気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:音楽 > 川谷絵音



    (出典 www.cinra.net)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/07/15(日) 00:03:09.40 ID:CAP_USER9.net

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦
    7/14(土) 17:53配信 CINRA.NET
    https://www.cinra.net/news/20180714-konotsuki
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00013536-cinranet-movi

    「恋のツキ」より川谷絵音演じる沖原隠光。

    (出典 www.cinra.net)


    木ドラ25「恋のツキ」7月26日(木)深夜1時スタート:テレビ東京

    (出典 Youtube)



    (出典 www.cinra.net)



    (出典 www.cinra.net)



    (出典 www.cinra.net)


    連続ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音(ゲスの極み乙女。、indigo la End)が出演することが発表。あわせてドラマのメインビジュアルと場面写真が公開された。

    7月26日からテレビ東京、7月31日からBSジャパンで放送、11月30日からNetflixで配信される同作は、新田章の同名漫画が原作。アルバイト先の映画館で男子高校生・伊古ユメアキと出会った31歳の主人公・平ワコが、同棲中の恋人・青井ふうたがいながら16歳下の伊古への気持ちを抑えきれず、ふうたとの結婚と伊古との恋愛の間で揺れ動く様を描く。ワコ役を徳永えり、ふうた役を渡辺大知(黒猫チェルシー)、ワコと惹かれ合う15歳の伊古役を神尾楓珠が演じる。

    演技初挑戦となる川谷絵音が演じるのはドラマオリジナルキャラクターとなる沖原隠光。沖原は伊古とワコが憧れる映画監督で、2人に大きな影響を与える存在、という役どころだ。

    川谷は『恋のツキ』への出演について「今回初めての演技で映画監督の役でしたが、ほとんど自分に近い設定だったのでやりやすかったですし、演技をしているというより、自分を撮られているみたいな感覚に近かったのでその自然な感じを見て頂けたらと思います」とコメントしている。

    あわせて公開された場面写真にはワコのラブシーンや、ワコとふうたがベッドに並んで寝ている様子、腕を怪我した伊古の姿などが確認できる。

    ■川谷絵音のコメント

    沖原隠光役の川谷絵音です。
    今回初めての演技で映画監督の役でしたが、ほとんど自分に近い設定だったのでやりやすかったですし、
    演技をしているというより、自分を撮られているみたいな感覚に近かったのでその自然な感じを見て頂けたらと思います。
    ドラマもすごく良い作品になると思いますので、是非見てください!

    ■大和健太郎プロデューサー(テレビ東京)のコメント

    原作『恋のツキ』には登場しないドラマオリジナルの映画監督役として、川谷絵音さんにご出演頂くことになりました。
    以前から俳優としての川谷さんの姿を観てみたいと思っておりましたが、まさか今回の役を本当に引き受けて頂けるとは思ってなかったので、実現できてとても嬉しいです。
    本ドラマはリアルな31歳女性の日常を描く中で、“映画”という存在が非常に大きなテーマの1つにもなっています。
    その意味でも川谷さんが演じられる映画監督沖原が、全体を通して主人公ワコ(徳永えり)や伊古(神尾楓珠)に大きな影響を与える存在になっており、その結末の行方を見届けて頂ければと思います。


    【【テレ東】徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦】の続きを読む



    (出典 articleimage.nicoblomaga.jp)



    1 muffin ★ :2018/03/19(月) 19:38:40.31 ID:CAP_USER9.net

    http://news.livedoor.com/article/detail/14453664/
    2018年3月19日 12時25分 トピックニュース

    18日深夜放送の「Love music」(フジテレビ系)で、ロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音が、シンガー・ソングライターの米津玄師からショッキングな言葉を浴びせられるも尊敬していると明かした。

    番組では、川谷と吉本新喜劇座長の小籔千豊をゲストに迎え、影響を受けたアーティストや最近聴いている曲などについてトークを展開した。

    ストリーミングやYouTubeの関連動画を見て新しい音楽をチェックしているという川谷。最近聴いている曲について、原田真二の「タイム・トラベル」、People In The Box「かみさま」、米津玄師「Lemon」、サカナクション「夜の東側」を挙げると、友人でもある米津について語り始めた。

    川谷は「今、一番時代の価値観すらも作り出している」と米津の音楽性を絶賛し、「現代の鬼才」と評す。また、後輩にあたる米津からは「お前を先輩だとは思ってない」とショッキングな言葉を言われたそうだが、川谷は「米津君に関しては年は関係ない」と断言した。

    さらに川谷は「ただ、ただ天才が出てきたなという。10年とかじゃなくて、20年に一度ぐらいの天才」と熱弁。米津に対して嫉妬はあるかという質問には「嫉妬というか、とにかくリスペクトしかない」とも語っていた。


    (出典 Youtube)
    &list=PLnda_YOdrnTjmcnkw-1BIXMJArpS8898g


    【【音楽】川谷絵音が後輩・米津玄師から言われた衝撃ひと言「お前を先輩だとは思ってない」】の続きを読む



    (出典 cdnx.natalie.mu)



    1 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:299336179-PLT(13500).net


    (出典 img.2ch.net)

    ゲスの極み乙女。の川谷絵音(29)が19日夜、ツイッターに新規投稿し「病的なのは週刊誌でもメディアでもない。紛れも無い世間。」と記した。

     これに先立つ投稿では「友達も減ったし関わる人も減ったけど、音楽は何も変わらず僕のそばにいる。作った音楽はずっと残る」とツイートした。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000147-dal-ent


    【文春砲被害者の川谷絵音「病的なのは週刊誌でも不倫でもなく世間」と世間批判 「小室さんへの同情を利用して自分の行為を正当化?」と批判殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