気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:モデル > Koki,



    (出典 img.jisin.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/14(日) 09:45:31.08 ID:H8FtV8Ln9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    木村拓哉(46)と工藤静香(49)の間に、隙間風が吹き始めたともっぱらだ。原因は2018年に華々しくモデルデビューした次女Koki,(コウキ=16)のプロデュースが思うように軌道に乗らないためだという。

    コウキは今年4月期の中条あやみ主演の連続ドラマ「白衣の戦士!」の挿入歌「片隅」の作曲を手がけた。ピアノ、ストリングスをバランスよく配したミディアムバラードで、
    楽曲提供を受けたのは、あの三浦大知(31)。今年2月に平成の天皇の「在位30周年記念式典」に出席し、上皇が作詞し、上皇后が作曲した「歌声の響」を熱唱した。
    三浦は、18年まで2年連続でNHK紅白歌合戦にも出演。最近の新曲は、オリコンで初登場ベスト10入りが当たり前になりつつある“国民的歌手”だ。

    ところが、コウキ作曲の「片隅」は6月24日付のオリコン週間シングルランキングで12位。
    同日発表された三浦の最新ライブ「DAICHI MIURA LIVE TOUR ONE END in 大阪城ホール」のDVDとBD(ブルーレイ)を合計した
    「ミュージックDVD・BDランキング」は初登場1位。これを踏まえると「片隅」は残念な結果だったと言えるだろう。

    「コウキは母・静香が17年に発売した30周年記念アルバムに収録されている3曲の作曲を担当しています。中島美嘉にも楽曲提供し、作曲家としてある程度の“箔”をつけたことで三浦に新曲を歌ってもらえたのでしょう。
    コウキのプロデューサーでもある静香の戦略性を感じます。ただ、『片隅』のセールスが思うように伸びなかったこともあり、今後はテレビ局もコウキの楽曲採用には慎重にならざるを得ないでしょう」(音楽関係者)

    ■三浦大知に上から目線

    また、コウキが「片隅」について「実力のあるアーティストの方に歌っていただけるのを熱望して書いていた曲」とコメントを発表したことも評判を落とすことにつながった。
    三浦は芸能界ではコウキよりキャリアが長い。ネット上では「ずいぶん上から目線ですね」といった厳しい意見が相次いだ。

    この状況に静香は苛立ちを隠せない様子だという。

    「最近では家族でテレビを見ていても、音楽関係の話題に触れるのは“タブー”みたいな雰囲気があるそうです。
    せっかく三浦を担ぎ出すことに成功したのに、思うように曲が売れなかったからです。コウキはモデルに専念すべきだという声もありますが、静香は負けず嫌いの性格です。
    ほとぼりが冷めたら、また新曲のプロモーションを仕掛けてくるだろうというのが周囲の一致した見方です。
    気の毒なのがキムタクです。ジャニー喜多川社長が亡くなって、いろいろと大変なはずなのに、娘のプロモーションに協力する流れになりつつあります。
    もともとキムタクはコウキの芸能活動に賛成していたわけではありませんから憂鬱だと思いますね」(ドラマ関係者)

    最初は親の七光で注目されても、消えていく2世タレントは山ほどいる。コウキの実力もメッキがはがれ始めた。
    娘がダメージを負う前に引き際を見極めるのも親の務めだろう。

    (芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16771593/
    2019年7月14日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL


    【メッキがはがれ始めたKoki, ママ静香プロデュースが空回り】の続きを読む


    Koki,平成のスターは「両親」 「SMAPライブいつも楽しみに」


    NO.7433185 2019/05/01 16:49
    Koki,平成のスターは「両親」 「SMAPライブいつも楽しみに」
    Koki,平成のスターは「両親」 「SMAPライブいつも楽しみに」
    ■Koki,初の独占インタビュー
    ――平成はどんな時代でしたか。

    「災害も多く大変な悲しみもあった中、再起する人間の強さも感じました」

    ――個人的には?

    「平成は自分の起点であり、新しい挑戦もあり、新しい世界と新しい自分を見つけさせてくれた時代です」

    ――令和はどんな時代にしたいですか。

    「多くの命が奪われる戦争だけは起きてほしくない。争いがないことを願います。そのためには今まで認められなかったものが認められる時代になってほしい。みんなが何かを受け入れる、そんな時代になってほしいです」

    ――寛容さが求められる時代だと。

    「例えばどの国でもまだ男女の格差はあると思うし、どの国の人が嫌いとか肌の色などでの差別とか、そういったことがまだ存在していて、そこから生まれる争い事が今でもある。そういった“他者との違い”をみんなが普通に受け入れられる、そんな時代になればいいなと思います」

    ――そのためには?

