気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:ジャニーズ > TOKIO



    (出典 storage.mainichikirei.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/09(木) 15:43:13.03 ID:CAP_USER9.net

    「TOKIO」がオンラインゲーム「フォートナイト」の新CMキャラクターに起用され、
    メンバーの城島茂(47)と長瀬智也(39)が7日に都内で行われた発表会見に出席した様子を、各スポーツ紙などが報じた。

    各紙などによると、CMではメンバーがそれぞれゲーム中の人気キャラクターのコスプレでバトルを繰り広げているというが、
    城島と長瀬は、会見にもゲームキャラクターのコスプレで登場。

    長瀬は、「もう僕ら全員40代になりますからね。オッサン4人がコスプレしてゲームして、というのもなかなかない」と苦笑。

    CMでダンスに挑戦したという城島は、「久々に踊りましたが、右肩が上がりにくくて…。
    もっと上げろって言われて、それが大変でした」と告白。

    長瀬から「五十肩だからね。でも、撮影では頑張ってたよ」と慰められていたという。

    「5月初めに元メンバーの山口達也(46)が不祥事でグループを脱退し、ジャニーズ事務所を退所。
    山口の脱退当初はメンバーたちも落ち込み、どうなることかと思いきや、今やすっかり“平常運転”。
    ただし、音楽活動は無期限休止状態。さらには、山口の脱退前は高視聴率を連発していた日本テレビ系
    『ザ!鉄腕!DASH!!』の視聴率は、以前は10%台後半を連発していたが、このところ、なかなか15%を超えず。
    山口の不祥事による“ファン離れ”が多少なりともあったようだ」(テレビ局関係者)

    そこで気になる山口の近況だが、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)によると、著名人が不祥事を起こした時の“雲隠れ用”の施設で、アルコール依存症や躁鬱病を治療。

    ジャニーズは今でも支援を続け、山口は事務所の関係者に対し、「これからは海外、ハワイででも生活しようかな」と話していたというのだ。

    海外への“逃避計画”も口にしたということは、少なくとも日本での芸能活動復帰はなさそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15134397/
    2018年8月9日 11時20分 リアルライブ


    (出典 www.inside-games.jp)


    【元TOKIO・山口、“海外逃避計画”も思い描いていた? TOKIOはファン離れ加速か】の続きを読む



    (出典 biz-journal.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/07/29(日) 19:47:24.99 ID:CAP_USER9.net

     今年4月に明らかになった元TOKIOの山口達也による女子高生への強制わいせつ事件は、いまだに尾を引いている。

     まずは簡単に事件を振り返ろう。今年2月、山口は自身がMCを務めるNHK・Eテレ「Rの法則」で知り合った女子高生を、都内の自宅マンションに呼び出した。警戒する少女は友人とともに訪問。すると、山口は彼女たちに飲酒を強要した上に、あろうことかキスをしてしまう。

     驚いた女子高生たちは家を出ると警察に被害届を提出し、山口は取り調べを受けることになった。当初は「酒に酔って覚えていない」と繰り返したものの、結局は全面降伏。それからは山口が会見、TOKIOの他のメンバーが会見、そして山口が退所という怒とうのような展開を見せ、結局「Rの法則」は打ち切りになってしまった。

     芸能関係者が語る。

    「実は、山口が被害少女にもっとひどいことをしたのではないかといった疑念は、いまだ拭いきれていません。というのも、キスだけで本当に被害届を出すのかと首をかしげたくなるからです。もちろん、キスだけでも立派な強制わいせつではあるのですが…。真偽はともかく、一説には下着の中に手を入れたとする噂もある。ただ、もうすでに両者は和解しているし、相手は未成年。そこを追及してもね。山口も退所しているし、事件は幕引きになったのです」

     その後、次から次にジャニーズタレントが不祥事を起こし、いつの間にか山口の事件は過去のものとなりつつある。ところが、だ。〝第2の被害者〟はいまだに怒りが収まらない。それは「Rの法則」に出演していた他のタレントたちだ。

