気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:俳優 > 瑛太



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/11/17(土) 17:50:28.49 ID:CAP_USER9.net

    2018年11月16日 16時0分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15605495/

    (出典 image.news.livedoor.com)

    瑛太が大河打ち上げを抜け出して会った相手は…

     東京・目黒川のほとりに佇む一軒の薄暗いバー。そのボックス席で談笑するグループの中に、瑛太(35才)と永山絢斗(29才)というイケメン兄弟がいた。そして、兄弟の間には1人の女優が座っていた。NHK大河ドラマ『西郷どん』で瑛太と共演中の黒木華(28才)だった。

     現在、瑛太は同ドラマで西郷隆盛の盟友・大久保利通を、黒木は西郷の3番目の妻・糸を熱演中。大久保と西郷は今後敵対していくが、ある意味敵同士の役柄であるこのふたりが深夜の密会とは──。

     10月末、すでにクランクアップを迎えた『西郷どん』の打ち上げパーティーが都内の高級ホテルで行われていた。

    「大河ドラマは収録が1年以上も続く長丁場。打ち上げは毎年大きな盛り上がりを見せます。西郷を演じた鈴木亮平さん(35才)にスタッフがたくさん駆け寄っていましたが、瑛太さんは隅っこで淡々とグラスを傾けていました。二次会を終えたあたりで打ち上げチームから離脱。黒木さんを呼び出してなじみのバーに向かったようです」(番組関係者)

     深夜12時頃、瑛太は“主人公の奥方”と共に弟と合流したのだった。黒木は若手女優の中でも実力派No.1といわれ、今年だけでも5作の映画に大河、現在は人気ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)に出演する超多忙な女優。イケメン兄弟と人気女優による深夜の密会となると、その関係性が気になってしまうが…。

    「気になるのは当然ですが、3人は所属事務所が同じで、怪しい関係ではありませんよ(笑い)。この日は“大河トーク”で盛り上がったそうです。永山さんは来年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に出演が決まっているため、情報交換もしていたそうです」(テレビ局関係者)

     深夜に熱く語り合う仲なのは間違いないようだ。実は瑛太が弟を呼び出したのにはもう1つ理由ある。

    「瑛太さんは“お酒のトラブル”を気にしたようです。この4月に『西郷どん』にも出ている関ジャニ∞の錦戸亮さん(34才)との酒席でのトラブルが報じられて以来、お酒との“付き合い方”には注意深くなった。万が一、何かあった時に瑛太さんの“暴走”を止められるのが弟の永山さん。永山さんは瑛太さんをなだめられる唯一の人といわれてます。永山さん効果なのか、最近はめっきりお酒のトラブルも減ったそう。打ち上げで盛り上がった瑛太さんは、念のため“ストッパー”を呼んだのでしょう」(前出・テレビ局関係者)

     その前に、妻・木村カエラ(34才)が待つ自宅に帰った方がよさそうな…。

    ※女性セブン2018年11月29日・12月6日号


    (出典 d39t9tn4y25mgl.cloudfront.net)



    (出典 www.sankei.com)



    (出典 img.cinematoday.jp)


    【瑛太、深夜に大河打ち上げ離脱で黒木華呼び出し 関係者「怪しい関係ではない(笑)」「大河トークで盛り上がった」】の続きを読む



    (出典 img.jisin.jp)



    1 ひかり ★ :2018/10/02(火) 00:06:06.04 ID:CAP_USER9.net

    「もともと慶喜役には疑問を抱いていたみたいです。翔太さんはキャラクター設定について、撮影現場で監督と議論することもありました」(NHK関係者)

    NHK大河『西郷どん』で“ひー様”こと徳川慶喜役の好演が話題の、松田翔太(33)。しかし意外にも、翔太はこの役を演じることに納得できない部分があったというのだ。

    「7月29日に放送された第28話『勝と龍馬』では、慶喜が吉之助に“気迫負け”するシーンがありました。脚本では、吉之助に短刀を突きつけられ、へなへなと腰が
    抜けてしまう情けない慶喜が描かれています。でも、翔太さんとしては“国を憂い、堂々とした慶喜”が演じたかったのでしょう」(前出・NHK関係者)

    そこで駆け付けたのが、大政奉還で慶喜を追い詰める“因縁”のライバル・大久保利通役を演じる瑛太(35)だった。

    「鈴木亮平さん(35)から『翔太が役どころについて悩んでいるそうだ』と聞いて心配だったのか、自分の出番が終わっても帰らずに翔太さんの収録を見守って
    いたといいます」(ドラマ関係者)

    しかし、そこで2人の“場外討幕戦”が勃発!

