気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:芸能 > 24時間テレビ



    (出典 newtopics-lab.com)



    1 シャチ ★ :2019/03/16(土) 21:50:17.10 ID:4cesacm79.net

    3/16(土) 21:47配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000133-dal-ent

     2020年末で活動休止する嵐が、今夏の日本テレビ系「24時間テレビ42」(8月24、25日放送)のメインパーソナリティーを務めることが16日、分かった。この日放送された同局系「嵐にしやがれ」(土曜、後9・00)のエンディングで発表された。嵐がメインパーソナリティーを務めるのは2013年以来、6年ぶり5回目。

     嵐は24時間テレビと共に成長を重ねてきた。デビュー5周年だった04年に初めてメインを務め、08、12、13年と大役を経験している。


    【嵐 24時間テレビのメインパーソナリティーに、6年ぶり5回目】の続きを読む



    (出典 i.pinimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/11(月) 14:10:06.62 ID:UolSafUm9.net

    毎年夏恒例のテレビ番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)をめぐり、今年のメインパーソナリティーに人気ジャニーズグループ、
    King&Prince(キンプリ)が“内定”したと3月5日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じた。
    さらに、同番組内ではパニック障害で療養中のキンプリメンバー、岩橋玄樹の復帰企画も予定されていると1月に東京スポーツが報じているが、テレビ局関係者が語る。

    「キンプリという名前を聞いても、大部分の人にとってはピンとこないかもしれませんが、
    昨年発売されたデビュー曲『シンデレラガール』が70万枚近くの売上を記録するヒットとなるなど、
    デビューからわずか1年足らずでその人気はKis-My-Ft2(キスマイ)や昨年の『24時間』でメインパーソナリティーを務めたSexy Zone(セクゾ)ら先輩の若手ジャニーズグループを凌ぐ勢い。
    今年の『24時間』は、毎年メイン会場として使用されてきた日本武道館から場所を移して行われますが、十分に大きな会場を満員にする力を持っています」(週刊誌記者)

    では、すでに報じられているとおり、今年のメインパーソナリティーはキンプリで決まっているのだろうか。
    「キンプリの方向で一時はほぼ内定といえる状況だったことは間違いありませんが、ここへきて問題が浮上しているようです」と明かすのはテレビ局関係者だ。

    「日テレのある番組内でキンプリが出演したコーナー内で“粗相”が起こり、『24時間』のメインスポンサーとなる某大企業の機嫌を損ねてしまったのです。
    粗相の原因は、どちらかといえばキンプリではなく日テレ側にあるのですが、そのスポンサー企業がキンプリをメインパーソナリティーに起用することに難色を示しているというのです」

    つまり、キンプリ内定が“キャンセル”される可能性もあるということだろうか。

    「現在日テレ内では、キンプリ以外にもセクゾや、1月に来年いっぱいでの活動休止を発表した嵐の名前まで候補として挙げられ、検討が進められているようです。
    ただ、セクゾだと昨年から2年連続となるので、いまいち代わり映えせず、嵐になれば人気も話題性も十分ですが、『紅白歌合戦』(NHK)の司会ですらメンバーがソロで務めるほどの“大物”。
    さすがにメンバー全員を長時間にわたり拘束するのは難しい。ということで、今はまだ流動的といえる状況のようです」(別のテレビ局関係者)

    ちなみに『24時間テレビ』のメインパーソナリティーは2003年以降、昨年まで16年連続でジャニーズタレントが務めているが、
    「完全にジャニーズ枠なので、ジャニタレが一人も選ばれないという可能性はない」(同)という。正式発表が待たれるところである。

    http://dailynewsonline.jp/article/1725864/
    2019.03.10 19:00 ビジネスジャーナル


    【日テレ『24時間』メイン、キンプリ内定取り消しの可能性浮上か…某大物グループも候補か】の続きを読む


    日テレ「24時間テレビ」  YOSHIKIに寄付金めぐり土下座謝罪!?


