気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:宮迫博之



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 ひかり ★ :2019/09/03(火) 00:13:36.49 ID:hXQMjx299.net

    「騒動後の宮迫さんはこども食堂に参加するなど、精力的にボランティア活動を行っています。しかしそれ以外は引きこもり気味で、8キロも痩せてしまったそうです」(芸能関係者)

    振り込め詐欺グループ主催の忘年会に事務所を通さず参加した“闇営業問題”により、7月19日に所属する吉本興業から契約を解消された宮迫博之(49)。
    しかし、直後の20日にロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と緊急会見を敢行。謝罪するとともに、同社の岡本社長から「お前ら全員クビにする力がある」など
    パワハラ発言を受けていたと涙ながらに告発していた。

    あれから1カ月。8月19日には、謹慎中だった11人の芸人らが処分を解除されるなど、事態は徐々に沈静化の方向へ。しかし、その裏で宮迫は“驚きの計画”を立てているという。

    「宮迫さんは4年前から都内でたこ焼き店を経営しているのですが、今回の騒動でしばらく休業していたと聞いています。しかし7月から営業を再開し、
    宮迫さん自ら店頭に立って接客しているそうなんです。実業家に転身し、たこ焼き店を拡大していくのではないでしょうか」(宮迫の知人)

    8月29日の昼下がり。自宅から車で1時間ほどの神奈川県・横浜市内にある雑居ビルから出てきた宮迫。記者が彼に声をかけると、意外な答えが返ってきた。

    「暑いなかわざわざ東京からありがとうございます。ここには、あるボランティア活動の打ち合わせに来ていたんです。全国からこうしたお話をたくさんいただいていて、
    毎日有意義に過ごしています」

    肌は真っ黒に日焼けし、健康的な見た目の宮迫。彼は全国からオファーが殺到する、“贖罪巡業”に専念していたのだ。

    ――実業家に転身するという噂もありますが?

    「実は、あの騒動以後もずっとお店は続けていました。この前はたまたま食材のことで店に顔を出しただけなんです。とにかく今はボランティアに力を入れたい」

    明石家さんま(64)が経営する個人事務所と契約するという報道もあったが、芸能界復帰について神妙な面持ちでこう語った。

    「さんまさんとの話は全く進んでいません。あと何日たったら芸能界復帰、そんなことは考えたこともありません。最近は全然飲みにも行けていませんが、
    行くつもりもないです」

    そして今の宮迫を支えていたのは、家族だった。

    「家族の存在は本当にありがたいです。妻は『ボランティアをちゃんと頑張って。謝罪じゃないけれど、今はあなたの気持ち、誠意が問われている時だから』と
    応援してくれていて、うれしいです」

    最後には「僕より亮を先に何とかしてあげたい。僕は最後の最後にもしチャンスがあればでいいので……」と語り、謹慎中の亮を気遣いながら、その場を去った宮迫。
    贖罪の先に待ち受ける運命は果たして――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190903-00010000-jisin-ent
    笑顔で記者の直撃に応える宮迫

    (出典 img.jisin.jp)


    【宮迫博之語るオファー殺到の今 さんま事務所入りは全く進まず】の続きを読む



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)



    1 muffin ★ :2019/09/01(日) 15:46:25.95 ID:NLBkfSX49.net

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/09/01/0012659695.shtml
    2019.09.01

     雨上がり決死隊の宮迫博之(49)の親族が大阪府茨木市の実家で経営するたこ焼き店「みやたこ」が1日、営業を再開した。母の勝子さん(75)が取材に応じ「毎日テレビに出ているのを楽しみにしていたが、何も見るところがない。しょっちゅう画面を見て元気とか太ったとかやせたとか判断していたから…」と、宮迫の復帰を熱望した。

     闇営業問題発覚後の7月15日から8月31日まで店を休業していたが、勝子さんは「毎年、夏休みは営業していないのに、そのことが理由で休んでいるとされた」と憤る。謹慎中の宮迫について「すぐに復帰できると思っていた。何かの事件を起こしたわけでもないし、刑事事件を起こしたわけでもない。何をしたというのか」と胸中をおもんぱかった。

     宮迫は実家には帰っていないものの、メールで連絡を取っているという。「元気みたい。毎年お正月には孫の顔を見せに来たけど…(騒動以来)帰っていない。帰って来たところで、何もしてあげられない。子ども食堂の話も聞いていた。あんなん好きやから」と、ボランティア活動を続ける息子の近況を明かす。

     宮迫のファンから実家に手紙が届くといい「近所の人が“落とし穴に落とされたんやなあ”と言っていた。ねたみそねみもあるので」と笑う。今後については「やりたいようにやればいい。私がいろいろ言うと、優しいから変に気を使うと思うので」と一任した。


    (出典 i.daily.jp)


    【宮迫博之の実家たこ焼き店が営業再開 母は復帰熱望「何かの事件を起こしたわけでもない。何をしたというのか」】の続きを読む



    (出典 www.rbbtoday.com)



    1 Egg ★ :2019/08/20(火) 17:59:41.44 ID:TQs/HXrC9.net

    吉本興業と契約解消問題が続く「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が「子供食堂」の活動を始めたことが分かった。
    25年来の親交がある元吉本芸人でお笑いジャーナリストのインタビューマン山下氏が20日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)で、宮迫から電話で聞いたとして伝えた。

