気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:女優 > 綾瀬はるか



    (出典 takeda-kenko.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/04/13(土) 06:35:49.50 ID:fQVK8ugt9.net

     芸能人にとって、「ステイタス」でもあるCM出演。年間契約ともなれば、「企業の顔として信頼されている証し」となり、数日の稼働で高額なギャラが転がり込む。

    「芸能人のCM契約料は、『訴求力』に対する評価。世間的に人気はあっても、CMとなるとまた別で、たとえば坂上忍をテレビで見ない日はないが、彼のテレビでの露出量とCMの出演本数は比例しません。

     クライアントにお金を出してもらう以上、『清潔感』や『品行方正』なイメージがCMタレントには求められるのです」(広告代理店)

    「おいしい仕事」であるうえ、好印象のバロメータにもなるわけだ。しかし昨今、CMのギャラは大きくコストダウンしているという。

    「クライアントが『適正価格』を求める傾向にあり、タレント優位の『売り手市場』的な考え方が通用しなくなっています。

     その結果、芸能事務所サイドも高値のまま売れ残るより、2、3割引でも契約できるほうをよしとする傾向が強くなり、『戦略的に値下げ』するケースが増えました。かつて1億円を超えていた木村拓哉も、値段を下げることで新規契約を勝ち取っています」(広告代理店キャスティング担当)

     今回本誌は、大手広告代理店の営業担当が、約6000社のクライアントに持参している、「芸能人の2019年度ギャラ(4月から)」が記された、極秘資料を入手した。条件によって金額は上下するが、4月の改定時期に交渉の基準として提示するものだという。

     そして、5000人にも及ぶリストをもとに、女性100人をランキング形式で抽出した。

     女性芸能人でもっともギャラが高いのが、現在11社と契約中の綾瀬はるか。契約数では、18社の白石麻衣より少ないが、1社あたりの契約料の高さで実質的な「CM女王」だ。

    「出演するCMは、日本を代表する企業のものばかり。男女どの世代からも、満遍なく支持率が高いのが彼女の強み」(広告代理店CMプランナー)

     綾瀬に続くのが、吉永小百合と米倉涼子。

    「吉永は『企業理念と合うから』と、これまでシャープや雪印などのCMに出演。レジェンドになりつつある彼女と契約を希望するクライアントも多いが、若年層への訴求が難しくなってきた。

     米倉も、主演ドラマは軒並み高視聴率だが、CM業界で今の位置になったのは、昨年くらいから」(広告代理店関係者、以下同)

     4位には石原さとみ、北川景子、有村架純が並ぶ。

    「契約数と料金で計算すると、有村がCM契約料総額のランク2位。石原が3位で、デッドヒート状態」

     トップ10圏外での注目株は、17位の広瀬すず。

    「4月から始まった、NHKの朝ドラ『なつぞら』が絶好調。今の若手女優のなかでは、トップ10入りを狙える存在です」(広告代理店キャスティング担当)

     さらに、ともに23位の川栄李奈とKoki,の2人。

    「川栄は、『元AKB48』という肩書が必要ないほどの活躍ぶり。料金も安価なうえ、確実に商品の訴求に役立つ『コスパの女王』です。

     Koki,は、誰もが知る親の七光りですが、露出をしすぎない出し惜しみ戦略が、今のところ功を奏しています」(広告代理店関係者、以下同)

     元五輪金メダリストの経歴で、知名度も抜群の吉田沙保里も、2000万円への大幅アップを勝ち取ったが……。

    「日テレ『ZIP!』の新レギュラーが決まるなど、現役時代の圧倒的な実績で、注目度が期待できるとのことでアップ査定となった。

     ただ、ここ最近、テレビではしゃぎすぎている姿に反感を抱く視聴者が少なからずいる。契約金アップが災いして、買い手がつかない可能性もある」

     ダウン組で注目されるのは、2019年度のギャラが2000万円で並ぶ、小泉今日子と松嶋菜々子の2人。

    「小泉は、昨年2月に大手事務所から独立した際、公式サイトで豊原功補との不倫関係を告白した。さすがに危なくて使いづらい。

     松嶋は、事務所が超強気で、最盛期は8000万円と高額だったが、主演ドラマの『低空飛行』連発が痛かった。ギャラが高すぎて、契約が難しくなった」(広告代理店キャスティング担当)

     ZOZOの前澤友作社長との熱愛で、半ば休業状態の剛力彩芽は、1000万円ダウン。

    「ほとんど取引停止状態。この値段でも買い手はつかないでしょう」(広告代理店関係者)

