気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:アイドル > 欅坂46



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/22(金) 15:25:22.65 ID:q5GBosu29.net

    2月15日(金)深夜、アイドルグループ・欅坂46の長濱ねるがメインパーソナリティを務めるラジオ番組
    「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」(ニッポン放送・毎週金曜24時20分~)が放送され、
    学生時代に転校を繰り返していたという長濱が、新しい学校に行くたびに“ねる”という名前を珍しがられたことで、
    一時期自分の名前にコンプレックスを持っていたと明かした。


    (出典 www.allnightnippon.com)


    毎回メンバーの一人をパートナーに迎えてトークしていくこの番組だが、今回は織田奈那が登場。コーナー『ガラポンテーマトークっ!』を展開した。
    このコーナーは、商店街の福引きでよく見る“ガラポン”を回し、出てきた玉の色と紐づいた紙に書かれたテーマに沿って、トークするというもの。
    「もし自分が転校生だったら?」というテーマを引き当てた長濱は、よく転校していたという学生時代の記憶について語った。

    長濱:私、結構転校生してた。何回したっけな?小学校2年生のときに転校したんだけど、黒板に自分の名前が書かれて

    織田:うわ~!

    長濱:「○○小学校から転校してきました、長濱ねるです」って言って。で、まぁ席に着くじゃん

    織田:うんうん

    長濱:でさ、やっぱり優しい学級委員長の女の子とかがさ、来てくれるの。先生も「学校案内しろ」みたいなこと言って

    織田:へぇ~

    長濱:もうそのときの気まずさ!

    織田:あ~そうなんだね~!

    長濱:“ねる”ってさ、名前から珍しいから、100%聞かれるの。「ねるって本名?」って

    織田:そこは突くよね、絶対ね。大変そう

    長濱:それがもう嫌で。転校きっかけで、最初の頃は自分の名前が嫌いっていうか・・・そうだったね

    織田:そうなんだ~

    長濱:今はもう好きになったけど

    転校を繰り返すたびに“ねる”という珍しい名前について触れられ、それが嫌だったと話した長濱。
    ほかにも、既にできているグループの中に新しく入って馴染んでいくことの苦労などを語り、
    転校の経験がないという織田も、これには強く共感を示していた。

    この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12246-198689/
    2019年02月22日 11時50分 allnightnippon.com


    【欅坂46・長濱ねる、自分の名前が嫌いだった過去を告白】の続きを読む



    (出典 yomu.tv)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/08(火) 16:34:54.74 ID:PERYJ0Kc9.net


    欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)でのある一幕が物議を醸している。

    問題となっているのは6日深夜放送回。番組内では、今年年女になった菅井友香と渡辺梨加を中心にメンバーが2チームに分かれてゲームバトルが開催された。
    その中で、各チーム2名がこたつに入り、足の感触でこたつの中に入っているものを当てるというゲームも行われたのだが、その1回戦目で中に入っていたのは門松。
    4人のメンバーが門松を足で触り続け、台座から落ちてしまった門松を踏みつけるように触り続けるという光景も放送された。

    しかし、もともと門松には「年神を家に迎え入れるための依り代」という意味合いがあるため、
    放送後にネットからは「門松足で踏むってどういう神経してるの?非常識というか罰当たり」「見てて胸くそ悪くなった」
    「罰当たりだし、正月から縁起悪い」といった批判が殺到。番組制作側に対して、
    「スタッフの常識を疑う」「矢面に立つのはメンバーなんだから、もうちょっと考えて」という指摘が寄せられてしまった。

    また、バトル内ではさらに「羽子板マシュマロキャッチ」として、チームのリーダーが3メートル離れた場所にいるメンバーに羽子板でマシュマロを打ち、
    1分間でメンバーが口でキャッチできた数を競うというゲームも行われ、
    「食べ物で遊ぶのもそうだし、いろいろ常識がなさすぎる」「マシュマロを大量廃棄したのも問題でしょ」という声も噴出。
    食べ物企画でよく見る「この後、スタッフが美味しく頂きました」というテロップもなかったために、苦言がさらに大きくなっている状態になっている。

    また、一部ファンは番組の公式ツイッターアカウントに直接苦情を寄せるなどの事態にも発展しているこの騒動。果たして番組側からの説明はあるのだろうか――。

    http://dailynewsonline.jp/article/1643708/
    2019.01.08 12:40 リアルライブ


    (出典 keyakinokeyaki.site)


    【欅坂46が“門松を蹴る・踏みつける”で物議に 批判が殺到した背景とは】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/23(日) 04:23:42.36 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    欅坂46の平手友梨奈が腰部打撲や左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症などにより、ダンスパフォーマンスがしばらくできず、
    活動を一部休止し治療に専念することが21日、同グループの公式サイトで発表された。

    同サイトでは、「以前から身体の調子が優れない状態が続き、改めて精密検査を受けたところ、
    腰部打撲・左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症、両手関節捻挫による遠位橈尺関節痛の診断を受けました」と説明。
    そのうえで、「現在ダンスパフォーマンスが出来ない状況でもあり、しばらく治療に専念することに致しました」と発表した。

