気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: テレビ



    (出典 geitopi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/14(金) 19:06:25.12 ID:vzzrRJQP9.net

    4月5日でテレビ朝日を退社し、鳴り物入りでTBSの看板報道番組である『news23』のメインキャスターに就任した小川彩佳アナ(34)。

    昨年秋まで『報道ステーション』のキャスターを7年間務めていた小川アナが、『報ステ』のライバル番組のメインキャスターに就任するという、異例のキャスティングに注目が集まったが、初回放送の視聴率は4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、これまでと変わらない数字に留まった。

    「小川アナがテレ朝退社を決めた理由の1つとして、“『報ステ』から降板させられた”ことが挙げられます。昨年8月に『週刊文春』(文藝春秋)が『報ステ』メインMCの富川悠太アナ(42)と小川アナの間に確執があると報じました。記事では“小川はインタビューが下手だからちゃんとやってね”と富川アナがダメ出ししたといったことが書かれていましたが、彼女を“ヒメ”と呼んだり常日頃から小川アナへの失礼な言動が目立っていたようです。

    さらに、意見の対立などもあり、小川アナと富川アナの間に溝が生まれ、小川アナは『報ステ』を降ろされたといいます。

    そんな左遷ともいえる人事にも嫌気が差し、小川アナはテレ朝を退社、そしてライバル局の報道番組のMCになる、という決意をしたと聞こえてきています」(制作会社関係者)

    富川アナは『報ステ』で、昨年10月からウッチャンナンチャンの内村光良(54)の妻としても知られる元テレビ朝日アナウンサーの徳永有美(43)とタッグを組んでいる。対立していた小川アナがいなくなり、先輩に当たる徳永と手を取り合い局の看板番組の制作に取り組んでいるのかと思いきや、驚きの話が聞こえてくるのだ。

    「富川アナと徳永さんはめちゃくちゃ仲が悪いです。というか、カメラが回っていないところでは一切会話がないんですよ」(テレ朝で働く放送作家)

    というのだ。なぜそんなことになっているのか。

    「徳永さんはテレビ朝日の早河洋会長の大のお気に入り。彼女だけは会長室にもたった1人で入っていけるそうです。そんなことができる人間はテレ朝社員でもそうはいません。だから、社員もみんな“なんだあの人は……”と驚いてますよ。

    徳永さんは、2003年に内村さんとの不倫が発覚し、多くの番組を降板。『報ステ』でもスポーツコーナーを担当していましたが、2005年に内村さんと結婚した際に、番組を降板し、テレ朝を退社しました。そんな“不倫出戻り”の徳永さんが再び『報ステ』でキャスターになれたのも、局内では絶対的存在の早河会長の鶴の一声があったからともっぱらです。ただ、他のテレ朝社員や『報ステ』関係者としては、“特別扱い”の徳永さんのキャスター就任に納得できるわけがありません。富川アナも同様です。“徳永さんは会長案件”ということで、距離を置かれているんですよ。徳永さんにとっても不幸な話ですが……」(前出の放送作家)

    現在、視聴率も下降気味だという『報ステ』。番組の顔であるキャスター2人の不仲が続くようであれば、小川アナの『news23』が『報ステ』の視聴率を抜く日も、そう遠くはないのかも!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1875190/
    2019.06.14 17:31 日刊大衆


    【『報ステ』内紛! 徳永有美と富川悠太アナ「一切会話ナシ」深刻不仲】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/22(水) 19:21:06.53 ID:j14KV/5x9.net

     中居が日テレに激怒し冠番組を“断捨離”!? 元SMAPでタレントの中居正広(46)がMCを務めた日本テレビ系冠バラエティー番組「ナカイの窓」(2012年10月~19年3月)が、トラブルを起こしていることが明らかになった。片付け術として定着した“断捨離”を番組で2回取り上げたところ、その提唱者との間にトラブルが勃発し、日テレの制作側に中居が激怒。今年3月に番組が打ち切られた一因になったという。