    「瑛太さんは楽屋口にいた翔太さんのもとへ飛んでいくと、問題の“情けない慶喜”のシーンについて話し合いを始めたんです。最初は諭すように話していた瑛太さんですが、
    そこは役者同士。演技論がヒートアップして、『俺は嫌だ!』『それは違うだろ!』といった怒号が聞こえてきたそうです。そのやりとりを聞いていたスタッフたちは
    何事かと慌てふためいていましたね」(前出・ドラマ関係者)

    この日の激しい“バトル”は30分近く続いたという。

    「急に翔太さんがフラりと現場に戻ってきて、『わかったよ、やるよ』と一言。瑛太さんは『この慶喜を演じられたら、役者として一気に成長する。このキャラで
    やるべきだ』と説得したそうなんです」(前出・ドラマ関係者)

    こうして翔太が演じた“悪役の慶喜”は視聴者からも高評価。放送直後のツイッターでは“ヒー様フィーバー”が毎週のように巻き起こっている。

    「自分のアドバイスが功を奏しての反響ぶりに、瑛太さんも大満足だったそうです。その後、2人で飲みに行き、そこでも熱い演技論を交わしたのだとか。
    『役になりきったら心が欲するセリフが自然と出てくる』というのが瑛太さんの持論だそうで、翔太さんにもよくそんな話をしているといいます」(前出・ドラマ関係者)

    ここまで瑛太が翔太のことを気にかけるのには、ある人物とのこんな“約束”があった。

    「そもそも瑛太さんは翔太さんの兄・松田龍平さん(35)の親友なんです。龍平さんの紹介でプライベートでは以前から交流のあった2人ですが、同じ現場で
    演技をするのは今回が初めて。共演が決まったとき、龍平さんは瑛太さんに『翔太をよろしく』とお願いしていたそうです」(テレビ局関係者)

    2人は今では公私ともに仲が良く、9月5日に行われた翔太と秋元梢(31)の披露宴に瑛太が出席していたほどだ。

    芸能プロ関係者は2人の不思議な関係性についてこう語る。

    「現場での口論は、あくまでも役づくりの上での侃々諤々です。2人とも火がつきやすいので、あわや乱闘の激しさを見せるときもありますが、それも本気で仕事に
    挑んでいるからこそ。どんなに言い争っても、プライベートではすっと仲の良い関係に戻れる。演技について口論になるというのは、彼らにとっては日常茶飯事なのです」

    『西郷どん』収録現場には、史実よりも激しい男たちの闘いがあった――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00010002-jisin-ent


    【瑛太、大河裏で松田翔太に怒号!スタッフ震えた演技論バトル30分】の続きを読む



    (出典 forwoman.red)



    1 ばーど ★ :2018/05/22(火) 08:17:54.38 ID:CAP_USER9.net


    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    先月末から今月初めにかけて芸能ニュースの主役となったのは、女子高生に対する強制わいせつで書類送検(起訴猶予)され、ジャニーズ事務所から契約解除された元TOKIOメンバーの山口達也(46)だった。が、その事件の陰でジャニーズタレント絡みのスキャンダルがうやむやになってしまった。

     先月発売の写真誌「フライデー」によると、同月10日の深夜、NHKの大河ドラマ「西郷どん」で共演する俳優の瑛太(35)と関ジャニ∞の錦戸亮(33)がそろって深夜に都内のラウンジに来店。酒グセの悪さが知れ渡っている2人だが、錦戸にからかわれた瑛太は激怒し、馬乗りになって錦戸をフルボッコにしてしまったというのだ。

     事実ならば、立派な“事件”だが……。

    「暴行写真まで流出したにもかかわらず、同誌に対して瑛太本人も瑛太の事務所も暴行を否定。錦戸は被害者にもかかわらず、この一件については沈黙しています。瑛太はこの後も同じラウンジを訪れているので、酒に酔って何も覚えていないのかもしれません」(芸能関係者)

     この件を知ってか知らずか、14日に明大で行われた映画のPR活動の一環の課外授業では学生から瑛太に対し、「人を傷つけた経験は?」との質問が飛んだという。瑛太は、「小中学生の頃、白髪が生えた友達を『石灰ついてる』とからかった」と告白したというが、肝を冷やしたに違いない。