     ある芸能プロ関係者が怒りをあらわにする。

    「あの番組には大勢の少年少女のタレントたちが出演していましたが、いずれもまだ知名度が低く、自分をPRするのに必死でした。それに間違いがあってはいけないので、NHKサイドから『一緒に帰るな』『連絡先を交換するな』というお達しが出て、律儀に守っていたのです。そしたら、MCが事件を起こして番組自体がパア。それでそれっきり。こっちは何の落ち度もないのに、番組が一つ終わってしまった。しかもそれに対して何もないというのはおかしいのではないか」

     同関係者いわく、代わりに別の番組を用意するなり、受け皿があってしかるべきだと主張する。もちろん、NHKも被害者と言えなくもないが、少なくとも山口という酒グセ、女グセに難のあるタレントを未成年者と共演させたのは問題だろう。

     それだけではない。

    「我々はNHKの入館証まで回収されてしまいました。番組が終わったのは仕方ないが、これでどうやって営業をしろというのか。その後のケアが全くないというのは非情すぎますよね。実害しかない。NHKに言ってもラチがあかないので、実は他の事務所と連携して訴訟ができないか弁護士に相談しているところなんです」(同関係者)

     実際に集団訴訟となれば、NHKとしても黙ってはいられまい。

     山口による退所で事件は幕引きになったかと思いきや、意外なところでくすぶり続けているのだ。これが大きな禍根を残すことにならなければいいが…。

    2018年07月29日 16時30分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1077064/


    【尾を引く山口達也事件 「Rの法則」出演者はNHKの対応に怒り心頭】の続きを読む


    「早く死にたい」元TOKIO山口達也 スタッフ監視の危険な状態


    NO.6606385 2018/07/24 14:52
    「早く死にたい」元TOKIO山口達也 スタッフ監視の危険な状態
    「早く死にたい」元TOKIO山口達也 スタッフ監視の危険な状態
    「山口さんの病室は、2LDK。家具もなくガランとした殺風景な部屋ですごしています。そんななか、時折つぶやくそうです。『早く、死にたい』と……。あまりに悲痛な声で訴えるため、今は病院のスタッフが3人ほどついて交代で見張っているそうです」(山口の知人)

    未成年女性への強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となった元TOKIOの山口達也(46)。

    あれから3カ月。

    現在は東京近郊にある心療内科専門病院で療養生活を送っているが、死をほのめかすほど危険な状態にあるというのだ。

    一部報道によると、山口が治療している病名は双極性障害。

    いわゆる“躁うつ病”だという。

    「普段は、本当に手が掛からない状態だそうです。ただ時々思い出したように『俺なんか、このまま生きていてもしょうがない』と漏らすそうで。別の日には壁に向かって何やら考えごとをした後、感情豊かに笑っていたこともあったと聞きました」(前出・山口の知人)

    あの快活だった山口とは思えないほどの“激変”ぶり。

    ジャニーズ事務所時代とのギャップに打ちのめされるようで、こんな“未練”を漏らすことも。

    「山口さんは『あのころは良かったな。楽しかった……』と話すそうです。特によく出てくるのは、ジャニーズ事務所の先輩だった近藤真彦さん(54)の話。『マッチさんには、本当に可愛がってもらった。何もわからない僕に、芸能界のイロハを手取り足取り教えてくれた。今でもすごく感謝している……』と漏らしているそうです」(前出・山口の知人)

    躁うつ病に加え、未来の見えない毎日に苦しむ山口。

    「もりしたクリニック」の森下克也院長も現状について「山口さんの精神状態はかなり不安定になっているといえます」と分析する。

    だが適切な治療を続けさえすれば、改善の余地はあるという。

    「まず大切なのは、周囲がしっかり彼の話を聞いてあげること。『そんなこと言わないで』と否定するのではなく、受け止めてあげるのです。その上で会話を重ね、カウンセリング。薬物治療も行っているでしょうから、そうしたアプローチによって状況は好転していくはずです。医療スタッフと二人三脚でやれば、社会復帰の可能性も充分にあるでしょう」

    実際、山口自身も前を向こうと努力していた。

    「山口さんは定期的にスパ・トリートメントの施術を受けているといいます。ストレスで凝り固まった患部を、時間を掛けて丁寧に懲り解していくというもの。いつも楽しみにしているそうです。さらに気分が落ち着かないときには、積極的にヒーリングの治療も受けているみたいです」(前出・山口の知人)

