気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:嵐


    嵐、米津玄師とCD同日発売で「売り方汚い」両ファン罵倒合戦


    NO.7785315 2019/09/13 11:58
    嵐、米津玄師とCD同日発売で「売り方汚い」両ファン罵倒合戦
    嵐、米津玄師とCD同日発売で「売り方汚い」両ファン罵倒合戦
    嵐のニューシングル「BRAVE」が、9月10日付のオリコンデイリーシングルランキングで初登場1位を獲得。

    発売初日だけで34万479枚のヒットを飛ばし、堂々の首位に君臨した。

    今作は、人気アーティスト・米津玄師の新曲「馬と鹿」とリリース日がバッティングし、発売前からファン同士がネット上で罵り合っていたが……。

    嵐の「BRAVE」は、初回限定盤DVD、初回限定盤Blu-ray、通常盤の3種類で販売。ニューシングルは昨年10月発売の「君のうた」以来、およそ1年ぶりとなり、表題曲は『日本テレビ系ラグビー2019イメージソング』に起用されている。

    カップリングはなく、通常盤は「BRAVE」のオリジナル・カラオケを収録。

    初回限定盤DVD&Blu-rayはビデオ・クリップ+メイキング付きで、マルチアングル(+1アングル)である点も、ファンにとってはうれしいサービスだろう。

    一方、米津の「馬と鹿」は、7月期の大泉洋主演ドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)の主題歌で、ノーサイド盤、映像盤、通常盤の3形態。

    ノーサイド盤はCD+ホイッスル型ペンダントが付くほか、映像盤は『米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃』のライブ映像のティザーを収録したもの。

    全形態共通で、初回生産分のみ『米津玄師 2020 TOUR / HYPE』のチケット最速先行抽選応募券が封入されており、購入者店舗特典でラバーバンドがもらえるなど、豪華な内容となっている。

    ツアーの応募期間は9月10〜15日で、シリアルナンバー1件につき1公演の申し込みが可能。1公演につき4枚までの制限だが、複数公演の応募もできるという。昨年、「Lemon」の爆発的ヒットが話題になった米津だけに、嵐ファンは同日発売の「馬と鹿」の売り上げに、戦々恐々としていたようだ。

    「米津の新曲にライブチケットの先行応募券が入っていると知った一部の嵐ファンは、Twitter上で『米津さん、3形態+ライブの応募券って、売り方がセコい』『あんなに特典付けないと無理なら、嵐と同じ日にするな』『汚い売り方で1位をとって、嵐の記録を途切れさせるのは勘弁して』と、販売形態や特典に否定的な考えを示していたんです」(ジャニーズに詳しい記者) こうした書き込みを目にした米津のファンは「発売日が嵐と被ったからって、売り方に文句言うのはやめて」「どう考えても売り上げは嵐が圧倒的だろうし、米津さんの売り方を否定するのはやめてほしい」「3形態もライブ抽選が入ってるのも、いつも通りなのに……」と、嵐ファンの心ない言葉に怒りをにじませた。

    米津には公式ファンクラブが存在していないそうで、以前からCDにライブの抽選応募券を付ける形で販売していたとか。

    今回だけ特別に“嵐対策”で特典を増やしたと思われることが、納得いかなかったのだろう。

    「こうして双方のファンがSNS上で意見をぶつけ合う中、発売直前に新たな情報が解禁されました。9月9日、嵐のレコード会社・J Stormのサイトなどで、12月23日に『ARASHI SPECIAL SHOOTING “5×20” at Tokyo Dome 2019.12.23』の開催が決定したと、発表があったんです。これは、『BRAVE』購入者かつ嵐のファンクラブ会員を対象にしたイベントで、100台規模のライブ収録カメラが入る公演。参加者は撮影に協力しながら、嵐5人と一緒にライブを楽しむことになるようです。ユーザーコード1つと、ファンクラブの会員番号1つで一度だけエントリー可能で複数回はNG。9月11日〜15日の期間内にエントリー後、10月中旬にチケットの応募申し込みを行い、当選者のみチケット代金の9,000円を入金する流れになっています」(同)