    2018年5月22日
    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/229523

    関連スレ
    【芸能】錦戸亮が瑛太にボコボコに殴られた午前2時 現場写真入手&ふたりを直撃★3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524200176/


    【写真流出も錦戸亮は沈黙…うやむやになった瑛太の暴行事件】の続きを読む



    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/01/05(金) 11:50:54.83 ID:CAP_USER9.net

    瑛太、「西郷どん」会見の“衝撃顛末”を告白!兄弟話にネットも沸いた「あさイチ」
    2018.1.5 Fri 10:33 cinemacafe.net
    http://www.cinemacafe.net/article/2018/01/05/54766.html

    瑛太

    (出典 www.cinemacafe.net)


    今年の大河ドラマ「西郷どん」で大久保利通を演じる俳優の瑛太が1月5日(金)に放送されたNHK総合「あさイチ」に出演。歌手の長渕剛との意外な交友関係や、大河ドラマの制作発表でのコメントにまつわる衝撃の顛末などをトークした。

    本番組はNHKアナウンサーの有働由美子と「V6」の井ノ原快彦の2人が司会を務める朝の情報番組。トークでは弟で俳優の永山絢斗からのVTRコメントが放送され、永山さんが兄弟で同じ場所にほくろがあることを明かすと瑛太さんも、衣装のTシャツをめくり首もとのほくろを披露。

    このトークで2人が兄弟だということを初めて知った視聴者も多かったようで、「瑛太と永山絢斗って兄弟やったんか!!」「初耳でめっちゃくちゃビックリしたわ」といった投稿がSNS上に続出。逆に「兄弟って事知らない人がけっこう多いのに驚き」というコメントも見られ、タイムラインがにぎわった。

    続いて「西郷どん」で主人公・西郷隆盛を演じている俳優の鈴木亮平もVTRコメントを寄せ、鹿児島ロケで男性の俳優で腕相撲大会を行った際、当時役のために体重を落として細かった瑛太さんが若手に負けてしまったことを明かし「秋に再会したらムキムキになってて、“あ、負けずぎらいなんだな”って」と思ったことを告白。鈴木さんによれば「肩を持った感じが変わった。体が厚くなった」という。

    これに対し瑛太さんは、歌手の長渕剛のライブを鑑賞した際、楽屋に挨拶に行ったところ一緒に食事をすることになったエピソードを披露。長渕さんから「朝、家に来て欲しい」と言われ食事をすると思い伺うと、いきなり3時間程度猛トレーニングを課せられたという。

    瑛太さんによれば「トレーニングしないと一緒にごはん食べられない」と言い、長渕さんが毎回「ナイスファイト!」と励ましてくれるので頑張れたといい、何度かトレーニングを続けるうちに「お前背中作れ」と長渕さんに言われ、長淵さんのトレーニング器具をプレゼントされた結果。スタイリストから「衣装が入らない」と言われるぐらい肉体改造に成功したのだという。

    これには「腕相撲で負けたからじゃないんだよ、亮平くん!」「長渕と筋トレとかやばいな」などの声がSNS上を飛び交う。

    また注目の「西郷どん」については「1話、2話はいままで見た大河で一番面白い。タイトルバックで泣きました」と話し、作品での西郷隆盛と大久保利通の関係性を「ボーイズライブに近いと思う」と解説。

    するとこのワードに反応したのか「男同士の友情が恋愛に近いと聞いて」「ぼーいずらぶって言うた!瑛太が!」などの声が続々SNS上にアップされていた。

    そして「西郷どん」の制作発表で自らに「鹿児島の血が入っている」と発言、話題となった瑛太さん。幼少期から祖母に言い聞かされてきたそうだが、会見の翌日「伯父さんから『そんなことは一切ないよ』とメールが来た」と告白。しかし今回大河出演に当たり永山家の過去を調べたところ、先祖が西郷と共に西南戦争に参戦していたことが判明したという。

    これには「話盛っちゃったのねーおばあちゃんあるあるだけどね」「おばあちゃんに嘘つかれてた瑛太。www」などの反応が寄せられていた。

    2018(平成30)年大河ドラマ「西郷どん」は2018年1月7日(日)より放送開始。


    【【あさイチ】瑛太、「西郷どん」会見の「西郷隆盛と血縁関係」発言“衝撃顛末”を告白!兄弟話にネットも沸いた 】の続きを読む

    このページのトップヘ