    4月26日に謝罪会見を開いた際、山口は涙ながらに「先のことは考えられません……」と語っていた。

    まずは心身の回復を、願うばかりだ。

    ネットの反応
    ・そんな日もあるさ
    ・たっつぁん・・・
    ・かなしいなあ山口メンバー
    ・スターから状況一変したもんな
     常人では味わえんわ
    ・病室なのに2LDKってwww
    ・典型的アル依 死ぬ以外に症状の治まる術がない
    ・マッチにイロハを教わったのがそもそもの間違いなんじゃないのか
    ・女の子にキスしたぐらいで精神病院にぶち込まれて可哀想
    ・あのさあ・・仕事やストレスで疲れて鬱なら同情もするし応援するけど
    ・辛辣な言葉になるが、まだ他人に迷惑かけてるようじゃ立ち直るのは無理かもな
    ・酒癖悪い人ってメンタルのバランス悪い人多いねホント
    ・そんなん毎日の様に言ってるわ
    ・酒飲んで嫌なことを忘れればいいんじゃないの
    ・まだ日本に居たの、ハワイに渡米したってウワサが
    ・金十分あるんだから悠々自適に生きろよw
    ・ただの甘えじゃねーか
    ・閉鎖病棟だとおかしくならない方がおかしい
    ・病院のスタッフって、3人付きっ切りできるほど暇じゃないだろ…
    スパ・トリートメントってなんやねんこれでイラっとした いい御身分だな
    ・病院にいるより外で力仕事でもした方がいいんでは
    ・時々こういう記事書かせて同情買って、数年後にはケロッと復帰させる気だろw
    ・ま、正直、ここまでの制裁を受けるようなことでもないけど、人気商売だから仕方ないよね
     資産運用でもしてのんびり過ごせばいいじゃん
    ・サーフィンでもして気分転換しなよ
    【日時】2018年07月24日
    【提供】gossip!


    【「早く死にたい」元TOKIO山口達也 スタッフ監視の危険な状態】の続きを読む


    山口達也脱退のマイナス効果がジワジワ…『DASH!!』が視聴率降下


    NO.6592422 2018/07/23 11:22
    山口達也脱退のマイナス効果がジワジワ…『DASH!!』が視聴率降下
    山口達也脱退のマイナス効果がジワジワ…『DASH!!』が視聴率降下
    TOKIOにとって象徴ともいえる番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)が、いよいよ窮地に陥ったようだ。

    もともとネタのマンネリ化が叫ばれていたが、山口達也が脱退したことによる“人手不足”が顕著になり、視聴率も下降を続けている。

    山口をめぐっては、少女へのわいせつ行為が発覚し、4月に書類送検されたことが明らかになった。

    山口は無期限謹慎処分となっていたが、5月6日にTOKIOを脱退すると共に、ジャニーズ事務所を退所。

    これによりTOKIOは4人での活動を余儀なくされた。

    新体制となって初の『DASH!!』の放送回(5月12日)は視聴者の関心も高く、20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率をマーク。

    その後も、ほぼ毎回15%超えを果たしていたが、ここにきて、様相が変わってきた。

    7月1日は14.2%にとどまり、4人体制後、最低の視聴率を記録。

    同8日は13.9%で、今年初の13%台に転落。

    同15日も14.0%で、低迷が続いている。

    「新企画『俺たちのDASHカレー』をスタートさせたりで、なんとかネタのマンネリ化を脱却しようとはしていますが、深刻なのは山口の脱退による“人手不足”です。メンバーも個々の活動がありますから、全員が毎回『DASH!!』に出演できるわけではありません。それでも山口がいた5人体制時代は、そんなに気にはなりませんでした。しかし、4人となると、メンバーの“欠席”が目立つのです。元来、国分太一は帯番組を持っているので、出演機会が少なく、ここ最近では松岡昌宏もドラマなどの撮影で多忙のため、欠席が多いのです。7月8日の放送回で出演したのは城島茂と長瀬智也の2人だけ、15日は城島1人だけだったのですから、これではTOKIOの番組とはいえませんし、視聴率が下がってしまうのも当然でしょうね」(テレビ誌関係者)

