気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:お笑い芸人 > 渡辺直美



    (出典 www.tokyoheadline.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/29(月) 12:35:16.98 ID:25Gjeq469.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    吉本興業所属のタレント・渡辺直美(31)が29日、都内で行われた「い・ろ・は・す 天然水」10周年記念イベントに土屋太鳳(24)と参加し、所属事務所の騒動に無言を貫いた。

    イベント終了後、渡辺にむけ、報道陣から「吉本について一言お願いします」など質問が飛び交ったが、大音量のBGMとスタッフの声で制止。渡辺は報道陣の方へ笑顔で一礼し、降壇し、騒動について触れることはなかった。

    超売れっ子の渡辺は、昨年末にアメリカで3年間仕事ができるアーティストビザを取得し、今年4月から本格的にニューヨーク生活をスタート。一連の吉本興業の騒動中も日本とアメリカを行き来する多忙の生活を送っている。

    「い・ろ・は・す 天然水」は10周年を記念し、パッケージを刷新。採水地も新たに熊本・阿蘇が加わり、全国7か所となった。
    渡辺と土屋はイベントで、アクアソムリエマイスター・鶴田雅人さんの講義を受けながら、採水地別に異なる同商品の味を堪能。
    渡辺は、「どこの採水地か今まで気にしていなかったけど、これからは意識していきたい。お水がより身近に感じられた」とコメント。
    土屋もボトル裏に採水地が記載されていることに触れ、「水は体のベースになる。理解することでよりおいしくいただけると思います。新しい7つの採水地を覚えていただき、ボトルの裏を見てワクワクしてほしい」と呼びかけた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16846956/
    2019年7月29日 11時49分 スポーツ報知


    【渡辺直美、吉本騒動に無言貫く…大音量BGMで質問をシャットアウト】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/04/09(火) 07:25:12.37 ID:0Yuc7o/v9.net

     タレントの渡辺直美(31)が、昨年末に米国の「アーティストビザ」を取得し、4月から本格的にニューヨークを拠点として生活していることが8日、分かった。渡辺は自身のインスタグラムで、すでにニューヨークでの住居や銀行、携帯電話の契約を完了したことなどを報告。当面は日本と米国を往復する生活になるといい、「“生き様が、芸人”でありたい」と、新たな挑戦に向けて強い意気込みを示した。

     “和製ビヨンセ”が、本家に劣らず、世界に認められた存在であることを証明した。

     渡辺が取得したのは、通称「卓越能力者ビザ」と呼ばれる「O-1ビザ」。有効期間は基本的に3年間で、その後1年ごとの更新が可能。取得へのハードルは極めて高く、「有名な作品や公演に主役として出演したことがある、またはする予定である」など、数々の条件リストから3項目以上に合致する必要がある。

     渡辺は2016年に、ニューヨーク、ロサンゼルス、台北の3都市でワールドツアーを開催。国際的な実績を積んだ。世界のセレブからも引っ張りだこで、昨年は中国・上海で、世界最大の流通企業と称されるアリババグループ主催の音楽番組「天猫双11狂歓夜」にも出演。ビザ取得に必要な「スポンサー」の存在にも事欠かない。

     日本でもメディアに引っ張りだこだが、「レギュラー番組は隔週収録以外の番組は卒業させて頂きました」と準備は万端。実際にNHK「土曜スタジオパーク」(土曜、後1・50)、TBS「アカデミーナイトG」(火曜、深夜1・58)などは、3月をもって降板した。日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」(木曜、後7・56)内の「ゴチになります!」に関しては、インスタで「ちなみにゴチは普通にクビですw」と明かした。

     関係者によると、現状で米国では大きな仕事は決まっていないという。「自分の道が、いい未来か悪い未来か分からないから、この2019年の1年間で、ちょっと見てきます!w悪かったら即帰るわw」と宣言。「ダサいこと言っていい?www『“生き様が、芸人”でありたい』」とジョーク混じりに抱負をつづった。


    4/9(火) 5:59配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000004-dal-ent

    (出典 i.daily.jp)


    【渡辺直美NY“移住” 米アーティストビザ取得!日本との往復生活へ】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/30(水) 10:22:12.35 ID:3n69j4E59.net

    この暴露ってダレトク?

