気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:アイドル > 欅坂46



    (出典 beef-6.jp)



    1 muffin ★ :2018/04/01(日) 20:17:34.25 ID:CAP_USER9.net

    https://www.rbbtoday.com/article/2018/04/01/159445.html
    2018年4月1日(日) 15時43分

    本田翼が1日、自身のInstagramを更新。欅坂46の「サイレントマジョリティー」の制服衣装に身を包んだ姿を公開している。

    本田は「欅坂46新メンバー本田翼です! っていうエイプリルフールしようと思ったのですがなんかやっぱりそういうのは向いてないみたい……面白いことできない人間で申し訳ない……」とコメントしつつ、3月20日に発売となった女性ファッション誌『non-no』5月号(集英社)で大ファンの欅坂46と共演した際の写真を公開。

    謙遜する本田だが、制服をしっかりと着こなした姿にファンからは「かわいすぎる!!!」「違和感無い」「欅坂46にいそう」「推しメン確定です」「本当にメンバーになって欲しいです!」とたくさんの絶賛コメントが寄せられた。


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    【【センター確定?】本田翼、欅坂46「サイマジョ」制服衣装で「新メンバー本田翼です!」】の続きを読む



    (出典 otowota.com)



    1 ジョーカーマン ★ :2018/03/10(土) 16:46:25.56 ID:CAP_USER9.net

    欅坂46が9日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜よる8時~)に出演。
    この日披露した6thシングル『ガラスを割れ!』のセンターを務める平手友梨奈が欠席となったが、迫力のパフォーマンスで魅了した。

    欅坂46、平手友梨奈不在で“ゆいちゃんず”Wセンター

    黒のパンツとMA-1の衣装に身を包んで登場した欅坂46。
    同番組には、今年初出演ということから、冒頭で長濱ねるが「緊張していますが、頑張ります」と挨拶していた。

    MCのタモリが「今日は平手いないんだね」と問うと、キャプテンの菅井友香は「そうなんです。今回はMステスペシャルパフォーマンスをさせていただきます」と意気込み。
    4日の『シブヤノオト(SHIBUYA NOTE)』(NHK/夕方5時~)で同曲をテレビ初披露した際も平手は欠席。
    代わりに今泉佑唯と小林由依がWセンターを担当していたが、今回も今泉&小林“ゆいちゃんず(=2人のユニット名)”がWセンターを務めた。

    ステージでは、メンバーたちが二手に分かれて激しいダンスバトルを開始。
    同曲のミュージックビデオでは、センターの平手のみ赤のMA-1を身に纏っているが、曲の後半で今泉と小林が黒のMA-1から赤のMA-1に早着替えして強烈な存在感を示した。

    センター不在で通常とは異なるフォーメーションとなったが、ほかメンバーも誰一人引けを取らない迫力のパフォーマンスで魅了していた。

    欅坂46、圧巻のダンスバトル スペシャルパフォーマンスがかっこよすぎる

    パフォーマンスを披露後、ネット上には「欅ちゃんたちかっこよすぎだろ!」「惚れた」「見どころがありすぎて目が足りない!リピート決定」「黒からセンターのゆいちゃんずだけ赤になった瞬間、鳥肌たった」「気になる子多すぎ!!」などと多くの反響が寄せられた。

    また、番組内で行った企画「受験生に聞いた応援ソングランキングTOP10」の8位に5thシングル『風に吹かれても』がランクイン。
    ゆずの『栄光の架橋』や、嵐の『サクラ咲ケ』など、長年愛される王道の応援ソングが上位に並ぶ中、リリースして間もない欅坂46の楽曲が多くの人の背中を押しており、同世代からの支持の高さが伺える結果となった。

    http://mdpr.jp/music/detail/1751932

    『ミュージックステーション』 欅坂46

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    欅坂46

    (出典 pbs.twimg.com)

    “ゆいちゃんず”小林由依と今泉佑唯のWセンター

    (出典 pbs.twimg.com)


    欅坂46 『ガラスを割れ!』

    (出典 Youtube)


    前スレ 2018/03/09(金) 23:02:33.91
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1520604153/


