気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:アイドル > ももクロ


    ももクロ:4人体制で初のライブイベント 百田は「よりパワーアップ」と手応え


    NO.6122430 2018/02/11 16:15
    ももクロ:4人体制で初のライブイベント 百田は「よりパワーアップ」と手応え
    ももクロ:4人体制で初のライブイベント 百田は「よりパワーアップ」と手応え
    アイドルグループ「ももいろクローバーZ(ももクロ)」が11日、横浜アリーナ(横浜市港北区)で行われたニッポン放送のイベント「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo バレンタイン DE NIGHT...



    【日時】2018年02月11日 16:13
    【提供】MANTAN WEB


    【ももクロ:4人体制で初のライブイベント 百田は「よりパワーアップ」と手応え】の続きを読む


    有安杏果、ももクロ脱退理由は事務所との衝突!?


    NO.6087201 2018/01/29 11:12
    有安杏果、ももクロ脱退理由は事務所との衝突!?
    有安杏果、ももクロ脱退理由は事務所との衝突!?
    突如グループ卒業、そして所属事務所との契約終了を発表した、ももいろクローバーZ・有安杏果。

    公式発表からわずか6日後に行われた公演を終え、瞬く間に芸能界から姿を消してしまったが、あまりのスピード展開や、有安の“意味深”な最後の言葉は、関係各所で物議を醸している。

    中でもマスコミ関係者は、この一連の事態を「有安が事務所からハブにされた結果」と見ているようだ。

    有安は1月15日、6日後の幕張メッセ公演をもって、グループの卒業と芸能界を引退することを発表した。

    「公演終了後、囲み取材や単独インタビューなど、有安が公にコメントする場は一切設けられていません。また、オフィシャルブログも公演前に書かれたものが最後となり、3月中には削除されるそうです。その理由を、所属のスターダストプロモーションに聞いたところ、『もうウチのタレントじゃないので』と、冷たく言い放たれました」(テレビ局関係者)

    こうした事務所の対応に疑問を抱いたマスコミ関係者が取材を重ねると、有安の卒業は、事務所との衝突によって、急転直下で決定したことがわかったという。

    「有安が、他メンバーやスタッフとの関係に悩み、事務所幹部に相談したところ、言い合いのようになってしまったそうなんです。有安の『このまま続けるのは難しいので、どうにかしたい』という主張を、事務所側は『嫌なら辞めろ』と突っぱね、続けて有安が『それなら辞めます』と言うと、『じゃあ今すぐだ』と……。その結果、発表から1週間足らずでの引退劇になってしまったんだとか」(同)

    この結論には、有安本人だけでなく、ほかのメンバーもさぞ驚いたことだろう。

    さらに卒業公演を訪れた取材記者たちは、有安と事務所の間に不穏な空気を感じていたようだ。

    「有安は、ステージ上で『(ももクロの)10周年をここにいて迎えられると思っていた。でも、4人のこれからのために、こうするしかなかった』と発言しました。まるで、この時点での卒業が本意ではないと思わせるようなコメントを聞いたスターダスト関係者は、『余計なことを言いやがって』と、吐き捨てていたとか。さらにこの関係者は、スポーツ紙に対して『有安はハブいて、4人だけ記事にしてくれればいい』などと要請し、記者たちとも一悶着あったそうです。各マスコミ関係者とも、所属事務所にあるまじき言動には辟易の様子で、『むしろそっちを記事にしてやりたいくらい』と愚痴り合っていました」(週刊誌記者)

    活動10周年の東京ドーム公演を目前に、グループどころか芸能界からも去った有安。

    その真相が事務所トラブルだったとすれば、ファンは悔しさを感じざるを得ないだろう。

    【日時】2018年01月29日 08:00
    【提供】サイゾーウーマン


    【有安杏果、ももクロ脱退理由は事務所との衝突!?】の続きを読む



    (出典 cdnx.natalie.mu)