    「ナカイ――」の打ち切りはテレビ界で物議を醸していた。視聴率は3月6日放送分=5・3%、同13日は休みで、同20日=5・2%、最終回となった同27日=5・1%で、常時5%台をキープ。同番組は毎週水曜午後11時59分から放送された深夜枠で、この数字をゴールデンタイムに当てはめると10%超相当だが、終了の憂き目に遭ったからだ。

     打ち切りの原因として番組編成や局と事務所間のパワーバランスなどが浮上した。だが、昨年8月と10月に2回放送した“断捨離”の回が一因になったという声が、テレビ関係者の間では常にささやかれていた。どういうことか。

    “断捨離”はいまや、新しい片付け術としてすっかり定着。やましたひでこ氏が提唱した言葉だ。

     番組では、昨年8月15日放送分でピン芸人のバカリズムが「男性用パンツの窓はいらない」と主張。同10月3日放送分では「ハリセンボン」近藤春菜が「アイスキャンディーの味の種類はたくさんはいらない」と訴えた。

    “断捨離”を拡大解釈し、世の中にあるムダと思えるモノを“断捨離”しようという企画だったが、やました氏が提唱するのは「モノへの執着を捨て、身辺をキレイにするだけでなく、心もストレスから解放される行動技術」。番組で取り上げた内容は本来の意味とは異なっていたのだ。

     企画自体はこの2回でいつの間にか終了。その背景に“断捨離”の使用を巡って番組サイドとやました氏の間にトラブルがあったという。

     宣伝関係者の証言。

    「やましたさんサイドがクレームをつけたというんです。それも当然。断捨離はやましたさんの登録商標です。断捨離は、やましたさんが学生時代に出合ったヨガから着想を得た言葉で奥が深く、精神世界にも通じている。言葉のイメージだけで使用してもらいたくないわけです。特に影響力が強いテレビに対してはその思いが強い。他局や出版界では常識だったこの“ルール”を日テレの制作陣は知らなかった」

     さらに、同氏のクレームに対する日テレの対応もひどかったという。

    「やましたさんサイドが丁寧に日テレに説明しても、対応がずさんだったとか。社内をたらい回しにされ、横柄な態度だったみたい。最終的に話がまとまらず、弁護士を立てる事態になったそうです」(前出の関係者)

     調停に突入したとの不穏な情報も流れている。

     中居も所属のジャニーズ事務所もこのトラブルを当初、知らされなかった。

    「中居はこの話を聞いて驚くと同時に、信頼していたスタッフに裏切られたと感じて怒っているようです」(別の関係者)

     中居は今月4日から、同局系で新たな冠バラエティー番組「新・日本男児と中居」(金曜深夜0時半)を開始したが、初回の同4日=2・9%、同11日=3・3%とまさかの低空スタート。これには中居が烈火のごとく怒ったという。

    「無理もないでしょう。『ナカイ――』から放送枠を変えて始めたら、いきなり半分の視聴率になったんですから」(別の宣伝関係者)

     さらに、今後の日テレの対応次第では「中居が自主的に番組を降りる可能性もささやかれている」(事情通)というから穏やかではない。

     日テレは本紙取材に「断捨離の件につきましては現時点でお答えできることはありません」と回答。一連のトラブルが番組終了の一因になったとの指摘には「番組編成の詳細についてはお答えしておりません」とした。 一方、やました氏からは20日までに回答はなかった。

     このままでは中居が日テレを“断捨離”するかもしれない!?

