気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:共演NG


    マツコ、稲垣吾郎との共演拒否の裏側


    NO.7663882 2019/08/03 15:52
    マツコ、稲垣吾郎との共演拒否の裏側…「納得できない」?
    マツコ、稲垣吾郎との共演拒否の裏側…「納得できない」?
     8月1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、マツコ・デラックスが稲垣吾郎との“共演拒否”を明言。一部業界関係者の間では「拒否の理由」に関し、「不可解な点がある」とささやかれているようだ。

     同誌によると、稲垣は2017年10月、『5時に夢中!』(TOKYO MX)にゲスト出演。

    マツコは同番組の月曜日レギュラーだが、稲垣が出演したのは火曜日だったため、顔を合わせたわけではなかったという。

    「その後、稲垣が月1回のレギュラーになるという方向で、調整が行われていたそうなのですが、マツコの所属事務所がMXサイドに『稲垣を出すならマツコは降板する』と申し入れたとのこと。その理由について、マツコは長年共演してきたデイトレーダーの若林史江氏以外とパートナーを組むことが嫌だからと回答しています。つまり、3人のマネジメントを行う飯島三智氏は、マツコと稲垣を組ませようと画策していたのでしょう」(スポーツ紙記者) しかし、マツコが稲垣との共演に対して局側にクレームをつけたのは、「レギュラー出演の話が出る以前、単発でのゲスト出演が発表された直後だった」(芸能プロ関係者)ようだ。

    「稲垣を月曜日以外のレギュラーにして、マツコとは共演させないという選択肢もあったそうですが、マツコ側はそれも受け入れなかったとか。さらに『今後、3人のうちの誰かが「5時に夢中!」に出ても降板する』などと、徹底して元SMAPを拒否したという話も耳にします。『若林氏以外とは嫌』という言い分には納得できない部分がありますね」(同) 出演者のキャスティング権は、当然局サイドにあるが、『5時に夢中!』とMXの知名度を全国区にしたマツコの貢献度は計り知れないだけに、局側が「二者択一」を迫られれば、マツコを選ぶしかなかったようだ。

    「しかし、稲垣をゲストに呼び、レギュラーにしようとしたのはMXです。本来であれば、テレビ局とタレント同士の話に、マツコが介入すること自体おかしな話でしょう。記事を読んだ一部テレビ局関係者からは、『マツコが3人に対して完全共演NGを出した』という声も出ています。数字を持っているとされる人気タレントのマツコの発言ですし、“圧力”と取られても仕方ないのでは」(同) そもそもマツコは「キャスティングに口を挟む、“大御所”のような発言をするタレントではなかった」(同)というだけに、一部メディア関係者も驚きを隠せない今回の報道。

    マツコは、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で共演している関ジャニ∞・村上信五から紹介されたジャニーズ幹部・メリー喜多川副社長と親密な関係を築いているとされるが、それだけジャニーズとの“絆”が強まっているということなのだろうか。
    【日時】2019年08月03日 12:00
    【提供】サイゾーウーマン


    【マツコ、稲垣吾郎との共演拒否の裏側】の続きを読む



    (出典 www.kk-bestsellers.com)



    1 Egg ★ :2019/06/09(日) 23:50:36.98 ID:uV/tvz3k9.net

     TBSが誇るドラマ『半沢直樹』の続編が、2020年4月から放送されることが決定した。同ドラマは、直木賞作家・池井戸潤の人気小説「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が原作。銀行を舞台としたバブル期入行世代の葛藤と苦悩に満ちた戦いを鮮やかに描き出した作品である。

     2013年の第1シリーズ最終話は、視聴率が42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と平成の連ドラ最高記録を更新。新しい時代の続編はどんな結果を残すのかと、早くも期待に満ちあふれている。

     主演を務めるのは、第1シリーズが放送された2013年同様、俳優の堺雅人。7年ぶりの続編となる堺は、「皆さんに感謝の倍返しができるように、全力で準備していきたいと思います」と意気込みを語った。

     堺というと、1992年に早稲田大学演劇研究会を母体にした劇団『東京オレンジ』の旗揚げに参加。同劇団の看板俳優として活躍し、“早稲田のプリンス”と呼ばれた。

     2004年、NHK大河ドラマ『新選組!』の新選組総長・山南敬助を演じて知名度を上げ、08年の大河ドラマ『篤姫』では徳川家定を演じ、同年には映画『クライマーズ・ハイ』、『アフタースクール』などの演技が高く評価され、主要映画賞を受賞した。

     私生活では、2012年公開の映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』での共演をきっかけに交際していた女優・菅野美穂と13年4月に結婚。15年8月に長男、18年12月に長女が誕生し、現在は2児の父親である。

