気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:復帰



    (出典 sorenani-news.up.seesaa.net)



    1 ひかり ★ :2019/08/16(金) 23:32:43.21 ID:Yil/rW759.net

    8月16日19時前頃、麦わら帽子を目深にかぶって東京・下北沢の劇場を訪れたのは高畑淳子(64)だ。一緒に来ていた友人女性たちにガードされる形で、
    開演時間直前にやってきた高畑。かなり警戒している様子がうかがえる。

    同劇場で上演されていたのは、この日初日を迎えた舞台「さよなら西湖クン」。演劇ファンから人気の劇作家・蓬莱竜太氏(43)が脚本を務める注目作だ。
    しかし、淳子がキャパ200名ほどの小さな劇場を訪れたのには“別の理由”があった。

    総勢6名の出演者一覧に目を通すと、そこには息子である高畑裕太(25)の名前が。16年8月23日、前橋市内のビジネスホテルで女性従業員に性的暴行を加えたとして
    強姦致傷容疑で逮捕された裕太。被害女性とは示談が成立し不起訴になったものの、所属事務所は裕太とのマネジメント契約を解除。以降は芸能活動を
    無期限休止となっていた裕太にとって、3年ぶりの仕事復帰となった。

    愛する我が子の晴れ舞台に駆け付けた淳子。さらに、この日は裕太の姉で女優の高畑こと美(32)も訪れていたという。

    「こと美さんは、スタッフや観劇に来ていた顔見知りの芸能関係者に『弟をよろしくお願いします』とあいさつしていました」(演劇関係者)

    暴行事件直後の謝罪会見では「自分なりに精いっぱいやったつもりですが、育て方がいけなかった」と深い悔恨の念を見せていた淳子。裕太の芸能界復帰についても
    「してはいけないことだと思っています」と語っていた。しかし今回の復帰について、熱心に息子をサポートしていたようだ。

    「事件前から母子の仲はよく、お互いが出演しているドラマを見ながら演技論について熱く語りあっていました。事件後もそれは変わらず、自宅で淳子さんの相手役を
    裕太さんが演じることもあったそうです。淳子さんから『アツく語り合いすぎて言い合いになることもあるけど楽しいわよ』と聞いたことがあります。
    今回の復帰公演での演技指導も、淳子さんがしていたようです」(淳子をよく知る芸能関係者)

    息子の復帰舞台を見た母は何を思うのか。本誌記者は上演終了後に、淳子を直撃。しかし質問に答えることなく、足早に車に乗り込みその場を去ってしまった。

    謝罪会見では「最終的にどんなことがあっても、どんなに申し訳ないことをしても、親として守る・ガードするわけではなく『親でいる』ということが
    最後の最後にくると思う」と語っていた淳子。“過保護”な親子生活はまだ続きそうだ――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190816-00010011-jisin-ent

    (出典 img.jisin.jp)



    (出典 portal.st-img.jp)


    【高畑淳子 高畑裕太の復帰舞台にお忍び観劇!自宅で演技指導も】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 幻の右 ★ :2019/08/15(木) 17:29:11.02 ID:CNc0QXgW9.net

    高畑淳子(64)の長男で俳優の高畑裕太(25)が、16日から東京・下北沢で上演される舞台「さよなら西湖クン」でついに芸能活動を再開する。高畑の気合は相当なもので、自らチラシ配りをするなど営業活動にも精を出しているという。

     高畑は2016年8月、映画の撮影で滞在していた群馬県で宿泊先のビジネスホテルの女性従業員に乱暴したとして逮捕されるも、示談が成立し不起訴、釈放された。とはいえ事件の影響は大きく、所属事務所からマネジメント契約を解除され、芸能活動は休止していた。今回の舞台は、旧事務所所属の演出家が手掛ける作品だ。

     活動再開の一報は先月に流れた。くしくも人気吉本芸人たちによる闇営業騒動が、芸能界を駆け巡っていたこともあり、あまり話題にもならず。

     舞台関係者は「恥ずかしながら、チケットがあんまり売れてないんですよ。高畑君も友人や知人のところを回って、舞台のチラシを配り歩いてるんですが…」。出演するからには、満員の観客に演技を見てもらいたいということなのだろう。