    【【欅坂46】平手友梨奈 不在「ガラスを割れ!」〈今泉佑唯・小林由依Wセンター〉MステSPバージョンで圧巻のパフォーマンス】の続きを読む


    欅坂46、NTTドコモ新CM大好評で「止まらない快進撃」


    NO.6163725 2018/02/27 22:06
    欅坂46、新CM大好評で「止まらない快進撃」
    欅坂46、新CM大好評で「止まらない快進撃」
    NTTドコモの新CMに欅坂46が登場。

    大型タイアップで躍進を続ける彼女たちに、ファンからは「これこそ国民的アイドル!」「欅坂人気は、もはや社会現象」と称賛の声が巻き起こっている。

    欅坂46がタイアップした新CMは、「欅坂で会合」篇と「ハピチャン」篇の2本。

    TVCMソングとして、欅坂46の6thシングル『ガラスを割れ!』が使用された。

    「欅坂で会合」篇は、綾野剛(36)がオフィスで「堤キャップ、また会長と会合だって」というセリフでスタート。高畑充希(26)の「赤坂ですか?」という質問に「いや、欅坂って言ってたな」と答えると、画面は欅坂46のライブステージに。

    『ガラスを割れ!』を熱唱するステージの前で、堤真一(53)と将棋棋士の加藤一二三氏(78)が、観客と一緒にサイリウムを振り続けるというストーリーが描かれている。

    一方の「ハピチャン」篇では、欅坂46のプロモーションビデオ撮影現場が舞台。

    同地を訪れた綾野から「ドコモの“ハピチャン”をどう思いますか」と取材形式で尋ねられると、メンバーは「どうして携帯会社から」「ハンバーガーをプレゼントされるのか」と答える。「では皆さんはもらいに行かないと?」と聞き返されると、声をそろえて

    「絶対行きます」と返答。

    綾野が目をパチクリさせるという内容だ。

    欅坂46を大々的にフィーチャーしたCMに、ファンは大興奮。

    ネットには「欅坂、AKBと乃木坂に並びましたね」「この勢いは本当にすごいと思う!」「欅坂の快進撃には驚かされるばかり」「頑張りすぎないように、でもこのまま勢いづいてほしい!!」といったコメントがあふれている。

    「欅坂46は1stシングルの『サイレントマジョリティー』がオリコン初登場1位を獲得。

    女性アーティストのデビューシングル初週売上でも歴代記録を更新し、同曲で2016年の『NHK紅白歌合戦』にも出場しました。

    デビューから破竹の勢いで活躍し、2017年の紅白でも圧巻のパフォーマンスが話題になったばかりです」(音楽誌記者) なお、「ハピチャン」篇はメイキング動画も公開中。

    撮影の合間にメンバーが笑顔も見せており、貴重な映像となっている。

    “欅坂人気”はどこまで高まるのか、今後の活動から目が離せない。

    【日時】2018年02月27日 18:00
    【提供】日刊大衆


    【欅坂46、NTTドコモ新CM大好評で「止まらない快進撃」】の続きを読む


    「平手抜きではできない」欅坂46、武道館公演断念の裏側


    NO.6057624 2018/01/17 14:53
    「平手抜きではできない」欅坂46、武道館公演断念の裏側
    「平手抜きではできない」欅坂46、武道館公演断念の裏側
    1月31日、2月1日に予定されていた欅坂46の単独武道館公演が、平手友梨奈の右腕負傷により、関連グループである、けやき坂46(ひらがなけやき)の単独公演に“差し替え”となることが発表された。

    ネット上では、この決定に「平手以外の欅坂メンバーで出ればいいのでは?」と、ファン以外からも疑問の声が飛び交い、運営に対する批判まで噴出している状況だ。

    なぜこのような決定が下されたのか? 真相に迫る。

    平手は、昨年の大みそかに出演した『NHK紅白歌合戦』で、総合司会・内村光良とコラボレーションした「不協和音」のパフォーマンス直後、転倒。

    この騒動と、武道館公演に出演できない件が直接関係しているかは発表されていないものの、平手は、「全治1カ月」と診断されているという。

    こうして公演差し替えが決定したのだが、SNSやネット掲示板を見ると、「年末まで働き詰めだったから、少し休んでほしい」と平手を労う声のほか、「平手抜きでやるという選択肢はなかったのか」「運営は平手に頼りすぎ」といった批判が、多く書き込まれている状況にある。

