気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:復帰


    宮迫博之、復帰白紙に! 明石家さんまが「白旗宣言」で舞台・バラエティー出演も絶望的!?


    NO.7980094 2019/11/26 15:20
    宮迫博之、復帰白紙に! 明石家さんまが「白旗宣言」で舞台・バラエティー出演も絶望的!?
    宮迫博之、復帰白紙に! 明石家さんまが「白旗宣言」で舞台・バラエティー出演も絶望的!?
    特殊詐欺グループへの“闇営業”問題が明るみになり、7月に謝罪会見を開いて以降、芸能活動を休止していた雨上がり決死隊・宮迫博之。

    明石家さんまは以前から、自身の個人事務所で宮迫を引き受けることを示唆し、実際に芸能界復帰をサポートしてきたが、一転して“白旗宣言”した。

    これに伴い宮迫は、報じられていた舞台やバラエティー番組の出演など全てが白紙になったという。

    いまだに吉本興業と関係修復していない中、さんまに“乗っかる”形で復帰を急いだ宮迫だったが、世間はそこまで甘くなかったようだ。

    さんまは、11月23日放送の『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)内で、その2日前に開かれた宮迫を激励する集い「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに そして白紙に戻った男を囲む会」について言及。

    年明け1月10日から開幕する、自身の主演舞台『七転抜刀!戸塚宿』で、宮迫が芸能活動を再開すると報じられていたものの、もともと「バレたらボツ」という予定であったことを明かした。

    また当日、さんまが乾杯の音頭を取る際、「吉本興業にはかなわない。

    完全に負けた。“完敗”で〜す」と、ネタにしたことも話題にしている。

    「激励会の情報が事前にマスコミに漏れていたことや、当日、会場周辺やさんまの自宅にまで報道陣が多く集まってしまったことで、吉本と“ケンカ別れ”状態の宮迫をサポートするには、障害が多すぎると判断したのでしょう。一時期は、さんま自ら『宮迫を預かることになりそう』とまで明かしていたのに、今回、完全な“白旗宣言”をしたことには、吉本関係者からも驚きの声が出ていました」(スポーツ紙記者) 

    さんまがこのタイミングで宮迫復帰のサポートを見限った背景には、「世論」も挙げられるという。

    「複数のスポーツ紙が、激励会開催を報じた際、ネット上には『早すぎる』といった否定的なコメントばかりが書き込まれました。さんまとしては、宮迫が契約解除に至った経緯について、吉本にも言い分があることを理解しながら、両者の確執をなかば“強引”に帳消しにさせようとしていましたが、世間が望んでいたのは “決着”ではなく、宮迫の“誠意”だったようです」(同) 

    さんまは宮迫への批判の声が少なくなってきたと判断し、復帰のプランを立てたはずだが、今回「いまだに世間やマスコミの熱は冷めていない」と実感したようだ。

    「また、宮迫は、さんまが出演する年末年始のバラエティー番組に、ゲスト出演するという計画もありましたが、この週末で全て白紙となってしまったといいます」(テレビ局関係者) 

    年明けから、お笑いライブやYouTubeチャンネルの開設など、芸能活動再開の予定を報じられているものの、いずれにしても以前のようなテレビを中心とした活躍は、現状では不可能だろう。

    自らがまいた種ではあるが、さんまをもってしても、果たせなかった“第一線”での芸能復帰は、いつどんな形で実現されるのか。
    【日時】2019年11月26日 12:01
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【宮迫博之、復帰白紙に! 明石家さんまが「白旗宣言」で舞台・バラエティー出演も絶望的!?】の続きを読む


    田口淳之介 有罪判決後2週間で活動再開! ファンイベント告知で「生活苦」浮き彫り!?


