気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    タグ:イッテQ



    (出典 www.fugumarugame.tk)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/24(月) 17:49:42.20 ID:2zRYv33i9.net

    日本テレビは24日、人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)のロケで、お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービー(35)が左足アキレス腱断裂のケガをしたと発表した。

    同局によると、22日夜に行った宮城県での人気企画「女芸人一芸合宿」のロケで、宴会場でそれぞれの演芸を披露するという恒例企画を収録した際、バービーはダンスを披露し、ステップを踏み、左足に違和感を覚え、終了後、徐々に痛みを感じたという。現地の病院で左足アキレス腱断裂と診断され、翌23日に帰京し、都内で手術を行い、無事終了。現在も入院しており、26日に退院予定という。

    同番組をめぐっては、5月24日にもお笑いタレントみやぞん(34)がインドでのロケ中に足首を骨折し全治約2カ月の重傷を負った。みやぞんは、ジャンプして火の輪をくぐる挑戦で着地をした際、左足首をひねった。帰国後の27日に診察を受け、左足首の左距骨(きょこつ)が約7ミリ欠けていることがわかったという。

    バービーのケガを報告した同局は「ケガをされた、バービーさんをはじめ、関係者の方々、ご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます。ロケに際してはリハーサルも行い本番に臨みましたが、今後は番組制作において、より一層安全対策に万全を期してまいります」とコメントしている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16669945/

    2019年6月24日 17時5分 スポニチアネックス


    【バービー「イッテQ!」ロケでアキレス腱断裂 先月のみやぞん骨折に続き】の続きを読む



    (出典 www.yoshi-toku.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/19(日) 16:46:33.06 ID:hB0w81Nw9.net

    家族で見られるファミリー向けの編成が人気を博し、一時期より衰えたとはいえいまだ日曜夜の人気番組として君臨している『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。
    しかし、番組の明るい雰囲気とは裏腹に、ウラでは出演者を巡った〝すきま風〟が吹いているようだ。

    5月12日、この日の同番組は「珍獣ハンターイモトワールドツアー」「ロッチ中岡のQtube」と人気企画を2本立てで放送。
    イモトアヤコ、中岡創一の体を張ったチャレンジで爆笑を届けた後、エンディングには『シャッフルSP』のラインナップを告知した。

    「シャッフルSP」は毎年恒例の人気企画で、各コーナーを担当する出演者が別のコーナーに挑戦するというもの。
    この日の告知でも、本来イモトが出演する「珍獣ハンター」に『ガンバレルーヤ』よしこが、出川哲朗の『はじめてのおつかい』に『ANZEN漫才』みやぞんが挑むことなどが発表された。

    完全無視状態で「干されたの?」の声
    発表は出演者が集められた控室で行われ、デヴィ夫人・みやぞん・河北麻友子など、ラインナップに名を連ねたが発表の場には同席しなかったメンバーも。
    一方、人気企画『温泉同好会』常連の『おかずクラブ』ゆいPは、ラインナップにも発表の場にもいない〝完全無視〟の状態となり、ネット上では、

    《ゆいPはついに呼ばれなくなったか》
    《ゆいPはどうしたの?》
    《干されたんか?》
    《ハブられてる》

    などの声が上がった。

    「確かに、オカリナが『イッテQ!』に頻繁に出る一方、ゆいPの出演回数は2年ほど前から減少傾向に。今ではオカリナだけの出演も全く珍しくなくなり、存在さえ忘れ去られつつあります。
    ゆいPは『温泉同好会』で他の女芸人に盾突くのがお約束だったのですが、実はこれが視聴者からかなり不評だったみたいで…。
    干された要因は1つではないと思いますが、キャラ付けの被害者という面も否定できないかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

    一方、相方のオカリナは『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)でもコーナーを持っており、ピンでの活動は順調そのもの。
    コンビ格差は、この先も開いていく一方と言えるだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1831747/
    2019.05.19 10:31 まいじつ


    (出典 i.imgur.com)


    【『イッテQ!』が『おかずクラブ』ゆいPを追放? コンビ格差が酷過ぎる】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/12(日) 07:46:41.90 ID:pN2TNx7J9.net

    5月5日、日曜夜8時台で熾烈な視聴率争いを繰り広げている『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が17.7%を獲得し、
    13.5%の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にまたしても勝利した(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)。テレビ局関係者が話す。

    「2月24日に初めて『ポツンと一軒家』が上回って以降、7度目の直接対決で5度目の勝利。これまで4度勝っていますが、全て0.1~0.5%以内の僅差でした。
    しかし、今回は4.2%も差をつけた。半年前まで『イッテQ!』の圧勝だった時間帯に地殻変動が起きています」(以下「」内同)

    なぜ、突然4.2%も差が広がったのか。日本テレビ全体の焦りが1つの原因になっているという指摘がある。

    「昨年、5年連続で視聴率三冠王に輝いた日テレですが、前年より数字を落としている。最近はテレ朝やTBSに追い上げられており、安泰な状況ではありません。
    そのためか、編成が全体的にやや近視眼的になっている印象です。つまり、レギュラー番組よりも長時間特番で視聴率を取ろうとしている傾向が見て取れます。

