気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: その他



    (出典 cdn.asagei.com)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/05/31(金) 08:20:26.50 ID:ZncTprfT9.net

    5月28日発売の「フラッシュ」が、法律違反の薬物所持の疑いで逮捕された元KAT-TUNの田口淳之介容疑者に関する記事を掲載した。
    記事によると、田口の周辺にいた人物は彼の薬物使用を確信していたという。

    「『フラッシュ』がクラブ関係者を取材したところ、昨年末、クラブの関係者トイレから田口が出てくる様子を目撃したそうです。
    またその際、逮捕容疑と同じ種類の『法律違反の薬物』特有の甘い匂いが漂ってきたらしく、『田口は本当に(薬物を)やるんだ』と驚いたとのこと。
    これが事実であれば、田口は自宅以外でも日常的に薬物を使用していた可能性があります」(芸能記者)

    また今回「フラッシュ」は、現在、警察の捜査線上に浮上している次の逮捕者となるかもしれない芸能人の情報を掲載。
    その中には、大河俳優も含まれているのだという。

    「記事に登場する捜査関係者によれば、薬物使用が疑われているのは現在30代のモデル出身の女優や、
    多数のCMに出演する若手俳優。さらにNHK大河ドラマにも出演していた大物俳優の名前も浮上しており、田口の逮捕は氷山の一角なんだそうです。

    大河といえば今年は、ピエール瀧が逮捕されたことで、ドラマの撮り直しや過去作品の配信停止など、NHKは大打撃を受けました。
    そのため、今回の報道により、ふたたび出演者から逮捕者が出ないか、NHKは戦々恐々としていることでしょう」(前出・芸能記者)

    またしても芸能人の逮捕により、ドラマや映画がお蔵入りとなってしまうのだろうか。
    https://www.excite.co.jp/news/article/Asagei_127561/

    元KATーTUN*で逮捕、次は30代女優
    https://www.kobunsha.com/shelf/magazine/current?seriesid=101002


    【捜査線上に浮上している次の逮捕者・・30代のモデル出身の女優、多数のCMに出演する若手俳優、大河ドラマに出演していた大物俳優】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/26(日) 18:38:45.56 ID:7WrvUi+K9.net

    ◆ 元KARAク・ハラさん、自殺未遂か=韓国メディア「命に別条なし」

    韓国メディアによると、女性アイドルグループ「KARA」の元メンバー、ク・ハラさん(28)が26日未明、ソウル市内の自宅で意識を失っているのをマネジャーに発見され、病院に運ばれた。
    自殺を図ったもようだが、韓国メディアは「命に別条はない」と伝えた。

    報道によると、クさんは昨年9月、元交際相手とトラブルとなり、元交際相手は傷害、脅迫などの罪で在宅起訴された。
    クさんは最近、うつ病を患っていたという。

    KARAは2007年にデビューし、クさんは08年に加入。
    「少女時代」と共にK-POPの代表的な女性グループで、NHK紅白歌合戦にも出場。
    16年1月に事実上解散した。 

    2019/5/26(日) 12:25 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00000027-jij-kr

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【自殺未遂のク・ハラさん「命に別条なし」 韓国メディアが報道 昨年9月に元交際相手からDV、うつ病を患っていた】の続きを読む



    (出典 s-bellkochan.com)



    1 nita ★ :2018/11/12(月) 11:27:48.12 ID:CAP_USER9.net

    11/12(月) 11:21配信
    神戸新聞NEXT

    兵庫県警加古川署=加古川市平岡町新在家
     兵庫県加古川署は12日、酒気帯び運転の疑いで、俳優北原雅樹容疑者(42)=加古川市=を現行犯逮捕した。

     逮捕容疑は同日午前2時半ごろ、同市尾上町今福の県道で、酒を飲んだ状態で車を運転した疑い。「働いているバーでハイボールを3杯飲んだ」と容疑を認めているという。

     同署によると、「青信号なのに動かない車がある」と110番があり、駆け付けた署員がゆっくりと動き始めた北原容疑者の車を呼び止め、同容疑者の呼気から基準値を超えるアルコールを検出した。

     北原容疑者は元お笑いコンビ「グレートチキンパワーズ」のメンバーで、現在は即興劇団を主宰し、ラジオなどに出演。加古川観光大使も務めている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000004-kobenext-l28


