気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:芸能人 > 松居一代



    (出典 yumeijinhensachi.com)



    1 ひかり ★ :2018/10/24(水) 06:58:03.72 ID:CAP_USER9.net

     近隣住民が「彼女は猛烈に反対しているって話ですよ。実際に警察が駆けつける騒ぎになったこともありましたね」と話すのは、船越英一郎との離婚騒動で
    一躍その猛女ぶりが話題になった松居一代。

     YouTubeなどで夫婦生活を暴露し、元夫から名誉毀損で訴えられてしまった。

    「書類送検されたのですが、今年9月には不起訴処分とされました。バイアグラを持ち出したり、不倫疑惑を話すなど、やりたい放題。訴えられたのは
    しかたがないでしょうね」(スポーツ紙記者)

     そんな松居が次の“闘い”のターゲットにしたのが、ご近所で建設中のマンションだ。

    「昨年末から建物の解体が始まり、今年4月くらいから建設が始まったんです。閑静な住宅街の細い道路に大きな重機が行き来したりして、
    危ない思いをした人も多かった。しかも、松居さんの家の前を通るもんだから、ついに彼女の怒りが爆発したんですよ」(前出・近隣住民)

     建設現場は松居の自宅と同じ区画。離婚騒動と同じく、今回もさぞや荒れているはずだ。そこで10月中旬、車で帰宅した松居を直撃取材した。

    ─マンション建設に対して、かなりご立腹だそうで?

    「ここ見てよ。これだけ道が傷ついているのよ(そう言うと、記者を10メートルほど先の道路へ)。

     この傷が上までずーっと続いてるの。うちの前にトラックを止めて、大型のショベルカーを降ろして走らせたの。それで、道路を土でドロドロに汚しても
    おかまいなし。何にも掃除しないから非常識じゃないのと。それでも工事関係者は“僕たち汚してません”って言うんですよ」

    ─警察ざたにもなったそうで?

    「5月ごろよ。あまりに認めないので警察を呼んだら、ちょうどショベルカーが移動しているときで。10人くらいの警官が駆けつけてくれましたよ。
    公道を汚したままにしているから怒ってるのよ。いや、怒ってるんじゃなくて注意ね。

     方は反対運動をしていますけど、私はマンションを建てること自体に怒ってるわけじゃないのよ」

     警察の指導により、工事業者は高圧洗浄機で道路の汚れを落としたという。その後、工事車両は松居の家の前を通ることを遠慮しているようだ。

    「20メートル圏内の方だけに説明会はしているみたい。私のところは近くだけど、ちょっと圏外なのよ。だけど、こんなに近くで工事するわけだし、
    家の前も通るんだから、法律で決まっているからって、一律に20メートルで区切りをつけるのはどうかなって思うわね。

     しかも、この道路は通学路なのよ。そこに道幅いっぱいの重機が朝、昼と通るんですよ。事故が起こってからでは遅いじゃないですか」

     重機が通過する一部始終などは、すべてiPadで撮影しているという。

     そこで、彼女に噛みつかれたマンションを開発・販売している不動産会社に事実関係を確認すると、「契約者さんもおり、個別の案件については
    お答えすることはできません」と、困り果てた様子だ。

     工事はまだ基礎の部分のみ。来年夏ごろまで建設は続くようだが、彼女をまた怒らせるようなことがあったら、あのYouTube爆弾が再び炸裂するかも─。

    週刊女性
    http://www.jprime.jp/articles/-/13606?display=b

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    【松居一代、自宅近辺のマンション建設に噛みつき 警察が出動】の続きを読む



    (出典 www.rbbtoday.com)



    1 湛然 ★ :2018/10/14(日) 04:57:07.61 ID:CAP_USER9.net

    松居一代、体調不良か 壇上で呼び掛けに反応できず
    [2018年10月14日0時17分] 日刊スポーツ

    デヴィ夫人(78)が代表のNPO「アースエイドソサエティ」主催のチャリティーパーティーが13日、都内ホテルで開かれ、松居一代(61)が一時、ステージ上で呼び掛けに反応しないというハプニングがあった。

