気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:吉本興業



    (出典 tokushima.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2019/08/06(火) 09:46:37.64 ID:IXwi9eZ+9.net

    いまだ尾を引く吉本興業のお家騒動。事態が長引いていることで、芸人たちにはダイレクトに影響が出ている。

    「反社会的勢力への闇営業問題のせいもあって、吉本所属芸人たちへの営業オファーが解消されるケースが多くなってきています。まじめにやっている芸人たちは“吉本ってだけで悪い目で見られて困ってる”と口々に言ってます。また、バラエティー番組などのキャスティング変更も多く起こっています。一時的にスケジュールを押さえる“仮押さえ”も、吉本芸人たちのバラシが続出しています」(吉本をよく知る放送作家)

     騒動をさらに大きくしたのは、吉本の経営陣だ。

    「岡本社長の会見は大崎会長の指示で“宮迫博之とロンブーの田村亮は契約解消しない”という確定事項以外は、断言をしないということを決めていたそう。最後まで大崎会長の指示を守った岡本社長は、むしろ社内評価は上がっている。ただ松本人志さんから会見にダメ出しが出たことで、形式上、社長から退く方向で進んでいるという話があります」(同・放送作家)

    「すでに“松本興業”でしょ」

     今回、最も吉本を批判しているのが極楽とんぼの加藤浩次。松本に対して“僕が口をきくのもおこがましい話”としながらも苦言を呈した。

    「大崎会長が加藤さんに対して激怒しているという報道もありましたが、今はトーンダウンした印象ですね。当初は怒りのまま発言していた感じですが、最近は言葉を選んで、コメントも少なくなっています」(芸能プロ関係者)

     経営陣や松本に対して不信感を持っているのは、加藤だけではない。松本は「問題のある芸人の面倒を見る。部署として松本興業でもいい」とコメントしていたが、現役で吉本に所属する中堅芸人は、

    「力を持ってて、社長と会長とも近くて、すでに会社は“松本興業”でしょ。僕は松本さんよりも加藤さんについていきたい。もし加藤さんが独立なりするなら、移りたい。加藤さんは松本さん周りの芸人と違って、北海道から出てきて、特別なバックアップもなく、実力であそこまで上り詰めた。今回闘ってくれていることも本当に尊敬できます。

     テレビには松本さんと近い芸人が出ることが多いですが、松本さんより加藤さんについていきたいという芸人のほうが多いと思いますよ」

     吉本が発表している第三者を含めた『経営アドバイザリー委員会』は8月8日に開催予定。加藤、そして宮迫と亮が経営陣と再度、話し合いをする日時について決まっているか吉本に問い合わせると「公表は差し控えさせていただきます」とのことだった。

     加藤の次の一手で“お笑い大国”が割れる可能性も

    8/6(火) 4:00配信 週刊女性prime
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00015794-jprime-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【<吉本興業のお家騒動>社内で「むしろ株を上げた」岡本社長と、所属芸人が明かす“松本人志への本音”】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/04(日) 12:17:38.47 ID:bMxoYmqZ9.net

    これが「極楽とんぼ」加藤浩次(50)の前に待ち受ける“地獄シナリオ”だ! 闇営業問題での対応を巡って先月、MCを務める情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)の生放送中に、吉本興業の上層部を公然と批判した上で退社までにおわせたが、いまだ進退について明言していない。「辞める」「辞めない」の情報が錯綜する中、複数の関係者が「どちらに転んでもイバラの道」と指摘している。芸人・加藤としては袋小路に入り込んでしまったようだ。

    「雨上がり決死隊」宮迫博之と「ロンドンブーツ1号2号」田村亮が先月20日、謝罪会見を行ったことを受けて、加藤は「スッキリ」で「今の社長、会長の体制が続くのだったら、僕は吉本興業を辞める」と言い放ち、上層部への怒りをあらわにした。その翌日も番組内で、グダグダ会見を行った吉本の岡本昭彦社長を皮肉交じりに批判した。

    加藤と吉本の大崎洋会長は話し合いの場を持ったとはいえ、合意には至っておらず、吉本上層部の加藤への怒りは相当のものだ。「大崎会長が怒り心頭なのは間違いない。それはそうでしょう。吉本がMCの仕事を取ってきた番組なのに、その生放送で退陣を迫られたわけだから」(テレビ局関係者)

    加藤は吉本2トップの退陣か、自身の退社の2択を迫ったわけだが、体制に近い「ダウンタウン」松本人志らは上層部の退陣に反対しており、現実問題として加藤の要求は受け入れられそうにない。となると吉本から出て行くという選択肢しかないのだが、長年にわたって「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で共演した「ナインティナイン」岡村隆史からは「加藤浩次が辞める必要なんかどこにもない」などと引き留められており、悩ましいところだろう。