    これを受け、嵐ファンは「ファンクラブ会員番号で一回しか応募できないのが、大量買いしなくいいよ感が滲み出てる」「複数枚買わせる気がないし、嵐はどこまでファン想いなんだろう」「1名義につき1枚だけ買えばいいから、クリーンだわ」と、歓喜。

    店頭に並ぶ前日のアナウンスだったため、“緊急”で特典を追加したという指摘もされているが、「東京ドームなんて1年以上前から抑えないと無理だよ」と、以前より決まっていたスケジュールだと、主張している。

    かたや、米津ファンは特典に歓喜する嵐ファンに対して「『米津さんの売り方ずるい』って言った嵐のファン、謝れよ。お互い売り方は同じだよ」「結局、嵐も同じだった。嵐ファン、なんだかな〜」「米津を批判してた嵐ファン、同じようなことしたら『嵐、さすが!』とか頭おかしい」と、嵐ファンの反応を非難していた。

    「そして、フタを開けてみれば初日の売り上げは『BRAVE』が34万479枚、『馬と鹿』は24万1,427枚で2位にランクイン。嵐の前作『君のうた』のデイリー記録は20万7,787枚でしたが、今作では13万枚もアップしていました。

    また、米津もCDシングルの前作『Flamingo / TEENAGE RIOT』(昨年10月発売)の初日売り上げだった12万2,872枚を大幅に上回り、週間ランキングでマークした22万8,566枚をも超える高数字。米津ファンは『嵐は5人で、米津はたった1人なのにスゴい』と、この結果を誇りに思っているようです」(同)

    さらに、11日付のランキングでは、「BRAVE」(12万7,119枚)が1位をキープし、「馬と鹿」は7万480枚で2位に。

    発売2日目の時点で、嵐は合計46万7,598枚、米津が31万1,907枚と差は開いているが、果たして、週間ランキングの締め切りまで、嵐は1位のまま逃げ切れるのか――。
    【日時】2019年09月13日 08:30
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【嵐、米津玄師とCD同日発売で「売り方汚い」両ファン罵倒合戦】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 mayuponstyle.com)



    1 ひかり ★ :2019/08/26(月) 06:10:56.70 ID:84riDL+D9.net

     人気グループ、嵐が25日、メインパーソナリティーを務めた日本テレビ系「24時間テレビ42」を“完走”。終了後の会見で来年で
    活動休止する思いを改めて明かした。

     相葉雅紀(36)は番組で1週間前に書いたメンバーへの手紙を読み上げ、「『休止』と書いてパワーアップと読むと思っている。
    近い将来、絶対グループ活動をしようね」とメッセージ。

     相葉は会見で活動再開は「僕1人の思いです」と強調した上、「休止期間が無駄にならないで、パワーアップの期間になればいいなという
    思いを込めました」と真意を説明。思いを聞いた櫻井翔(37)は「2019年8月25日現在でそう思っているメンバーがいるというのを
    認識しました」と答え、二宮和也(36)は「そういう思いなんだなというのを受け取ったという感じですね」としみじみ話した。

     メインパーソナリティーは6年ぶり5度目の挑戦。オープニングは松本潤(35)と二宮がロケに出ており、会場の東京・両国国技館は
    大野智(38)、櫻井、相葉だけだったことに触れた櫻井は「集まってきてやっとそろうドラゴンボール方式。3人だけの座りの悪さ!」。
    相葉も「寂しかったね」と同意し“5人で嵐”を強調した。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000589-sanspo-ent


    (出典 reywa.me)



    (出典 otowota.com)


    【嵐・相葉雅紀、活動再開へ思い「近い将来、絶対グループ活動をしようね」】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 reywa.me)



