気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:後藤真希



    (出典 i.daily.jp)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/02(日) 04:50:48.13 ID:CKtFdx8o9.net

    ◆ 後藤真希「芸能界引退」ピンチ…“婚約破棄”で元カレが提訴の可能性

    元『モーニング娘。』後藤真希が芸能活動のピンチだ。ヘタをすれば仕事関係者から縁を切られる〝絶縁引退〟の可能性も出ているという。
    後藤は今年3月、一部週刊誌報道で不倫をしていることが発覚。相手は以前に交際していた元カレで、夫のDVを相談するうちに肉体関係を持ったという。

    「本人もブログで謝罪。『夫とは別の男性と関係がありました』と報告し、『夫婦ゲンカを過度な表現にしてしまい』などとつづっていますが、それにしても、元カレとはいえ、あまりに簡単な体の関係。マトモじゃありません。今、仕事関係者は遠巻き状態で、絶縁もあり得そうです」(芸能ライター)

    何より驚かされたのは、後藤の夫A氏が、元カレを相手取って330万円の民事訴訟を起こしていたことだ。

    「理屈的には分かります。日本は一夫一婦制ですし、元カレは既婚女性に手を出す〝不貞行為〟を犯したことになる。だから、裁判になればA氏の主張が認められる可能性は高い。ただ、今回の場合、元カレに相談するという後藤の意識も普通ではありません。必ずしも元カレだけが悪いとはいえませんね」(同・ライター)

    ■ 和解どころか態度を硬化させる

    元カレにしても、よもや裁判にまでなるとは思っていなかったようだ。

    「不貞は不貞ですから、慰謝料で50~100万円。裁判長は元カレの収入状態も判断に入れるはず。和解と謝罪なら100万円いかないと思います」(司法ライター)

    しかし、関係者筋の情報によれば、元カレは憤慨。
    和解どころか、むしろ態度を硬化させて長期化する見込みだという。

    「元カレは後藤より5歳年下の28歳。結婚の約束もしたといい、〝なぜ相談に乗ったオレが…〟という気持ちがあるようです。当然、納得などしないでしょう」(同・ライター)

    もし本当に後藤が元カレに結婚の意思を示し、それが立証できれば、今度は元カレが後藤を相手に裁判を起こすことも考えられる。

    「後藤さんが『夫婦関係は破綻している』などと告げ、元カレさんと結婚前提の交際をしたならば〝婚約破棄〟になり、元カレさんは後藤さんを訴えることができます。後藤さんは裁判でも肉体関係を認め、ブログに書いています。婚約していたとも取られかねない。元カレさんが訴えるかは分かりませんが、後藤さんが訴訟を起こされれば不利は間違いありません」(離婚問題に詳しい弁護士)

    やはり引退へ秒読みなのかもしれない。

    まいじつ 2019.06.01 17:30
    https://myjitsu.jp/archives/84856

    (出典 myjitsu.jp)


    【後藤真希「芸能界引退」ピンチ…“婚約破棄”で元カレが提訴の可能性】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/29(水) 08:00:55.26 ID:SWg+2cBE9.net

    3月14日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、元モーニング娘。のゴマキこと後藤真希(33)の元交際相手の男性との不倫を報道。
    記事では、後藤の夫が相手男性に対して330万円の損害賠償を請求しており、裁判で後藤が具体的な不倫内容をつづった陳述書を裁判所に提出したと報じた。

    後藤は、2014年に建築現場で働く3歳年下の夫と結婚し、現在は二児の母。
    昨年10月にはフォトエッセイを出版したり、
    ベビーブランドのプロデュースや育児系イベントへ出演したりとママタレとしてもブレイクしていた中での不倫報道ということで、大きな衝撃を呼んだ。

    裁判に提出された資料によると、「不倫関係のはじまりは後藤が元交際相手の男性とインターネット上で連絡をとったこと。
    それをきっかけに2018年の初めころから頻繁に連絡をとり合うようになった2人は、都内のアパホテルや錦糸町の“大人のホテル”で、2回にわたり肉体関係を持ったこと」が明らかになっている。

    そんな後藤の不倫裁判が、泥沼化しているという。

    「5月中旬にも公判があったといいます。裁判が長期化しているのは間男が賠償請求に応じないためだそうです。
    相手男性は裁判で、後藤が夫からDV被害を受けていて、“すでに婚姻関係が破綻していたので、権利侵害行為は認められない“と主張。
    婚姻関係が破綻していた証拠として、“後藤とのLINEのやりとり”も提出しています。
    さらに、相手男性は逆に“夫に対して、慰謝料を請求するのでは”なんて話も聞こえてきます」(女性誌記者)

    『文春』の報道後、後藤は自身のブログに直筆の謝罪文を掲載。

    「夫よりDVなどを受けていると報じられていますが、当時の私自身が夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまい、相手との軽率なやり取りから誤解を招く内容となり、大変反省しております」と、
    夫からのDVについて完全否定し、仕事関係者やファンに向け謝罪をしている。

