気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:ドラマ



    (出典 storage.mainichikirei.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/10(水) 14:32:43.73 ID:WqHxkup/9.net

    石原さとみ主演の新ドラマ『Heaven?~お苦楽レストラン~』(TBS系)が7月9日にスタートした。今回、石原はフレンチレストランのオーナーを演じる。視聴者は、自由気ままな役柄が、『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』『高嶺の花』(ともに日本テレビ系)など、最近の石原主演作と類似していると指摘。「石原のこのキャラは嫌い」と否定的に見る意見が相次いだ。

    石原演じる黒須は、近く開店させるフレンチレストランの男性従業員として伊賀(福士蒼汰)、川合(志尊淳)、堤(勝村政信)らをスカウト。伊賀以外は、フレンチレストラン未経験者。開店準備を始めていたところ、「DM(ダイレクトメッセージ)を出しちゃった。オープニングパーティーは4日後」と黒須がいきなり告げ、スタッフらを大慌てさせた。

    黒須はその後も、従業員に無理難題を次々と押し付けていく。ドラマ終盤ではオープンしたレストランで、故障していたクーラーからほこりが一斉に飛び出す災難も。トラブル続きだったが、無事レストランのオープンにこぎ着けた。

    「強いキャラのドラマが多過ぎ」ファンがっかり
    初回を終えて、視聴者は石原の役回りが『高嶺の花』『地味にーー』と類似していると指摘。男性に強気に接する石原の演技に違和感を示していた。

    《heaven? のオーナーはあんなキラキラしてないんだよなー。高嶺の花のときと一緒に見えた》
    《高嶺の花と石原さとみのキャラが少しかぶってるような》
    《校閲ガールの河野悦子と高嶺の花の月島ももを足したような感じ》
    《こういうドラマは石原さとみがもったいない》
    《石原さとみって強いキャラ多いような気がする》

    など、最近演じる強気な役どころは、石原の魅力を引き出せていないとの指摘が相次いでいた。さらに、

    《アンナチュラルや失恋ショコラティエは良かったなあ》
    《ショコラティエのサエコがどハマりだったのに》

    といった、他の作品を懐かしむ声も。

    初回の視聴率はかろうじて10%を超えたようだが、評価はやや低調気味。2話目以降でばん回なるか。



    http://dailynewsonline.jp/article/1916642/
    2019.07.10 11:00 まいじつ


    (出典 plus.paravi.jp)



    (出典 news.mynavi.jp)


    【石原さとみ、ドラマ『Heaven?』に酷評続出「また強気キャラ…」】の続きを読む


    松坂桃李に主演は無理? ドラマも映画も大爆死 業界評暴落!?


    NO.7490903 2019/05/27 15:09
    松坂桃李に主演は無理? ドラマも映画も大爆死 業界評暴落!?
    松坂桃李に主演は無理? ドラマも映画も大爆死 業界評暴落!?
    松坂桃李の業界評が暴落の危機に瀕しているようだ。

    というのは、主演したドラマ、映画が相次いで大爆死しているからだ。

    現在放送中のフジテレビ系連続ドラマ『パーフェクトワールド』は初回6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で発進し、以後、5.8%→6.0%→6.5%→6.1%と推移。

    視聴率は極めて低調で、上昇する気配がなく、このまま終わってしまう可能性が高くなってきた。

    同作は障害者の主人公と健常者との恋愛を描いた作品で、視聴者の満足度は決して低くはないようだが、いかんせんまるで数字が上がっていかないのが実状だ。

    これまで、松坂はプライム帯の連ドラで、『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(2015年、フジテレビ系)、、『視覚探偵 日暮旅人』(17年、日本テレビ系)と2度主演を務めているが、視聴率はいずれも1ケタ台に終わっており、『パーフェクトワールド』の爆死で、いよいよ“数字が取れない俳優”とのレッテルを張られかねない状況に陥ってしまった。

    だからといって、演技力が乏しいわけでもなく、準主役で出演したNHK連続ドラマ小説『わろてんか』(17年後期)や、『この世界の片隅に』(18年、TBS系)では一定の評価を得ており、その意味では“脇役向き”の俳優なのかもしれない。

