気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: テレビ



    (出典 jice.homemate.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/31(水) 08:49:18.13 ID:188/QRhp9.net

    今年は大みそかの風物詩に大きな異変が起きそうだ。

    公正取引委員会が、元『SMAP』の稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人を民放のテレビ番組に出演させないよう圧力をかけた疑惑があり、将来的に独占禁止法に違反する恐れがあるとして、ジャニーズ事務所を注意した。
    このニュースを真っ先に、そしてどこよりもしつこく伝えたのがNHKだ。内部では以前からジャニーズ偏重路線に反発が強く、ついにジャニーズ排除に向けてかじを切ったという。

    ジャニーズが公取委から注意された件では、NHKの強硬路線が目立っている。

    「圧力をかけられたテレビ局の中に、NHKだけが入っていないということはもちろんあります。しかし、決してそれだけではない。
    紅白歌合戦を筆頭に、音楽やバラエティー番組でジャニーズばかりが起用されることを、報道局は面白く思っていなかった。以前からこのネタをつかんでおり、タイミングを見計らって一気に出したのです」(NHK関係者)

    特に紅白では、NHKとジャニーズの癒着ぶりが際立っている。2006年から昨年まで13回にわたり、白組司会(07年だけ紅組)をジャニーズ所属タレントが独占。
    また、出場歌手にもジャニーズ枠の存在が囁かれており、昨年は『TOKIO』が山口達也の不祥事で消えたにもかかわらず、5枠をキープ。

    「はっきり言って、異常な状況。番組に携わっている人間以外は、なぜここまでジャニーズに配慮しなければならないのか、憤慨している人も多い。
    公取委の問題発覚を機に、一気にジャニーズの勢力を削ごうと局内部でも動き出しました」(同・関係者)

    今年の紅白が大きな山場だという。NHKの反ジャニーズ派が目指しているのは、かつてのように「ジャニーズ2枠」だ。

    「いきなり全滅にはできないので、慣例だった2枠に戻すことを目標にしている。そして司会の変更。
    今年も嵐のメンバー、もしくは5人そろってというのが既定路線だったが、ジャニーズ反対派はそれを覆そうとしている」(音楽関係者)

    各テレビ局に及んでいたジャニーズの支配力が揺らいでいる。

    http://dailynewsonline.jp/article/1944847/
    2019.07.30 21:15 週刊実話


    【ジャニーズ事務所による圧力問題を“NHKだけ”がしつこく報じた理由】の続きを読む



    (出典 announcer-news.com)



    1 muffin ★ :2019/07/30(火) 14:21:01.33 ID:MgVzwBC09.net

    7/30(火) 5:00 スポニチアネックス
    フジ笠井アナ、9月いっぱいで退社 56歳フリー転身 小倉氏と同事務所に移籍
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000003-spnannex-ent

    笠井信輔アナウンサー

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     フジテレビの笠井信輔アナウンサー(56)が9月いっぱいで同局を退社しフリーになることが29日、分かった。現在出演中の「とくダネ!」(月~金曜前8・00)も同時に卒業。10月からは、同番組で共演する小倉智昭キャスター(72)や作家でタレントの室井佑月(49)らが在籍する芸能事務所オールラウンドに所属する。

     関係者によると、フリー転身に向けて動きだしたのが昨年5月ごろ。20年以上にわたって番組で共演してきた小倉氏と相談しながら話を進めてきたという。既に周囲にはメールなどで報告。関係者によると「最近は、管理職としての仕事が増えてきましたが、私は現場屋、どこまで行ってもプレーヤーなのだという思いを強くしています」と語っているという。

     1987年に入社して以来、情報・報道番組を中心に活動。今後はバラエティー番組の出演などにも意欲を見せているといい「映画・演劇という自分の専門分野を生かせる仕事をもっともっと自由に行いたいと思い、打って出ようと決めました」と周囲に語っているという。特に映画への思い入れが強いようで、作品への推薦文の寄稿、新聞広告への協力、劇場パンフレット・マスコミ用プレスの執筆等に意欲。フジで培ったトーク力を生かし、記者会見や映画祭の司会など、テレビにこだわらず雑誌やネットも含め幅広い活動をする意向という。

