気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:ジャニーズ > TOKIO



    (出典 trendnews107.up.seesaa.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/15(木) 14:14:16.04 ID:CAP_USER9.net

    14日に出場歌手が発表された大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」に名前がなかった、昨年までデビュー以来24年連続で出場していたTOKIOだが、
    15日放送のTBS系「ビビット」で、MCを務めるTOKIOの国分太一が落選について言及した。

    TOKIOといえば、今年4月、元メンバーの山口達也氏が今年2月、司会を務めていたNHK Eテレの教育番組「Rの法則」で共演していた女子高生タレントに対して、強制わいせつを行った容疑で書類送検されたことが報道された。

    起訴猶予になったものの、本人の辞意が受け入れられ、山口氏はTOKIOから脱退し、ジャニーズ事務所から契約を解除され引退状態に。

    山口氏の不祥事を受け、同番組は打ち切りになってしまっただけに、TOKIOのNHKへの“貢献度”は大きなマイナス。いくらジャニーズ事務所所属といえども、のうのうと紅白に出場できるはずがなかった。

    同番組で国分は落選について、「今回に関しましては音楽活動もしてませんし、今年CDも出していません。紅白は1年間通して、アーティストとして活躍した人たちのごほうびという形でもあると思う」と淡々とコメント。

    落選は想定内としつつ、「稀勢の里関じゃないけど、ここは休場して…」と横綱稀勢の里を引き合いに出したが、この時点で稀勢の里の休場は発表されておらず。

    すかさず、コメンテーターの堀尾正明氏から「まだ休場かどうか分からないですよね」と突っ込まれると、国分は「こんな失礼なコメントないですね」と訂正した。

    「歌手発表の現場で、NHKの担当者は明確なTOKIOの落選理由についてコメントせず。
    国分も山口氏のことに触れないように気を回していたようだが、動揺もあったのか、思わぬ“失言”が飛び出してしまったのでは」(芸能記者)

    この1年“山口ショック”で揺れたTOKIOだが、音楽活動の再開時期が注目される。

    http://dailynewsonline.jp/article/1571395/
    2018.11.15 12:30 リアルライブ


    【TOKIO・国分、思わず“失言”… TOKIOの紅白落選についてコメント】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 shake it off ★ :2018/10/21(日) 19:49:06.25 ID:CAP_USER9.net

    『TOKIO』が出演する人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』に終了説が流れている。国民的番組と言っていいバラエティーに、一体何が起きているのだろうか。

    日本テレビの“日曜の顔”として、『笑点』、『世界の果てまでイッテQ!』、『行列のできる法律相談所』などと並び、長年親しまれてきた同番組。視聴率は毎回ランキング上位に入るほど高い上、自然保護や環境維持に取り組む姿勢は、国や民放連など公的な組織からも評価されていた。

    しかし今年4月、メンバーの山口達也が強制わいせつ事件によりTOKIOを脱退。同時に番組も曲がり角を迎え、この半年間続く迷走の原因となってしまう。

    「というのも、運動神経抜群で建築や生き物の知識も豊富だった山口は、看板企画『DASH島』をはじめ同番組を常にリードしてきた存在。さらに各企画への出席率も高く、山口なき番組は“何とか無理やり成立させている”状態にまで陥っているのです」(テレビ誌記者)



    致命傷だった山口脱退のダメージ

    実例を挙げると、山口脱退以降の同番組は裏方であるはずのスタッフの出演が急増。人手を必要とする『DASH島』ではとりわけ顕著に現れているが、それでも山口の穴は埋まらず、醍醐味だった島の開拓は目に見えてペースダウンする結果に。

    看板企画の進行が遅くなったせいか、視聴率もこの半年間は低空飛行に突入。また、放送休止も頻発するようになり、10月はわずか1回だけしか放送予定がない。

    「正直、ここから盛り返すのはかなり厳しいでしょうね。山口は建築、操縦、漁などでプロ顔負けの腕と知識を持っていたため、脱退してからの『DASH』は “テレビ映え”するような成果が上がらなくなってしまったんですよ。10月に放送休止を連発しているのは、徐々に打ち切る布石。
    現在は『DASH』抜きでどれほど視聴率を獲得できるのか、データを取っている段階です」(日本テレビ関係者)

    テレビ離れが進む現代において、変わらず好調を維持してきた日テレの日曜番組。一角を担う『DASH』が終了したとき、一体何が起こるのだろうか。

    https://myjitsu.jp/archives/64999


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【 山口達也なき『鉄腕DASH!!』が番組終了?とネットが騒ぐ理由】の続きを読む


    『ザ!鉄腕!DASH!!』崩壊!? 新体制後ワースト視聴率記録


    NO.6962576 2018/09/27 13:24
    『ザ!鉄腕!DASH!!』崩壊!? 新体制後ワースト視聴率記録
    『ザ!鉄腕!DASH!!』崩壊!? 新体制後ワースト視聴率記録
    TOKIOの番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に、いよいよ崩壊の序曲が奏でられる様相となってきた。