    NO.7928523 2019/11/05 15:15
    田口淳之介 有罪判決後2週間で活動再開! ファンイベント告知で「生活苦」浮き彫り!?
    田口淳之介 有罪判決後2週間で活動再開! ファンイベント告知で「生活苦」浮き彫り!?
     10月21日に薬物事件の判決を受けた元KAT-TUN・田口淳之介が、わずか2週間後となる11月4日、芸能活動再開を発表した。

    つい先日まで、裁判についての報道が飛び交っていた状況だけに、ネット上では「さすがに早すぎる」という批判が多く出ているようだ。

     田口は今年5月、交際相手であり実質、共同経営者の小嶺麗奈とともに、大麻所持の容疑で逮捕された。

    裁判中、捜査を担当した関東信越厚生局麻薬取締部が、テレビ制作会社の依頼に応じ、2人の自宅を捜索した際の動画を提供していたことが発覚。

    検察側がこれを問題視し、「捜査の過程に問題がなかったか検討する」との意向を示したため、判決公判は約3カ月遅れていたが、今回2人には懲役6カ月、執行猶予2年の執行猶予判決が下った。

    「その後、田口のインスタグラムやTwitterから、過去の投稿が全て削除されたことで、ファンの間では『しばらく休養に入るのでは』と言われていました。しかし、実際は活動再開に向けての“区切り”だったのか、11月4日、自主レーベルからの新曲リリース、また12月のファンミーティング開催が発表されたのです」

    このスピード展開に疑問を抱いたネットユーザーも多かったようで、田口のSNSアカウントには「早すぎるのでは」「芸能界は甘すぎる」といった批判が殺到する事態に。

    「以前の芸能界では、『執行猶予が明けてから活動を再開する』ことが1つの目安となっていましたが、近年では『世論次第』で再開時期が左右するようになってきています。ただし田口の場合、彼のバックには、大手事務所やレコード会社がついているわけではなく、また生活苦も報じられていましたから、早期復帰は『食べていくための』苦渋の決断だったように見えますね」

    復帰が「早すぎる」のは確かだろうが、今後田口に待ち受けている“茨の道”を考えれば、「なりふり構っていられないということなのかもしれない」との指摘も。

    「新曲リリースはさておき、ファンミ開催は、田口の厳しい台所事情が露呈しているように感じます。というのも、今の田口は、薬物事件を起こした元ジャニーズという立場だけに、テレビ局からのオファーは絶対にない、となると、売り上げがそのまま懐に入ってくるファンイベントで食いつないでいくしかないのです。今回の活動再開は、『それでもついてきてくれるファン』に向けたSOSといったところでは」

    公判で「今後も小嶺と交際を続けていきたい」と話し、世間をあぜんとさせた田口だが、果たしてどれだけのファンが残っているのだろうか。
    【日時】2019年11月05日 12:00
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【田口淳之介 有罪判決後2週間で活動再開! ファンイベント告知で「生活苦」浮き彫り!?】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/05(火) 08:04:47.11 ID:SPRwvzRO9.net

    反社会勢力の忘年会に出席した“闇営業問題”でいまだに謹慎しているのが、「雨上がり決死隊」の宮迫博之と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮だ。
    他の“闇営業”芸人と一つだけ違う点は、「金銭を受け取っていない」とウソをついたこと。それが致命傷となり、超売れっ子の2人は芸能界から姿と消した。

    「実際に“ウソを突き通そう”と主導したのは宮迫さんです。淳さんも言っていましたが、彼は元々ウソをつくタイプではないんです。しかし先輩が言っていることだし、万が一宮迫さん含め、全員が仕事を失ったらシャレにならない。そう思い“極楽とんぼ”の加藤浩次さんのラジオで、慣れないウソの説明をしてしまったようです」(田村亮の知人)

    その後、宮迫と亮はウソをついたことを後悔し、正直に言おうと決心したころには、吉本がそれを阻止。会見をさせてもらえなかったため、2人で強行会見を開くに至った。

    「亮さんは自分のウソを反省しつつも、会社の隠ぺい体質に憤慨し“契約を解除してください”と会見で言ってしまった。しかしそれから数か月がたった今、冷静になってくると、怒りの矛先は会社から宮迫さんに変わったそうです。“億プレーヤー”だった亮さんは、宮迫の命令のせいで一夜にして“無職状態”になってしまった。『あの時、宮迫さんさえ正しい判断をしてくれていたら…。本当にやられた』と嘆いているようです」(同・知人)