     次のページでは、女性タレントランキングの全貌を公開する。


    >>2以降に続きます

    4/13(土) 6:01配信 SmartFLASH
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190413-00010001-flash-ent


    (出典 response.jp)



    (出典 princess.onl)



    (出典 up.gc-img.net)


    【綾瀬はるか5500万円「女性CMギャラ」ランキング一挙公開】の続きを読む



    (出典 biz-journal.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/08/14(火) 14:16:10.91 ID:CAP_USER9.net


    (出典 pbs.twimg.com)


    8月7日に放送された綾瀬はるか主演のテレビドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)第5話の視聴率が、13.1%だったことがわかった。この記録は、番組最高視聴率だという。

    「前回、ステルス性胃ガンを患っている竹野内豊演じる良一が倒れてしまうラストだったため、第5話は視聴者の注目度が上昇。視聴率は4話から0.9ポイントアップし、過去最高となりました。今回、良一の死は直接的に描かれませんでしたが、次回予告を見ると舞台は10年後に移っているため、竹野内がメインで登場するのは今週で最後だった可能性があります」(テレビ誌記者)

    同ドラマは回を重ねるごとに視聴率を上げ、内容も絶賛されているため、同時間帯に放送されていた新垣結衣主演「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の人気を超えるのではないかとも囁かれている。

    だが今回、高視聴率を叩き出したのは、綾瀬による体当たり艶演技の力も大きいという。

    「第5話では、親子3人が布団を並べて眠るというシーンがありました。そこで枕投げをする展開が描かれるのですが、綾瀬演じる主人公は枕を投げる際、野球のピッチャーのようなフォームを披露。そこで片足を大きく上げた瞬間、生地の薄いパジャマがヒップに食い込み、そこのラインが全見え状態となる奇跡的な場面が映ったのです。これには視聴者から『ここまで見せていいの!?』『こんなプリプリのヒップを目の前で見たら我慢できない!』と称賛の声が飛び交いました」(前出・テレビ誌記者)

    第3話でも、バストを強調した衣装で男性視聴者を魅了していた綾瀬。今後も彼女の艶ショットには大きな注目が集まりそうだ。


    以下ソース
    https://www.asagei.com/excerpt/110047


    【【ドラマ】見せすぎ! 綾瀬はるか 片足を上げた瞬間の食い込みヒップに視聴者がクギ付け!】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/13(月) 14:57:40.00 ID:CAP_USER9.net

    8月9日発売の「女性セブン」が、現在放送中のテレビドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)
    で共演する綾瀬はるかと佐藤健の、収録現場での様子を掲載した。記事によると、2人は親密な仲を伺わせるという。

    「ドラマ撮影の合間に佐藤が『またボーっとして』『この意味わかる?』と笑顔で綾瀬をイジると、
    彼女は顔をプーっと膨らませて『嫌いかも…』と冗談で返すなど、かなり良い雰囲気だそうです」(芸能記者)

    そんな仲の良い2人だが、13年に公開された映画「リアル~完全な首長竜の日~」以降、5年もの間、共演はなかった。
    この背景には、綾瀬と佐藤が共演NGになっていた可能性があるという。

    「13年の共演時、綾瀬はバラエティ番組にて佐藤との喧嘩エピソードを明かしています。
    それによると、現場で舞台の話をしていた際、佐藤から『え? 綾瀬さんにあの舞台の良さがわかるんですか?』と言われたことで、バカにされたと思い激怒したのだとか。
    彼女は笑い話として披露していましたが、それ以降、不自然なほど共演がなかったため、不仲の噂が飛び交うこととなりました。
    しかし『女性セブン』によると、一時は共演NG入りしたと言われていたそうですが、5年も経ったことで解禁されたもようです」(前出・芸能記者)

    喧嘩を経験したことで2人の距離はグッと近くなったのだろうか。
    今後、ドラマは後半に入り、2人の共演シーンはさらに増えていくと思われるため、熱愛に発展する可能性もありそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15152024/
    2018年8月13日 10時40分 アサジョ


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 image.space.rakuten.co.jp)


    【共演NGから一転?綾瀬はるか&佐藤健が「義母ムス」の撮影裏で急接近!】の続きを読む



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 黄金伝説 ★ :2018/04/18(水) 16:38:49.48 ID:CAP_USER9.net

    新しい男ができた!?綾瀬はるか、大追跡された「深夜の極秘プライベート」

    かつて「恋人にしたい女性有名人」のランキングで3連覇を達成した綾瀬はるか(33)。三十路を超えてフェロモンは増すばかり。そんな人気女優の周囲にオトコの影がチラつきはじめているという。スポーツ紙デスクが明かす。