    渡辺直美がバラエティ番組「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。
    現在大ブレイク中のお笑いコンビ・チョコレートプラネットの長田庄平と過去に怪しい関係に発展する寸前までいったことを同番組1月23日放送回で報告している。

    口説かれた芸人の話題になった際、渡辺は「家に呼ばれて、DVDを観るだけだったんだけど、ちょっとガバッと来られて。怖くて…。」
    と、ある芸人宅に招待され、DVDを見ていたところ、襲われそうになったことを説明。

    続けて、「私はお兄ちゃんみたいに慕ってたから、怖くて、やめてくださいって言って、泣きながら…」と、その芸人とは親しい関係だったため、この出来事にショックを受けたことを明かしている。

    その相手を聞かれると「んー、チョコプラの長田さん」と、渡辺はアッサリその相手が長田であることを告白した。
    何でも、渡辺によればDVDを見ている際に長田が渡辺の胸をふとした拍子に触ろうとしてきたらしく、そこに怪しさを感じていながらも渡辺は仮眠することにしたそうだ。
    で、寝る体勢をとったところ、長田が覆いかぶさってきたという。
    ちなみにこの出来事について長田は、後日「お前は抱き枕みたいに気持ちいい。
    キャラクターとして抱きついたから、男としてじゃないんだよ」と弁明してきたとか。

    このエピソードを知った視聴者からは「チョコプラ好きだったのに残念」「長田のそういうエピソードは知りたくなかった」と落胆する声があがっている。
    しかしながら、イメージダウンをしたのは長田だけではないようだ。渡辺に対しても「わざわざこんなこと言わなくてもよかったのに」
    「危険を感じながら帰らなかった渡辺も悪いだろ」と、このエピソードを打ち明けた渡辺を批判する声も上がっている。

    「2人は当時同じコントグループ『東京ワン・ダース』に所属していましたから、その出来事があった頃は本当に気まずい関係になってしまったようです。
    ただ、今から10年前の出来事ということですから、2人の中ではネタとして消化されていると判断して、渡辺は今回このエピソードを披露したのでしょう。
    ただ、同じグループに所属して仲間のような感覚だったとしても、危険を感じながら長田宅に居続けてきた渡辺も不注意だったと考える人もやはり多いようです。
    それに、慕っている先輩のイメージが下がってしまったわけですから、正直『何がしたかったの?』という感想を抱いてしまいますね」(エンタメ誌ライター)

    結果論ではあるが、今回のエピソードについては胸の中にしまっておいたほうがよかったかも?

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-120656/
    2019年01月30日 09時58分 アサ芸プラス




    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    (出典 fujipee.com)


    【渡辺直美、チョコプラ長田に襲われかけた体験告白で双方がイメージダウン!】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 muffin ★ :2018/12/22(土) 11:07:22.49 ID:CAP_USER9.net

    https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2018/12/avalon813-jwave.html
    018年12月21日

    渡辺直美が12月21日(金)、J-WAVEのラジオ番組『AVALON』に登場。『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー「ゴチになります!19」をクビになったことについて、「ヤラセでしょと言われるのが悔しい」「ガチです」と心境を明かしました。

    一部メディアで「海外留学をする」と報じられた渡辺。これについて、「日本で仕事をしながら海外に行く、というスケジュールです。勝手に噂で留学という話になってるけど、留学はしません!」と、きっぱり否定しました。

    渡辺:週刊誌の方に家がバレててさ。記者に「直美さん! 来年からニューヨークに拠点移すって本当っすか!?」と訊かれて「えっ!?」って。がっつり向こうに拠点を移すわけじゃないし、言うつもりなかったの。海外での仕事の幅を広げる、というだけだから。でも、そうやって記事になるとさ、みんな思うじゃん。「ゴチどうすんの。ゴチはクビってこと?」って。

    渡辺は「クビになりたくなかったのよ」と、日本で『ゴチ』の収録を行う前提でスケジュールを組んでいたとか。

    渡辺:クビになるつもりは一切なかったです。なのに、ラストでミスっちゃって……1万円くらいするかなと思って頼んだカニが2000円くらいで。そんなカニあります!?(笑) 大誤算。「わざと負けたんだ」とか言われるけど、それって、いっぱい頼むか少なく頼むかで負けるならわかるじゃん。でも、カニの数千円で負けるって、ガチじゃないと無理でしょ(笑)。

    『ゴチ』のオンエアでは、涙を見せた渡辺。テレビで泣くのが好きではないという気持ちはあったものの、こみあげるものがあったようです。

    渡辺:2年間みんなと仕事をさせてもらって、いい人たちばっかりで。憧れの岡村(隆史)さんとお仕事できたのも嬉しかったし、国分(太一)さんと矢部(浩之)さんと大杉(漣)さんが抜けて、昔からいるメンバーが、岡村さんの次は私、という状態で。はしもっちゃん(橋本環奈)もケンティ(中島健人)も若いし、「ここは私が岡村さんを支えてがんばらなきゃ」なんて、勝手に責任感を持ってやっていたのもあったから、それがぐっときちゃったのと……。あと、ゴチってガチだから。みんなガチで払ってるから。そこを、私が海外に行くっていう報道のあとにクビになって、「はいはい、ヤラセでしょ」みたいになっちゃうのも申し訳なくて。

    悔しさをにじませつつ、今後の番組について語ります。

    渡辺:私はクビになりましたけど、ケンティも田中(圭)さんも楽しいおふたりですし、岡村さんとの相性もバッチリだし。私が言うことじゃないけど、ゴチは楽しい番組なので、来年もお楽しみに! 私も来週からニューヨークに行ってきます。すぐに戻ってくるんだけどね。