    【【元グレチキ】北原雅樹容疑者を逮捕 酒気帯び運転の疑い 「青信号なのに動かない車がある」と通報され発覚】の続きを読む



    (出典 tsmykk.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/28(金) 16:58:09.95 ID:CAP_USER9.net

    元フリーアナウンサー小林麻耶の“振る舞い”に「お前、もう出てくるなよ」と、ネットで不満の声が続出している。

    小林は去る8月3日、結婚を機に引退を発表。芸能界からは、そのまま跡形もなく消えるものだと思われた。
    ところが本人は「ファンがいるので」とのたまい、引退後もブログは継続。その内容が噴飯ものなのだ。

    「今もってラジオ番組の宣伝なんかをするわけですよ。以前に出ていたことは確かな番組なのですが、
    もう引退したのですから辞めた番組をダラダラ紹介するのもウザイ。いつになった引退のケジメをつけるのでしょう」(ネットライター)

    さらに小林は9月22日、“芸能人並み”にやはりブログで不満を漏らした。

    「麻耶は自身の結婚についての記事を報じたマスコミについて『私が結婚についてあまり語らないから面白おかしく書かれてしまうんですよね』と発言。
    反省を交えて振り返り、自分でもっと書くべきだという意思を示したのです」(同・ライター)

    このあたりが小林の“残念なところ”なのだという。小林が結婚について面白く書こうがどうしようが、“芸能人”を気取っている以上、何かを書くのがマスコミというものだろう。

    書かれるネタを提供しているのは小林側
    「本当にブログをやめて引退すれば、誰も何も書かない。彼女は引退したにもかかわらず“芸能人ブログ”を続けて、いつまでも芸能人気取りをしているのですから、書かれてもしょうがない。
    今度出版する自著の書籍のCMまでブログに掲載。本を作って宣伝するのですから立派な商業イズム。芸能人じゃないですか」(女性誌記者)

    自分で書かれるようなネタを提供しながら「書くな」と言う。根本的な事柄を取り違える本末転倒の話とは、まさにこのことだ。

    「内心、引退発言をしてしまって『しまった!』と思ったんですよ。安室奈美恵のように『帰ってきて』といわれると思ったらしいのです。
    でも、そんな声はなし。『もう身の引き時でしょう』『戻って来るな!』など、言われ放題。
    正直、亡くなった妹の故・小林麻央さんの話題で持っていたような人で、ウソ泣きとウソカレ氏募集中のインチキ話しかなかった。
    本人はたたかれるのがイヤならとっと消えるべき。誰も惜しがりませんよ」(同・記者)

    否応なしに注目されるのが“芸能人”というものだ。

    小林もキモを据えて、これからも“芸能活動”を頑張ってほしい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1529088/
    2018.09.28 10:30 まいじつ


    【小林麻耶『引退したはず』なのに自著の宣伝しながら「マスコミ批判」】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 マイメロディ ★ :2018/09/12(水) 18:40:31.10 ID:CAP_USER9.net

    2018年9月12日14時44分
    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180912-OHT1T50111.html

     12日放送の日テレ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、女優・三田佳子(76)の次男で職業不詳の高橋祐也容疑者(38)が11日、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁渋谷署に逮捕された事件を特集した。

     高橋容疑者が覚醒剤を巡り逮捕されるのは4回目。直近では2007年に逮捕され、08年に懲役1年6月の実刑判決を受けている。逮捕を受け三田は「もう力及ばずの心境」とコメントを発表した。

     番組では、高橋容疑者が今も三田から1日15万円もらっているなどと報じた昨年12月の女性誌の記事を紹介。宮根誠司キャスター(55)は「38歳の男が母親から1日15万円もらって、家族カードで月200万円?それって考えられないですけどね」と驚き、「これがもし本当だったら、通常の状況ではない」と語った。

     それでも「三田さんにはもう責任ないと思いますよ、僕は。三田さんはやられたと思いますよ、38歳の男ですもん。自分で責任を取らないと」と話し、「罰することは病気を治すことではないので。罰することはもちろん大事なんだけど、その後、リハビリ施設というところに強制的な入院だとか、ダルクに入院だとかっていうシステムを作らないと、治らない」と指摘。最後には「いつまで足引っ張ってんだって気はしますけどね」と苦言を呈していた。


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【三田佳子から「1日15万円もらって家族カードで月200万円」もらっていた高橋容疑者】の続きを読む

    このページのトップヘ