    1 ひかり ★ :2019/08/25(日) 21:57:02.33 ID:oIwc/fje9.net

     人気グループ・嵐の相葉雅紀が25日、出演する日本テレビ系『24時間テレビ42』で、メンバーに向けて手紙を朗読。会場の両国国技館、
    そしてテレビを見ている視聴者が感動に包まれた。相葉が同番組で手紙を読むのは、2004年以来15年ぶり。

     番組終了まで1時間を切ったなか、相葉がメンバーへ思いを込めた手紙を読むことに。櫻井翔は「事前に言ってもらわないと」とこぼしながら、
    メンバー全員が相葉の言葉を聞き入った。

     相葉は嵐の20年間の活動を振り返りながら、嵐のメンバーを「最愛のパートナーです」と表現し、「メンバーがいたから、
    僕は成長させてもらいました」と感謝の言葉を述べた。そして、活動休止についても「僕は休止と書いて“パワーアップ”と読むと思っています。
    パワーアップした僕たちは、応援してくれるみんなのために、メンバー一人ひとりが愛している嵐のために、近い将来、
    絶対にグループ活動しようね」と活動再開を呼びかけた。

     手紙を聞いたメンバーも率直な思いを吐露。櫻井は「15年前に相葉くんが書いてくれた手紙が、僕にとって、そしてきっとほかメンバーにとっても
    誓いを立てたようなものだったから。15年前の手紙の文章も引用しながら書いてくれただろうし、もう1回やろうぜってことで」と感想を語ると、
    相葉も「そう、トップになろうぜってこと。この5人で。ずっと思ってるよ」と答えた。

     大野智は「もう本当にこの5人で、けっこういろんなことをやってきたと思うし。そのなかでも5人とも色んな思いがあって。僕のわがままで、
    ちょっと先に4人に伝えてしまったんですけど…。相葉ちゃんが思うトップ、最後までやりたいなと思います」と決意を新たに。
    二宮和也は「こういうコーナーがあるんであれば、早めに言ってほしかったな、と。トイレに行ったことを深く後悔しています」と、
    らしいコメントで笑わせた。

     松本潤は「本当にこの4人とここまでやってこれたことがすごくよかったし、これからも本当に特別な4人だと思うので、この人達と
    月日を重ねられるのがすごくうれしいことだと思いますし。まだ納得してもらってない人もいるかもしれないけど、5人決めたことなので、
    ついてきてもらえたらうれしいと思いますし。相葉くんの言うトップっていうのが何かわからないですけど、自分たちらしく2020年まで
    走ろうと決めているので、たくさんの思い出をこれから作っていけたらと思いますので、今後ともよろしくお願いします」とファンに
    さらなる飛躍を誓った。



    ■相葉雅紀の手紙全文
    嵐の皆さんへ

    メンバーに手紙を書くのは、20年間で2回目になります。
    2004年の24時間テレビで初めて手紙を書かせてもらって、あの時は手紙を読んだ僕が泣きすぎて何を言ってるのかわからなかったと思うので、
    前回の反省を踏まえてみんなに伝わるように読ませていただきます。

    1999年にデビューして、20年が経つね。
    1日1日を本気で、全力で生きてきたよね。
    悔しい思いをいっぱいして、たくさん涙を流したから、心の底からうれしいことも笑えることも、たくさんあったよね。
    使い方が合ってるかちょっとわからないけど、僕にとってメンバーは最愛のパートナーです。
    自分の中で限界だと思った時も
    みんなとだったら越えられてきて。その先にまた限界が来る。
    メンバーがいたから、僕は成長させてもらいました。
    本当に本当に感謝しか無いです。
    世界中の感謝を集めて足りないくらい、感謝しています。

    この2年、大きな決断をするために5人でも、各メンバー2人きりでもたくさん話し合ってきましたね。
    5人が納得するまで、何度も何度も話し合いを重ねて、出した答えが、休止。
    僕らで出した答えに後悔しないように、残念な結果にならないように、手と手を取り合って進んでいこうね。

