(出典 rpr.c.yimg.jp)



1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/07/05(金) 14:43:41.67 ID:4xtwUH1J9.net

7/5(金) 11:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000007-tospoweb-ent

 反社会的勢力の闇営業問題で謹慎処分を受けたお笑いタレントらの出演シーンがカットされるなど、いまだ騒動の沈静化は見えない。そうしたなか仲介役となり、吉本興業から契約解除処分となった「カラテカ」の入江慎也(42)は、依然として雲隠れしたまま鳴りを潜めている。今後の芸能界復帰は難しいとみられる入江だが、なんと! パン屋さんに転身するという仰天情報をキャッチした――。

6月21日、六本木の高級セレクトショップに白いマスク姿でいるところを目撃されたことが一部週刊誌で報じられたが、一連の騒動で、入江はすっかり雲隠れ。ツイッターも6月6日の謝罪文以降、更新されないままだ。関係者によると「弁護士から一切しゃべるなと強く言われている」という。

 あるテレビ関係者は「問題はこれからどうするかです。吉本から解雇されてしまった以上、芸人として再起するのは非常に難しい。しかも、反社会的勢力とつながっているイメージが出来上がったので、これまでのように講演活動やコンサルティング業務もできないのではないでしょうか」と指摘する。

 芸能界では生きていくのは厳しいのが現状。このまま入江は消えてしまうのか…と思いきや、入江をよく知るお笑い関係者が、こんな驚きの証言をする。

「パン屋さんに転身するかもしれません。『なぜ、パン屋さん?』と思われるかもしれませんが、駆け出しのころ、入江はパン屋さんでアルバイトをしていたことがあるんですよ。すでにカラテカを結成していましたが、相方の矢部(太郎)が俳優の仕事をしていたとき、暇だったんで働いていたそうです」

 当時、猛烈に働いた入江は、パンづくりのノウハウをみるみる吸収し、どうやったら売れるか、独自のアイデアを考案するまでになったという。そして過去、実際にパン屋での独立を計画したことまであるのだ。ある芸人はこう耳打ちする。

「実は入江に吉本から解雇の話が出たのは今回が初めてではありません。昔、女性スキャンダルに巻き込まれてクビ寸前までいったことがあったんですよ。その時、入江は『オレ、もう芸能界辞めなきゃいけないかも…』と悲しそうにしていました。そのときです。『そしたら独立してパン屋になるわ!』と突然宣言したんです。芸人仲間から『なんでパン屋なんだよ!』と突っ込まれていましたが、『絶対売れるパンがあるんだよ!』と妙に自信満々だったんです」

 このスキャンダルではクビは免れた。そのため、入江が描いていたパン屋構想は立ち消えになったが、ここにきて現実味を帯びてきたのは間違いない。

「芸能界復帰も無理で、自身の会社『イリエコネクション』も頓挫となれば、パン屋さんは大いにあり得るでしょう。入江はバイタリティーがありますからね。もし軌道に乗ったら、世話になった芸人や関係者は、買わざるを得ないでしょう(笑い)」(同)

 本紙が事実確認のため、入江の携帯電話にかけたものの、出ることはなかった。

 近い将来、「イリエベーカリー」が誕生する日も近い!?


【カラテカ・入江「パン屋転身」仰天情報 「もう芸能界ムリ」とお笑い関係者が証言】の続きを読む