     キー局から独立した男性アナウンサーは久米宏(75)、生島ヒロシ(68)らが有名。最近では日本テレビ出身の羽鳥慎一(48)が活躍している。笠井アナ“56歳の決断”に注目が集まる。

     ◆笠井 信輔(かさい・しんすけ)1963年(昭38)4月12日生まれ、東京都出身の56歳。早稲田大学を卒業後、87年にフジテレビ入社。「めざましテレビ」「ナイスデイ」などに出演。現在は「とくダネ!」のほか金曜日の「バイキング」などを担当。90年にテレビ東京社員の茅原ますみ氏(55)と結婚し、3児の父。趣味は映画・舞台鑑賞。スキー1級の資格を持つ。血液型A。

    (おわり)

    ★1が立った日時:2019/07/30(火) 05:04:31.90
    【芸能】フジ笠井アナ、9月いっぱいで退社 56歳フリー転身 小倉氏と同事務所に移籍
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564430671/


    (出典 fujitvforsugotoku.jp)


    【フジ笠井アナ、9月いっぱいで退社 56歳フリー転身 小倉氏と同事務所に移籍】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 muffin ★ :2019/07/24(水) 18:27:30.75 ID:4yHR1pWc9.net

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/07/24/0012545072.shtml
    2019.07.24

    毎日放送の三村景一代表取締役社長(64)とMBSメディアホールディングスの梅本史郞代表取締役社長(66)が24日、大阪市内の同局で会見した。

    一連の吉本興業の闇営業問題で、反社会勢力から金銭を受領していた雨上がり決死隊・宮迫博之とロンドンブーツ1号2号・田村亮の20日の謝罪会見の際、亮が「吉本側から『在阪在京のテレビ5社は株主だから大丈夫』と言われた」と不信感を告白したことについて質問が飛んだ。

    三村社長は、22日の吉本興業・岡本昭彦代表取締役社長の会見で、同社の法務担当が「(吉本側の)弁護士が、先方の弁護士に対し、(亮が希望した)生放送をするために時間の配慮などをしないといけないと話したもの」と回答したことを含め、「何をおっしゃっているのかよく分からなかった」と首をひねった。吉本側から配慮などの要請については「あるわけない」と即答した。

    また、梅本社長は「吉本興業が株主の目から見て、正さないといけないと意見が必要なときは、株主権の中で言わないといけない」と話した。


    【MBS社長 吉本の「テレビ5社大丈夫」発言に首ひねる「何を言っているのか分からない」吉本側から配慮要請も「あるわけない」】の続きを読む


    【日テレ】全員「喪服」にネットやりすぎの声 ジャニーさん報道の影響か


    NO.7596239 2019/07/10 08:52
    日テレ 全員「喪服」にネットやりすぎの声 ジャニーさん報道の影響か
    日テレ 全員「喪服」にネットやりすぎの声 ジャニーさん報道の影響か
    本日衝撃的なニュースが世間をかけめぐり、悲しい朝となりました。

    ジャニーズ事務所を立ち上げ、現在のジャニーズアイドルを育ててきた「ジャニー喜多川」さんが亡くなったということです。各局この報道を大きく取り上げ、そして番組が悲しみに包まれております。

    しかし、この報道がどうも番組そのものが「追悼番組」のような状態となり違和感を感じる声もあるおようです。

    ■喪服での報道?
    今朝報道が行われたジャニー喜多川さんの報道。それにあわせてか、日本テレビZIPではMC全員が黒い服で出演するという異例の事態。

    通常であれば白などの明るい服を着ているのですが、あわせて黒となるのは、やはりジャニー喜多川さんの報道をうけてなのか、ネットでは「違和感がある」という声が続出しております。

