気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:二階堂ふみ



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)



    1 かばほ~るφ ★ :2019/06/03(月) 17:40:36.86 ID:aK0mMPdD9.net

    2020年前期朝ドラ『エール』ヒロインは二階堂ふみ 主演・窪田正孝の妻役
    2019-06-03 17:02

    NHKは3日、2020年春から放送されるNHK連続テレビ小説第102作『エール』のヒロインに、
    女優の二階堂ふみ(24)を起用することを発表した。二階堂は連続テレビ小説に初出演となる。

    同作は2月に俳優の窪田正孝(30)が主演を務めることを発表した会見で、主人公の妻となるヒロインを、
    3月からのオーディションで決める意向であることを明かしていた。
    求めるヒロイン像について、制作統括の土屋勝裕氏は「金子さんは明るく元気な女性だったようです。
    積極的に自分が思ったことを発言していました。なので、活発なイメージのある方がいいですね」と話していた。

    二階堂は「この作品を朝ドラでやると聞いたときから、携われたらいいなと思っていました」と話し、
    「実は、きのう結果を聞いたばかりで…。うそなんじゃないかな」と冗談交じりに笑いながら
    「(窪田を)1年間、明るく元気に支えられたら」と力を込めた。
    窪田の印象については「すごく誠実で真っ直ぐな方。それでいて繊細さもあり、
    大胆なところもある方。今回の裕一さんはピッタリなんじゃないかな」とべた褒めした

    3日前にヒロイン決定を聞いたという窪田は「彼女の描く芝居の繊細さ、キャラクターの入り方が魅力的。
    1年間できることが幸せ。2人にしかできない化学反応が起こったら」と気合十分。
    互いに深々とおじぎし、協力と誓うと「結婚式みたい」と苦笑いした。

    同作は、全国高等学校野球大会の歌「栄冠は君に輝く」をはじめ、「六甲おろし」(阪神タイガースの歌)
    「闘魂こめて」(巨人軍の歌)など スポーツシーンを彩る応援歌など数々を作曲した
    福島県出身の作曲家、古関裕而(こせき・ゆうじ)氏と妻で歌手としても活躍した
    金子(きんこ)氏をモデルに音楽とともに生きた夫婦の物語を描く。

     二階堂は1994年9月21日生まれ、沖縄出身。2009年に『ガマの油』でスクリーンデビュー。代表作は映画『ヒミズ』『地獄でなぜ悪い』『オオカミ少女と黒王子』『翔んで埼玉』、ドラマ『西郷どん』『ストロベリーナイトサーガ』など。2011年に『ヒミズ』で第68回ベネチア国際映画祭「マルチェロマストロヤンニ賞 (最優秀新人俳優賞)」を受賞、14年に『私の男』で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。

    ◆ヒロイン関内音(せきうち・おと)の役柄
    豊橋市内で馬具の製造販売を行う関内の三姉妹の次女。将来はプロの歌手として舞台に立つことを夢見ていた。
    ある日、福島に住む青年の古山裕一(窪田)が英国の作曲コンクールに入賞したことを新聞で知り、
    手紙を送り文通を始める。二人は結婚し、音は本格的に歌を学ぶために音楽大学に入学。
    夫の才能を誰よりも信じて叱咤激励し、時代の流れの中でさまざまな困難に遭遇しながら、
    自らも歌手になる夢を追いかける――。

    ◆NHK連続テレビ小説第102作『エール』物語
    日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服店に、
    待望の男の子が誕生する。のちに多くの名曲を生み出すことになる天才作曲家・古山裕一である。
     
    老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、周りには取り柄がない子どもだと思われていた。
    しかし音楽に出会うと、その喜びに目覚め、独学で作曲の才能を開花させてゆく。
    青年になった裕一は家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募。このことが裕一の運命を変えてしまう。
    なんと応募した曲が上位入賞したのだ。そしてそれをきっかけに、裕一は歌手を目指しているという女学生と知り合う。
    福島と豊橋―遠く離れた地に住みながらも、音楽に導かれるように出会った二人は、結婚。上京すると、
    二人には個性豊かな人々との出会いが待っていた。そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。
     
    しかし時代は戦争へと突入し、裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに。
    自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一……。 戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。
    古山夫妻は、傷ついた人々の心を音楽の力で勇気づけようと、新しい時代の音楽を奏でていく――。

    ORICON NEWS https://www.oricon.co.jp/news/2136771/full/
    2020年前期朝ドラ『エール』で主演を務める窪田正孝(左)と妻役の二階堂ふみ