    一方、17日に主演映画『居眠り盤音』が公開されたが、初週の「週末観客動員数ランキング」(興行通信社調べ)では初登場7位の爆死スタートとなった。

    ヒロインには木村文乃、3番手には芳根京子が起用され、そこそこのキャストがそろったが、日テレのバラエティ番組での宣伝成果も得られず惨敗となりそうだ。

    主演したドラマも映画もことごとくコケてしまった松坂は、業界評がグッと下がり、今後主演オファーが減っていく懸念がある。

    6月28日には、松坂と韓国女優シム・ウンギョンとのダブル主演による映画『新聞記者』が公開されるが、正直こちらもあまり期待はできそうにない。

    連ドラに関しては、3作連続でヒット作が出なかったとなると、当分“脇役専門”になりそうな気配だ。

    ただ、主演はなくとも、俳優としての松坂の評価が落ちることはないだろう。
    【日時】2019年05月27日 12:00
    【提供】日刊サイゾー


    【松坂桃李に主演は無理? ドラマも映画も大爆死 業界評暴落!?】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/08(水) 15:53:23.90 ID:ljA7QNLT9.net

    注文の多い料理店の木村シェフか!? TBSが10月期の日曜ドラマ枠に木村拓哉(46)をキャスティングしたが、おかげで制作スタッフが戦々恐々としている。
    その理由は、木村のリクエストのハードルがあまりに高いせいだ。注目ドラマ「おもゐでレストラン」(仮題、10月13日スタート)で初めてシェフ役に挑戦する木村の、厳しすぎるリクエストとはいったい――。

    かつて三ツ星レストランに勤め、数々の賞を取ったシェフを演じる木村。だが、優秀がゆえに大きな壁にブチ当たってしまう。

    「食材の偽装や利益優先のやり方に疑問を感じ、店を辞めてしまう。するとオーナーがシェフに関して、横領やレイプなど様々な悪評をでっちあげSNSで流布し、とうとう飲食界から追放されてしまうんです」(ある放送作家)。

    そんな風間は、長野県の片田舎に移り住み、名前を変えて小さなフレンチレストランをオープンさせる。

    「ちなみにこの店の売りは、来店した客に過去に味わった最高の一品を再現すること。どんな難題も決して断らない。しかも、作ったひと皿が客のイメージと違った場合には料金は受け取らない。
    でも正解だった場合は言い値の金額を支払うんです」(同放送作家)

    ほかのキャスティングについては検討中のようだが、木村を敵視するオーナーに香川照之(53)、パティシエには小手伸也(45)、ギャルソンに田中要次(55)、ソムリエに長嶋一茂(53)の名前が挙がっているという。

    だが、そんな配役よりもTBSの制作陣を悩ませているのが、ヒロイン役だという。

    「毎回、同じ悩みなんですが、木村主演のドラマはすべて彼のスケジュールに合わせないといけないため、当代きっての人気女優をキャスティングするのは至難のワザなんです。
    それでも毎回、木村からは他局でヒロインを張れるようなトップ女優の名前しか出てこないんです」(テレビ誌関係者)

    ちなみに木村自らが推薦している女優とは…。

    「綾瀬はるか、北川景子、広瀬すず、石原さとみ…。いつものメンバーです。でも全員、スケジュールは埋まっています」(TBS関係者)

    そんななか、TBSサイドは木村のオーダーを可能にするプランを考えだしたという。

    「毎回、1話完結のドラマにして豪華なヒロインでなんとかスケジュールを調整する作戦です。2~3日間限定という条件で受けてもらう。
    幸いレストランが舞台のためロケは必要ない。これならいけると考えたわけです」(制作関係者)

    キムタク渾身のドラマだけに、高視聴率は間違いなさそう!?

    http://news.livedoor.com/article/detail/16426174/
    2019年5月8日 11時0分 東スポWeb


    (出典 geitopi.com)



    (出典 geitopi.com)


