気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:お笑い芸人 > 有吉弘行



    (出典 dot.asahi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/03(月) 21:18:13.30 ID:4qgz0dlq9.net

    有吉弘行がゲストと街を散歩する人気番組『ぶらサタ・有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)。1日放送回はゲストにオードリー・春日俊彰を迎え、上中里で街ブラロケを敢行した。

    新婚の春日に触れ、独身芸人の焦りを有吉が吐露し大きな話題を集めている。

    春日の結婚
    春日に出会うと開口一番「結婚おめでとうございます」と祝福する有吉だったが、「またいっちゃったか…」と徐々に嘆きがこぼれていく。

    「若林とケンコバさんと…、だいぶ数えるほどになってきた」と同世代の独身芸人らの名を挙げ、「ヤバイよ。数々の変人と呼ばれてきたヤツらが結婚している。結局、一番変人なの俺じゃない」と苦笑い。

    「まずいよね、ちょっと」と独身であり続ける自身への危機感を漏らした。

    見合いを勧められる
    その後、モデルの谷まりあが合流。3人が平塚神社で令和初のおみくじを引く流れに。

    大吉を引いた有吉は、「縁談、思わず早く願う、他人に任せよ」と書かれていた点に触れながら、「ついに近所の定食屋のおばちゃんに『英語のできる素敵なお嬢さんいるんだけど』ってお見合いを勧められた」と告白する。

    以前からテレビのレギュラー数や収入について、そのおばちゃんから聞かれていたが、ついに縁談を勧められた有吉。「俺は良いんだけど、俺がノコノコ行ったら相手がイヤだろうなって」断ったと明かした。

    視聴者も反応
    同世代の独身芸人らが次々と結婚していくなか、有吉も、その周囲も思うところがあったようだ。視聴者からも大きな反響が起きている。

    40超えて、変人扱いされて未婚でも稼いでいたら勝ち組だー#正直さんぽ

    lightgray (@lightgray1980) June 1, 2019

    「結婚できない奴=変人」って風潮もいい加減どうかと思うけどねw #ぶらぶらサタデー #正直さんぽ

    さとみ (@satomin_mk2sr) June 1, 2019

    定食屋のおばさんにお見合い勧められる!?有吉さん見合いしてほしいなwww

    イナバの白うナぎ(ラジオネーム) (@inabasirounagi) June 1, 2019

    お見合いしたら笑っちゃうw

    #正直さんぽ

    くじらベーコン(KB) (@whalebaconbacon) June 1, 2019

    35歳以上で独身は「なにか」ある?
    しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,348名を対象に調査したところ、35.5%が、「35歳を過ぎて独身の人はなにかあると思う」と回答している。

    生き方に選択肢が広がり「結婚だけが幸せ」という考え方が古臭いと指摘される昨今でも、35歳を過ぎて独身の場合は「なにかある」と思われる可能性があるようだ。

    同世代の変人芸人たちが結婚していくなかで、45歳を迎えた有吉が危機感を覚えるのも仕方がないのかもしれない。

    (文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

    【調査概要】
    方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
    調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
    対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162092541/
    2019年06月02日 15時40分 しらべぇ


    【有吉弘行、オードリー春日の結婚に焦り 「見合いを勧められて…」「俺が一番の変人」】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/02/07(木) 12:17:01.73 ID:IFRGU2Os9.net

    有吉弘行、ネットの声に怯えるタレントに「お化け屋敷に入っておしっこ漏らしているようなもの」とバッサリ
    2019年2月7日 11時20分
    http://news.livedoor.com/article/detail/15986925/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    マツコ・デラックスと有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週水曜23:20~ ※一部地域を除く)。2月6日の放送では、自信家と謙遜家どちらが良いのか語り合った。

    33歳会社員からの投稿では、学生時代は自信家タイプだったが、会社の先輩からは「控えめの方がいい」と注意された。それ以来謙虚を心がけていたのに、別の上司から「自信のないやつは出世しない」と小言を言われたとのこと。