    1 きゅう ★ :2018/01/23(火) 13:23:41.39 ID:CAP_USER9.net

    https://twitter.com/momorikobuta517/status/955109309137936384/photo/1

    2018年1月21日「ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~」幕張メッセライブでメンバーの有安杏果がグループ卒業、そして芸能界を引退した。衝撃の発表から、わずか一週間での出来事。ファンからすると、嵐が突然やってきて心の整理もつかないまま過ぎ去ったといっていいだろう。それでもライブの最後は、メンバーも、そしてモノノフも、涙まじりの笑顔で有安の卒業を祝福し盛大に見送った。

    やりきれない気持ちの人も多いだろう、杏果がいないももクロに魅力を感じなくなり、モノノフを卒業する人もいるだろう。今頃”杏果ロス”で沈んでいる人も多いだろう。今回が、ももクロとモノノフが一緒に歩んできた8年間の”笑顔の道”に生じた最大の落とし穴だ。

    4人になったももクロ、何が変わる? 
    ここからは考察である。まず、4人になって最大のリスクは「歌唱力」だろう。

    ももクロで一番の歌唱力を誇っていたのは有安であった。ももクロの楽曲は150曲を超えるが、聴かせどころ、難しいパートとされる部分の多くを有安が担っていた。

    過去に2度、「担当カラー交換ライブ」という企画を行ったことがある。これは、5人シャッフルして自分以外のメンバーの歌パートとダンスを担当するというユニークな企画だが、4人は口を揃えて「有安の担当はイヤ!」と言った。それほど、有安が歌うパートはハードルが高くプレッシャーがかかることを証明するエピソードだった。

    つまり今後は、そんな杏果パートを4人で割り振って歌わなければならない。ももクロは、激しいダンスをしながら口パクではなく全て生で歌う・・・もう一度言う

    “ももクロは、生声で歌っているのだ”

    今後は更なる歌唱レベルのアップと、ダンスをしながら歌う体力作りもかなり必要になるだろう。また5人から4人へのダンスフォーメーションも変わる。これらをイチから立て直す作業はかなり骨が折れる。





    http://magazinesummit.jp/entertainment/152879420180122


    【4人となった新生ももいろクローバーZの「覚悟」!パワーアップする新ステージの幕が上がる!】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 ぶれない黄色推し@きゅう ★ :2018/01/23(火) 12:05:39.27 ID:CAP_USER9.net

     1月21日のライブを最後に「ももいろクローバーZ」を卒業し、芸能界からも引退した有安杏果。口の悪いネット民からは、引退発表直前まで「グループ内でハブられていた」との憶測も飛んでいるが、これはデマと言われている。が、有安がももクロに加入した際には、実際に「排除」の動きがあったというのだ。そんな闇歴史についてアイドル誌の編集者がささやく。

    「ももクロは08年5月17日を公式の結成日としており、その時点では現メンバーの百田夏菜子、玉井詩織、高城れにらが所属。そして同年中に佐々木彩夏と早見あかりが加入し、この5人で09年にインディーズ・デビューシングルの『ももいろパンチ』をリリースしています。その当時は全国のヤマダ電機を回る“ヤマダ電機ツアー”を開催。1台のワゴン車でメンバーと運営の全員が移動し、時にはミカン箱の上でパフォーマンスするなど、苦難の時代として古参ファンの間では伝説となっています」

     そして09年7月には有安が加入し、現在は女優として活躍する早見が11年4月に卒業するまでの間、6人組として活動。この時期にメジャーデビューも果たしている。その歴史の中でなぜ、有安が排除されていたというのだろうか。