     今や俳優界の頂点に上り詰めたと言っても過言ではない堺。2016年に話題となった、大河ドラマ『真田丸』(NHK系)では真田幸村を熱演。近年、まれに見る大河ドラマの高視聴率に一役買ったと言えるだろう。そんな堺は、世間から“微笑みの貴公子”などと呼ばれているが、かなりの神経質だとの声もあるようだ。

     同ドラマの撮影が始まって早々に、共演者同士の確執にスタッフが頭を抱えたそう。それが堺と俳優の大泉洋だというのだ。

     主役の堺に対し、大泉は堺の兄役を演じていた。シリアスな演技を追求する堺に対して、コミカルなキャラの大泉。そんな対照的な2人は撮影以外の場では噛み合わなかったという。堺は以前に、一部報道で「撮影現場でキャストが談笑していても輪に加わらない」など、マイペースぶりを報じられていたこともあるようだ。

     「堺と大泉は、雑談はおろか、休憩中は目も合わせようともしなかったようだ。現場は、一時不穏な空気が流れ、周りのスタッフが気を使いまくっていたという。役柄上、和気あいあいという流れがなかったせいか、撮影の延長で緊迫した関係がいっそう強調されてしまったのかもしれない」(テレビ関係者)

     堺は顔の作りが笑顔に見えるだけで、実際はほほ笑んではいないという。しかし堺は、自ら現場に差し入れを振る舞い、いい意味でスタッフを大事にする古風なスタンスもあるのだが、気難しい一面が垣間見え、ときに偏屈者とも言われているようだ。

     一方の大泉は、とあるインタビューにおいて「もし何かあったら堺さんのためなら何でもしたいと思っているんです」と尊敬の念をあらわにし、「あの何とも言えない愛くるしい笑顔で、ニコっとしながら『兄上』なんていうものですから、もう愛おしくて仕方ないです」と仲睦まじい様子をうかがわせた。

     「一見、いい関係にも見えるが、両者は同い年の“タメ”である。2008年公開の映画『アフタースクール』で共演した両者は、『洋さん』『雅人さん』と呼び合っていたが、今回の撮影時は『堺さん』『大泉さん』と、どこかぎこちなかったという。前回の共演から月日も流れ、立場や状況も変わったのは確かである」(芸能ライター)

     個性派と呼ばれ、実力と人気を兼ね備えるアラフォー俳優の両者。不仲の真相は不明だが、『真田丸』以降の共演情報はないようだ。ぜひとも、主役級の両者がタッグを組んだ作品を目にしてみたいものである。

    2019年06月09日 21時00分
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/80024403/

    写真
    (出典 images.npn.co.jp)


    【<堺雅人>『真田丸』で兄弟を演じた大泉洋と不穏調和?その意外な理由は<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>】の続きを読む


    土屋太鳳が博多大吉を共演NGに 「ひっぱたいてやりたい」


    NO.7495398 2019/05/29 15:19
    土屋太鳳が博多大吉を共演NGに 「ひっぱたいてやりたい」
    土屋太鳳が博多大吉を共演NGに 「ひっぱたいてやりたい」
    土屋太鳳が5月23日に放送された『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)に出演。

    番組では、“あの人にこの際言っておきたいこと”をテーマにトークが展開された。

    「土屋はスポーツ観戦に行った際、見ず知らずの人から『私の友人が雑誌の編集者なんです。○○さんとお付き合いされてますよね? すごいマークされてるので気をつけてください』と忠告を受けたことを告白。『どこからこの話が生まれてくるのかなっていうふうに感じてしまった』と複雑な心境を吐露していました」(テレビ誌ライター)

    そんな土屋といえば、このエピソードと同様、最近も根も葉もないウワサにより大きな被害をこうむっている。

    「先日、『FRIDAY』(講談社)に赤江珠緒と芝生で添い寝をしていた写真を撮られた博多大吉が、ラジオ番組で釈明。その際、『もともと僕ね、狙われているんです、写真週刊誌に。もう何カ月か。20代前半の誰もが知っている女優さんと、つきあっているっていうウワサが流れている』と明かしたことで、その相手探しを誘発。複数のメディアが土屋太鳳であることを報じたのです」(週刊誌記者)
     
    この話が拡散したことで、テレビや広告代理店は万が一、不倫だったことを考えて土屋の起用を控え、決まりかけていたCMやドラマの話が流れるなどの実害も出たとも言われている。

    「本人や事務所は怒り心頭です。ネットでは尻軽女のような言われ方をしていますし、交際がウワサされる山崎賢人が焼きもちをやいたとの話もある。大吉について土屋は『楽屋で会ったらひっぱたいてやりたい』と漏らしていたといいます。所属事務所も『訴えてやりたい』と不快感をあらわにし、当然のことながら大吉を共演NG指定したようです」(テレビ関係者)