    これまで、『DASH!!』といえば、NEWSらのジャニーズ後輩メンバーたちが応援出演することも多かったが、相次ぐメンバーの不祥事もあって、起用が見送られている状態。

    そんなわけで、最新の15日放送回で“助っ人出演”したのは、なんと局アナの桝太一という体たらくだった。

    根強い人気を誇ってきた『DASH!!』だが、山口の脱退による“人手不足”というマイナス効果がジワジワと響いてきた。

    このままの状態が続くようなら、人気番組の座から陥落しかねないだろう。
    【日時】2018年07月23日
    【提供】日刊サイゾー


    【山口達也脱退のマイナス効果がジワジワ…『DASH!!』が視聴率降下】の続きを読む



    (出典 akogaresan.net)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/27(水) 17:22:49.59 ID:CAP_USER9.net

    山口達也に元妻が救いの手!家族いるハワイへの移住勧める
    6/27(水) 16:03配信 女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180627-00010010-jisin-ent

    山口達也

    (出典 img.jisin.jp)


    16年8月に離婚を発表した8年間連れ添った妻・Aさん

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    未成年への強制わいせつ容疑で書類送検され、ジャニーズ事務所を契約解除になった、元TOKIOの山口達也(46)。あの“謝罪会見”からまもなく2カ月、山口は東京近郊にある心療内科専門病院で入院生活を送っていた。

    「会見直後は別の病院に入り、ご両親やお兄さんが付き添っていました。しかし、ご両親も精神的に疲れてしまい、完全看護の現在の病院へ転院したんです。自然に囲まれ、本格的なメンタルケア治療に専念できることも大きな理由です。山口さんは、特別フロアの個室に入院しています」(音楽関係者)

    現在、山口は病室から友人や関係者に“謝罪メール”を送信する日々だという。

    「メールには、関係各位に迷惑をかけたこと、そして事件についての謝罪が綴られていました。被害者についても“一生かけて償っていきたい”と書かれていました。最近は当時の事件報道に目を通し、自分に厳しい記事を真摯に受け止めているそうです。今後について前向きに書かれた数少ない記事を読んだ際は『ありがたい』と話していたそうです」(制作関係者)

    その一方で、3億円のローンを組み一昨年2月に建てた東京・渋谷区の豪邸が5億円あまりで売りに出されていたのだ――。

    「山口さんは愛息2人の成長にあわせ、床面積300平米超、6SLDKの大豪邸を建てたんです。奥さんは料理好きだったので、18畳のオープンキッチンも作りました。しかし、完成まもなく離婚。山口さんは家を出て港区でマンション暮らしを始めたんです」

    元妻・A子さんと子供たちだけが豪邸に残った。

    「離婚後A子さんは以前から友人の間で好評だった無添加の手作り味噌を商品化し、自宅に自ら代表取締役となる会社を作ったんです。しかし、今年3月には会社を実家のある宮城県に移し、ほぼ同時にA子さんは子供2人とハワイに渡りました。当面、ハワイから戻らない予定です」(芸能関係者)

    そんな彼女は、日本で入院生活を送る元夫の現状を聞き、“救いの手”を差し伸べているという。

    「A子さんは山口さんに『治療が一段落したら、ハワイで暮らしたら?』と提案しているそうです。いまも息子たちの父親ですから、助けたい気持ちがあるのでしょう」

    と話すのは、A子さんの知人。

    「山口さんがこのまま日本にいたら、いつかは“独り”の生活に戻ることが想像できて、『誰かそばにいてあげなくちゃ……』と心配になっているようです。さすがに同居はないまでも、車ですぐ行ける距離にいれば何かと安心ですからね。ハワイには彼のサーフィン仲間もいますし、土地勘もあります。人目を忍んで暮らすことも不憫に思って、ハワイ移住を勧めているそうです。心身ともにリラックスできる場所ですからね。社会復帰を目指すのに最適な場所だと考えているようです」

    元妻の“救い”を励みに、山口は今はただ、懸命に治療と贖罪を続けるしかない――。


    【元TOKIOの山口達也(46)に元妻が救いの手!家族のいるハワイへの移住勧める】の続きを読む

    このページのトップヘ