気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 訃報



    (出典 tr.twipple.jp)



    1 shake it off ★ :2018/11/28(水) 11:45:03.75 ID:CAP_USER9.net

    コラムニストや写真家として活躍した勝谷誠彦(かつや・まさひこ)氏が28日午前1時48分、生まれ故郷の兵庫県尼崎市で死去した。57歳だった。
    同日、公式サイトで発表された。

     公式サイトには「勝谷誠彦は11月28日に死去いたしました 勝谷誠彦は、2018年11月28日午前1時48分、生まれ故郷の尼崎で57歳の生涯を
    閉じました。生前、応援していただきました皆様、お世話になった皆様に厚く御礼を申し上げます。どうもありがとうございました。」と記された。

     勝谷氏は8月21日、毎朝メール配信する有料配信コラム「勝谷誠彦の××な日々。」で「腹痛と膨満感で、3分ほども座ってられない」「まえ屈みだと、
    右脇腹に激痛が走る」などとつづり、緊急入院。アルコール性の劇症肝炎と診断された。

     その後、10月9日に退院し、同14日にはパーソナリティーを務めるFM香川「怒れるおっさんラジオ」(日曜後6・00)に復帰(同13日に収録)。
    番組冒頭「恥ずかしながら帰ってまいりました」とあいさつし、当初は黄疸がひどく「横断歩道みんなで渡れば怖くないと言いますが、僕の黄疸(横断)歩道は1人で
    三途の川を渡ろうとして、すごく怖かったです」とコメントした。同20日には退院後、初の公の場となる「尼崎市民医療フォーラム」に参加していた。

     勝谷氏は1960年兵庫県尼崎市生まれ。早稲田大学第一文学部在学中にフリーライターとしての活動を開始。大学卒業後は文芸春秋に入社し、「週刊文春」の
    記者を経て、フリー転身後はコラムニスト、写真家として活躍。読売テレビ「そこまで言って委員会」、日本テレビ「スッキリ!!」など多数のテレビ、
    ラジオ番組に出演し、辛口コメンテーターとして人気を集めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000060-spnannex-ent


    1スレ目は立ったのは、11月28日 08時59分
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543363141/


    (出典 sakamobi.com)


    【【訃報】コラムニストの勝谷誠彦さん死去、57歳 辛口コメンテーターとして話題】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 muffin ★ :2018/09/30(日) 11:05:27.14 ID:CAP_USER9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2120535/full/
    2018-09-30 10:09

     今月15日に亡くなった女優・樹木希林さん(享年75=本名・内田啓子さん)の告別式が30日に東京・港区の光林寺でしめやかに営まれた。夫でロックミュージシャンの内田裕也(78)が喪主を務め、長女でエッセイスト・女優の内田也哉子(42)、也哉子の夫で俳優・本木雅弘(52)らが参列した。

     “涙雨”が降りしきるなか、午前10時ごろから営まれ、女優の吉永小百合、岸本加世子、黒木華、松岡茉優、俳優の中居正広ら、多くの参列者が故人との別れを惜しんだ。喪主の内田も午前9時ごろ、関係者に囲まれ車いすで会場入り。関係者は「悲しんでいました」と様子を語った。

     葬儀の前には、本木が報道陣の取材に応じ「家族としては落ち着いて振り返る余裕がない状態ですが…」と心情を吐露。最期の日々については「春のうちに余命宣告を受け、私たち家族もそれに向き合っていきました。樹木さんは『自然に朽ちていきたい』と。とにかく“終幕”に向かって『普通でいてくれ』と言われました」と明かしていた。

     樹木さんの戒名は「希鏡啓心大姉」。希は樹木希林という芸名とまれなという意味を含む。鏡は生前、樹木さんが常々、話していた「人の心を映し出す鏡」という俳優としての心得を意味し、啓は本名の啓子から取られた。祭壇は胡蝶蘭、菊、かすみ草など1200本の花で飾られた。


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【樹木希林さん告別式、涙雨の中しめやかに… 夫・内田裕也、車いすで喪主務める】の続きを読む



    (出典 xn--u9jy52gr2p5pl0ur6lcz20behl.com)