    パーティー最後のチャリティーくじ引きの時だった。松居は、当選番号を読み上げる手伝いをするため、他の参加者と一緒にステージに上がった。しかし松居の番になっても声が出ず、顔がこわばって、体も動かなかった。

    隣にいた神田うの、鈴木奈々が支えたり、スタッフが水を持ってくるなど、慌ただしくなったが、周囲の呼び掛けに松居は、小さな声で「大丈夫」と応えた。ステージ上にはいすが運ばれ、背もたれに手を置いて体を支えていた。

    しばらくすると落ち着いたのか、そのままステージに残り、最後までパーティーに参加した。終了後、松居は「楽しかったです。暑かったから。大丈夫です」と笑顔で応えて、周囲を安心させた。


    抽せん会で登壇した松居一代(左から2人目)は壇上でふらつき、鈴木奈々(左)に助けられながら水を飲む。右から杉本彩、神田うの(撮影・河野匠)

    (出典 www.nikkansports.com)

    松居一代はパーティーを終えて待ち受けた報道陣に元気をアピールした(撮影・河野匠)

    (出典 www.nikkansports.com)


    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810130000934.html


    【松居一代、体調不良か 壇上で呼び掛けに反応できず】の続きを読む



    (出典 www.news-postseven.com)



    1 シャチ ★ :2018/09/19(水) 18:01:37.54 ID:CAP_USER9.net

    9/19(水) 17:57配信 読売新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00050060-yom-soci
     元夫で俳優の船越英一郎さん(58)に対する名誉毀損(きそん)容疑で警視庁に書類送検された女優の松居一代さん(61)について、東京地検は19日、不起訴とした。起訴猶予とみられる。

     松居さんは昨年7月頃、ブログや動画投稿サイトで船越さんを中傷する内容の書き込みや動画を投稿したとして、今年6月に書類送検されていた。


    【松居一代さん、不起訴に…船越さんに対する名誉毀損容疑 「お母ちゃん…」会見はあるのか?】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 ひかり ★ :2018/06/22(金) 15:59:49.03 ID:CAP_USER9.net

     元夫で俳優の船越英一郎さん(57)を中傷する動画をインターネット上で公開したとして、警視庁は22日、元妻で俳優の松居一代さん(60)を
    名誉毀損(きそん)の疑いで東京地検に書類送検した。北沢署への取材でわかった。

     署によると、送検容疑は昨年7月ごろ、船越さんの名誉を傷つける動画を投稿サイトで公開するなどしたというもの。署から書類送検を伝えられた
    松居さんは「わかりました」と答えたという。

     船越さんと松居さんは2001年に結婚したが、昨年12月に離婚が成立した。

    朝日新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000079-asahi-soci


    【松居一代さんを書類送検 元夫の船越さんを中傷した疑い】の続きを読む



    (出典 eiga.k-img.com)



    1 ひかり ★ :2018/06/03(日) 16:05:48.81 ID:CAP_USER9.net

     元夫で俳優の船越英一郎から名誉毀損で刑事告訴されているタレントの松居一代が3日、ブログを更新。「両親も苦しんでいます」のタイトルで、
    悲痛な思いをつづった。

     ファンからの励ましに感謝を示す一方で、「ストレスはあたしだけではないんですよ」と告白。両親の近況について「滋賀県に住む90才のおとうちゃん 
    87才のおかあちゃんは2人で暮らしています。その両親にも刑事告訴による強いストレスがかかっています。おかあちゃんは眠れなくなってしまい…
    導眠剤がこれまでの倍の量になってしまいました」とした。

     松居は昨年、船越の所属事務所・ホリプロから名誉毀損の民事訴訟を起こされ、5月16日に和解が成立。その後、船越から告訴された。
    「元夫は『自分の両親だと思って大切にします』と話していました。ところが、離婚したのに刑事告訴です。酷いことです。
    両親は苦しんでいるのですから…」と訴えた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00000074-dal-ent


    【松居一代 元夫・船越の刑事告訴に悲痛な思い「両親も苦しんでいます」に「自業自得」の声殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