    ただ加藤がどちらの道を選んでも、芸人として活躍できる場は大幅に減少することになりそうだ。まず残留を選んだ場合のシナリオはこうだ。「大崎さんの怒りは半端じゃない。残ったとしても“飼い殺し”のような扱いになりかねない」と事情通。

    現在「スッキリ」のほか、複数のレギュラー番組を抱えているが「元SMAPの3人を出演させないように圧力をかけていたとして、公正取引委員会がジャニーズを注意したことで、加藤もしばらくはレギュラー番組の降板はないと思うけど、いずれ減っていくのでは」(テレビ局関係者)

    では本人が言ったように、吉本を辞めた場合はどうなるのか?「やはり『吉本の加藤』という看板は大きく、新規の仕事は入ってきづらくなる。そうなると、現在のレギュラー番組をキープすることが芸人として“生命線”となるが、『スッキリ』を取り巻く空気は怪しい。MCが感情に任せてしゃべりまくる姿に『番組の私物化だ!』という批判が日テレに殺到したことで、日テレの上層部も不快感を持っていると言われている」(前同)

    加藤が大きな注目を集めたことにより、7月22~24日に3日連続の10%超えを果たし、大崎会長との会談翌日(24日)の番組冒頭に瞬間最高17・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど「スッキリ」の視聴率が大幅に上昇したことは事実だ。しかしそれまでは、最盛期と比べると視聴率は下がっており、ライバル番組の「羽鳥慎一 モーニングショー」(テレビ朝日系)に負けが続いていた。「吉本のお家騒動が勃発する前から、打ち切り説が出ていたのは確か。加藤が吉本を出たタイミングをきっかけに、日テレが打ち切りにする可能性は高い」(前同)

    加藤の代表番組「スッキリ」が終われば、他番組が追随してもおかしくない。芸人としてはトップランクにのし上がった加藤だが、体制批判の代償は高くつきそうだ。

    【日テレ上層部が“クギ”】加藤は2日放送の「スッキリ」で、「(大崎会長と)2回目の会談はまだできていないんです。1回目の平行線のまま」と明かした。

    1回目の会談が行われたのは、岡本社長の会見翌日の先月23日のこと。22、23日の「スッキリ」の生放送では長時間にわたって吉本お家騒動を取り上げ、体制批判を繰り広げたが、大崎会長との会談を終えて初の生放送となった24日は怒り・興奮も収まったのか、冷静に淡々と語るにとどまった。「さすがに情報番組だから、自分の主張ばかりを熱く語りすぎないようにと、局上層部から通達があったようだ」と日テレ関係者。

    また加藤は2日の放送内で「電話させていただいて、話させていただいています」と松本と頻繁に連絡を取っていることも明かした。芸人たちは丸く収めようとしているようだが…。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16877957/
    2019年8月4日 11時0分 東スポWeb


    (出典 snjpn.net)


    【加藤浩次 極楽→“地獄”大崎会長の怒り収まらず 辞めても残ってもイバラの道】の続きを読む



    (出典 news.nifty.com)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/07/31(水) 18:29:44.51 ID:+8nfD0n79.net

    7月30日発売の「サンデー毎日」が、吉本興業の、業界への圧力疑惑に関する記事を掲載した。
    元吉本関係者によると、これまで吉本は、事務所を辞めた芸人に対して圧力をかけて干してきたという。

    「記事によれば、吉本の圧力で干された芸人の1人が、島田洋七なのだとか。
    彼は04年、自叙伝『佐賀のがばいばあちゃん』の文庫本が大ヒットした際、
    当時副社長だった大崎洋・吉本興業ホールディングス会長から印税を吉本に入れるよう説得があったそうです。

    しかし島田は『自分の力で売った』と拒否したことで、吉本をクビに。
    以降、テレビから出演依頼が来ても、しばらくして『企画は潰れました』と、その話は消滅してしまうのだそうです」(芸能記者)

    今回の「サンデー毎日」の取材に対し、島田は「そんな状態が12年近く続いてますよ」と嘆いている。
    そんな中、吉本を辞めた別のベテラン芸人も、現・トップの大崎会長に関して驚きの暴露をしているという。

    「坂田利夫との漫才コンビ・コメディNo.1のツッコミで、09年に吉本を契約解除された前田五郎が、
    ユーチューブにて今回の騒動を語っています。彼は動画の中で『大崎そのものが、僕らの「コメディNO.1」のマネージャーしとった時、
    ヤクザの仕事を持ってきて、ヤクザの仕事に行ってんねんから!それを出さんとイイカッコぬかしおって!』と、
    大崎会長と今で言う反社会的勢力がつながっていたと暴露しているのです。