    山口達也の脱退により、5月13日放送回から、4人体制でリスタートした同番組だが、視聴率が低迷。

    9月23日放送回は13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)にとどまり、新体制後では、7月22日の回と並んで、ワーストタイ視聴率を記録してしまった。

    9月23日放送分は、冒頭で「新宿DASH」をオンエア。

    同2日放送回で、東京・新宿区高田馬場の大学屋上にあるTOKIOのベース基地に池をつくったが、同4日の台風21号襲来を受けて、その様子を見に行った。

    ただ、そのシーンは短時間で、この回のメインは「グリル厄介」。

    日本本来の生物を脅かす外来種を捕獲し、一流の料理人に調理してもらうという企画で、名古屋駅近くの荒子川でアフリカ原産のティラピア、名古屋城の堀で中国・東南アジア原産の雷魚、アメリカ原産のブラックバスの捕獲に成功。

    東京・練馬区氷川台の洋食レストランに持ち込んで、それらを食した。

    番組内容はともかく、「グリル厄介」企画に、TOKIOメンバーで出演したのは城島茂ただひとり。

    人員不足をカバーするため、ジャニーズ事務所のV6・長野博、KAT−TUN・中丸雄一が“助っ人参戦”したものの、視聴率にはまるで結びつかなかった。

    「肉体を駆使する仕事や、大工仕事などが得意だった山口がいなくなったのは、この番組企画を続けていく限り、大きな痛手です。その上、それぞれ個々の活動があるため、メンバーがそろわず、2人しか出なかったり、城島しか出なかったりする回が増えました。4人全員が揃うことは、めったにありません。それを補うため、ジャニーズのほかのグループから応援に駆り出すなど本末転倒です。もはや、番組を無理に存続させる意義がありません。こういった状況が続くなら、視聴者離れも加速していくでしょうね」(芸能ライター)

    最近では、嵐・二宮和也が助っ人出演した8月19日放送回が15.5%、9月2日の『屋上で池の水ぜんぶ入れる大作戦』が16.4%をマークするなど、視聴率も回復基調にあったが、ここにきて、再び下降している。

    TOKIOの番組なのに、メンバーがそろわないというのはなんとも不自然。

    日テレは、その問題を抜本的に考え直さないと、『DASH!!』は崩壊へと向かいかねないだろう。

    次回30日放送回は、超人気番組『世界の果てまでイッテQ!』が休止となり、『DASH!!』の2時間スペシャルとなる。

    番組公式ホームページの予告画像によれば、久しぶりにメンバー4人全員が揃うことになりそうだが、ここで高視聴率を挙げられないとなると、この先が苦しくなるだろう。
    【日時】2018年09月27日 10:00
    【提供】日刊サイゾー


    【『ザ!鉄腕!DASH!!』崩壊!? 新体制後ワースト視聴率記録】の続きを読む



    (出典 trataberuru.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/03(月) 14:20:34.68 ID:CAP_USER9.net

    9月2日放送の日本テレビ系『ザ!鉄腕!DASH!!』にて、視聴者が思わず「ヒヤッ」としてしまうような一幕があった。
    この日、放送された企画は「屋上で池の水ぜんぶ入れる大作戦」。これは、人気企画「新宿DASH」で使用されている某大学屋上のTOKIOのベース基地に設置した池の完成を追ったもので、
    神田川沿いを参考に、生物が快適に暮らせる人造池を発泡スチロールを使って制作するというものだ。

    さて、この「屋上で池の水ぜんぶ入れる大作戦」であるが、タイトルに関しては、同日にテレビ東京で放送された『池の水ぜんぶ抜く大作戦』(夜7時54分?)を意識したのは間違いなく、
    『テレ東が「抜く」なら日テレは「入れる」で勝負』という意図があったと思われ、また、演出に関しても「池の水ぜんぶ抜く」が臨場感を高める意図でロボットアニメのBGMを頻繁に使っていることから、
    『DASH』も同じく今回は要所要所でロボットアニメ(『機動戦士ガンダムUC』)のBGMを使うなど、放送時間こそ被りはしなかったが、他局番組を完全意識した内容が、多く視聴者の関心を誘っていた。

    なお、テレビ東京の『池の水ぜんぶ抜く大作戦』は元々、『鉄腕DASH』で行われていた企画「DASH村」での池の整備がヒントになったとされており、番組開始当初、『池の水』は『DASH』のパクリではないか? 
    と指摘されていたため、今回の『鉄腕DASH』はテレ東への意趣返しのような側面があったのではないかとされている。

    また、今回の『鉄腕DASH』の一部視聴者を意識したかのような演出は、『池の水』パロディだけではなく、
    TOKIOの不在中に池の整備を任された番組スタッフの名前がたまたま苗字が「山口」で、
    ナレーションでもわざわざ「スタッフの山口」と呼びかけるなど、今年5月にTOKIOを去った山口達也元メンバーをネタにするかのような「お遊び演出」もあった。

    今年上半期は「農作業の要」だった山口の脱退問題もあり、パワーダウン化が指摘されていた『ザ!鉄腕!DASH!!』。迷走も指摘されているが、しばらくは身内ネタで放送を続けることになるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1514247/
    2018.09.03 12:20 リアルライブ