    山下氏は、たびたび同番組で宮迫の近況を報告しており、直近の電話では、子供食堂を先週から始めたと話していたという。

    宮迫は、事前告知をせずに現場を訪れ、児童らに手作りのパスタなどを提供。また、暮らしぶりについては、ボランティアで外出する以外は、
    「自宅に引きこもっている状態」だと山下氏。家でもベランダに出る程度で、「体重も5キロほどやせたそうです」。

    19日には、闇営業で特殊詐欺グループの忘年会などに出席し、謹慎処分を受けていた吉本興業所属の5組7人の芸人が東京・新宿の「ルミネtheよしもと」で復帰。
    山下氏によると、後輩たちの復帰について宮迫は「早く復帰できて良かったなあ」と話していたという。

    山下氏は、吉本興業との契約を解除された「カラテカ」の入江慎也(42)とも連絡を取ったとしており、「毎日1時間と自分に課して清掃活動をしています」と様子を報告した。

    2019年8月20日 17時14分 スポニチアネックス
    https://news.livedoor.com/article/detail/16954634/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【<宮迫博之>「子供食堂」開始!活動再開の後輩に「良かったなあ」】の続きを読む



    (出典 refinelifekaz.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/14(水) 14:06:10.53 ID:OSxYA7fH9.net

    反社会的勢力の宴席での闇営業が問題となった、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が5日に連続ツイートで復活を印象づけたツイッター投稿が、再び休止状態となっている。

    宮迫は今月4日に神奈川県茅ヶ崎市で行われたイベントで、振り込め詐欺防止の啓発チラシを配布。5日も岡山でボランティア活動を行っていたもようで、同日に新幹線の車内で撮影したとみられる写真を投稿。「帰り際にお土産がついていました。生きてらっしゃいました。クマゼミさんですかね」と、右肩にセミが乗っている写真を公開するなど連続投稿で、休止していたツイッターを再開した。

    同日の2件の投稿には計1万件以上のコメントがつき、応援と批判の賛否コメントが猛烈な勢いで集まっていた。

    日常の話題をツイートする“通常運転”に戻るともみられたが、その後は約10日間、再び新規投稿がない状態が続いている。

    宮迫は今回の問題が発覚した後の6月7日と同12日に問題を釈明した投稿を最後に、約1カ月半、投稿を休止。吉本興業に契約解消された後に、田村亮と会見を開いた7月20日に会見をツイッターでライブ配信。その後、5日に新幹線のセミの話をツイートした。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16926276/
    2019年8月14日 13時4分 デイリースポーツ


    (出典 pbs.twimg.com)


    【宮迫博之 SNS復活は1日で終了…1万件の猛烈賛否コメ殺到…再び休止状態に】の続きを読む



    (出典 www.agara.co.jp)



    1 幻の右 ★ :2019/08/09(金) 10:38:47.20 ID:A9YcI9i89.net

    雨上がり決死隊・宮迫博之が金塊強奪犯と同席して金銭を受け取ったとされる〝ギャラ飲み疑惑〟を受け、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏はこの強奪犯が収容されている福岡拘置所で本人と接見した。同氏は9日、当サイトの取材に対し、この被告が証言した宮迫への思い、さらには別の芸能人のタニマチ的な存在であったことを明かした。

     小川氏は6日、7億5800万円相当の金塊を強奪した容疑で逮捕・起訴され、1審判決で懲役9年の判決を受けた野口和樹被告(43)が収容されている福岡拘置所にテレビ局のスタッフと共に赴き、約30分間、野口被告と面会した。同被告は宮迫への金銭授受の疑いに「僕は払ってない」と否定しつつ、写真を撮る前に、宮迫が別の席で飲んでいた人物として「名前を言っても放送できない有名人」の存在などを証言した。

     そして、野口被告は宮迫への思いも吐露した。同被告は「僕らとの写真が流出したことで宮迫君に迷惑をかけたのは申し訳ないと思っています」と謝罪。その一方で、「ただ、あの会見はないでしょう。吉本の実情を暴露して『自分はかわいそうだ』と言っているだけ。本質は、反社会的グループと関わって『金はもらっていない』とうそをついたのが始まり。それが、今では吉本のお家騒動になっている。会見の場は、本当は反省し謝罪すべき場所であったはずなのに、あれではまるでクーデターじゃないですか」などと小川氏に話したという。

     さらに、野口被告は宮迫とは別に、芸能人との付き合いを激白した。野口被告は「自分がタニマチのようになっている芸能人が4人いました。月に50万円と◯◯には100万円出していた。後は、仕事を頼んで、ちょっと多めにギャラを払っているくらいですが。イベントに呼んでやったりした。東京の◯◯にある◯◯ホテルでのイベントにも、お笑い芸人の◯◯と◯◯を呼んだ。月数万円の給料の芸人もいるんですよ。9万円でしたよ。やっていけないでしょう。」と語ったという。

     小川氏は「多い人には月に1000万円以上出した者もいたそうです。その名前もはっきり言っています。自分がやったイベントに来てもらったお笑い芸人さんの名前も言いました」。あくまで野口被告の言い分であり、現時点で裏取りをしていないため、小川氏は匿名とした。

     いずれにしても芸能界の背後にいる反社会的勢力の存在が、同被告の証言によって浮き彫りになった。

    まいどなニュース
    8/9(金) 10:26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-11000049-maidonans-life


    【金塊強奪犯が芸能人4人のタニマチと告白 宮迫会見に批判も 小川泰平氏が面会】の続きを読む

    このページのトップヘ