    しかし、宮迫に明石家さんまが救いの手を差し伸べようとしているように、亮にも頼りになる味方がいる。相方の田村淳だ。

    「亮さんは今、吉本興業と断絶状態ですが、淳さんが会社と亮さんの間に入って復帰への道を探っています。淳さんは『絶対に吉本も辞めないし、絶対にロンブーも解散しない』と言っている。加藤浩次さんみたいに『幹部が退陣しなけりゃ俺は辞める!』なんて大人げないことは言わない人です。全員が“ウィン・ウィン”になるように熟考しています。賢い人ですよ」(テレビ局関係者)

    そこで浮上している案が、加藤が生み出したあの契約だという。

    「淳さんは今まで通り、吉本とマネジメント契約を継続する。そして亮さんはロンブーとして活動するときだけ、淳さんが間に入ってエージェント契約を結ぶという案で落としどころを探っているようです。亮単体の仕事に関しては吉本との関係上、当分は難しいでしょうが……」(スポーツ紙記者)

    しかし書面上契約を締結できたとしても、まだまだハードルはあるという。

    「テレビはスポンサーがいるので、世間が本当に許してくれない限り亮さんが出演するのは難しいでしょう。2人で地に足をつけ劇場のライブからやり直していくのがいいかもしれませんね」(前出・テレビ局関係者)

    さんまが味方の宮迫、淳が味方の亮。2人がお茶の間に笑いを届けるのは、どちらが先になるだろうか――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191105-00000001-friday-ent
    11/5(火) 7:01配信


    【田村亮を淳が全力後押し 加藤浩次に続きエージェント契約で復帰か】の続きを読む



    (出典 read-to-someone.com)



    1 牛丼 ★ :2019/11/02(土) 07:37:59.67 ID:6aJZ//Lm9.net

    宮迫博之、復帰決定情報!来年1月「明石家さんまと共演」

     雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら、お笑い芸人、そして所属事務所をも巻き込み、芸能界を揺るがした一連の“闇営業”問題。

    「7月20日、宮迫と亮が芸人人生をかけた記者会見を行い、関係者のみならず世間に衝撃を与えました。あれから約3か月、どうやらついに、宮迫の芸能界復帰の目途が立ったようですよ」(芸能プロ関係者)

     宮迫と亮以外の闇営業に関与した芸人たちは謹慎期間を経て、復帰を果たしている。しかし、2人に関しては、今後どのような活動をしていくのか明らかになっていなかった。

    「宮迫が所属事務所からマネジメント契約を解除された当初から、明石家さんまさん(64)が、“自分のところで預かろうと思っている”と話していました。それがいよいよ、実現することになったようです」(前出の芸能プロ関係者)

     10月22日の『日刊ゲンダイ』では、さんまがごく親しい関係者に主催パーティの招待状を送ったと報じている。

    「このパーティは、11月下旬に都内ホテルで開催される予定で、『みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会』という趣旨だといいます。“オフホワイト”はもちろん、2017年8月に『週刊文春』(文藝春秋)が不倫を報じた際に宮迫が発した“オフホワイトです”から来ています。

     さんまさん主催のパーティでは、宮迫を励まし、さんまさんの事務所への所属報告、さらに彼の芸能界復帰も発表される見込みだといいます。そして気になる宮迫の復帰は、来年1月から始まる、さんまさんの主演舞台になるようです」(前同)

     約5年ぶりとなる、さんま主演の新作舞台『七転抜刀!戸塚宿』には、さんまのほか、温水洋一(55)、中尾明慶(31)、10月10日に結婚を発表した佐藤仁美(40)らが出演することが明らかになっている。