    【禁断の「他局番組いじり」「山口ネタ」続出…『鉄腕!DASH!!』が必死になる事情】の続きを読む



    (出典 yumeijinhensachi.com)



    1 真実は一つ ★ :2018/08/19(日) 15:46:58.62 ID:CAP_USER9.net

    ついに“国外逃亡”の可能性が浮上した。女子高生タレントへの強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となったジャニーズ事務所の人気バンドTOKIOの元メンバー・山口達也(46)が、いよいよ日本脱出に動きだしたことが本紙の取材で判明した。
    今年4月にわいせつ“事件”が発覚してジャニーズ事務所を“クビ”になった山口は現在、首都圏の心療内科のある病院に入院して、双極性障害の治療をしていると伝えられている。身から出たサビとはいえ、奈落の底に転落した山口を、なんと離婚した元妻がハワイに移住させようとしている。

     この不祥事が報じられたことで、TOKIOを脱退し、事務所も退所。スターの座から、一瞬にして酒グセが悪く、ロリコン趣味の中年男に転落した。精神的に追い込まれて双極性障害に。世間から隠れるように首都圏の病院で入院生活を送っているという。

     ある芸能関係者は最近の山口の様子をこう話す。「心療内科のある病院の特別フロアの個室で入院生活を送っています。時間を持て余しているのでしょう。友人や仕事で世話になった関係者たちに、せっせと謝罪メールを送信しているそうです」

     一部週刊誌には、TOKIOのメンバーとして仕事をこなしていたころを思い出しては「以前は本当によかった」などと周囲に漏らしているとも報じられている。

    そんな山口を哀れんで「何とかしてあげたい」と考えたのが、離婚した元妻だという。
    山口を知る事情通によると「ハワイにいる元妻が、山口を移住させようと動いているんです」と明かす。

    山口の元妻は元モデルで、結婚は2008年。2人の子供をもうけたが16年8月に離婚した。理由は山口が家庭を顧みずに、好きな酒やサーフィンにばかり興じていたためとされている。

    だが、贖罪意識からか山口は元妻が自宅で始めた美容事業へ惜しみなく投資した。家族が不自由しないよう、かなり無理していたと言われる。
    その元妻は今、2人の子供とハワイに移住している。

    「離婚したとはいえ、元妻と山口の関係は悪くないんです。元妻も子供には父親がいたほうがいいと考えて、山口を受け入れるようになり、近年も、山口は年末にハワイに行っては、子供たちと一緒に過ごしていたんです。元妻はハワイでも会社を立ち上げており、その事業もうまくいっているそうで、山口1人を養うだけの余裕はあるそうですし、やっている事業を手伝わせてもいいと考えているといわれている。助け舟を出すだろうとみられています」(芸能関係者)

     元妻主導の“ハワイ移住計画”が成功した後には、山口の芸能界復帰も真剣に検討されるという。事情通によれば「山口はまだ芸能界に未練たっぷり」のようで、周囲の受け入れ態勢が整い、許してくれるならば「いつでも(芸能界に)戻りたい気持ちでいっぱいのようです。そもそも事件が明るみに出た当初、山口本人はここまで話が大きくなるとは思っていなかったみたい。まあ、それが彼の甘さなんですが…。ハワイで心身ともにリフレッシュして復活できるかでしょうね」。

     山口にとっては、自分の過ちを知られている人々に囲まれて暮らすより、遠く離れた南の島の生活のほうが心身のためにも良好なのは間違いないだろう。移住が実現して、子供たちの成長を間近で見られる暮らしができれば、禁酒も療養も難しいことではなさそうだが…。あるいは南国のゆるりとした雰囲気にのまれてしまい、さらに堕落してしまうのだろうか? 当然のことながら、山口の人生は山口自身にかかっている。

    【日テレ「ZIP!」の後釜めぐり大モメ】山口にいまも苦しめられているのが日本テレビ上層部だ。山口がMCを務めていた「ZIP!」の後釜を巡ってモメにモメているからだ。

    「もちろん日テレとしては、ジャニーズ事務所から誰かをキャスティングすることは全く考えていません。当然だが、ジャニーズからも売り込みはない。ただ、無言の圧力みたいなものをヒシヒシと感じる。ジャニーズに近い局幹部や編成関係者らがキャスティングに関して、やたらと探りを入れてくるんです。やりづらいですよ」(関係者)

     こうした動きを知ってか知らずか、猛烈に売り込みをかけているのが吉本興業とLDHだ。

    「吉本はココリコの田中直樹を、LDHは『三代目 J Soul Brothers』のメンバー山下健二郎をそれぞれ推している」(芸能プロ関係者)

     だが、日テレ側は引き気味だという。「もちろん現段階でジャニタレ起用はあり得ない。さらに新たなタレントを入れる理由もない。それよりも視聴率につながる文化人を探しているんです」と制作関係者は話している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000003-tospoweb-ent


    【元TOKIO山口ハワイ移住計画 現地で起業成功の元妻の影】の続きを読む

    このページのトップヘ