    最後は「これ、どうしても言いたかったの! ガチです!」と強調した渡辺でした。


    【渡辺直美、『ゴチになります』のクビについて語る「ヤラセでしょって言われるのが悔しい」「ガチです」】の続きを読む



    (出典 www.vivi.tv)



    1 ひかり ★ :2018/09/18(火) 00:15:29.82 ID:CAP_USER9.net

    「渡辺直美さんは来春からNYに渡ることを考えているそうです。日本以外にも活動の場を広げ、全世界で認められるエンターテイナーになるべく
    動き始めていると聞きました」(渡辺の知人)

    お笑い芸人、女優、そしてフォロワー数820万人の“インスタの女王”として枠に収まらない多才ぶりを発揮している渡辺直美(30)。
    6月に発表された米国『TIME』誌の“ネット上で最も影響力のある25人”でも、トランプ大統領や歌手のリアーナらと並び唯一、
    選ばれた日本人が渡辺だった。そんな渡辺が今、“NY進出”を真剣に考えているという。

    「もともと14年に、彼女はダンスと語学の勉強のため、NYに短期留学をしたことがあります。その当時の経験があまりに衝撃的で、
    今回の本格的な渡米計画のきっかけとなったそうです」と、打ち明けるのは服飾関係者。

    5月末にはNYの国連本部で開かれたファッションセレモニーにも登場している。こうした手応えに自信をつけ、もっと活躍の場を広げるために
    渡米を決意したのだろうか。9月中旬の夜7時頃、真相を聞くべく、都内の自宅マンションに帰宅した渡辺を直撃した。

    ――来春からNYに行くと伺いましたが、本当なのでしょうか。

    「……はい。まだこれから吉本の上の人と話を詰めるので、どうなるかわからないんですけれど、来年2月くらいに行けたらと思っているんです!」

    渡辺は突然の直撃に戸惑いつつも、意を決したようにハッキリとNYに行く計画を明かしてくれた。

    ――NYでは主にアーティスト活動をしていくのでしょうか。

    「アーティスト(笑)。コメディーが好きなので、NYではコントをやりたいんです! あっちでコメディタッチの演技とかやってみたいなと
    思っているんです。日本とNYを行き来しながら、お仕事できたらいいなと思っていて」

    ――お金の話をして申し訳ないんですが、海外の方が、ギャラも上がるんですか。

    「それが、あっちでの知名度がまだまだなので全然なんです。今まで何度か向こうからお話をいただいていたんですけれど、日本でのギャラの方が
    いいですし(苦笑)。まだ、レギュラー番組の関係者の方とかにもお話ししていない状態で……」

    現在、渡辺は『ぐるナイ』(日本テレビ系)の「ゴチになります!」など多数のレギュラー番組を抱えている。人気者だけに、本人の意向だけで
    即座に渡米できるわけではないようだ。

    ――以前の留学で英語はかなり上達したのでしょうか。

    「留学当時は、ゼロからのスタートでしたけど、いまは中2レベルくらいまではいけます(笑)。そこから勉強していないので、次は実践に
    移したいなと思っています」

    ――来年2月からの渡米はどれぐらいの期間の予定でしょうか。

    「NYで何となくお仕事をしつつ、半年ぐらいと思っています」

    ――向こうでコントを突き詰めていきたい、と。

    「はい。泣くようなシリアスな演技ではなく、『Mr.ビーン』みたいな、みんなが見ていて面白くて笑えるコメディーの演技がやりたいなと思っていて。
    今はやっぱり、ビヨンセとかファッションのイメージが海外では強いと思うので、芸人として日本でもやっていることが海外でも通用するように
    頑張りたいな、と。今年末くらいに日本で単独ライブをやって、いずれは英語も覚えて、5年以内にスタンダップコメディー(漫談)をやりたいなと
    思っています」

    ――応援しています!

    「本当ですか、嬉しい~。でも、まだ全然決まっていないので、もしかしたら行けないかもしれないですけど、完全にNYを本拠地にするつもりはないです。
    何個か向こうからお話はいただいているんですけど、日本での仕事と被って断ることが多くて。日本でもたくさんの人にお世話になっていて、
    レギュラー番組もあるし、収録の度に帰って来るという風にするか……。ちょっと長い時間はかかるかもしれませんが、周囲に理解してもらって、
    自分の提案をしっかり実現できるように頑張ります!」

    NY修業で芸を磨き、“世界のナオミ”へ。渡辺の夢が笑顔で叶う日を本誌は心待ちにしている――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180918-00010001-jisin-ent


    【渡辺直美 来年NYお笑い修行へ!本誌だけに語った三十歳の夢】の続きを読む

    このページのトップヘ