    「世間では、さまざまな意見があるのは理解できますが、実は今回の公演差し替えは、運営の意図というより、各メンバーの意向が強く働いた結果なんです。実は当初、運営は平手抜きで、欅坂の武道館公演を開催する方向で企画を進めていました。ところが、メンバーから『平手がいないのであれば、公演はできない』との声が多く上がり、二転三転した結果、ひらがなけやきにステージを譲る形を取ることに。メンバーは『全員揃った状態で、武道館のステージに立ちたい』と願っているそうです」(レコード会社関係者) 

    もちろん、メンバー内には「平手抜き」での公演開催を希望する者もいたそうだが、「何度も話し合った結果、メンバーの総意として、今回の決定に辿り着きました」(同)とのこと。

    これまでにも、欅坂にはメンバーの不仲や亀裂がウワサされたこともあったが、グループの取材を続けているアイドルライターは、欅坂の“団結力”をこう評価する。

    「意見が合わず、メンバー同士でケンカをすることもありますが、今回のような非常時には、どのグループよりも団結力を発揮するのが欅坂といった印象です。『紅白』のステージでは、平手以外にも、鈴本美愉、志田愛佳が倒れるというアクシデントもありましたが、全メンバーが3人をすぐさま介抱するために走り寄り、声をかける姿には、NHK関係者も感心していましたよ。今回の差し替え公演については、佐藤詩織が会員制のメールサービス内で『スタッフ、メンバー全員で話し合った』ことを報告していますが、ここに書かれていることが全てだと思います」 

    平手を含めた21人のメンバー全員が、晴れて武道館に立てる日が来ることを、心待ちにしたい。

    【日時】2018年01月17日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【「平手抜きではできない」欅坂46、武道館公演断念の裏側】の続きを読む



    (出典 moratoriamu310.com)



    1 ジョーカーマン ★ :2018/01/14(日) 09:03:23.40 ID:CAP_USER9.net

    欅坂46平手友梨奈(16)が、右腕の上腕三頭筋損傷のけがを負っていたことが13日、分かった。
    運営側が公式サイトで「右腕の痛みを訴え、上腕三頭筋損傷で全治1カ月のけがと診断されました」と発表した。

    昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で「不協和音」を披露した際に負傷したとみられる。
    紅白では2度ステージに上がった。
    最初に紅組として登場した際、メンバーが次々と倒れるダンスパフォーマンスの場面で、右腕を激しく床に打ちつけてしまった。
    2度目のステージとなった総合司会内村光良(53)とのコラボ企画では、歌唱中に右腕を震わせていたことから、内村に「大丈夫?」と声を掛けられ、「はい」とうなずいたが、歌唱終了直後に左手で右腕を支え、かばうようにして倒れ込んでいた。
    NHKは直後に「過呼吸のような症状」と発表していた。

    所属事務所は今回発表したけがの詳しい時期や状況について不明としたが、状況からみて、1度目のパフォーマンス中に負傷したとみられる。

    平手は欅坂46でセンターを務める中心メンバー。
    今月8日と13日の握手会イベントを欠席し、今日14日に名古屋市内で行う握手会の欠席も決まっていた。
    欅坂46は、今月31日と2月1日に東京・日本武道館で単独コンサートを開催予定だったが、運営側が「出演に向けて治療を続けて参りましたが、万全のパフォーマンスが困難だと判断いたしました」として、2公演とも関連グループ「けやき坂46(ひらがなけやき)」の単独公演に振り替えることを決めた。
    けやき坂46は今月30日から3日間連続で同所公演となる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00099797-nksports-ent

    『NHK紅白歌合戦』 「不協和音」で激しいダンスパフォーマンス披露 平手友梨奈

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    内村光良とコラボ

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【欅坂46】平手友梨奈、紅白「不協和音」激しいダンスパフォーマンスで負傷か 上腕三頭筋けが全治1カ月の重傷】の続きを読む

    このページのトップヘ