    「最近、にわかに怪しい動きをしているんです。深夜に自宅から一人でタクシーに乗り込んで出かけるところが頻繁に目撃されるなど、マスコミ関係者の間では『新しい男がデキたのでは…』と勘ぐる声がよく聞かれます」

     綾瀬といえば、昨年秋放送の主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)が10話平均12.7%という高視聴率をマーク。冒頭の「男の噂」が流れて以降、マスコミ各社が密着マークするものの、

    「綾瀬が乗った車を尾行するのは至難の業で、複数の車両を動員しても失敗に終わるんです」

     とはベテランの芸能記者。続けてこんなエピソードを明かすのだ。

    「先日もある仕事の現場から追いかけたところ、綾瀬が乗った車は首都高速へ。すると左側の走行車線で最低速度ギリギリのノロノロ運転を続けるんです。
    他の車がどんどん追い越していく中で、尾行チームだけがピッタリと張りついていたらバレバレ。仕方なく追い抜くと、すぐに進路を変更するなどして、まくのが常套手段ですね」

     はたして超厳戒カーチェイスの末に向かった先とは──。4月17日発売の「週刊アサヒ芸能」では、各マスコミが注目の「オトコ探し」を大追跡。意外な出没先とプライベートを詳細にリポートしている。

    https://www.asagei.com/excerpt/102534


    【新しい男ができた!? 綾瀬はるか、大追跡された「深夜の極秘プライベート」】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 予想健ちゃん ★ :2018/04/06(金) 20:31:19.70 ID:CAP_USER9.net

    綾瀬はるか 深層スクープ! 元カレを巡り日テレ出演拒否に発展か

     綾瀬はるか(33)が、元カレ、大沢たかお(50)と交際歴がある女性が日本テレビに入社することに態度を硬化。前代未聞の「出演拒否」に発展しそうだ。

     「最近の綾瀬は不機嫌です。というのも、4月から日本テレビに、ミス慶応の肩書きを持ち、大学時代は大手プロ所属でタレント活動もしていた岩田絵里奈(22)がアナウンサーで入社すると、3月15日発売のフライデーに報じられたから。実は彼女、'15年、同誌に大沢との熱愛を報じられた女子大生本人というのです。綾瀬がピリピリするのも無理はない」(芸能ライター)

     綾瀬は、広瀬香美と'06年に離婚した大沢と、'08年の映画『ICHI』、'09年の連ドラ『JIN-仁-』で共演。'10年には綾瀬が大沢宅に通う姿が報じられて熱愛が発覚した。
     「結婚寸前でしたが、綾瀬は売り出し中だったため、所属事務所に“強制破局”させられたと言われます。大沢にとって、綾瀬の次の彼女が岩田アナの可能性も高い。
    人気女優と、日テレ新人アナが同じ元カレ、という構図になるわけです」(同)

     '15年1月には松坂桃李との熱愛が報じられた綾瀬だが、のちに自然消滅。実は、今でも大沢との復縁を望んでいるというのだ。
     「綾瀬は17歳年上の“大人の男”大沢との恋が忘れられず、今でも大好きなのです。テレビ界が配慮して共演NGになっていますが、その思いは、本気のようです」(芸能プロ幹部)

     それだけに今回、岩田アナが業界にズケズケと入ってくることを知り、女の嫉妬を爆発させているという。
     「綾瀬は“日テレの仕事はしたくない”と同局への出演拒否すらチラつかせているそうです。'14年の『きょうは会社休みます。』、昨年の『奥様は、取り扱い注意』で連ドラ主演を務めるなど日テレと深い関係があるだけに、局幹部は頭を抱えているようです」(同)

     日テレには、元『乃木坂46』1期生の市來玲奈(22)も、“大型新人”として入社が決まっている。
     「日テレとしては岩田アナと市來アナを二枚看板として売り出すつもりだったようですが、岩田アナには早くも過去の傷が発覚。
    一方、市來アナも、乃木坂46人気を嫌うAKB48グループメンバーから“共演NG”を指定される可能性がある。今年の日テレ新人アナ市場は混乱しそうです」(日テレ関係者)

     日テレにとっては、とんだ“トバッチリ”。

    https://npn.co.jp/article/detail/23078535/


    【綾瀬はるか(33)、元カレの大沢たかお(50)を巡り日テレ出演拒否に発展か 今年入社の女子アナが原因?】の続きを読む

    このページのトップヘ