    「当たり前であることを当たり前にすることが、凄く大切だと思うんです。どの時代でも、誰かが悪いって言ったら、みんなが束になって悪いと言う傾向がある。自分の意思とか自分の考えているこ..



    【日時】2019年05月01日 10:31
    【ソース】スポーツニッポン


    【Koki,平成のスターは「両親」 「SMAPライブいつも楽しみに」】の続きを読む



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/24(水) 08:05:02.84 ID:M6BfyvjE9.net

    「静香さんの元には、テレビ局やレコード会社をはじめ、Koki,さんとの“母娘共演”のオファーが数多く届いています。あるテレビ局は200万円を提示したと聞きました」(ファッション関係者)

    4月14日は工藤静香の49歳の誕生日。Koki,(16)はインスタに母娘2ショット写真をアップし、母への感謝の言葉をつづった。

    《私は愛情あふれる家族に生まれて、こんなスーパーママを持つことができ、とても感謝しているし、うれしい》
    《人がどんなことを言っても、どんなふうに批判されても、たくさんの愛と希望を持って私を育ててくれて本当にありがとう》

    6月12日発売の工藤のアルバム『Deep Breath』のジャケット写真と同じ構図のインスタの2ショット写真はSNSでも大きな話題になった。にもかかわらず、実は“母娘共演”をKoki,がすべて断っているという。

    「工藤さんはアルバム発売の翌日から全国ツアーがスタートしますが、当初、このツアーにKoki,さんのサプライズ出演が検討されていました」と語るのは、音楽関係者。

    「披露する曲目の中にはKoki,さんが作曲した曲も組み込まれる予定で、母娘共演は長年、
    工藤さんを応援してきたファンにとっても嬉しいプレゼントになると、制作側が提案してみたそうです。しかし、母娘共演にはNGが出されてしまいました」

    まさかの“共演拒否”の理由は、何だったのか――。

    「Koki,さんは『モデルとして世界で活躍したい』という強い意志を持っているのです。
    しかし、母親と共演すると“タレント”のイメージがつく懸念が出てきてしまう。彼女の“本業”とは異なるため、きっぱり断っているそうです」(前出・ファッション関係者)

    Koki,は昨夏、ファッション誌でモデルとして電撃デビュー。すぐさまブルガリやシャネルといった高級ブランドのアンバサダーに就任し、
    インスタグラムのフォロワー数もいまや150万人突破と世界からも注目されるようになった。

    「最終的に背中を押してくれた父・木村拓哉さんからは『やるならナンバーワンを目指すこと』とアドバイスを受けたそうです。
    信念を曲げず芸能界の第一線を走り続けてきた両親にならって、Koki,さんも初志貫徹。“モデルとして大成”という、自分のポリシーを貫こうとしているのでしょう」(別のファッション関係者)

    世界のトップモデルを目指す愛娘の16歳の自立心を、静香は温かく見守っているという――。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16363282/
    2019年4月24日 6時0分 女性自身


    (出典 image.news.livedoor.com)



    【Koki, 、静香と共演NGの理由…200万円オファーもすべて断る】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/14(木) 07:23:58.99 ID:4Tum57WF9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    「駅のホームで、スタッフの男性と別れ際に外国人ばりのハグをしていました。すっかり様になっていて、格好良かったですね」(目撃した男性)

    3月8日、品川駅のホームでひと際目を引く女性の姿があった。木村拓哉(46)の次女であり、モデルのKoki,(16)だ。
    そして、その隣にはぴったりと寄りそう母親の工藤静香(48)も! 親子で色違いのキャリーケースを引き、仲良く談笑しながら改札を出ていく2人。
    前日には、大阪でアンバサダーを務める高級ブランドのイベントに出席していたKoki,。
    今や世界を舞台に活躍しているが、この日は変装することなく堂々と歩いていく。
    だが、ここで思わぬ事態が。Koki,に気づいたファンが現れたのだ。

    「ファンの男性がKoki,さんに『写真いいですか?』と声をかけたんです。
    断ると思ったのですが、彼女は『いいですよ』と笑顔でツーショット撮影に応じたんです!」(目撃した女性)