    20年経っていろいろと振り返って、過去の栄光にすがりたいなと思ったりもしていたんですけど、振り返ってる場合じゃないね。
    僕らのやりたいこと、やりべきことは後ろにはないし、右でも左でもなく、まっすぐ前に進んでいこうね。

    僕は休止と書いて“パワーアップ”と読むと思っています。
    パワーアップした僕たちは、応援してくれるみんなのために、メンバー一人ひとりが愛している嵐のために、近い将来、絶対に
    グループ活動しようね。
    でもその前に、まだかなってない夢、この5人で絶対にトップになろうね。
    本当に本当に嵐でよかった。

    相葉雅紀

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000347-oric-ent


    【嵐・相葉雅紀、15年ぶりにメンバーへ手紙「休止と書いて“パワーアップ”と読む」【全文掲載】】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/04(日) 15:24:32.84 ID:bMxoYmqZ9.net

    2020年いっぱいで活動を休止する、国民的アイドルグループ・嵐。2021年から始まるメンバーそれぞれの活動内容は、いったいどのようなものになるのだろうか。

    「相葉雅紀(36)は、バラエティ番組を中心に、MCとして活動していくと考えられます」(芸能プロ関係者)

    7月25日付の『東スポWeb』では、元SMAPの中居正広(46)が狙っていた特番のMCの座を相葉が奪ったと報じた。
    相葉が日本テレビで初の単独MCを務める特番は、8月13日放送予定の『はじめまして!一番遠い親戚さん』(19時~)だが、中居はこの番組のMCには自分が起用されるものと思っていたという。

    「相葉がMCにキャスティングされたと関係者から聞いて、中居は天を仰いて、“マジか……”とつぶやいたという報道もありますが、相当ショックを受けていたそうです。

    相葉には『志村どうぶつ園』(日本テレビ系)での実績もありますし、冠番組の『相葉マナブ』(テレビ朝日系)では、アンジャッシュの渡部建(46)やハライチの澤部佑(33)といった、お笑い芸人との絡みも視聴者からは好評です。

    相葉は、好感度も抜群に高いですし、MCとしてもなかなか評判がいい。
    ジャニーズ事務所としても、今後は中居ではなく相葉を推していきたいという意向があるようで、中居に回ってきてもおかしくないMCの仕事を、優先的に相葉に任していくということも考えられます。
    いずれは“ポスト中居”として、活躍するかもしれませんね」(前出の芸能プロ関係者)

    ■プロデュースをめぐって松本&タッキーが対立!?

    松本潤(35)は、ジャニーズグループの演出やプロデュースなどの裏方仕事をしつつも、ソロアーティストとして活動することになるという。

    7月9日発売の『女性自身』(光文社)でも、松本は嵐のコンサートの演出や構成を担当しており、リハーサルでは自分の代役を立てて全体から細部まで確認して、
    コンサート全体を取り仕切っていると報じている。また、次期社長就任が確実だとされる藤島ジュリー景子副社長も、松本の才能を評価し、今後は裏方としても成長していってほしいと考えているという。

    また、7月23日発売の『女性自身』でも、7月9日に亡くなった、ジャニー喜多川社長との関係が特に深かったと言われた嵐だが、
    特に、ジャニー氏が培ってきたエンターテインメントのノウハウは、松本に、色濃く受け継がれていると伝えている。

    「松本は、すでにHey!Say!JUMPの舞台演出にも携わっていますし、最近ではジャニーズ事務所の後輩を自宅に集めて海外の最新舞台映像を見せるなど、エンターテインメントについての教育を積極的に行なっているそうです。
    中でも、昨年デビューしたKing&Princeのことは特にかわいがっていて、コンサートの演出など、アドバイスも積極的にしているといいます。

