気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:岡田准一



    (出典 flying-postman.com)



    1 幻の右 ★ :2019/06/10(月) 17:20:46.73 ID:5Q3TDs8H9.net

    「いま映画にキャスティングしたい30代、40代の役者で真っ先に名があがるのは彼。特に『時代劇』での身のこなしは他に抜きん出ている。宮﨑あおいとの間に昨年男児も生まれ、落ち着いたイメージもプラス材料です」(映画関係者)

    「V6」の岡田准一(38)の俳優としての評価がうなぎ上りだ。

    ◆ ◆ ◆

     5月22日から5夜連続で放送された岡田主演の「白い巨塔」(テレビ朝日)。開局60周年を記念して企画された山崎豊子原作の同作は、昭和には田宮二郎、平成には唐沢寿明がフジテレビの連続ドラマ枠で主役の外科医・財前五郎を演じ、高視聴率を得た。

    「大学病院を舞台に、なりふり構わず教授の座を目指す“脂ぎった財前”を岡田が演じた“令和版”も5回とも2ケタ。背の低さを懸念する声もあったが、最終回は15.2%という視聴率で有終の美を飾りました」(テレ朝関係者)

    「燃えよ剣」では振付・指導と役者の二刀流

     近年は映画出演が多く、来年公開予定なのが「燃えよ剣」だ。新選組が活躍する幕末を描いた司馬遼太郎の原作本はベストセラーに。映画化は、実に54年ぶりだという。

     岡田は主役の土方歳三役で、準主役の沖田総司は「Hey! Say! JUMP」の山田涼介(26)が演じる。ほかにも柴咲コウや鈴木亮平など、大河の主演を張るメンツがズラリ。やはり司馬遼太郎原作で、日本アカデミー賞各賞を総なめにした映画「関ヶ原」(17年公開)でもタッグを組んだ原田真人が監督を務めている。

    「今年2月から4月まで、京都や滋賀、岡山などで撮影を行っていた。『池田屋事件』の舞台となった旅館もオープンセットで再現するなど力が入っています。

     さらに異例なことに、土方が絡む“立ち回り”部分はすべて岡田さんが振付と指導をしていて、役者との二刀流なんです」(前出・映画関係者)

    10年以上もかけて努力したホンモノの技術

     実は、岡田は自称するほどの「格闘技オタク」。いまや3種の格闘技の“師範”でもある。

    「07年に放送が始まったドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ)に出演が内定した後、『スタントマンなしでアクションシーンを演じたい』と、1年かけて格闘技のジムに通いだし、すっかりその魅力にハマった。映画やスペシャルドラマにもなった『SP』のために、その後も鍛え続けていたんです」(芸能デスク)

     結果、現在はブルース・リーが創始者で、路上で戦う実戦格闘術の「ジークンドー」、フィリピン武術でハリウッドのアクション映画で主流となっている「カリ」、そして元タイガーマスクの佐山聡が作った「USA修斗」のインストラクターの資格まで持つという。

    「国内でももちろん、時間ができると渡米して、現地の師匠の指導を受けていた。地道に10年以上もかけて努力したホンモノです。鍛えすぎて背中の筋肉は隆々になり、すっかりジャニーズアイドルのスタイルではなくなった」(同前)

    「V6」より俳優業と格闘技を優先し、鍛えに鍛えた肉体は、剣捌(さば)きにプラスに働いているようだ。

    「時代モノのスタッフからは、『キムタクより岡田君のほうが何倍も上手い』と言われています」(同前)

     剣はメスよりも強し?

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年6月6日号

    6/10(月) 17:12
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00012284-bunshun-ent


    【キムタクより何倍もうまい!? 岡田准一の評価がうなぎ上りの理由】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/29(月) 16:38:08.25 ID:CzxIs6bb9.net

    何かと〝身長詐称問題〟が取り沙汰されるのがジャニーズ事務所所属のタレントたちだ。

    「年中話題なのが木村拓哉の〝サバ読み〟です。公称は176センチですが、実際は170センチちょいが有力。
    中居正広はテレビ番組で、実際は170センチであるにもかかわらず、あえて165センチと〝逆サバ読み〟していたことをカミングアウトしましたね」(ジャニーズライター)