    NO.6896799 2018/08/29 15:01
    日テレ「24時間テレビ」 YOSHIKIに寄付金めぐり土下座!?
    日テレ「24時間テレビ」 YOSHIKIに寄付金めぐり土下座!?
    トライアスロンを踏破したみやぞん、放送中にプロポーズを受けたたんぽぽ・白鳥久美子など、今年も多くのドラマを残した『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)。

    ところが、放送では一切気付かなかったが、あるシーンで日テレ関係者がYOSHIKIに土下座で謝罪していたという。

    YOSHIKIは番組の趣旨に賛同したことで、今回はノーギャラで出演すると、自らTwitterで報告。

    本番では、YOSHIKIに憧れる盲目の“天才ドラマー少年”とともに、「紅」や「ENDLESS RAIN」など、X JAPANの名曲をセッションした。

    「そして総合司会の羽鳥慎一、水卜麻美アナウンサーとのトークでは、YOSHIKIが用意した300万円の目録を手渡す一幕も。日頃からチャリティ活動に勤しむYOSHIKIですが、この日も自腹で寄付金を用意したということです」(芸能ライター)

    ところが、このシーンには日テレサイドの“大失態”が含まれていたのだという。

    「実は、YOSHIKIが用意した寄付金は、300万円ではなく500万円だったんです。台本に書かれていた金額を読み上げただけで、羽鳥、水卜アナに罪はないものの、スタッフや関係者は、放送中すぐに500万円の間違いであることに気付いていました」(芸能プロ関係者)

    しかし、その後も訂正はされず、結局YOSHIKIの寄付金は300万円ということで、放送は終了。

    「後になってから『やっぱり500万円でした』では体裁が悪いし、お金が絡む話だけに、視聴者から悪い意味に解釈されかねないですからね。本番後に、スタッフは総出でYOSHIKIに謝罪していたそうです」(同)

    90年代、YOSHIKIは「カレーが辛くてリハーサルから帰宅してしまった」など、破天荒な言動で知られているが、この日は特に怒ることもなく、謝罪にも笑顔で対応していたそうだ。

    「かつてのYOSHIKIだったら、ブチギレして新たな伝説を築いていたかもしれませんが(笑)、彼も大人になったということでしょう。本番後も記者の取材に応じており、その場でも金額の訂正などせず、『子どもの時に見ていた『24時間テレビ』に、まさか自分が出るとは、夢にも思いませんでした』と、番組初出演の思いを語っていました」(同)

    生放送ならではの失態を演じてしまった制作サイドだが、YOSHIKIの本番での演奏やチャリティへの取り組み、さらには「大人の対応」で受け流したことに、改めて称賛が集まりそうだ。
    【日時】2018年08月29日
    【提供】サイゾーウーマン


    【日テレ「24時間テレビ」  YOSHIKIに寄付金めぐり土下座謝罪!?】の続きを読む


    24時間テレビ、たんぽぽ白鳥へのプロポーズに「どこがチャリティー」と疑問の声


    NO.6892872 2018/08/27 19:07
    24時間テレビ、白鳥へのプロポーズに「どこがチャリティ」と疑問の声
    24時間テレビ、白鳥へのプロポーズに「どこがチャリティ」と疑問の声
    8月25日から26日にかけて放送された『24時間テレビ41 愛は地球を救う』(日本テレビ系)。

    お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子が、交際していたお笑い芸人・チェリー吉武からの公開プロポーズを受け快諾したが、ネット上では「これのどこがチャリティなの?」「プロポーズが恒例になってて白ける」などの批判が飛び交っている。

    同番組内で、白鳥は「タスキをつなげ! 東海道ご当地キャラリレー」という“ニセ企画”の応援団として出演。

    リレーのタスキを手にゴールした着ぐるみの中にチェリー吉武が入っており、サプライズで登場するという一幕が放送された。

    「白鳥へのドッキリとして着ぐるみを脱いだチェリー吉武は、戸惑う白鳥にプロポーズを敢行。『今は芸人として、男としてまだまだ未熟だけれど、絶対に久美ちゃんを幸せにしてみせます。結婚しよう』と指輪を差し出しましたが、白鳥はそれを見て『どうしたの、これ』と絶叫。プロポーズに対しては『ふつつかものですがよろしくお願いします』と快諾しました。これには『おめでとう』『よかったね!』という祝福の声が多く集まったのですが、『わざわざテレビでやらなくても』『チャリティ番組でプロポーズって、主旨と関係なくない?』といった疑問も多く噴出することとなりました」(芸能ライター)