    【【10月期ドラマ】“注文多い”木村拓哉、TBSドラマ制作陣が戦々恐々】の続きを読む



    (出典 news.nifty.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/07(火) 06:20:59.93 ID:Fn2Mj+wv9.net

     柳楽優弥に池松壮亮、林遣都と“俳優つぶぞろい世代”の1990年生まれにあって、忘れていけないのがこの人、三浦春馬(29)の存在である。このたび、7月から始まる夏ドラマの主演に内定した。

     ***

    近年の主な韓国リメイクドラマ

    (出典 www.dailyshincho.jp)


     フジテレビ関係者が言う。

    「うちの火曜21時枠に、三浦が主演することが決まりました。2013年に韓国で放送された『Two Weeks』というドラマのリメイク作品です。オリジナル版は、白血病を患う娘がいる父親が、骨髄移植手術に同意したその矢先に、国家的な陰謀に巻き込まれるというストーリー。手術までの2週間、自らにかけられた疑いを晴らし、娘を救うことができるのか……という逃走劇を軸としたヒューマンドラマです。三浦が演じるのはこの父親役になると見られます。オリジナル版はBSフジで15年に放送していました」

     三浦が地上波の作品で主演を張るのは、17年の『オトナ高校』(テレビ朝日系)以来となる。その経歴を振り返れば、08年と10年に2シーズンで放送された『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)や、戸田恵梨香と共演した11年の『大切なことはすべて君が教えてくれた』(フジテレビ系)など、数多くの作品で主演を務めてきた実力派だ。

     とはいえ、不安要素がないわけではない。前述した直近の地上波主演作『オトナ~』の平均視聴率は3.3%(視聴率はビデオリサーチ調べ関東地区。以下同)だった。同じ「土曜ナイトドラマ」枠で翌年放送された『おっさんずラブ』は平均4.0%、最終話で5.7%を記録したことを鑑みれば、やや物足りない数字だ。

    「フジの火曜21時の連続ドラマ枠は、関西テレビの制作です。最近こそヒットに恵まれていないものの、一昨年に放送された小栗旬と西島秀俊ダブル主演の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は平均10.6%と悪くなかった。今回の『Two~』原作も同じくアクションが映える作品ですから、数字は狙えるはずです」(同・フジ関係者)

    “■韓流原作”『グッド・ドクター』のヒット

     もうひとつヒットの“担保”となりそうなのが、すでに韓国でヒットした作品のリメイクという点である。ここのところ多い韓国リメイクの連続ドラマ作品をまとめたのが、掲載の表である(昨年、テレ朝系で放送された松嶋菜々子主演『誘拐法廷~セブンデイズ~』もリメイク作だが、単発のため割愛)。15年以降、コンスタントに放送されているうえ、7本中じつに5本がフジ系列の作品。韓流モノの“輸入”には定評があると言えそうだ。

    「余談ですが、原作がドラマではないものの、フジで11年に放送された反町隆史の『グッドライフ~ありがとう、パパ。さよなら~』も、韓国の小説の映像化でした。なんだかんだ言って、フジは韓流モノが好きなんですよね。昨年の『グッド・ドクター』は平均11.2%といい数字だったわけで、韓流リメイク作で結果が出たのは事実。局としても、すでに人気がある作品を下敷きにすることで、ある程度の視聴率は見込めると判断しているのでしょう」(同・フジ関係者)

     芸能ジャーナリストの渡邊裕二氏は、こんな見方をする。

    「映画の話になりますが、韓国作品をリメイクするはしりは、01年に公開された、吹石一恵が主演の『時の香り リメンバー・ミー』ではないかと思います(原作は00年公開の『リメンバー・ミー』)。当時、珍しがって両方を見比べてわかったのは、韓国版はストーリーや演出がシンプルで“分かりやすく”作られているということ。“韓国ドラマは分かりやすい”という声は聞きますし、このシンプルで分かりやすい点が求められ、韓流ドラマが日本で放送、あるいはリメイク、という流れにつながっているはず。見方によっては、分かりやすく面白いドラマを自国で作れない制作側の力不足、とも言えるでしょう。K-POPが盛り上がりを見せる音楽分野と同じ現象が、ドラマでも起きつつあるのかもしれません」