    マツコは、どちらか片方に振り切ったとしても「信用できない。要はバランス」と語る。最近タレントやスタッフには自信家が減ってきているそうで、有吉は「ネットでは謙遜家の方が叩かれる率が少ないから」とあえて謙遜キャラを貫き「それが強すぎてムカつくヤツがいる」とコメント。トークをしていても上辺だけしか明かさないため「お前と話してもしょうがねーわ。帰れ!」とバッサリ切り捨てた。

    テレビでの見た目を意識してお茶を飲むのも申し訳なそうにしたり、何かを買ったと聞けば「生意気なんですけど10年前から欲しくて買っちゃいました」などと言われたりと実例を出し「もういいよ!」と声を荒げる有吉。「誰を気にしてんだよ! 何がそんなに怖いんだ! そんなに怖けりゃ辞めちまえ!」と吐露した。

    マツコは「自信家になれ」とは言わないが、謙遜は年齢を重ねた人が順に辞めていくべきであって、普通で良いと提案。有吉も、お茶を飲むにしても100人中98人は何とも思っていないが、たった2人の「お茶飲んでんじゃねーよ!」の声を気にしすぎていると述べる。エゴサーチをして世間の声を気にしている芸能人については「お化け屋敷に入っておしっこ漏らしているようなもの」と例えた。

    最近では、100人中2人の声に向けて活動しているタレントが多く、どんどんつまらなくなっているというマツコ。インターネットへの書き込みについては、その2人でやりくりしていることがほとんどで、98人の応援している人はわざわざ書き込まないと諭す。マツコ自身は、傷つくだけでエゴサーチはしないと言い「わざわざ見に行かなくていいよ」とおすすめしていた。


    【有吉弘行、ネットに怯える芸能人に怒り「そんなに怖けりゃ辞めちまえ」】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/17(水) 06:53:35.62 ID:CAP_USER9.net

    「有吉さんの“加山愛”は強く、ぜひ冠番組にオファーしたいということになりました。しかし、加山さんの所属事務所から『何を言ってるんですか! 絶対に出しませんよ!』と断られてしまったみたいで……」(テレビ局関係者)

    的確かつ鋭い毒舌が持ち味で、現在10本もの冠番組を抱える有吉弘行(44)。影響力の高い人気番組も多く、「有吉さんの番組に何としても出たい!」という芸能人は後を絶たないという。

    そんな人気MCに、まさかの“共演NG”を叩きつけた人がいた。それは、昭和の大スター・加山雄三(81)だ。散歩番組でのほのぼのした姿からも温厚そうにみえる加山。そんな彼が拒否するとはいったい何があったのか。共演拒否の原因は、有吉がパーソナリティを務めるラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)での執拗なまでの“加山イジリ”にあるという。

    「加山さんが『24時間テレビ』(日本テレビ系)に出演すると、いつもその裏で毒づくんです。毎年恒例の人気企画で、今年で7回を迎えています。番組では有吉さん扮する加山さんがラジオにゲスト出演するという設定。過去には『加山雄三が陸に上がってくるのは1年の中で今日だけ』などの過激発言が続出。『刺し違えてもいいから、加山雄三を暗殺しようと思っています』と、“殺害予告”をしたこともありました」(ラジオ局関係者)

    もちろんこうしたイジリは、冗談。加山に敬意を表した、有吉なりの愛情表現。しかし、言われ続けた側はそう思えなかったようだ。共演NGについて有吉の所属事務所に問い合わせたところ、「そのような事実は認識しておりません」との回答が。しかし加山の所属事務所担当者に問い合わせたところ「お断りさせていただいたのは事実です」とあっさり認めた。

    「ただ加山は有吉さんのラジオについて関知しておらず、あくまでマネージメント側の判断です。有吉さんのキャラは理解していますし、内容についてクレームを出したこともありません。取り上げていただくことで加山を若い層に知ってもらえることも理解しています。とはいえ、ラジオでの発言を踏まえると……やはり共演は断らざるを得ませんでした」(加山の所属事務所)

    憧れのスターとの共演が夢と消えてしまった有吉。キャラとはいえ、毒舌もほどほどに!