    「やっとメンバー5人の顔ぶれが固定され始めた時期に突如、新規加入したこと。そして有安自身が赤ちゃんモデルを経て『ポンキッキーズ21』(フジテレビ)にもレギュラー出演していた子役だったことから、『何で今さら芸歴の長い子を新規加入させる必要があるの?』と、古参ファンが拒否反応を起こしたのです。有安自身も語っていますが、加入当初には握手会で彼女だけ握手を拒まれたり、『ももクロは(有安以外の)5人だけだから』と面と向かって文句をつけられることもあったとか。その後、早見の脱退を経てグループ名に『Z』が付いた時期にファンの大幅な入れ替わりがあり、そこからやっと有安がメンバーとして誰からも受け入れられるようになったのです」(前出・アイドル誌編集者)

     そんな有安も最近ではソロアーティストとしての実力も評価され、横浜アリーナや日本武道館でソロライブを開催することもあった。苦労が報われたうえでの成功、そして卒業。その前途にも大きな期待が寄せられているのではないだろうか。

    (金田麻有)

    http://www.asagei.com/excerpt/97021


    【ももクロ卒業の有安杏果、グループ加入時「ファンから拒否られていた」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 きのこ記者φ ★ :2018/01/19(金) 00:00:07.60 ID:CAP_USER9.net

    1月15日、ももいろクローバーZの有安杏果がグループからの卒業を電撃発表した。
    17日深夜放送のTBSラジオ『山里亮太の不毛な議論』にそのももクロの5人が出演して、
    久々に会うパーソナリティの山里とのトークで盛り上がる。そんななか山里が「天真爛漫な4人」と距離感がある「有安」の気持ちを確かめた。

    以前はももクロ大好きなモノノフ芸人として売り出した山里亮太だが、自己紹介する5人を見ながら「みんな大人になったね」と
    感慨深げにしていると「山ちゃんが見ない間にね!」と手厳しく突っ込まれる。

    さらに『アメトーーク!』で“モノノフ芸人”を実現する約束を果たしていないことや、「アイドル全般に興味が無くなったという噂も…」
    「前はアイドルで食べてたよね!」とこれまでの不満をぶつけるかのようにやり込められてしまう。

    山里は「こんな感じ! 懐かしい!」と思い出しつつ百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにの4人が“一斉攻撃”するなか、
    「ふと見ると杏果ちゃんがお母さんみたいに見守ってくれている感じ」と説明したところ、有安杏果は彼の言いたいことが分かり
    「でも最後に見られて嬉しいです」と返して寂しがらせた。

    さらに有安について「すごく気を遣う子」なので、4人が天真爛漫にわちゃわちゃやっているのを「モノノフはそのわちゃわちゃが大好きなんだよね」
    と少し離れてにこやかに見ていると描写すれば、彼女も「俯瞰でね」と相槌を打つ。

    山里は、それを誤解され「有安はちょっと寂しかったんじゃないか」と言われることもあるのではないかと心配する。
    彼女は笑いながら「単にわちゃわちゃが苦手なだけであって…」「そこに入らないから寂しいとかっていうんじゃなくて…」
    「逆に、無理に入るのもアレかなって自然体でずっとやってきてた」と胸のうちを明かした。

    真相が確かめられて安心した山里が、有安の立ち位置を「ライブで4人のわちゃわちゃを楽しくて見ていると、
    曲が始まったらおかみもちゃんとキメてくれる」と表現したところ、4人も「ああ! おかみだったんだ!」と納得していた。

    0歳から芸能界に入った有安杏果は普通の女の子の生活を知らず、ももクロを卒業していろいろなことをやってみたいという。
    一般的な生活からするとももクロは言わば「異常」であり、山里が「しばらくすると、またあの異常な感じをやってみたいと思うかもしれないよ?」
    と聞いたところ、有安は「そうやって思ったりするんですかね? 逆に!?」「まだ何に興味を持つか自分でもわからない」というから
    まだイメージできないようだ。

    https://news.infoseek.co.jp/article/japantechinsight_465434/


    (出典 pbs.twimg.com)


    【ももクロ・有安杏果 グループ内の立ち位置 ”『天真爛漫な4人』と距離感” 「単に”わちゃわちゃ”が苦手なだけで・・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