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【2020年NHK前期朝ドラ「エール」、ヒロインは二階堂ふみ 主演・窪田正孝の妻役】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/14(日) 22:58:49.93 ID:hco6UJtj9.net

    女優の二階堂ふみと、ジャニーズ事務所の人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也がW主演する、
    11日スタートのフジテレビ系ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」の完成披露試写会が先日、都内で行われた。

    「ストロベリーナイト」は、作家・誉田哲也氏のベストセラー「姫川玲子シリーズ」(光文社)が原作。
    ノンキャリアだが27歳で警部補に昇進した女性刑事・姫川玲子(二階堂)と、巡査部長・菊田和男(亀梨)ら姫川班が難事件に立ち向かう姿を描く。

    もともと、同作は女優の竹内結子の主演で2010年からドラマ化されて高視聴率を記録。それを受けた13年の映画版は興行収入21・5億円のヒットを記録。
    12年以来となる同作連ドラの主演は竹内が務めると思われていたが、二階堂がその座をゲットした。

    「竹内も二階堂も今年、フジとの関係が深まったが、明暗を分けた。
    竹内は1月クールの主演ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』が平均視聴率1桁に低迷。
    一方、二階堂はフジが出資した主演映画『翔んで埼玉』が興収30億円突破のヒット作となり多大なる貢献を果たしている」(テレビ局関係者)

    竹内は周囲に「私の中では終わった作品」と漏らしていたのだとか。
    そのため、同局は女優の榮倉奈々にオファーしたものの、榮倉は「竹内のイメージが強すぎる」としてオファーを断ったのだとか。

    その後、二階堂にオファーしたところ、制作陣に旧知のスタッフがいたためオファーを受けたというのだ。
    「正直、榮倉は数字を持っていない。そんな榮倉より演技力が上で、映画のヒットで波に乗る二階堂がオファーを受けてくれて、フジは“命拾い”したのでは」(芸能記者)

    二階堂の両肩には絶大なプレッシャーがかかることになりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1776111/
    2019.04.14 18:00 リアルライブ


    (出典 cdnx.natalie.mu)



    (出典 i.ytimg.com)




    榮倉奈々

    (出典 img.ananweb.jp)


    【ドラマ『ストロベリーナイト』の主演が二階堂ふみになった理由 オファーを断った人気女優は?】の続きを読む



    (出典 www.lmaga.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/06(水) 13:43:48.55 ID:80J56Vjr9.net

    女優の二階堂ふみが5日、都内で行われたGACKTとのW主演映画「翔んで埼玉」(武内英樹監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに出席したことを、各スポーツ紙が報じている。

    各紙によると、同作は先月22日に公開され、興収10億円を突破。二階堂は「まさかこの映画が大ヒットするなんて。ちょっと嘘なのかなと思った」と笑顔。
    また、「2回目の大ヒット御礼舞台あいさつができれば」と話したという。
    そんな二階堂だが、“黒歴史”となっているのが、マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪で逮捕・起訴された新井浩文被告との交際。

    その件に関して、二階堂が苦悩を抱えていたことを、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。

    同誌によると、新井被告が逮捕後、心配したスタッフが二階堂に声をかけたところ、
    「実は、付き合ってる女の子のことをいろんな人に話すのが本当に嫌だった……」と打ち明けたという。

    交際が発覚したのは2013年で、当時、二階堂は18歳。そんな二階堂のことを新井被告は真剣に考えていたとは思えず、報道陣に対して交際ぶりを暴露。
    そのことをいまだに二階堂は根に持ち、逮捕に関してかなり憤っているというのだ。

    「報道ではかなり破天荒なキャラのイメージがある二階堂だが、根はマジメなようだ。そんなこともあって、新井被告の卑劣な犯行が許せなかったようで、事件が報道されてからはあまり機嫌がよくない。
    それでも、映画の番宣をこなさなければならなかったので、二階堂にとって2月はかなりキツかったのでは」(テレビ局関係者)

    沖縄出身の二階堂だが、埼玉を舞台にした主演映画が大ヒット。数々の映画に出演してきたが、代表作になってしまいそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1719711/
    2019.03.06 12:20 リアルライブ


    (出典 image.dailynewsonline.jp)



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【二階堂ふみ、元カレ新井浩文の悪癖に悩んでいた? 主演映画ヒットで苦労が報われるか】の続きを読む

    このページのトップヘ