    しかしKoki,を上回る対応を見せたのが、静香だった。

    「この日、新大阪駅のホームでもKoki,さんのファンたちがサインを求めて殺到したんです。
    大勢の人がきたので、彼女さすがに戸惑ってしまったようで……。
    そこですかさず静香さんが、ファンたちに『私と娘のどっちかにしてよね』と言ったんです。
    ある女性には『あなたには私のサインをあげるから!』と言って、その場でプレゼントしていました」(ファッション関係者)

    “貫禄”の神対応をみせつけた静香。そこにはデビュー35年の経験があった。

    「静香さんは、かつておニャン子クラブ在籍時に絶大な人気を誇っていました。
    全盛期は寝る暇もないほど多忙で、絶えずファンに囲まれていました。
    そうしたなかで、ファンにどう接すればいいのかを学んでいったのです。
    てきぱきとファン対応する母の姿を見たKoki,さんも感心しきりでした」(テレビ局関係者)

    母の背中を見てKoki,も、さらに羽ばたいていくことだろう。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16156531/
    2019年3月14日 6時0分 女性自身


    【Koki,ファン殺到に工藤静香が貫禄対応「私のサインあげる!」】の続きを読む


    Koki,に仕事のオファーが全然来ない…工藤静香らの「大きな障壁」 


    NO.7101464 2018/11/30 11:15
    Koki,に仕事のオファーが全然来ない…工藤静香らの「大きな障壁」
    Koki,に仕事のオファーが全然来ない…工藤静香らの「大きな障壁」
    今年5月にファッション誌「エル・ジャポン」(ハースト婦人画報社)でモデルデビューし、8月にはイタリアの高級ブランド「ブルガリ」のアンバサダーに就任した、木村拓哉と工藤静香の次女・Koki,。

    さらには、映画未出演ながら映画賞『ELLE CINEMA AWARDS 2018』の「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞するなど、連日芸能ニュースに取り上げられている。

    まさに注目度マックスのKoki,ということで、さぞ仕事のオファーも殺到しているであろう……と思いきや、そういうわけでもなさそうだ。

    「もちろん話題性も高いから、できればKoki,に出てほしいと思っているメディアは少なくないとは思います。でも、Koki,にオファーするにはいくつもの障壁があって、そう簡単には実現しないんですよ。だから、結局みんな面倒くさくてオファーしないという感じなんですよね」(出版関係者)

    Koki,の所属事務所は母・工藤静香と同じ「Purple Inc.」となっている。

    「つまり、Koki,のスケジュールは工藤が管理しているということ。Koki,に仕事をオファーする場合は、工藤からOKをもらわないといけないわけです。工藤はかなりこだわりが強いタイプで、正直面倒くさい。Koki,だけを使いたくても、工藤と話をしなくてはならないということで、尻込みしてしまう関係者も多いんです」(同)

    また、母親だけでなく、父親の木村拓哉サイドの顔色をうかがう必要もあるという。

    「工藤がメディア出演するには、基本的に木村サイドのOKが必要だといわれています。つまり、工藤にオファーした場合は、いったんジャニーズ事務所に話が回って、そこでOKが出たら、工藤を引っ張り出せるということ。Koki,についても、まったく同じ手順を踏む必要があるらしく、Koki,にオファーをしたところで“工藤はOKでもジャニーズ事務所がNG”みたいなこともあり得るのだとか。いくら注目を集めているといっても、そこまでいろんなところにお伺いを立てなければならないとあっては、さすがに面倒すぎる。その結果、基本的には誰もオファーしたがらないという状況になっているんです」(同)

    確かに、Koki,が仕事をしているのは、モデルデビューをした「エル・ジャポン」周辺がほとんどだ。

    「今の状況だと、関係をすでに築いている『エル・ジャポン』編集部以外では、ほとんど仕事ができないと思いますよ。裏を返せば、『エル・ジャポン』との関係が終わったら、芸能活動がおしまいとなってしまうかもしれないということですね」(同)

    大物芸能人の二世である以上、“高く売る”のは仕方ないことだが、現状、Koki,本人にそれだけの価値があるかと言われれば難しいところ。

    本当にモデルとして成功したいのなら、もう少し新人らしく、オファーしやすい状況を作るべきだろう。
    【日時】2018年11月30日 08:00
    【提供】日刊サイゾー


    【Koki,に仕事のオファーが全然来ない…工藤静香らの「大きな障壁」】の続きを読む

    このページのトップヘ