『翔んで埼玉』、ドラマ『西郷どん』『ストロベリーナイトサーガ』など。2011年に『ヒミズ』で第68回ベネチア国際映画祭「マルチェロマストロヤンニ賞 (最優秀新人俳優賞)」を受賞、14年に『私の男』で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。

    ◆ヒロイン関内音(せきうち・おと)の役柄
    豊橋市内で馬具の製造販売を行う関内の三姉妹の次女。将来はプロの歌手として舞台に立つことを夢見ていた。
    ある日、福島に住む青年の古山裕一(窪田)が英国の作曲コンクールに入賞したことを新聞で知り、
    手紙を送り文通を始める。二人は結婚し、音は本格的に歌を学ぶために音楽大学に入学。
    夫の才能を誰よりも信じて叱咤激励し、時代の流れの中でさまざまな困難に遭遇しながら、
    自らも歌手になる夢を追いかける――。

    ◆NHK連続テレビ小説第102作『エール』物語
    日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服店に、
    待望の男の子が誕生する。のちに多くの名曲を生み出すことになる天才作曲家・古山裕一である。
     
    老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、周りには取り柄がない子どもだと思われていた。
    しかし音楽に出会うと、その喜びに目覚め、独学で作曲の才能を開花させてゆく。
    青年になった裕一は家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募。このことが裕一の運命を変えてしまう。
    なんと応募した曲が上位入賞したのだ。そしてそれをきっかけに、裕一は歌手を目指しているという女学生と知り合う。
    福島と豊橋―遠く離れた地に住みながらも、音楽に導かれるように出会った二人は、結婚。上京すると、
    二人には個性豊かな人々との出会いが待っていた。そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。
     
    しかし時代は戦争へと突入し、裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに。
    自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一……。 戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。
    古山夫妻は、傷ついた人々の心を音楽の力で勇気づけようと、新しい時代の音楽を奏でていく――。

    ORICON NEWS https://www.oricon.co.jp/news/2136771/full/
    2020年前期朝ドラ『エール』で主演を務める窪田正孝(左)と妻役の二階堂ふみ

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【2020年NHK前期朝ドラ「エール」、ヒロインは二階堂ふみ 主演・窪田正孝の妻役】の続きを読む



    (出典 realsound.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/03(水) 10:49:18.75 ID:B6i1Xvlf9.net

    NHK連続テレビ小説『なつぞら』が1日にスタートし、第1話目の平均視聴率が22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。
    朝ドラとしては4作連続で20%台を突破で好発進となった。

    戦争で両親を亡くした少女・奥原なつ(広瀬すず)が、北海道・十勝の酪農家に引き取られ、やがてアニメーターを目指して成長していくストーリーが描かれている本作。
    朝ドラとしては通算100作目ということもあり、注目が集まっている。

    第1話では、東京大空襲が描かれたシーンでアニメーションが使用されるという異例の演出で好評を博したが、ほかにも視聴者から評判を呼んだ演出があったという。

    「オープニングもアニメーションで構成されており、ヒロインを想わせる少女と動物たちがたわむれるものとなっています。
    監修プロデュースをジブリの『となりのトトロ』『魔女の宅急便』などを手掛けてきた舘野仁美氏が務めていることもあり、第1話放送後、視聴者からは『ジブリみたいで可愛い!』
    『ジブリ感あって癒されるわ』といった声が聞かれました」(ドラマライター)

    また、第1話冒頭の、なつが麦わら帽子をかぶり、草原で絵を描いているシーンが『風立ちぬ』、
    東京大空襲のアニメーションは『火垂るの墓』に似ていると指摘されているほか、幼少期のおかっぱのなつ(粟野咲莉)と、
    ひげもじゃでなつに厳しく生きる術を教えていくおじいさん・柴田泰樹(草刈正雄)の組み合わせについても、
    「ハイジじゃん!」「少女と気難しいおじいさんってまんまハイジだよね」という声も寄せられている。

    「第2話では、なつが柴田家の面々に『私をここで働かせてください』と訴えるシーンもありましたが、それについても『千と千尋の神隠し』の状況に似ているという声もあります。
    また、剛男(藤木直人)が布団の中から妻の富士子(松嶋菜々子)に『俺も寂しいよ。ふ~じこちゃん』と呼びかけるシーンについても、『ルパンじゃん!』『思いっきりルパンのオマージュだった』と、
    『ルパン三世』の名セリフのオマージュではないかと指摘する声が続出しています」(同)

    このようなオマージュの連続に、視聴者やアニメファンからは「オマージュは見てて嬉しくなる」「オマージュ見つけるのすら楽しい」という高評価の声が続々集まっている。
    果たして今後もアニメ作品のオマージュは続くのだろうか。楽しみにしたい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16255959/
    2019年4月2日 18時0分 リアルライブ


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 www.asahicom.jp)


    【NHK朝ドラ『なつぞら』、視聴率が好発進 トトロ、ハイジ、ルパン…名作アニメのオマージュいくつ気付いた?】の続きを読む



    (出典 www.cinemacafe.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/03(水) 10:57:14.22 ID:B6i1Xvlf9.net