     (視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

    2019年05月22日 17時00分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/johnnys/1402275/


    (出典 geitopi.com)


    【中居正広“断捨離”トラブルで日テレと決別か】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/06(月) 08:37:23.80 ID:dRjB4+VZ9.net

    ミュージシャンでタレントのDAIGOが、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)で5月の金曜日マンスリーメインパーソナリティーを務めることが発表された。
    『ZIP!』といえば、4月の改編で、金曜メインパーソナリティーが鈴木杏樹から吉田沙保里に変わったばかり。この報道をきっかけに、『ZIP!』の内情が見えてきたという。

    「今回のテコ入れは、一言でいえば、吉田の力不足が原因でしょう。日テレは吉田が国民的人気者と思ってキャスティングしたようですが、
    伊調馨選手のパワハラ騒動のときにダンマリを決め込んだことや、バラエティー番組に出過ぎている状況から、吉田の好感度はかなり低い。
    しかも、当然ながらMCはド素人であるため、現状『ZIP!』のマイナスになっているだけ。そこで、好感度が高く、MCもこなせるDAIGOを入れたというわけです」(テレビ雑誌編集者)

    原田泰造パターン? ギャラ50万円に難色…
    しかも4月26日には、週刊誌『女性自身』が吉田のギャラ事情を暴露。『ZIP!』の他の曜日のパーソナリティーは1本あたり30万円前後のところ、吉田は倍近い50万円を要求していたという。

    「こういった流れを見ると、日テレは早くも吉田切りに動いているとみていいでしょうね。せっかく関根麻里、北乃きい、川島海荷と続いた総合司会の座をタレントから局アナに変更して経費を削減したのに、
    吉田1人のせいで台無しですから。それでも数字が良ければいいのですが、お荷物状態の吉田を長期起用する必要は全くありません。早ければ半年での降板もあるかと」(制作会社関係者)

    実際、初代月曜メインパーソナリティーの『ネプチューン』原田泰造は、2011年4月~10月という極めて短い期間で降板。前例は確かにある。

    「『ZIP!』としては、東京五輪のある2020年まではせめて吉田でいきたいと考えているようですが、このままでは持たない。
    実験的にDAIGOを入れてみていることから分かるように、
    今後も月替わりでゲストMCを呼び、2人体制で金曜日をやりくりしていく可能性もありますね。正直、経費的な意味では厳しいのですが、月替わりにMCが替われば、話題性も十分ですからね」(同・関係者)

    果たして吉田は最速タイの半年降板となってしまうのだろうか。〝高速タックル〟ならぬ、〝高速降板〟が炸裂する?


    http://dailynewsonline.jp/article/1811123/
    2019.05.06 07:30 まいじつ


    【吉田沙保里わずか半年で『ZIP!』クビ!?“嫌われ女”化に関係者落胆…】の続きを読む


    吉田沙保里が「ZIP!」出演に破格のギャラ要求か 相場の倍近く?


    NO.7421529 2019/04/26 08:23
    吉田沙保里が「ZIP!」出演に破格のギャラ要求か 相場の倍近く?
    吉田沙保里が「ZIP!」出演に破格のギャラ要求か 相場の倍近く?
    「自らを“霊長類最強パーソナリティ”と命名した吉田沙保里さん(36)ですが、日本テレビ内でも、その言動は注目を集め続けています」と語るのは日本テレビの関係者。

    春の情報番組改編のなかでも特に話題になっていたのが、『ZIP!』(日本テレビ系)への吉田沙保里の起用だった。日テレ関係者が続ける。

    「毎週金曜日のパーソナリティとして出演しています。吉田さんはレスリング女子五輪3連覇の実績を持っていますし、来年の東京五輪を見据えた起用のようですが、発表当初も局内では“はたして情報番組で吉田さんが的確なコメントを出せるのか?”といった意見もありました。また、吉田さんの所属事務所が提示してきたという出演料も破格のものでした。“1本50万円”と聞いて、驚きの声を上げるスタッフも多かったのです」