     事件前はテレビや映画が活動の中心だったが、今は一劇団員のように地道な活動にも取り組んでいるのだ。

     事件後しばらく入院していたとされる高畑は、インドなどに何度か1人で出掛け“心の洗濯”をしたり、遺品整理のバイトや飲み屋で働いたりしていた。

     17年秋、某温泉で高畑を目撃した男性は「山登りから帰ってきたお兄ちゃんみたいな風貌で、テレビに出てたころとはだいぶ印象が違った。昔と違って、だいぶ落ち着いた感じですね。服装も黒っぽいイメージで、ニット帽をかぶったりして。ヒゲとかも生やしてないし、さわやかでカッコよかったですよ」。

     不起訴とはいえ、イメージが大幅に低下してしまった高畑の復帰舞台は大成功となるだろうか。

    東スポ 8/15(木) 17:04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000047-tospoweb-ent


    【高畑裕太、吉本芸人騒動の裏で活動再開 復帰舞台のチケット売れずチラシ配り】の続きを読む



    (出典 boku-tabi.com)



    1 幻の右 ★ :2019/07/23(火) 10:14:38.41 ID:UuOUXthd9.net

     ◇吉本興業 岡本社長会見

     急転直下の処分撤回だ。岡本氏は会見の冒頭で「2人にああいう記者会見をさせてしまった。非常につらい思いをさせてしまって、本当に申し訳ない」と謝罪。
    その上で、一度は契約を解消した宮迫の処分を撤回し、亮とも契約解消をしない意向を明かした。

     「2人が席についていただけるならば、全力でミーティングさせていただき、いつの日か戻っていただいて、全力でサポートしていきたい」と、2人と向き合う決意も語った。
    ただ、これはあくまでも岡本氏の希望だ。会見前に2人に連絡を入れることもしておらず、現時点では一方的な“片思い”にすぎない。

     岡本氏は処分撤回の理由を「2人の会見を見て自分自身が情けなかったというのと、申し訳ないことをした」ことと説明。つまり、人生を左右する決定を
    感情的な部分で下したことになる。また、撤回する処分内容についての答弁も二転三転。契約を解消していない亮は、現在も謹慎中の身分。ただ、その
    「謹慎の処分を解く」という説明をし、後に弁護士が訂正する場面もあった。しどろもどろな回答が、急な決定であることを示していた。

     こうして下された岡本氏の決断だが、宮迫と亮が吉本に戻る可能性は低い。関係者は「現時点ではほぼ0%」と語る。

     特に自ら「契約解除してほしい」と語った亮の意志は固い。「ただ謝罪がしたい」という希望さえ通してくれなかった吉本幹部への不信感は強い。関係者は
    「不誠実な対応ばかりされてきたので、本人は“今更そんなことを言われても”という気持ちだ」と明かした。岡本氏の意向とは裏腹、亮の“吉本復帰”には厚い壁がある。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000077-spnannex-ent

    ※前スレ
    【芸能】今更そんなことを言われても…宮迫の処分撤回も関係者「現時点で復帰0%」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563829956/


    【今更そんなことを言われても…宮迫の処分撤回も関係者「現時点で復帰0%」】の続きを読む


    衝撃逮捕からわずか3年…あの大女優の息子が芸能活動復帰!


    NO.7619626 2019/07/18 13:54
    衝撃逮捕からわずか3年…あの大女優の息子が芸能活動復帰!
    衝撃逮捕からわずか3年…あの大女優の息子が芸能活動復帰!
    現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』で見せた、“とよばあちゃん”の演技が話題となっている女優の高畑淳子(64)。

    その息子の高畑裕太(25)が、舞台で芸能活動を再開させることが明らかになった。

    裕太は、2015年の連続テレビ小説『まれ』に出演後ブレイク。

    その天然キャラを活かしてバラエティ番組でも活躍していたが、2016年8月23日、映画撮影のために滞在していた、群馬県前橋市のビジネスホテルの女性従業員に暴行を加えたとして逮捕された。

    8月26日には母親の淳子が謝罪会見を開き、当初30分ほどで終了する予定だったが「すべての質問にお答えしたい」という淳子の意向で、スタンドマイクの前に立ち、64分間にわたって取材陣からの質問に答えた。

