気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:俳優 > 高橋一生



    (出典 cdn.amebaowndme.com)



    1 Egg ★ :2018/03/27(火) 18:40:25.91 ID:CAP_USER9.net

    写真週刊誌『FLASH』18年3月13日号(光文社)に熱愛を報じられた俳優の高橋一生(37)。
    そのお相手は15歳年下の若手女優・森川葵(22)だったわけだが、2人の関係を芸能記者が聞こうしても、どうにもバツが悪いのか、高橋はソッポを向くばかり。挙げ句の果ては……。

     ***

    高橋と森川の熱愛を報じる『FLASH』が発売されたのは2月27日のこと。そこには、高橋の自宅マンションに森川が何度も訪れ、ときには留守中に森川が合鍵で部屋に入る様子までもが詳細に報じられていた。
    「雑誌発売の翌28日、高橋は公の場に姿を表しました。NHKスペシャルのナビゲーターを高橋が務めることになり、その番組を紹介するための会見をNHKが開いたんです」(マスコミ関係者)
     
    とはいえ、集まった芸能記者たちが知りたいのは、番組のことよりも森川との熱愛について。高橋がどうコメントするのかに注目が集まっていたという。
    「しかも、NHKは我々芸能記者に対して、事前にNG質問を作ったりしない“優しい”テレビ局。だから、この会見でも『高橋の熱愛については質問しないでください』なんてケチなことも言わなかったんです」(同)

    つまり、芸能マスコミにとってこの会見は、熱愛について聞く千載一遇のチャンスだったわけである。

    ■芸能記者の質問にクレーム

    「そこで、会見終了直後に某スポーツ紙の記者が『熱愛報道がありましたが』と声をかけました。ところが高橋は、完全に無視。
    まあノーコメントで通すにしても、笑顔で会釈をするとか、『いいお友達です』で交わすとか、いろいろと対応はあったと思いますけどね。
    無言でスルーした挙げ句、関係者4、5人にガードされて会場を出て行ってしまったんですから、正直言って我々の印象は決して良くはありませんね」(同)

    さらに、

    「高橋は会見後、NHKに対して『ああいう質問は困る』とクレームをつけたそうなんです。それで、質問を投げかけた記者は珍しくNHKから注意を受けていました。
    おかげで高橋の周囲もピリピリしているし、記者も森川との件については今後質問できませんね」(同)

    あの柔和な笑顔からは、なかなか想像できない神経質な一面が垣間見えたというわけだ。もっとも、高橋を知る芸能関係者に言わせれば、

    「彼は、普段は気さくでとても良い人なんですが、ぶら下がりで報道陣に囲まれたり、インタビューを受けるとなると、未だに緊張する人なんです。
    10歳で子役デビューしたから、芸歴はもう27年。直して欲しい点ですね。仕事とプライベートを区別しているということかもしれませんが、芸能記者を上手くかわす術も身に付けて欲しいものです」
    と、苦笑いするばかり。

    一方、お相手の森川のほうは、3月16日に行われた新CM発表会が熱愛報道後、初の公の場だったのだが、
    「報道陣から『交際は順調ですか?』と質問が飛ぶと、無言ながらも可愛らしい笑顔で会釈して会場を後にしました。堂々とした対応が印象的でしたね」(前出・マスコミ関係者)

    15歳も年下の彼女の振る舞いを、高橋も少しは見習うべきかも? 

    週刊新潮WEB取材班 2018年3月27日 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00539976-shincho-ent

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【<高橋一生>熱愛報道を記者が質問!ところが“ガン無視”した挙げ句…】の続きを読む



    (出典 cdnx.natalie.mu)



    1 あちゃこ ★ :2018/03/20(火) 12:27:22.77 ID:CAP_USER9.net

     女優の川口春奈(23)が、俳優の高橋一生(37)との共演を熱望し、マネジャーに頼み続けていたことを明かした。

     川口と高橋は、松尾由美氏の小説を映画化する2019年公開予定の「九月の恋と出会うまで」でW主演として初共演することが20日、
    明らかになった。

     2人は同作の宣伝のためフジテレビ系「めざましテレビ」にVTR出演。高橋は「僕はもう37(歳)で、こういった恋愛ものなんて
    いただけないだろうと思っているので、『いまこそ!』という状態です」と意気込みを語った。

     川口は「誰にも言ってなかったんですけど、『一生さんと一緒に仕事がしたい』って、かれこれ…ずっとマネジャーさんに言い続けて」と告白。
    そばにいたマネジャーも「ほんとです」と証言し、高橋を驚かせた。念願だった高橋との初共演に、川口は
    「絶対にいろんな人に刺さる作品にしたいです」と意気込んだ。

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201803200000325_m.html?mode=all


    【【モテるなー】川口春奈(23)、高橋一生(37)に初告白?「かれこれ…ずっと」】の続きを読む



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/03/02(金) 18:08:18.82 ID:CAP_USER9.net

     まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの人気である俳優の高橋一生さん(37)が、女優の森川葵さん(22)と熱愛中と「Smart FLASH」が報じました。

     高橋一生さんと言えば、ドラマ『カルテット』や大河ドラマ『おんな城主 直虎』などで存在感ある役どころを好演し、女性誌『anan』ではヌードグラビアを披露、2017年に大ブレイクした俳優。意外にも芸歴は長く、1990年には既に『ニューヨーク恋物語II・男と女』に出演されています。
     常に全世代の女性たちから注視され続けている高橋一生さんの熱愛発覚はさぞかし衝撃的だったのでしょう。女性ファンたちはこぞってこう言い始めました。