     春馬の夏ドラ、韓流の尻馬に乗れるか――。

    週刊新潮WEB取材班
    2019年5月7日 掲載


    5/7(火) 5:58配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190507-00561261-shincho-ent


    【「三浦春馬」が夏ドラマで主演、フジ得意の韓流ドラマ・リメイクで父親役?】の続きを読む



    (出典 beef-6.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/01(水) 06:57:58.22 ID:XKQhDad29.net

     綾瀬はるか(34)に石原さとみ(32)、吉高由里子(30)に新垣結衣(30)。いま、ドラマの主演は彼女たちと相場が決まっている感がある。ところが、「ドラマのTBS」は、7月期の“本気枠”で思わぬ勝負に出た! 

     7月期のドラマでTBSがすでに発表したのは石原さとみ主演の「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」。福士蒼汰や志尊淳といった配役からも気合いの入りようがうかがえるが、

    「火曜日22時からの放送なんですよね」

     と、TBS関係者が囁く。

    「うちのドラマは火、金、日。火曜日22時枠は若い女性向けで、視聴率より“話題性”重視の大穴狙いの枠。最近では、深田恭子主演の『初めて恋をした日に読む話』。ガッキーの『逃げるは恥だが役に立つ』が大穴的中の好例です」

     この枠で石原がどれだけ支持を得られるか見ものだ。

     そして21時の日曜劇場は、

    「高視聴率が望める人気ドラマ枠です。『下町ロケット』『天皇の料理番』といった、万人受けする“王道系”が多いのが特徴です」

     問題は、肝心要の金曜日22時枠。

    「通好みの作品が多く、うちの“本気枠”といえます。過去には石原主演の『アンナチュラル』、古くは『ふぞろいの林檎たち』『金曜日の妻たちへ』といった大ヒット作がこの枠でした」

     で、だ。石原から“本気枠”を奪ったのは……。

    ■米倉涼子を食った

     なんと、黒木華(29)である。先の関係者曰く、

    「まだ発表されていませんが、『凪のお暇(いとま)』。累計200万部を超える大ヒット漫画のドラマ化となります」

     彼女の起用にはもちろんそれなりの理由があって、

    「2016年春の火曜枠、『重版出来(しゅったい)!』で主演しています。平均視聴率こそ8%台だったものの、その1年前の『天皇の料理番』での好演とあわせて高評価でした。日テレの『獣になれない私たち』で嫌な女役を熱演し、テレ朝の松本清張作品『疑惑』の妖艶な演技は主演の米倉涼子を完全に食っていましたしね」

     そんな彼女について、

    「『はな』ではなく『はる』。この変わった読み方も彼女の活躍とともに浸透してきたのではないでしょうか」

     と語るのは、映画評論家の北川れい子さん。

    「ベルリン国際映画祭で銀熊賞を獲った山田洋次監督の『小さいおうち』では、いかにも昭和の女中という感じが出ていて素晴らしかったと思います。“しっかりした女優が出てきた”と強く印象に残りました」

    「凪のお暇」についても、

    「彼女なら大丈夫。回を重ねるごとに、観る人が主人公と一緒に成長できるような作品になるでしょう」

     と、早くも太鼓判を押す。しかし、彼女が通った追手門学院高校で演劇部顧問を務めていた阪本龍夫さんは、

    「マ、元気でやってくれさえすればいいですよ。こないだ、米倉さんと共演した『疑惑』を観ました。演技はうまいけど、米倉さんに比べると華がないね」

     勝負ドラマに必要なのは、華(はな)か、華(はる)か。

    「週刊新潮」2019年4月25日号 掲載

    5/1(水) 6:00配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190501-00560786-shincho-ent

    (出典 www.dailyshincho.jp)


    【石原さとみを差しおいてTBSドラマ「本気枠」に抜擢された黒木華】の続きを読む

    このページのトップヘ