    記事投稿日:2018/10/17 06:00 最終更新日:2018/10/17 06:00
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1672471/

    (出典 img.jisin.jp)


    【加山雄三、有吉弘行とは共演NG!殺害予告など過激イジリ連発で】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 Bergenia ★ :2018/10/15(月) 11:18:53.48 ID:CAP_USER9.net

    お笑い芸人の有吉弘行(44)が、漫画やアニメの実写化作品に数多く出演する俳優山崎賢人(24)に対する批判を、「バカバカしい」と切り捨てた。

    有吉は14日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」で、山崎が人気漫画「キングダム」の実写映画で主演を務めることが発表された話題に触れた。

    漫画やアニメが実写化されるたびに、ネット上では原作ファンから配役等に関する不満や批判の声があがるのが通例となっているが、特に山崎はこれまで「ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない第一章」や「斉木楠雄のΨ難」など多くの実写映画で主演を務めており、非難の的となることも多い。そうした状況に山崎自身が「斉木-」の予告編映像で「予告編をご覧のみなさま、今、『山崎賢人、実写やりすぎじゃね?』と思いましたね?」などとネタにしたことでも話題となった。

    有吉は「それはだって、『やってくださいよぉ、お願いします。実写化なんです』って(制作サイドから)言われたら、『はい、頑張り』って言って」と推し量り、「それでなんで批判されなきゃいけないの? バカバカしい」とコメントした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00362402-nksports-ent


    (出典 geitopi.com)



    (出典 news.walkerplus.com)



    (出典 bainekki.com)


    【有吉弘行、山崎賢人の実写主演批判に「バカバカしい」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/16(木) 11:43:50.32 ID:CAP_USER9.net

    かつてお笑いコンビ・猿岩石で有吉弘行の相方を務めていた森脇和成が8月12日、東京都練馬区で開催された「ドラマチックバッティングセンター #あなた専用甲子園」の記者会見に登場。
    戦友の有吉とは「10数年会ってない」と明かしている。

    1994年に有吉とコンビ・猿岩石を結成し、ほどなくして人気バラエティー番組「進め! 電波少年」(日本テレビ系)内のヒッチハイク企画で大ブレイクを果たすと、
    歌手としても大きな成功を収めていた森脇だが、その後は人気が急落し、2004年には有吉の反対を押し切ってコンビを解散。
    安定した職に就きたいとの理由でサラリーマン生活をスタートさせるも、“自分には向かない”として2015年に再び芸能界へ復帰し、現在は「役者として年間3~5本の舞台に立たせてもらってます。
    役者としてゼロからのスタートです。コツコツやらせてもらってます」と語った。

    「気になるのはいまや大御所となった有吉との関係ですが、森脇によれば、電話をしても繋がらず、メールの返事も無いそうです。
    芸能界への復帰をメールで報告したものの、10年以上は会っておらず、その関係性を『仲悪いわけではないけど、良くもない。幼馴染なんで照れ臭い感じ』と表現しています
    。過去には何度か番組内で“久しぶりの再会”などと特集を組まれたこともありますが、
    森脇が一時期、実業家として生計を立てていたことを知った有吉はムッとしたような表情で不機嫌はオーラを醸し出していたのが印象的。
    売れないドン底時代に“自分を見捨てた人間”とのイメージがいまだに付いて回っているのかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

    とはいえ、現在の有吉は多くの冠番組を抱え、ツイッターのフォロワー数は700万人を超える“安定感抜群”のピン芸人としてその地位を固めている。

    森脇が送った芸能界復帰の報告メールを有吉がどのような心境で読んだのかは定かでないが、電話もメールも返答がないということは、もはやかつての戦友にはあまり近づきたくないということだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1502641/
    2018.08.16 10:30 アサジョ


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    【有吉弘行、元相方・森脇からの電話もメールも“完全無視”の非情】の続きを読む

    このページのトップヘ