    「『七転抜刀!戸塚宿』は、来年1月10日から31日まで東京の『Bunkamura シアターコクーン』で、2月20日から26日まで大阪の『COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール』で上演されますが、どうやらこの舞台に宮迫も出演することになるようです。

     宮迫は、2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』をはじめ、数々のドラマや映画に出演し、俳優としても評価が高い。さんまさんも宮迫の演技力に期待して、という部分もあるかもしれない。ただそれ以上に、番組のCMスポンサーに難色を示される可能性が高いテレビでの復帰は、難しいということではないでしょうか。だからまずは、自らの主演舞台からということだと思われます」(同)

     明石家さんまという重鎮の後ろ盾を得て、宮迫は芸能界で再び輝くことができるのだろうか!?

    https://taishu.jp/articles/-/69839


    (出典 geitopi.com)


    【宮迫博之、復帰決定情報!来年1月「明石家さんまと共演」!!】の続きを読む



    (出典 sorenani-news.up.seesaa.net)



    1 ひかり ★ :2019/08/16(金) 23:32:43.21 ID:Yil/rW759.net

    8月16日19時前頃、麦わら帽子を目深にかぶって東京・下北沢の劇場を訪れたのは高畑淳子(64)だ。一緒に来ていた友人女性たちにガードされる形で、
    開演時間直前にやってきた高畑。かなり警戒している様子がうかがえる。

    同劇場で上演されていたのは、この日初日を迎えた舞台「さよなら西湖クン」。演劇ファンから人気の劇作家・蓬莱竜太氏(43)が脚本を務める注目作だ。
    しかし、淳子がキャパ200名ほどの小さな劇場を訪れたのには“別の理由”があった。

    総勢6名の出演者一覧に目を通すと、そこには息子である高畑裕太(25)の名前が。16年8月23日、前橋市内のビジネスホテルで女性従業員に性的暴行を加えたとして
    強姦致傷容疑で逮捕された裕太。被害女性とは示談が成立し不起訴になったものの、所属事務所は裕太とのマネジメント契約を解除。以降は芸能活動を
    無期限休止となっていた裕太にとって、3年ぶりの仕事復帰となった。

    愛する我が子の晴れ舞台に駆け付けた淳子。さらに、この日は裕太の姉で女優の高畑こと美(32)も訪れていたという。

    「こと美さんは、スタッフや観劇に来ていた顔見知りの芸能関係者に『弟をよろしくお願いします』とあいさつしていました」(演劇関係者)

    暴行事件直後の謝罪会見では「自分なりに精いっぱいやったつもりですが、育て方がいけなかった」と深い悔恨の念を見せていた淳子。裕太の芸能界復帰についても
    「してはいけないことだと思っています」と語っていた。しかし今回の復帰について、熱心に息子をサポートしていたようだ。

    「事件前から母子の仲はよく、お互いが出演しているドラマを見ながら演技論について熱く語りあっていました。事件後もそれは変わらず、自宅で淳子さんの相手役を
    裕太さんが演じることもあったそうです。淳子さんから『アツく語り合いすぎて言い合いになることもあるけど楽しいわよ』と聞いたことがあります。
    今回の復帰公演での演技指導も、淳子さんがしていたようです」(淳子をよく知る芸能関係者)

    息子の復帰舞台を見た母は何を思うのか。本誌記者は上演終了後に、淳子を直撃。しかし質問に答えることなく、足早に車に乗り込みその場を去ってしまった。

    謝罪会見では「最終的にどんなことがあっても、どんなに申し訳ないことをしても、親として守る・ガードするわけではなく『親でいる』ということが
    最後の最後にくると思う」と語っていた淳子。“過保護”な親子生活はまだ続きそうだ――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190816-00010011-jisin-ent

    (出典 img.jisin.jp)



    (出典 portal.st-img.jp)


    【高畑淳子 高畑裕太の復帰舞台にお忍び観劇!自宅で演技指導も】の続きを読む

    このページのトップヘ