    しかもこの流れはZIPにとどまらずスッキリ!でも同じで・・・

    ネクタイはしてないにしろ、やはり黒い服で出演するという異例の事態。

    通常誰かが亡くなって大きく報道することはあるのかもしれませんが、全員黒い服で出演するというのはなかなかなく、何かしらの配慮があるものと鑑みてしまいます。

    果たしてこれは日本テレビによる「
    配慮」なのか、そしてこのお通夜状態はいつまで続くのか。


    【日時】2019年07月10日 08:38
    【ソース】秒速sunday



    【【日テレ】全員「喪服」にネットやりすぎの声 ジャニーさん報道の影響か】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/14(金) 19:06:25.12 ID:vzzrRJQP9.net

    4月5日でテレビ朝日を退社し、鳴り物入りでTBSの看板報道番組である『news23』のメインキャスターに就任した小川彩佳アナ(34)。

    昨年秋まで『報道ステーション』のキャスターを7年間務めていた小川アナが、『報ステ』のライバル番組のメインキャスターに就任するという、異例のキャスティングに注目が集まったが、初回放送の視聴率は4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、これまでと変わらない数字に留まった。

    「小川アナがテレ朝退社を決めた理由の1つとして、“『報ステ』から降板させられた”ことが挙げられます。昨年8月に『週刊文春』(文藝春秋)が『報ステ』メインMCの富川悠太アナ(42)と小川アナの間に確執があると報じました。記事では“小川はインタビューが下手だからちゃんとやってね”と富川アナがダメ出ししたといったことが書かれていましたが、彼女を“ヒメ”と呼んだり常日頃から小川アナへの失礼な言動が目立っていたようです。

    さらに、意見の対立などもあり、小川アナと富川アナの間に溝が生まれ、小川アナは『報ステ』を降ろされたといいます。

    そんな左遷ともいえる人事にも嫌気が差し、小川アナはテレ朝を退社、そしてライバル局の報道番組のMCになる、という決意をしたと聞こえてきています」(制作会社関係者)

    富川アナは『報ステ』で、昨年10月からウッチャンナンチャンの内村光良(54)の妻としても知られる元テレビ朝日アナウンサーの徳永有美(43)とタッグを組んでいる。対立していた小川アナがいなくなり、先輩に当たる徳永と手を取り合い局の看板番組の制作に取り組んでいるのかと思いきや、驚きの話が聞こえてくるのだ。

    「富川アナと徳永さんはめちゃくちゃ仲が悪いです。というか、カメラが回っていないところでは一切会話がないんですよ」(テレ朝で働く放送作家)

    というのだ。なぜそんなことになっているのか。

    「徳永さんはテレビ朝日の早河洋会長の大のお気に入り。彼女だけは会長室にもたった1人で入っていけるそうです。そんなことができる人間はテレ朝社員でもそうはいません。だから、社員もみんな“なんだあの人は……”と驚いてますよ。

    徳永さんは、2003年に内村さんとの不倫が発覚し、多くの番組を降板。『報ステ』でもスポーツコーナーを担当していましたが、2005年に内村さんと結婚した際に、番組を降板し、テレ朝を退社しました。そんな“不倫出戻り”の徳永さんが再び『報ステ』でキャスターになれたのも、局内では絶対的存在の早河会長の鶴の一声があったからともっぱらです。ただ、他のテレ朝社員や『報ステ』関係者としては、“特別扱い”の徳永さんのキャスター就任に納得できるわけがありません。富川アナも同様です。“徳永さんは会長案件”ということで、距離を置かれているんですよ。徳永さんにとっても不幸な話ですが……」(前出の放送作家)

    現在、視聴率も下降気味だという『報ステ』。番組の顔であるキャスター2人の不仲が続くようであれば、小川アナの『news23』が『報ステ』の視聴率を抜く日も、そう遠くはないのかも!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1875190/
    2019.06.14 17:31 日刊大衆


    【『報ステ』内紛! 徳永有美と富川悠太アナ「一切会話ナシ」深刻不仲】の続きを読む

    このページのトップヘ