(出典 news.mynavi.jp)



1 ひかり ★ :2019/07/01(月) 19:00:41.54 ID:39vqj5N19.net

 反社会的勢力の会合に闇営業で出席し謹慎処分となったお笑いコンビのザブングル(松尾陽介・42、加藤歩・44)について、所属のワタナベエンターテインメントは1日、
本人たちの申し入れにより「ボランティア先を見つけて活動する等の社会貢献」を謹慎期間中に行わせることを発表した。

 事務所側は「先月24日、ザブングル両名を謹慎処分とする旨は既にご報告させていただきましたが、本人たちとの話し合いの中で、謹慎期間中は、ボランティア先を見つけて
活動する等の社会貢献を行い、自分自身を真摯に見つめなおすと共に、今回の件について真剣に反省し、人として成長できるようにしたいとの申し出がありました」と報告。

 また、「弊社としても本人たちと話し合いながら、ボランティア先を探しているところです。また、謹慎期間中のボランティア活動以外の時間においては、
両名が社会人としての常識を高めることができるよう、弊社の事務サポート業務等を行わせる予定です」と再起に向けバックアップしていく方針を報告した。

 2人は先月24日、特殊詐欺グループとされる反社会的勢力が主催する会合へ参加したことを理由に、当面の間、謹慎処分とすることが発表された。

 事務所は会合出席の背景について「当人たちにヒアリングを行ったところ、番組などで日頃お世話になっている他事務所の先輩芸人の方からお誘いを頂き、
お断りすることは失礼にあたるということ、また、参加される先輩芸人の方々のお名前を確認し、存じ上げている方ばかりだったということで信用してしまい、
急遽の連絡だったことから事務所に報告・確認すること無くお引き受けしてしまったと確認が取れました」と説明していた。

オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-00000370-oric-ent


【ザブングル、謹慎中はボランティア活動 社会貢献で「自分自身を見つめ直す」と申し出】の続きを読む