    「高畑淳子さんは号泣しながらも記者からの質問に答え、裕太の芸能活動再開について“(復帰は)してはいけないことだと思っています”と話していましたね」(芸能レポーター)


     同年9月9日までに、裕太と被害者側の間で示談が成立。同日、裕太は不起訴処分となった。その後、所属事務所は裕太とのマネジメント契約を解除し、芸能活動は無期限休止に――。

     2017年9月発売の『女性セブン』(小学館)では、裕太の近況を掲載。遺品整理のアルバイトをして社会復帰をしている姿が伝えられた。さらに、昨年6月、『週刊女性』の取材に応じ、「舞台に出演して芸能界に復帰するそうですが?」という質問に、「そんなことは全然ないですよ。復帰なんてできませんよ」と、芸能活動復帰はないと話していた。

     そんな高畑裕太が、来月の舞台で復帰するというのだ。

    「東京・下北沢の小劇場B1で、8月16日から始まる舞台『さよなら西湖クン』に出演することが明らかになったんです。あの衝撃の暴行事件からわずか3年足らずで、表舞台に復帰することになりました。

     これには業界関係者からも、“高畑淳子さんが会見と言っていたことが違う”“甘すぎる”“被害者がいる事件なのにいくらなんでも早すぎるのでは?”といった疑問の声が上がっています」(テレビ局関係者)

     舞台での復帰にあたり、高畑裕太は、事件について何か語るのだろうか――?


    【日時】2019年07月18日 07:02
    【ソース】日刊大衆

    【関連掲示板】


    【衝撃逮捕からわずか3年…あの大女優の息子が芸能活動復帰!】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 Egg ★ :2019/05/08(水) 23:51:28.22 ID:05udtIij9.net

    令和の時代を迎えるにあたり、多くのメディアで平成を振り返る企画が相次いだ。そんな中、過去の映像が出るたびに地上波復帰の期待が高まるのが女優、のん(25)。しかし、その道はかなり厳しいと言わざるを得ない。

     NHKが4月29日に放送した「総決算!平成紅白歌合戦」で、のんと橋本愛(23)が歌う朝ドラ「あまちゃん」の挿入歌「潮騒のメモリー」が流された。当然、SNSでも歓喜の書き込みが相次いだ。

     「現在放送中の大河ドラマ『いだてん』は脚本が宮藤官九郎が担当するなど『あまちゃん』スタッフが多くかかわっているので、のんの起用も期待されましたが、出番はなさそうです」とテレビ誌編集者はささやく。

     のんは所属事務所からの独立トラブルが響き、「テレビ局側が敬遠しています。地上波の番組に登場することはなく、主戦場は舞台や音楽、アーティスト活動などです」とある芸能事務所マネジャーは指摘する。

     そんな中、現在放送中の朝ドラ「なつぞら」に期待が集まった。朝ドラ100作目とあって、松嶋菜々子(45)や小林綾子(46)、比嘉愛未(32)、岩崎ひろみ(42)といった歴代ヒロインが次々と登場しているのだ。

     「もちろん『あまちゃん』も近年の朝ドラ人気に貢献した作品なので、のんの起用も取り沙汰されたそうです。彼女が出るとなると、かなりの話題になりますし。しかし現状ではそれもかなり厳しいようです」と先のテレビ誌編集者。

     先月、東京地裁であった民事訴訟の判決が影響しているという。2015年に「週刊文春」が掲載した記事に対し、名誉毀損を認め、賠償を命じたのだ。記事では、「あまちゃん」の撮影時、所属事務所が、下着も買えないほどの経済状況でのんを働かせていたなどと報じた。

     「判決では、こうした内容について『真実と認められない』との判断を示しました。文春側は控訴しましたが、のんのダメージは大きい。やっと緩やかになっていた、のんへの風当たりが再びきつくなったのです。昨年末には事務所側と和解の動きもありましたが、情報が漏れて決裂しました。このままでは、やはりのんは使いづらいですよね」と先の芸能事務所マネジャー。

     20年公開予定の映画「星屑の町」でヒロインを務めることになった。活動先は中国にまで及んでいるが、テレビの画面に戻ってくる日はまだまだ遠いようだ

    2019年5月8日 17時13分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16428017/


    【<のん>地上波復帰できないワケ… 事務所の「民事訴訟判決」が影響】の続きを読む

    このページのトップヘ