大平サブロー「こいつらふぜいが」社長批判の若手へ


NO.7634084 2019/07/23 19:13
大平サブロー「こいつらふぜいが」社長批判の若手へ
大平サブロー「こいつらふぜいが」社長批判の若手へ
「太平サブロー・シロー」として漫才ブームにのった後、いったん吉本興業を離れ、後に復帰した経緯がある大平サブロー(63)は23日、大阪市内で、MBSラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」に生出演し、芸人からの批判意見が噴出している現状に「気に入らんかったら、辞めろ」と発言した。

大崎洋会長の若手時代からを知り、岡本昭彦社長とも旧知のサブローは、前日22日の会見を「世間の人には申し訳ないけど、頑張って〜や、ここ、大事なとこやで、と思いながら見てた」。

物足りない会見に「しゃべり、もうちょっと勉強して」と苦言をていした後に、所属芸人からの批判が止まらない現状を嘆いた。

「時代って怖いよな。若い人、こいつらふぜいがそれこそなんや。これこそ、気に入らんかったら辞めろ。ただし、加藤君だけは腹くくって言ってるけどな」

退社をかけて、経営陣の刷新を求めた加藤浩次の決意には評価した。

ただ、加藤の発言後、後輩芸人がSNSのツールを使って、一方的に批判の声を浴びせている状況に「弱ったのを見てから物を言う。

時代が変わった。おれ、怖かった」と感想を口にした。



サブロー・シローは、先にサブローが吉本へ復帰し、タレントとして再出発。後に、遅れて太平シローさん(享年55)が復帰した経緯がある。復帰後のシローさんは、弟子とコンビを組むも続かず、再起へ苦しんでいた。

サブローは当時、大崎会長が、生前のシローさんに「困ったことあったら、何でも言うてこい」と言っていたことを明かし、芸人思いの一面も披露した。

同番組に出演していたシルクも、相方のミヤコさんを亡くしており、その際に、大崎会長が声をかけてくれたと話していた。




【日時】2019年07月23日 17:46
【ソース】日刊スポーツ

【関連掲示板】


【大平サブロー「こいつらふぜいが」社長批判の若手へ】の続きを読む