    活動休止後は海外の舞台芸術を学んで自身の演出力を高めたいと意欲に燃えているそうで、ジャニー氏亡き後、ジャニーズグループのコンサートや舞台の演出やプロデュースを松本が手掛けることになりそうですね。
    ただ、現状はJr.に限定されていますが、タレントのプロデュースは『ジャニーズアイランド』社長の滝沢秀明(37)の役割でもあります。滝沢はすでにデビューしているタレントからの信頼も厚いですし、
    将来的に松本と滝沢が、プロデュースや演出の方向性をめぐって対立するなんてことにならなければいいのですが……」(女性誌記者)

    さらにソロアーティストとして歌手デビューするのではないかという話も。

    「松本は嵐の中では、歌唱力ではリーダーの大野智(38)には劣るが、やはり華があるという評価ではないでしょうか。ただ、ソロアーティストにはスター性がなくてはならない。
    SMAP解散後、木村拓哉(46)のソロデビューが間もなくという報道がありますが、木村の次は松本なのかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

    http://dailynewsonline.jp/article/1950614/
    2019.08.04 12:02 日刊大衆


    【相葉雅紀はMC、松本潤は演出、櫻井翔は? 嵐5人の「休止後の姿」】の続きを読む



    (出典 newtopics-lab.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/10(水) 16:21:33.14 ID:WqHxkup/9.net

    7月9日の夜遅く、ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏の訃報が各メディアで一斉に報じられた。これにより、一部では早速〝ジャニーズ事務所の今後〟を憂える声が続出している。

    ジャニー氏の容態不安が公式に発表されたのは7月1日のこと。ネット上では6月半ばの入院直後から、死亡説などさまざまなウワサが飛び交っていたが、この日『嵐』が応じたマスコミの囲み取材により、くも膜下出血で6月18日に緊急搬送されていたことが正式に伝えられた。

    以降、ジャニー氏は所属タレントたちに見守られながらの闘病生活が続き、ベテランからJr.まで連日お見舞いに訪れていたとのこと。しかし、7月9日午後4時47分、くも膜下出血のため都内の病院にて87歳の生涯に幕を閉じた。

    大黒柱の逝去で事務所そのものが揺らぐことに…?
    日本のエンターテインメント界に絶大な影響を及ぼし、数え切れない功績を残してきたジャニー氏。〝巨星墜つ〟といった状況に芸能界やマスコミは大きく揺れ、早くもジャニーズ事務所の今後を憂える声が続出し始めている。

    「訃報時の声明にもあったように、ジャニー氏は自社のタレントを〝子どもたち〟と呼んでわが子のようにかわいがってきました。当然、〝恩人〟としてタレントたちからの信頼も厚く、田原俊彦や元『光GENJI』の諸星和己らの退所組は、ジャニー氏への感謝や恩を今でも事あるごとに口にしています」(ジャニーズライター)

    しかし、その社長が逝去したことで、事務所の団結はほころんでしまいかねない状況にも…。

    「一部メディアの報道によると、事務所の次期社長はジャニー氏の姉であるメリー喜多川氏の娘・藤島ジュリー景子氏が務めるとのこと。しかし、タレントたちはあくまでジャニー氏に恩義があるわけで、求心力を担っていた同氏が亡くなってしまえば、ドミノ倒しの如く退所者が続出する現象が起きかねません。特に心配なのは、かつて『SMAP』のマネジャーを務めていたI氏に近かったタレントたち。メリー氏とジュリー氏が壮絶な派閥争いの末にI氏を追放したのは周知の事実ですから、『嵐』をはじめとする〝ジュリーチルドレン〟以外はしばらく去就を考える日々が続くでしょう」(同・ライター)

    悲しみを乗り越えて「雨降って地固まる」となるか、新たなトラブルの火蓋が切って落とされるのか…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1916942/
    2019.07.10 15:30 まいじつ


    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【ジュリーズ事務所に残るのは『嵐』だけ!? 残留or脱退…究極の二択!】の続きを読む

    このページのトップヘ