気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:音楽 > 宇多田ヒカル



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 ひかり ★ :2018/07/18(水) 19:54:18.59 ID:CAP_USER9.net

     シンガーソングライターの宇多田ヒカルさんのつぶやきが、ツイッターで「リツイート」4万件の大反響を呼んでいる。

      「有名無名問わず、誰かがメディアでした話から別の誰かが一言だけ抜き取って、文脈から切り離してネットで持ち出して、そこから少数派を除いた多くの人が
    ソースの文脈を参照しようとしないまま自己投影に基づいた批判や擁護(つまり妄想)のたたき台にして論争が繰り広げられる現象にまだ名前ないのかな」

    ■宇多田「まさにこれ!」

     宇多田さんは2018年7月17日、ツイッターでそんな疑問を投げかけた。このツイートは18日現在までに「リツイート」4万件、「いいね」10万件の拡散を生んだ。

     ツイートへのリプライ(返信)欄では「ありますよ。ストローマン論法といいます」「ストローマンといわれるもの」との声が寄せられた。

     「ストローマン」とは、相手の意見を捻じ曲げたり、一部分だけを取り上げたりして、自分が主張しやすいようにするやり方のこと。日本語で「わら人形論法」
    とも言う。

     宇多田さんはこうしたリプライに「おお、ストローマン!まさにこれ!ウィキで調べて勉強になりました」と返信。「ストローマン、または藁人形論法という言葉を
    初めて知ってスッキリした!」とも投稿した。

     今回のツイートで初めてストローマンという言葉を知った人も多いようで、ツイッターには「ストローマン論法って言うのね。 知らなかった...」との声が続出。
    偶然にもストローマンの認知度向上に一役買う形となったようだ。

     ちなみに、宇多田さんツイートへのリプライ欄では、

      「たぶん『言葉狩り』って言うんじゃないでしょうか?」
      「木を見て森を見ず」
      「悪意だらけの劣化コピーとか?」

    などなど、その他の意見も殺到していた。

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000009-jct-ent


    【宇多田ヒカルのツイートでがぜん注目 「ストローマン論法」とは?】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 ひかり ★ :2018/07/14(土) 23:48:29.96 ID:CAP_USER9.net

     シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(34)が14日、TBS系「音楽の日」に出演し、日本に帰ってきても周囲に気付かれて騒がれることはないと明かした。
    現在は英ロンドンに住んでいるとしている。

     MCの中居正広と10年ぶりに対面とあって、互いに「久しぶりです」と挨拶をかわした。宇多田は中居に「スーツ姿って初めてかもしれない」と見慣れないことを訴えると、
    中居は「けっこうスーツで会ってますよ」と応じた。

     宇多田はロンドンに住み、5年ほどになるという。中居が当地で騒がれることはないかを尋ねると、宇多田は「まったくないです。日本でもないです。
    気付かれないです」と早口で話した。デビューして20年とあり、早かったかを問われた宇多田は「あんまり覚えてないです。最初のころのこと。緊張していたせいかも。
    似合わない場所に無理に出ているので」とテレビ出演は緊張することを明かした。

     思い出の歌として「アノ日の歌」を宇多田は聞かれ、ディズニー映画「リトル・マーメイド」とのカセットテープを小学1年生のころに買ったことを話し、
    同映画の「パート・オブ・ユア・ワールド」が大好きで、たまにカラオケで歌うことを明かした。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000103-dal-ent


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 portal.st-img.jp)


    【宇多田ヒカル 日本に帰っても周囲に気付かれないと告白…テレビ出演は苦手とも】の続きを読む


    宇多田ヒカル「不倫」「略奪愛」ウワサ飛び交う スクープのキナ臭い裏側


    NO.6266587 2018/04/10 14:53
    宇多田ヒカル「不倫」「略奪愛」ウワサ飛び交う スクープのキナ臭い裏側
    宇多田ヒカル「不倫」「略奪愛」ウワサ飛び交う スクープのキナ臭い裏側
    4月7日付の「日刊スポーツ」で、イタリア人男性との離婚が報じられた宇多田ヒカル。

    その原因や離婚時期は不明であり、本人からの正式発表が待たれている状況だが、現在、各メディアは離婚と同時に、宇多田の“熱愛”情報を取材中のようだ。

    そのお相手は、すでにネット上で特定されているというが……。

    2014年2月、宇多田は8歳年下のイタリア人男性と電撃再婚を発表。

    翌年7月には、長男が誕生したと、自らのホームページで報告していた。

    「一方で、離婚に関しては、本人からの報告は一切なく、3月頃から一部メディア関係者の間でウワサが出ていた程度。というのも、メディアが離婚に関して取材しようにも、“取材先”がないに等しい状況だったんです。宇多田は活動拠点を海外に置いているし、また昨年移籍した所属レコード会社ソニー・ミュージックの関係者も、宇多田本人とコミュニケーションが取れていない様子で……。唯一、宇多田と共に前所属のユニバーサルミュージックからソニーに移籍してきた男性プロモーターたちだけは、彼女と話ができるようですが、彼らが“宇多田の私生活”に関する取材に応じるとは到底思えませんし」(スポーツ紙記者)