    1 Egg ★ :2018/09/18(火) 15:59:03.27 ID:CAP_USER9.net

    総合格闘家の山本“KID”徳郁氏が、18日、亡くなった。41歳だった。元妻でモデルのMALIA.(35)のインスタグラムには、フォロワーからMALIA.を気遣う声や、山本氏の冥福を祈る言葉が寄せられた

     「マリアさん、大丈夫ですか。ここに書かない方がいいか迷いましたが、どうしても心配で」「突然の訃報にご冥福をお祈りいたします」「ご冥福をお祈りします。力落としになりませんように」「大丈夫ですか?色々な感情がありますよね」などとMALIA.の胸中を心配する言葉が見られた。

     18日午後2時の時点ではMALIA.の最終更新は16日で、山本氏について触れていない。MALIA.はインスタグラムに8月8日に誕生した第4子の写真を掲載しており、「命は繰り返すのですね」というコメントもあった。

     山本氏とMALIA.は2005年に結婚。同年に男児が誕生し、06年に女児が誕生し、09年に離婚した。MALIA.は17年に4度目婚をしている。

    9/18(火) 14:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000064-dal-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 curassy.com)


    【<MALIA.のインスタに気遣う声>山本KIDさんの元妻…「大丈夫ですか」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/17(月) 14:19:49.67 ID:CAP_USER9.net

    15日に死去した女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子=うちだ・けいこ)さんの都内の自宅には17日朝から弔問客が訪れ、
    縁の深かった女優の浅田美代子(62)が報道陣の取材に応じた。

    デビュー作のTBS系ドラマ「時間ですよ」での共演時から今日に至るまで家族同然の付き合いをしてきたという浅田は、亡くなる直前まで毎日のように病院で付き添った。
    「ほとんど毎日そばにいさせてくれました。身をもって死と向き合っていた」。
    面会を断る中、亡くなった15日も一緒にいたようで「ぶどうを口に含んで『美味しいね』と、うれしそうな顔をしていました。」と明かした。
    最期は看取れず「(訃報が届いたのは)その日の晩だったのでビックリしました」と声を震わせた。
    「車椅子にも座れる状態じゃないのに、歩行器を用意してって…」。
    死去が伝えられた後の16日に亡きがらと対面し「安らかな顔でした」と語った。「(共演者の)加藤治子さん、
    (西城)秀樹、森繁(久彌)さんと会って、こっちに来ても忙しいのねって言っていると思います」

    食事も酒席、誕生日の宴席も共にする間柄だった。「心配ばかりかけたけど、楽しく過ごさせていただきました。
    母であり、姉であり、親友でもある人。(出会った頃は)私は子供だったので、金魚のフンみたいに後ろをついて歩いていた。家族より長い時間を過ごしました」

    今春、やせ細った姿を見て、心配を募らせていた。「人に気を使って、人を大事にする人でした。気丈で立派だったと思います。頑張ったね、としか言えないです」

    http://news.livedoor.com/article/detail/15318055/
    2018年9月17日 12時59分 スポーツ報知


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【浅田美代子、亡くなる直前まで樹木希林さんに付き添っていた「身をもって死と向き合っていた」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 ばーど ★ :2018/05/28(月) 12:37:51.99 ID:CAP_USER9.net


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    25、26日に営まれた歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名木本龍雄=きもと・たつお)さんの通夜、葬儀・告別式の配布品が大手ネットオークションサイトに複数出品され、批判の声が上がっている。

    25日の通夜では一般参列者用にも祭壇が設けられ、2014年のコンサートの写真が入ったポストカードが配布された。ポストカードは2日間で2万枚用され、開始数時間前から多くのファンが列を作っていた。

    27日にこの配布品などが「お別れの会 祈念品一式」などとしてオークションに出品されており、数万円の高値がついている。ネットでは「転売するために参列したと思うとゾッとする」「人としてどうなの」「ポストカードは欲しいけど…」と批判が殺到。同一の出品者が多数出品しており、「どうやって、これだけの量を確保したのだろう?」と疑問の声も上がっていた。

    5/28(月) 8:18
    スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000062-spnannex-ent

    ★1が立った時間 2018/05/28(月) 08:52:45.87
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527465165/


    【西城秀樹さん葬儀配布品が“転売” ネットオークション多数出品に批判が殺到…「人としてどうなの」「ゾッとする」】の続きを読む

    このページのトップヘ