    「私服がダサい」

     高橋さんがスクープされたのは写真誌のウェブサイト。撮られた時の高橋さんのファッションを指して、ダサいダサいと扱き下ろし始めたのです。
     特に、高橋さんのパンツに付けられていた「ウォレット・チェーン」は高橋イッセイストには我慢ならなかったようで、

    「高橋一生のチェーンは膝から崩れ落ちて『やめてぇえええ!!』と泣いた」

    「待って高橋一生の私服ダサすぎて泣いた どうしてチェーンを腰につけてるの どうして どうして高橋一生」

     という、悲痛な叫びが相次ぎました。熱愛発覚という大変ショッキングな事件を、「私服がダサい」という事柄に置き換えて自らを諌めるというテクニックを使う人が続出。これは最早、非常事態宣言であると言えます。

     熱愛発覚を「私服がダサい」から大したことではないと置き換える事象はこれまでにも何度か多発しており、その犠牲者となった堺雅人、福士蒼汰、岡田准一などの殉職も今回再度取り上げられ、「彼らは二度死んだ」などと言われています。

     さらに、これまでもっとも被害をこうむったと言っても過言ではないディーン様ことディーン・フジオカさんも再びコスられています。
     颯爽とした出で立ちで女子たちのハートをかっさらったディーン様。しかし結婚していることがバレると、すぐさま人々は彼を「走り方がダサい(ドラマ『探偵の探偵』より)」とか「変なラップ歌ってる」などとイチャモンを付け始め、自分たちの身を守ったのでした。

     上記でも触れましたが、高橋一生さんは1990年代から活躍する俳優さんです。それが今になって人気がでるということは、彼に今「モテ期」がやって来たと言えると同時に、いかに市井の人々が「今」しか見ていないかということを物語っています。

    http://tablo.jp/media/news002938.html


    【高橋一生(37)の熱愛発覚を「私服がダサい」に置き換えて忘れようとする女心】の続きを読む



    (出典 lifes-bright.com)



    1 あちゃこ ★ :2018/02/28(水) 16:26:55.52 ID:CAP_USER9.net

     俳優・高橋一生(37才)と女優・森川葵(22才)との2億円新居での密会をキャッチした──。東京都心の140 平方メートルを超える豪華マンションが、
    高橋の新居だ。2月中旬の昼、その高橋のマンションの部屋に小さな荷物を抱えて入っていったのは森川だった。ベレー帽に赤いチェックのスカート姿で足取りは軽い。
    マスクをしていてもキュートなオーラが漂っている。そして彼女が彼の自宅を後にしたのは翌朝8時のことだった。

     高橋は過去のデートが報じられた時も「インドア派」で、森川も、「ひとりの時は家にいる時間が多く、DVDで映画を見るのが好き」と公言する“引きこもり”タイプ。
    そんなふたりのデートはもっぱら自宅だという。

    「5人兄弟の長男で、弟たちの家事や食事の世話をしていた高橋さんは料理が得意で、煮物や鍋料理をササッと作れる人。洗濯など家事も大得意。実は森川さんも
    5人きょうだいでそこも気が合ったポイントだそうですよ。

     ただ彼女は料理が得意ではなく、いつも料理上手な杏さん(31才)と東出昌大さん(30才)の家にお邪魔しては、“おいしいものをリクエストして食べさせてもらう”ようで、
    食べることは大好き。今は多いときで週に2~3回、高橋さんの部屋に通っているそうですが、高橋さんもおいしいおいしいと食べる彼女がかわいくて仕方がないので、
    つい腕を振るってしまうそうですよ」(高橋の知人)

     ちなみに高橋の自宅には、すでに“同居人”がいる。2016年に親から譲り受けた10才になる愛犬のチワワだ。

    「高橋さんがごはんをたくさん食べさせるので、でぶっちょで、名前も『肉山さん』っていうんです(笑い)。高橋さんは外にいる時も“家でちゃんと留守番を
    しているかな”と心配しています。彼が家を空けるときには森川さんが愛犬の面倒を見ているそうです。合鍵を渡しているし、かなり信頼しているんでしょう。
    肉山さんも彼女にはよくなついているそうです」(前出・高橋の知人)

     何事にもこだわりを見せる高橋を森川が“変えた”面もある。森川はカメラが趣味で?台以上のカメラを所有しているが、これに影響された高橋がカメラを始めたという。

    「ひとたび凝り始めたらとことん追求する高橋さんだけに、森川さんに教えられたカメラにも夢中になっているようです。自宅で彼女と過ごすときは、お互いに料理や
    ワンちゃんの写真を撮りながら、まったりとした一夜を過ごしているんじゃないでしょうかね」(芸能関係者)

    ※女性セブン2018年3月15日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180228-00000019-pseven-ent
    2月中旬、深夜0時過ぎに自宅に帰ってきた高橋

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【熱愛】高橋一生&森川葵 2億円新居で週2〜3で自宅デート、高橋が手料理】の続きを読む


    高橋一生の“合鍵愛”報道にファン悲鳴「生きるのしんどい」


    NO.6160730 2018/02/26 18:48
    高橋一生の“合鍵愛”報道にファン悲鳴「生きるのしんどい」
    高橋一生の“合鍵愛”報道にファン悲鳴「生きるのしんどい」
    2月26日、高橋一生(37)と森川葵(22)の「合鍵おこもり愛」を写真週刊誌「FLASH」のWEB版が報じた。2月上旬のある日の午後。目深に被った黒い帽子とマスクで顔を覆い、自宅マンションからワンボッ...



    【日時】2018年02月26日 18:43
    【提供】女性自身


    【高橋一生の“合鍵愛”報道にファン悲鳴「生きるのしんどい」】の続きを読む

    このページのトップヘ