    たとえば、4月改編で、ゴールデン帯唯一の新番組『衝撃のアノ人に会ってみた!』(水曜19時~)を始めた(4月3日スタート)ものの、5月上旬時点でまだ3回しか放送されていない。
    たしかに改編期や改元という事情はありましたが、6週中3週は特番でした。新番組はスタートが大事ですし、飛び飛びの放送では視聴者に定着しません。そんなこともあってか、『衝撃のアノ人』は1度も2ケタに届いていない。
    5月8日は7.6%とテレ東を除いた民放ゴールデン帯の番組で最も悪い数字でした。特番は短期的には特効薬になり得ますが、長い目で見ると必ずしも良い影響を与えるとは限らない」

    近視眼的な編成の象徴が、視聴率の獲れる“日曜のさんま特番”の連発だという。日曜21時台の人気番組『行列のできる法律相談所』は2011年の島田紳助氏の芸能界引退に伴い、週替わりの司会者となった。
    その目玉の1つに、明石家さんまの起用があった。

    「初めてさんまが司会した7年前の2012年1月15日は、21.1%を獲得。その後も、さんまの回は特に高視聴率を連発しました。
    日テレは2013年に『明石家さんまの転職DE天職』、2015年に『誰も知らない明石家さんま』という不定期特番を作り、いずれも良い数字を残した。ただ、昨年10月以降、日曜のゴールデン帯で5度も“さんま特番”を組んでいます。頼り過ぎな感じがします」

    全5回を振り返ってみよう。2018年10月14日の『行列のできる法律相談所 さんまVS 怒れる美女軍団』は13.4%、同年11月25日の『誰も知らない明石家さんま』は16.0%、
    2019年1月13日の『行列のできる法律相談所』は14.8%。いずれも3時間スペシャルで、1か月半置きに放送。13%を超えれば高視聴率と言われる昨今、数字は良かった。

    しかし、4月21日の『行列のできる法律相談』は12.9%、28日『転職DE天職』は11.7%と2週連続の3時間スペシャルでは少しずつ下がった。

    さんま特番は日テレだけに限らない。4月7日はフジテレビ系で『さんまの東大方程式』、5月5日はTBS系で『明石家さんまの熱中少年グランプリ』と他局も含めれば、
    この1か月の日曜5週のうち4週でさんま特番が組まれたことになる。視聴率は『東大方程式』7.6%、『熱中少年』7.9%と1ケタに終わった。いくら人気があるといっても、毎週のように日曜に2~3時間の特番に出ていれば、視聴者が飽きても不思議ではない。

    「もともと、フジやTBSの日曜ゴールデン帯の数字はこの程度なので、特段悪いわけではありません。レギュラーの『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)は4月23日に14.4%を獲るなど、相変わらず高視聴率を続けています」

    日テレはさんま特番のため、『イッテQ!』が2週連続休みとなり、5月5日は3週ぶりの放送だった。

    「この日、『ポツンと一軒家』と4.2%もの差が開いた理由の1つに、視聴習慣が薄れた影響も考えられます。
    改編期からやや外れた4月下旬にさんま特番を連発したのは、今まで『笑点』から『行列』まで2ケタが続く“縦の流れ”だけではなく、
    毎週日曜夜8時は『イッテQ!』を観るという視聴習慣、つまり“横の流れ”を大事にしてきた日テレらしくない編成だったかもしれません」

    『イッテQ!』が再び日曜夜8時の王者に返り咲く日は来るか──。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16445806/
    2019年5月12日 7時0分 NEWSポストセブン


    【日テレ『イッテQ!』の視聴率低迷 さんま特番連発の影響も】の続きを読む


    「イッテQ」復帰話も白紙に 新婚のベッキー完全復帰ならず…


    NO.7299598 2019/03/01 14:44
    「イッテQ」復帰話も白紙に 新婚のベッキー完全復帰ならず…
    「イッテQ」復帰話も白紙に 新婚のベッキー完全復帰ならず…
    巨人軍の片岡治大二軍内野守備走塁コーチ(36)との結婚を禊にテレビ界への完全復帰をもくろんでいたベッキー(34)だが、新婚の“ご祝儀”とはなかなかいかないようだ。

    心待ちにしていた「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)への復帰話が最後の最後になって白紙になってしまったのだ。

    「今月10日に放送された『行列のできる法律相談所』にゲスト出演し、片岡コーチとの交際についていろいろと語ったんです。それが大評判になった。まだ話芸は大丈夫、イケてると……。当日の番組視聴率が17.0%を記録したこともありGP帯への番組出演が日テレ局内でも検討されるようになったんです」(放送作家)

    ところがそんなベッキーの追い風もここでピタリと止まってしまう。

    ベッキーが「法律相談所」に出演したことで視聴者からのクレームが多数寄せられたのだ。

    「『ベッキーの復帰を心待ちにしていた』とか『話が面白かった』という肯定的なものはほんの一部だけ。ほとんどは厳しい意見で、ある人などは『もう日テレは見ない』と言って電話を叩きつけたというんです」(事情通)

    こうした視聴者の声に水面下で即応したのが「イッテQ」の総..



    【日時】2019年03月01日 06:00
    【ソース】日刊ゲンダイ


    【「イッテQ」復帰話も白紙に 新婚のベッキー完全復帰ならず…】の続きを読む

    このページのトップヘ