    昨年10月1日から放送されていたNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』が、3月30日に最終回を迎えた。
    期間平均視聴率は前作『半分、青い。』の21.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を上回る21.4%を記録したが、これに疑問の声が続出している。

    「『まんぷく』は、『半分、青い。』に比べると評判がものすごく高い。天と地ほどの差です。
    それなのに、視聴率的にわずかしか違わないことに、視聴者は疑問を抱いているのです」(芸能記者)

    実際、ネット上では、

    《『半分、青い。』と大して変わらないのが衝撃》
    《あの最低作品『半分、青い。』に辛勝かよ…》
    《面白さは段違いなのに、この差は驚く》
    《数字的にはほぼ同じだよね。なぜ?》

    などといった声が上がっている。

    『半分、青い。』の21.1%という視聴率は、前作の『わろてんか』(20.1%)、前々作の『ひよっこ』(20.4%)よりも上である。

    「『半分、青い。』の謎の高評価は、視聴率の面だけではありません。
    3月30日にNHKで放送された『朝ドラ100作ファン感謝祭 思い出の名シーンランキング』でも、『半分、青い。』のシーンが2位にランクイン。
    1位は07年度後期の朝ドラ『ちりとてちん』、3位が13年度前期の『あまちゃん』、
    4位が01年度前期の『ちゅらさん』、5位が13年度後期の『ごちそうさん』となっており、2位というのはかなりの快挙です」(同・記者)

    “クソドラマ”すぎて歴史に残ってしまう?
    しかしこのランキングにも、

    《あんなにたたかれて不人気だった「半分、青い」が2位ってあり得ない》
    《半分青いとかマジっすか? どんな層に受けたんだろう?》
    《半分青いは忖度なのかな?》
    《半分青いはドラマとして成立してない! 土俵に上げるなと言いたい》

    などと批判が続出。なぜ『半分、青い。』はここまで不人気なのに、結果を残しているのだろうか。

    「朝ドラは緩く平和な雰囲気が多いので、『半分、青い。』のようなハチャメチャな作品は、良くも悪くも目立って印象に残りやすいのでしょう。
    『イライラしながらも全部見てしまった』といった声もあり、怖いもの見たさ的な要素も含んでいたので、数字も取れたのかと。
    それに比べると、『まんぷく』は王道展開で、安心して見られる分、印象にもあまり残らなかったようです」(同)

    問題児だった『半分、青い。』と、優等生だった『まんぷく』。歴史に残るのは、『半分、青い。』なのかもしれない…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1756849/
    2019.04.02 19:00 まいじつ


    ?


    【NHK朝ドラ感謝祭『半分、青い。』謎の高評価に疑問の声が続出!】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/02(火) 09:07:04.85 ID:UZvd9+rw9.net

    NHK連続テレビ小説『なつぞら』の第1話が1日に放送された。広瀬すず主演の本作。朝ドラ通算100作目で、
    第二次世界大戦後、北海道・十勝からアニメ制作を夢見て上京し、アニメーターを目指して成長していく女性・なつ(広瀬すず)が描かれる。

    第1話冒頭では、十勝の自然の中で絵を描くなつが、幼少期に経験した東京大空襲を回想するシーンがあったが、幼少期のなつや空襲の様子は異例のアニメーションで描かれ、
    オープニングもスピッツの曲をバックに、少女と動物のアニメーションが展開され、朝ドラファンや視聴者からは、「オープニングのアニメ癒された!」
    「朝ドラだし、空襲のシーンをアニメにしたのは重くなりすぎずにいいと思った」「世界名作劇場感があった」などの好意的な声が聞かれた。

    一方、主演の広瀬について、早くもネットから賛否が集まっているという。

    「冒頭で東京大空襲のシーンがあったものの、全体的な雰囲気は爽やかで、十勝の美しい自然と、親を亡くしたなつを引き取ってくれた十勝の一家の温かさが描かれました。
    広瀬は数シーンのみの出演でしたが、『やっぱり華があるから朝ドラに合ってる』『可愛らしいのに素朴だから今後も楽しみ』という声が上がった一方、
    画面に写った広瀬の髪の色がうっすらとした茶色だったことから、『茶髪に違和感ある』『時代的に広瀬すずの茶髪はおかしい』といった指摘も多々聞かれています」(ドラマライター)

    さらに、戦後間もない時代が描かれていることについて、なつを引き取った柴田剛男(藤木直人)が戦争帰りのはずなのに、あまりに明るいことや、服装などが綺麗すぎることについても、
    「戦争帰りであんなに真っ白な歯であんなに明るく振舞えるもんかね?」「みんなに戦後の傷みたいなのが感じられなくて戦後を見てる気が全くしない」
    「絵面がきれいすぎて、他の戦後の朝ドラと比べるとちょっと微妙」という厳しい声が寄せられている。

    第1話から賛否が飛び交うことになった『なつぞら』。果たして今度はどのような展開が待っているのだろうか。注目したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1755273/
    2019.04.01 18:00 リアルライブ


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    【NHK朝ドラ『なつぞら』、初回から広瀬すずに賛否?】の続きを読む

    このページのトップヘ