(出典 geinou-news.jp)



1 きゅう ★ :2017/12/19(火) 19:48:08.65 ID:CAP_USER9.net

 きのう、東京ドームで新たな伝説が刻まれた。KinKi Kidsが、みずからが持つ同所のコンサート記録を“20年連続”に更新したのだ。デビュー20周年となった同公演は、堂本剛が左耳に突発性難聴を患っている体調を考慮して、全編オーケストラで構成。ジャニーズライブの定番であるうちわ、ペンライトを禁止にした。同公演で、観客総動員数は計56公演、300万人を突破。これは、改装前の国立競技場を超満員にしたSMAP、嵐でさえ達成できない偉業である。

 KinKiはそもそも、音楽性においてはほかのジャニーズユニットと一線を画していた。97年のデビューからして、異例づくしだったのだ。

 剛は8歳から地元・関西の芸能プロダクションに所属して、子役タレントとして多くの舞台を踏んでおり、堂本光一は91年からジャニーズで活動。2人には、歌手デビュー前から高視聴率ドラマに出演した高実績があったため、デビューの際は熾烈な争奪戦が展開。ジャニーズは、プロモーションに創業以来最高額となる3,000万円を投入した。“ジャニーズ・エンタテイメント”という新レーベル会社を設立し、現在はNEWSや中山優馬、ジャニーズWEST、少年隊も籍を置く。

 デビュー日の7月21日には、シングル『硝子の少年』と1stアルバム『A album』を同時発売。『硝子の少年』を作詞した松本隆、作曲した山下達郎にジャニー喜多川社長は、①初登場1位②ミリオンセールスという2つの過酷な条件を課している。

 5月29日に東京・豊川稲荷で開かれたデビュー発表記者会見は、新宿アルタの大型ビジョンに生で映しだされた。このときに掲げられた「KinKi Kids」の提灯は今でも同神社に残されており、ファンが聖地巡礼で訪れる際には必ず写メる。

 社運を賭けたPRは見事に功を奏して、『硝子の少年』はオリコン初登場1位。出荷枚数はおよそ262万枚で、累計売り上げ枚数は178.6万枚。KinKi史上最高のメガヒットソングとなり、97年の年間シングルCD売り上げランキングで第2位。翌春の『選抜高校野球大会』の入場行進曲にも使われた。

 東京ドーム公演の火ぶたが切られたのは、この翌98年から。デビュー10周年メモリアルを“ファン感謝イベント”と銘打って開催した07年7月22日には、6万7千人を動員。1公演動員の最多となった。

 ちなみに、東京ドームの連続最長記録を樹立しているのは、後輩のKAT-TUN。彼らは06年3月、デビューシングル『Real Face』をリリースする5日前に同場所で単独ライブを開催するという、前人未到の記録を達成しているが、この3年後、8日連続公演を成功させている。しかも、7日連続に応募が殺到したため、急きょ追加1公演が加えられている。

 ジャニーズグループにとってドーム規模のライブは、通過点に過ぎない。しかし、KinKiは規格外。7月にリリースした『The Red Light』が、オリコン週間シングルランキングで初登場首位を獲得したことによって、“デビューからのシングル首位連続作品数記録”のギネス記録を38作連続へ更新している。

 ワールドワイドのスケールになっている剛と光一。そろって38歳で“硝子の中年”になっても、現役感はバリバリなのだ。

http://wjn.jp/article/detail/7885370/


【”硝子の中年”になってもKinKi Kidsがスゴい理由】の続きを読む