    『24時間テレビ』といえば、過去にもサプライズプロポーズ企画が行われ、そのたび物議を醸している。

    「2017年には、タレントの片岡安祐美や女優の宮地真緒がサプライズで公開プロポーズを受けています。しかし、そのたびに『チャリティの時間を割いてまでやる意味はあるのか』『人のプロポーズ見て、視聴者が感動すると思ったら大間違い』『ギャラもらってプロポーズ?』などの不満が続出しました。チャリティ番組にもかかわらず、出演者には高額のギャラが支払われていると一部で報じられていることもあり、視聴者の『24時間テレビ』への不信感は募るばかり。今年の同番組の平均視聴率は15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、昨年の18.6%と比べればやや下がり調子で、ネットには『視聴者離れが数字にも現れてる』『ズレまくってることに、早く気がついてほしい』と、番組の質を問う声も散見されました」(同)

    今年の同番組のテーマは「人生を変えてくれた人」で、その点から見れば、プロポーズもテーマから大きく外れてはいない。

    企画としては賛否あれど、結婚そのものは祝福すべきことだけに、末永い幸せを願いたいものだ。
    【日時】2018年08月27日 15:52
    【提供】サイゾーウーマン


    【24時間テレビ、たんぽぽ白鳥へのプロポーズに「どこがチャリティー」と疑問の声】の続きを読む


    みやぞん2000万円!?嵐5000万!?「24時間テレビ」疑惑の”ギャラ”問題


    NO.6881306 2018/08/22 14:56
    みやぞん2000万円!?嵐5000万?!「24時間テレビ」疑惑の"ギャラ問題"
    みやぞん2000万円!?嵐5000万?!「24時間テレビ」疑惑の"ギャラ問題"
    今週末に放送を控えている『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)。

    チャリティランナーを担当するANZEN漫才・みやぞんの“ギャラ総額”が2000万円だと、8月22日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。

    「チャリティ」を謳う同番組だけに、毎年「出演者にギャラは支払われているのか?」と議論が巻き起こる中、今年も同様の現象がネット上で散見されそうだ。

    「日テレ側は、あくまで『出演者はノーギャラ』というスタンスのようですが、2013年、『フラッシュ』(光文社)が各出演者のギャラを暴露する記事を掲載。ネット上は大荒れになりました」(芸能ライター)

    同記事では、メインパーソナリティを担当した嵐のギャラが5000万円、マラソンランナーを努めた森三中・大島美幸が1000万円、さらに上戸彩と羽鳥慎一がそれぞれ500万円と、具体的な金額を詳報していた。

    「日テレが一部メディアの取材に対し、ギャラ報道を否定するコメントを出したことで、さらに世間の注目を集めました。嵐はボランティアでの出演であり、ギャラは発生していないと回答したんです。しかし、ネット上では『ジャニーズ事務所が一銭も受け取っていないとは考えられない』などと言われ、翌年以降もギャラ問題が取り沙汰され続けています」(同)

    今回の「文春」の記事によると、みやぞんの所属事務所には、万一ケガを負った場合などの保障なども含めて2000万円が支払われるという。

    「もちろんこの金額も、事務所の取り分が発生することから、みやぞん本人が受け取る額面というわけではないでしょう。これが妥当な金額なのかどうかは、判断の分かれるところではありますが、それ以前に、事務所やタレントにとって、『24時間テレビ』でランナーを務める本当の旨味は、別の部分にあります」(芸能プロ関係者)

    チャリティランナーになると、日テレから、ある“プレゼント”をもらえるのだという。

    「ランナー含め、『24時間テレビ』に貢献したタレントは、その後1年間、日テレの番組に優先的にキャスティングされるという“多大な恩恵”を得られます。それゆえ、たとえちょっとした足代レベルのギャラだとしても、先々の芸能活動を考えて出演を希望する者も多いでしょうね」(同)

    今回の「ギャラ2000万円」報道に対し、果たして日テレ側は、何らかの見解を示すのだろうか。
    【日時】2018年08月22日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【みやぞん2000万円!?嵐5000万!?「24時間テレビ」疑惑の”ギャラ”問題】の続きを読む

    このページのトップヘ