    そんな中、宇多田が自らプロデュースを手がけるアーティスト・小袋成彬との親密関係が、一部で盛り上がりを見せている。

    4月10日発売の「女性自身」(光文社)でも、小袋について「(宇多田との)親密さが噂されるようになっていた」などと報じられている。

    「フリーの音楽プロデューサーだった小袋ですが、16年リリースの宇多田のアルバムで楽曲コラボを行った際、宇多田が彼の歌声に魅せられたそうなんです。そして、宇多田からのラブコールによって、彼女がプロデュースを務める小袋のデビューアルバム『分離派の夏』のリリースが決定しました。これについて小袋は、自分がアーティストに転身したのは、宇多田の後押しがあったためとメディアで明かしています。彼は現在、今月リリースされるアルバムのプロモーションを活発に行っているのですが、このタイミングで宇多田との仲が報じられたことにより、業界内で『これもプロモの一環では』と“話題作り”を疑う声が出ているんです」(レコード会社関係者)

    離婚が成立しているのであれば、たとえ交際中だったとしても何ら問題はない。

    しかし、離婚時期の詳細が伏せられているだけに、こんなウワサが飛び交っているようだ。

    「『不倫』『略奪愛』と断定することは難しいものの、その可能性もあるのではないか、と。宇多田は、私生活で何らかの動きがあった際、マスコミからの要らぬ詮索を避けるため、自ら情報発信をしてきました。しかし今回、宇多田は離婚を先にマスコミに報じられた。何かしら後ろ暗いところを隠し持っているのではないでしょうか」(前出・記者)

    これ以上の誤解やあらぬ疑惑を招かないために、当事者の口から、何らかの報告があることに期待したいところだが……。

    【日時】2018年04月10日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【宇多田ヒカル「不倫」「略奪愛」ウワサ飛び交う スクープのキナ臭い裏側】の続きを読む



    (出典 images.talent-dictionary.com)



    1 Egg ★ :2017/12/24(日) 12:14:29.38 ID:CAP_USER9.net

    《新曲がリリースされたとかサブスク系解禁になったとか歌詞集が出たとかデビュー19周年迎えたとか告知することありすぎてパニック》

    12月10日、自らの多忙ぶりをツイートした宇多田ヒカル(34)。前日の9日が彼女のデビュー19周年の記念日で、その直前には'18年に全国ツアーを開催することも発表している。レコード会社関係者は言う。

    「宇多田の全国ツアーは実に12年ぶりになります。前回は12カ所23公演で19万人を動員しましたが、今回はそれを上回る規模になるでしょう。
    9日には初の歌詞集『宇多田ヒカルの言葉』も発売していますが、歌手デビュー20年目のメモリアルイヤーを全力で駆け抜けたいという意気込みも伝わってきますね」

    宇多田は現在ロンドンで生活しているが、彼女を知る音楽関係者は次のように語った。

    「実は12月上旬に宇多田さんは日本に帰国していたのです。14年に結婚したイタリア人男性と、15年に生まれた男の子もいっしょです。このことは彼女の周囲のごく一部にしか知らされていません」

    宇多田は12月5日に、飛行機に乗っていることをツイートしていたが、日本へ一時帰国する途上だったようだ。音楽関係者が続ける。

    「彼女が“パニック”と表現しているように、これから1年の活動は、かなり忙しいものになります。特に'18年のツアーは長期におよびますから、家族も日本に滞在することになります。
    打ち合わせ案件も膨大になりますから、日本で直接話したほうが良いと判断したようです」

    帰国の目的は、もう1つあったという。

    「2歳になる息子さんにとって冬の時期の日本は初めてのようです。彼女はかねてからクリスマスケーキで祝う日本のクリスマスを、海外とは異なる独自のイベントと考えています。
    息子さんにロンドンとは異なるクリスマスも体験させたいと思ったのでしょう」(前出・音楽関係者)

    音楽活動に育児にと、18年は“全開の宇多田ヒカル”を日本で見られそうだ――。

    2017年12月24日 11時0分 女性自身
    http://news.livedoor.com/article/detail/14072455/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【<宇多田ヒカル>極秘帰国していた!そこにあった2つの目的とは・・・?】の続きを読む

    このページのトップヘ