    この関係者によれば『ZIP!』の他の曜日のパーソナリティは1本あたり30万円前後。

    なんと相場の倍近い要求だったのだ。

    また別のテレビ局関係者は次のように語る。

    「『ZIP!』の後枠番組の『スッキリ』では、MCの加藤浩次さんでも1本50万円、おなじくMCの近藤春奈さんは20万円ほどなんです」

    現役時代は高速タックルを武器にして、攻めのレスリングで人々を魅了した吉田。破格ギャラ要求は、“自分を安売りしない”という彼女なりのテレビ局への“宣戦”布告だったのだろうか。実は、吉田が譲れないのはギャラばかりではないという。

    「1月の引退会見にカラーコンタクトやまつげエクステをつけて臨んだことが話題になって自信をつけたのか、『ZIP!』でのヘアメークも妥協を許しません。最初は『すべて自分でやります!』と言っていたそうですが、なんとか『プロのヘアメークアーティストに任せてほしい』と説得したそうです。それでもプロが施した後に『目のあたりがちょっと……』とか、少しずつ自分で手直ししています」(前出・日テレ関係者)

    こだわりメークで、タレントとしても“金メダル”を狙えるか!?



    【日時】2019年04月26日 06:00
    【ソース】女性自身



    【吉田沙保里が「ZIP!」出演に破格のギャラ要求か 相場の倍近く?】の続きを読む


    国分太一「ビビット」打ち切り報道に歓喜?関係者悩ますジャニーズNG


    NO.7399726 2019/04/16 15:10
    国分太一「ビビット」打ち切り報道に歓喜?関係者悩ますジャニーズNG
    国分太一「ビビット」打ち切り報道に歓喜?関係者悩ますジャニーズNG
    4月14日配信の「日刊ゲンダイDIGITAL」が、TOKIO・国分太一がMCを務める情報番組『ビビット』(TBS系)の打ち切りを報じている。

    10月スタート予定の後番組には、国分の“後任”として落語家・立川志らくが登板するという。

    この報道に、一部テレビ局関係者は「ジャニーズの呪縛が解ける」と歓喜しているようだ。

    TBSは2014年3月末スタートの『いっぷく!』から、午前8時台の情報番組で国分を起用し続けている。

    同時間帯には、それ以前から『あさイチ』(NHK)にV6・井ノ原快彦が出演していたものの、後に続いた国分の登板により、他局には非常に厳しい“制限”が付けられることに。

    「いわゆる“裏かぶり”問題です。『あさイチ』だけのときは、そこまでうるさく言われませんでしたが、『いっぷく!』が始まると強烈な『ジャニーズNG』が出るようになり、裏番組ではジャニーズタレントをゲストに呼ぶことが、かなり難しくなっていました」(制作会社関係者) 同時間帯では『スッキリ』(日本テレビ系)、『とくダネ!』(フジテレビ系)、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)がしのぎを削っているが、特にフジテレビとテレビ朝日は、ジャニーズ事務所所属タレントのゲスト出演を「ほぼ諦めていた」(同)という。

    「バラエティ色が強く、またもともとジャニーズと関係の深い番組だった『スッキリ』だけは諦めていませんでしたが、主演ドラマの番宣としてオファーするだけでも、相当な苦労があったそうです。一度はOKしていても、途中でジャニーズ側が企画をひっくり返して、放送できなかった企画もあったようです」(テレビ局関係者) 

    しかし、5年も続いてきたTBSの“ジャニーズ独占”も、視聴率に反映されることはなかったようだ。

    「ここ最近の視聴率を見ても、『ビビット』は3〜4%台がほとんどで、8〜10%台と好調が続く『モーニングショー』に大きく水をあけられています。時間帯“ジャニーズ独占”という利権を手放すには、いいタイミングなのかもしれませんね」(同) 

    5年にわたるTBSの“ジャニーズ独占”が終了した後、ジャニーズと朝の情報番組は、どのような関係性を築いていくのだろうか。
    【日時】2019年04月16日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【国分太一「ビビット」打ち切り報道に歓喜?関係者悩ますジャニーズNG】の続きを読む

    このページのトップヘ