    「後藤をDVから救おうとしていた間男からすれば、後藤からもはしごを外されて騙されたという気持ちになっているのかもしれませんね。
    慰謝料の逆請求説が一部で噂されるのは、そうした理由からですかね。
    通常、不倫をめぐる裁判であれば、間男側が謝罪し、賠償金を支払うことで決着しますが、
    今回の後藤の裁判では間男側が和解に応じないため、さらなる長期化が必至と見られています」(前出の女性誌記者)

    後藤にとって、不倫の代償は思った以上に大きなものになりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1847632/
    2019.05.29 07:10 日刊大衆


    【後藤真希「世紀の不倫裁判」が衝撃の泥沼化!!】の続きを読む


    後藤真希 APA不倫謝罪の代償!「家族話NG」で仕事に大打撃?


    NO.7327979 2019/03/15 10:49
    後藤真希 APA不倫謝罪の代償!「家族話NG」で仕事に大打撃?
    後藤真希 APA不倫謝罪の代償!「家族話NG」で仕事に大打撃?
    3月14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、モーニング娘。の元メンバーで、現在はママタレントとして活躍する後藤真希の不倫をスクープ。

    裁判沙汰になっていることまで明らかとなり、業界内では「今後の後藤にとって致命傷」と指摘されているようだ。

    「後藤は2014年に3歳年下の一般人男性・A氏と結婚し、15年に長女、17年に長男を出産しています。しかし『文春』によると、後藤は昨年、過去に交際していた“元彼”のB氏と連絡を取り合って関係を持ったそう。さらに、そのことを知ったA氏は、B氏を訴える裁判を起こしたといいます」(スポーツ紙記者)

    1999年にモー娘。に加入し、同年発売して大ヒットとなった「LOVEマシーン」でセンターを務めた後藤は、男女問わず絶大な人気を誇った。

    02年にグループを卒業した後もソロで活躍していたが、11年に芸能活動を休止。

    そして14年に活動を再開すると、ほどなくして結婚を発表した。

    「結婚後の後藤は、夫とのラブラブぶりをアピールしていた印象。今年1月2日のブログでは、夫からキスされている瞬間の写真を公開していましたし、2月にブライダルファッションデザイナー・桂由美氏のイベントに出席した際は、『4年前の2月22日に結婚式を挙げたんですけど、「4年前にタイムスリップしたい」って思いました。「これ着たい」って思うドレスやお着物がたくさんありました』と、自身の結婚式に思いを馳せていたとか」(同)

    また、ブログやバラエティ番組で育児について語ったり、17年には「ベストマザー賞」を受賞するなど、後藤はすっかり“ママタレ”の王道を歩んでいた。

    「最近の後藤は、メディアに出ればほぼ確実に家族の話をしており、またファン層も同年代のママという印象です。そんな後藤が、自身の不貞を報じられたとあって、そのイメージダウンは計り知れません。例えば、同じママタレの小倉優子は、夫の不倫によって離婚したため、本人の芸能活動にさほど影響はありませんでしたが、後藤の場合は仕事に大打撃を与えると言えるでしょう。今後バラエティでも、家族の話をしにくくなるでしょうし、当分オファーも消滅するのでは」(芸能プロ関係者)

    後藤の不倫スクープは、「文春」発売前の13日、「文春オンライン」で先行報道され、後藤は同日中にはその内容を認め、謝罪コメントを発表。

    夫婦関係は修復に向かっているというが、少なくとも後藤の“芸能人生”はいばらの道と化したのではないだろうか。
    【日時】2019年03月14日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【後藤真希 APA不倫謝罪の代償!「家族話NG」で仕事に大打撃?】の続きを読む



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/03/13(水) 19:14:56.14 ID:JN3oCJqm9.net

    2019年03月13日 19:01
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/13/kiji/20190313s00041000844000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    タレントの後藤真希 Photo By スポニチ

     この度は、ファンの皆様、関係者の皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしました事を深くお詫び申し上げます。

     一部週刊誌で報じられている通り昨年、夫とは別の男性と関係がありました。誠に申し訳ございませんでした。

     私の未熟で軽率な行いにより生涯を誓った夫を深く傷つけ、妻として母として、またこのような立場でありながら、自覚が足りず、信頼を裏切る事となりました。後悔の思いとともに深く反省しております。

     また、夫よりDVなどを受けていると報じられておりますが、当時の私自身が夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまい、相手との軽率なやりとりから誤解を招くような内容となり、大変反省しております。

     現在、夫と度重なる話し合いの末、こんな私を受け入れてくれ、夫婦として向き合う時間も増えました。私自身、改めて家族の大切さと、してしまった過ちの重大さを深く感じています。

     これからは今まで以上に夫婦助け合い、子どもたちや家庭を大事に育み、公私ともに精一杯の努力をして参ります。

     この度は誠に申し訳御座いませんでした。


    【後藤真希、「夫とは別の男性と関係がありました」…謝罪し夫婦関係修復誓う DVは否定】の続きを読む

    このページのトップヘ