    さらに今後、もし大崎会長が何かを言ってきた場合『10言うてきたら200返したるけどね。
    証拠でも持ってきたるわ!』と断言しているため、今後さらなる爆弾が投下される可能性があります」(前出・芸能記者)

    今回の騒動で、「会長と社長が1年間50%の減棒」というペナルティを発表した吉本。はたして、この処分で事態は収束するのだろうか。
    https://www.asagei.com/excerpt/130969


    (出典 www.zakzak.co.jp)



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 c2.atwiki.asia)


    【 会長が「反社」の仕事を斡旋!? 元吉本の重鎮が大崎洋氏の 「過去」を暴露!】の続きを読む


    加藤浩次”チワワ化”した?吉本興業に「弱み」を握られた説も


    NO.7652584 2019/07/30 15:36
    加藤浩次”チワワ化”した?吉本興業に「弱み」を握られた説も
    加藤浩次”チワワ化”した?吉本興業に「弱み」を握られた説も
    ネット上では“チワワ”と揶揄されているが、なぜ牙を抜かれてしまったのか?

    吉本興業の一連の騒動について、加藤浩次が意見を発信している『スッキリ』(日本テレビ系)の視聴率は急上昇。

    7月24日の放送では、瞬間最高視聴率が17.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)にまで達した。

    ところが、29日の放送では吉本興業の一連の問題については触れず、加藤もコメントしなかったため、視聴者はどうにも「スッキリ」しなかったようだ。

    「加藤はこの日の占いコーナーでの結果にちなみ、『俺も無難でいくか』と意味深発言。

    26日のラジオ番組でも『あの時、熱くなった部分もあるから。

    冷静に話していこうと』と、今後は和解に向けた話し合いをしていくと語っていましたから、一気にトーンダウンしている印象です。

    対立関係にあった松本人志がテレビで『スッキリ』への出演をほのめかしていましたが、それについても完全スルーでした」(テレビ誌ライター)

    それにしても、あれほど大荒れで“加藤の乱”と言われるなど強気だった加藤の変容は、どうにも不自然だ。

    そんな裏ではある“ウワサ”も飛び交っているという。

    テレビ関係者が耳打ちする。

    「一部マスコミが加藤のある“女絡み”に関する情報をキャッチし、取材に動いているのだとか。

    吉本経営陣の耳にもその話が入り、首根っこをつかまれた状態になっているとの憶測が流れています。

    雨上がり決死隊・宮迫博之らの闇営業の時も、吉本サイドがマスコミに情報を提供しているフシが見られましたから、もし吉本が加藤の弱みを握っているなら、いつでも潰せる状況になったのは間違いない」“狂犬”と言われた加藤だが、このまま吉本の忠犬となっていくのだろうか?
    【日時】2019年07月30日 12:00
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    【加藤浩次”チワワ化”した?吉本興業に「弱み」を握られた説も】の続きを読む



    (出典 www.tokyoheadline.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/29(月) 12:35:16.98 ID:25Gjeq469.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    吉本興業所属のタレント・渡辺直美(31)が29日、都内で行われた「い・ろ・は・す 天然水」10周年記念イベントに土屋太鳳(24)と参加し、所属事務所の騒動に無言を貫いた。

    イベント終了後、渡辺にむけ、報道陣から「吉本について一言お願いします」など質問が飛び交ったが、大音量のBGMとスタッフの声で制止。渡辺は報道陣の方へ笑顔で一礼し、降壇し、騒動について触れることはなかった。

    超売れっ子の渡辺は、昨年末にアメリカで3年間仕事ができるアーティストビザを取得し、今年4月から本格的にニューヨーク生活をスタート。一連の吉本興業の騒動中も日本とアメリカを行き来する多忙の生活を送っている。

    「い・ろ・は・す 天然水」は10周年を記念し、パッケージを刷新。採水地も新たに熊本・阿蘇が加わり、全国7か所となった。
    渡辺と土屋はイベントで、アクアソムリエマイスター・鶴田雅人さんの講義を受けながら、採水地別に異なる同商品の味を堪能。
    渡辺は、「どこの採水地か今まで気にしていなかったけど、これからは意識していきたい。お水がより身近に感じられた」とコメント。
    土屋もボトル裏に採水地が記載されていることに触れ、「水は体のベースになる。理解することでよりおいしくいただけると思います。新しい7つの採水地を覚えていただき、ボトルの裏を見てワクワクしてほしい」と呼びかけた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16846956/
    2019年7月29日 11時49分 スポーツ報知


    【渡辺直美、吉本騒動に無言貫く…大音量BGMで質問をシャットアウト】の続きを読む

    このページのトップヘ