    そんな中、今度は『V6』岡田准一の名前が挙がってきた。岡田はテレビ朝日開局60周年記念ドラマ『白い巨塔』(5月22日~26日放送)で、主人公の外科医・財前五郎役を演じる。
    同ドラマは作家・山崎豊子氏の同名小説を原作とする医療ドラマの傑作。大学病院という組織の暗部を描いたものだ。

    「さまざまな苦難を乗り越え、晴れて浪速大学医学部第一外科の教授へと財前は昇進します。その後、ドイツで行われる国際医療外科学会に招待され、現地での様子がドラマには登場します。
    すでにドイツロケが終了したという告知もされていますし、ドイツでの部分的な撮影場面もテレビでは流されています」(ドラマライター)

    映像のマジック?高機能ブーツマジック?
    そこで一気に出てきたのが、岡田の身長詐称だという。

    「岡田は公称169センチ。ジャニーズはプラス5センチが普通ですから、実際は164センチとなる、でもドイツの病院で現地の医師たちと歩く姿はそこまで低くなく、170センチ以上はある感じ。
    ドイツ人はヨーロッパでも身長が高く、男性は平均180センチ前後。つまり岡田は164センチから10センチほど盛ったのでしょう」(同・ライター)

    ドイツには御用マスコミも帯同。各スポーツ紙は、フランクフルト中央駅の石階段の上に立つスーツ姿の岡田を、下からおあり撮りで撮影。お決まりの足長写真を掲載している。

    「岡田が左手をポケットに入れ、ズボンを引き上げているような仕草が奇妙そのもの。しかも上着はピッチリの小さ目なのに、ズボンが太く見え〝スソ余り〟の不格好。もしかすると〝高機能ブーツ〟を履いているのかもしれませんね」(同)

    いろいろと苦労したようだが、何はともあれ放送が楽しみだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1800347/
    2019.04.29 10:32 まいじつ


    【岡田准一『白い巨塔』のドイツロケが心配…現地の人は平均180センチ】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/04(木) 07:13:17.03 ID:x6zTDTf89.net

    それぞれグループの活動が軌道に乗り、俳優としても活躍している嵐の松本潤、TOKIOの長瀬智也、V6の岡田准一が不満を抱えていることを、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

    ジャニーズといえば、今年に入り、昨年でタレント活動を引退したタッキーこと滝沢秀明が社長に就任した新会社を設立。
    滝沢が主導し、ジャニーズJr.たちの売り出しを強化していくことになった。

    一方、すでにデビューしたグループは、事務所の看板を背負っていた嵐が来年いっぱいでの活動休止を発表。
    嵐の後釜になるはずだった関ジャニ∞は、いずれも主力メンバーである錦戸亮、大倉忠義に相次いで脱退の可能性が報じられていた。

    「以前はイケイケだったジャニーズの幹部たちだが、スキャンダルを書き立てられていた複数の取材NGメディアに擦り寄るなど、守りに入ってしまっている。
    関ジャニの件に関しては、報道を否定しないことから、ファンの不安を煽ることになってしまった」(芸能記者)
    そんな中、同誌によると、松本はもっと連ドラに出演し、ゆくゆくはハリウッドに進出したい意向。
    TOKIOは昨年、元メンバーの山口達也氏が脱退・退所したことで音楽活動を休止中だが、長瀬は「やっぱりみんなでバンドをやりたい」とこぼしているのだとか。

    岡田は「日本アカデミー賞」の優秀主演男優賞を獲得するなど、俳優としての実績は十分。
    それでも、「自分は役者としての本当に価値があるか分からない」と話しているというのだ。

    「長瀬については、一部メディアで脱退の意向であることが報じられた。
    ジャニーズJr.の売り出しにばかり力を注いでいると、実績のあるグループがガタガタになりそうだ」(同)

    芸能界に一大帝国を築いたジャニーズだが、確実に屋台骨が揺らいでしまっているようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16262796/
    2019年4月3日 23時0分 リアルライブ



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 jmania.jp)



    (出典 wezz-y.com)


    【ジャニーズ、トップ人気タレントから不満続出? 安定グループにまで暗雲が】の続きを読む

    このページのトップヘ