    大吉は、土屋と共演するナインティナインに謝罪の場を設けてもらったほうがよさそうだ。
    【日時】2019年05月29日 12:00
    【提供】日刊サイゾー


    【土屋太鳳が博多大吉を共演NGに 「ひっぱたいてやりたい」】の続きを読む



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/24(水) 08:05:02.84 ID:M6BfyvjE9.net

    「静香さんの元には、テレビ局やレコード会社をはじめ、Koki,さんとの“母娘共演”のオファーが数多く届いています。あるテレビ局は200万円を提示したと聞きました」(ファッション関係者)

    4月14日は工藤静香の49歳の誕生日。Koki,(16)はインスタに母娘2ショット写真をアップし、母への感謝の言葉をつづった。

    《私は愛情あふれる家族に生まれて、こんなスーパーママを持つことができ、とても感謝しているし、うれしい》
    《人がどんなことを言っても、どんなふうに批判されても、たくさんの愛と希望を持って私を育ててくれて本当にありがとう》

    6月12日発売の工藤のアルバム『Deep Breath』のジャケット写真と同じ構図のインスタの2ショット写真はSNSでも大きな話題になった。にもかかわらず、実は“母娘共演”をKoki,がすべて断っているという。

    「工藤さんはアルバム発売の翌日から全国ツアーがスタートしますが、当初、このツアーにKoki,さんのサプライズ出演が検討されていました」と語るのは、音楽関係者。

    「披露する曲目の中にはKoki,さんが作曲した曲も組み込まれる予定で、母娘共演は長年、
    工藤さんを応援してきたファンにとっても嬉しいプレゼントになると、制作側が提案してみたそうです。しかし、母娘共演にはNGが出されてしまいました」

    まさかの“共演拒否”の理由は、何だったのか――。

    「Koki,さんは『モデルとして世界で活躍したい』という強い意志を持っているのです。
    しかし、母親と共演すると“タレント”のイメージがつく懸念が出てきてしまう。彼女の“本業”とは異なるため、きっぱり断っているそうです」(前出・ファッション関係者)

    Koki,は昨夏、ファッション誌でモデルとして電撃デビュー。すぐさまブルガリやシャネルといった高級ブランドのアンバサダーに就任し、
    インスタグラムのフォロワー数もいまや150万人突破と世界からも注目されるようになった。

    「最終的に背中を押してくれた父・木村拓哉さんからは『やるならナンバーワンを目指すこと』とアドバイスを受けたそうです。
    信念を曲げず芸能界の第一線を走り続けてきた両親にならって、Koki,さんも初志貫徹。“モデルとして大成”という、自分のポリシーを貫こうとしているのでしょう」(別のファッション関係者)

    世界のトップモデルを目指す愛娘の16歳の自立心を、静香は温かく見守っているという――。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16363282/
    2019年4月24日 6時0分 女性自身


    (出典 image.news.livedoor.com)



    【Koki, 、静香と共演NGの理由…200万円オファーもすべて断る】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/26(火) 18:58:56.56 ID:JATFh0Hq9.net

    2月22日発売の「フライデー」が、夫婦でありながら共演がNGになっている芸能人に関する記事を掲載した。
    記事によるとアンジャッシュ・渡部建と佐々木希は、プライベートで同じ画面に写ることが禁止されているという。

    「佐々木がSNSでアップしている食事会などには、渡部も参加しているそうなのですが、妻のタレントイメージを保つために、一緒に写ることができないのだとか。
    他にも、GLAY・TERUは、PUFFY・亜美と略奪婚で結ばれたため家族ネタはNG。
    また木村佳乃も、夫がジャニーズタレントの東山紀之であるため、『絶対に触れてくれるな』と事前にスタッフへ念押しされるそうです」(芸能記者)

    また過去には、テレビ収録の本番中に、芸能人夫婦の片側が消えるという事態もあったという。

    「過去、バラエティの生放送中に急遽、藤本美貴が飛び入り出演したことがありました。
    するとそれまで出演していた品川庄司・庄司智春が、画面から消えるという事態が発生し、視聴者を困惑させたことも。
    この場合も、藤本のイメージを下げないための事務所側の処置だったのでしょう。
    他にも、夫婦ネタを徹底的にNGにしているのが福山雅治です。
    彼はトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した際、妻・吹石一恵の話題を一切出さなかったため『不自然すぎる』と話題に。
    彼は結婚によって多くの女性ファンを失ったと言われますから、これ以上ファンを刺激しないよう夫婦ネタを出さないようにしていると思われます」(前出・芸能記者)

    一方で、夫婦ネタをオープンにしている北川景子とDAIGOのようなケースもある。
    夫婦によって、それぞれのルールがあるようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1708618/
    2019.02.26 18:15 アサジョ


    【佐々木希&渡部建だけじゃない!夫婦なのに“共演NG”芸能人】の続きを読む

    このページのトップヘ