    ただし、「一部のダンスパフォーマンスを伴わない活動に関しましては、無理のない範囲で続けさせていただきます」としている。

    「欅坂は30日に『レコ大』、大みそかには『紅白』に出演するが、両日とも平手の出演は絶望的なのでは。
    特にレコ大は大賞候補との呼び声も高いが、平手抜きでのパフォーマンスで、ほかのメンバーのモチベーションにも影響を与えそうだ」(レコード会社関係者)

    平手は昨年のNHKの紅白で「過呼吸のような症状」でパフォーマンス終了とともに倒れ、右腕の上腕三頭筋損傷で全治1か月と診断された。

    その後、主演映画「響-HIBIKI-」の撮影を行い、7月にステージでの復帰を果たしていた。

    9月には千葉・幕張メッセで行われた全国ツアー最終公演中にステージから約2メートル下に落下。
    救急搬送された病院で軽い打撲と診断され、アンコールでステージ復帰していた。

    「体調不良が活動休止の原因とされているが、どうやらまたまたメンタルで病んでしまい、パフォーマンスできるような状態ではないようだ。
    最悪の場合、グループからの卒業もあるのでは」(芸能記者)

    グループ結成時から“絶対センター”だった平手だけに、回復が待たれるが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1619907/
    2018.12.21 18:10 リアルライブ


    【まさかの卒業もありそう? 活動休止を発表した欅坂・平手、紅白など大型番組の出演は】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/10(水) 06:02:20.98 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    アイドルグループ・欅坂46の平手友梨奈が7日、体調不良のため、千葉・幕張メッセで行われた7枚目のシングル「アンビバレント」発売記念全国握手会のミニライブを欠席した。

    公式サイトが「本日10月7日(日)開催の『アンビバレント』発売記念全国握手会千葉会場@幕張メッセですが、平手友梨奈は体調不良のため、欠席させていただきます」と報告。

    平手はミニライブのみ参加予定で、「アンビバレント」では7作連続となるセンターポジションを担当している。

    平手は先月5日の千葉・幕張メッセ公演の花道で転倒し、2メートルの高さから落下。所属事務所から「軽い打撲」と発表されていた。

    同10日には、主演映画「響―HIBIKI―」(監督月川翔)のイベントに出席。「軽い打撲」のはずだったが、それなりの重傷だったようで、
    右肘を曲げた状態で腕をかばいながら気丈に振る舞っていた。

    「そこまでして舞台あいさつに立ったにもかかわらず、映画はまさかの不入りだった。
    それでも、北川景子ら共演者が気を遣って平手が気持ち良く撮影できるように配慮したため、無事にクランクアップを迎えることができた」(映画業界関係者)

    平手といえば、昨年末のNHK紅白歌合戦のステージ終了直後に転倒。
    その後、今年1月に右腕の上腕三頭筋損傷で全治1か月の診断を受け公演を休んでいたが、今年7月の山梨・富士急ハイランドでの単独公演で復帰。
    復帰までの今年4月から6月に映画の撮影をこなしていた。

    「無事に復帰したものの、おそらく、また精神的に不安定な状態がぶり返してきてしまったのでは。
    年末に向けて音楽番組などの仕事が続々と入っているので、
    平手のペースに合わせて仕事をさせないと、また長期休養してしまうことになりかねない」(レコード会社関係者)

    平手ファンにとっては不安な状況が続きそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1537147/
    2018.10.09 23:00 リアルライブ


    【【欅坂46】平手友梨奈、体調不良がぶり返した? 映画PR活動との落差にファンも落胆か】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 しじみ ★ :2018/10/01(月) 14:41:54.82 ID:CAP_USER9.net

    アイドルグループ、欅坂(けやきざか)46で不動のセンターを務める平手友梨奈さん。初主演の映画「響―HIBIKI―」で天才女子高生作家を演じた。旬の17歳の魅力を、「響」の月川翔監督に聞いた。

        ◇

     彼女の独特なキャラは、つくられたパブリックイメージで神格化され過ぎた面もあると思っていました。でも、一緒に仕事をしてみると本当にそのままでした。とにかく曲げない、こびない。自分が納得しないことには決して「はい」と言わない人です。

     実は映画を撮るまでは平手さんのことをそんなに存じ上げていなくて。名前も一致せず、欅坂46のセンターの子、PVをみてこの子はすごいなと思っていたぐらいです。配役で名前が挙がってから調べると、大変な人じゃないかと……。そして映画の打ち合わせで初めて会った時もほとんど話してくれず、本当に大変だと覚悟しました。「原作漫画を読んでどうでした?」と聞いても、返事は「かっこよかったです」の一言だけ。不用意なことは言わないんですね。最初はコミュニケーションを取るのにも苦労しましたが、同時に今回の映画「響―HIBIKI―」の主人公・鮎喰響そのもののようで、彼女なしには撮れないと確信するようになりました。

     2回目に会った時もほとんど僕が話していたのですが、帰りがけに平手さんが私の目をまっすぐ見つめて「監督は最後まで私と向き合ってくれますか?」と。「はい」と答えるのにとんでもなく緊張しました。

     演技は初めての新人さんなので撮影に入る前にリハーサルをしましょうとお呼びしたら、開口一番に「今日はリハーサルはやれないです。監督と2人で話したいです」と。リハーサルは中止して、2人で何時間も話すのを繰り返しました。僕自身の弱みをみせて話すうちに少しずつ心を開いてくれて、気づくと丸腰にされていたような感じでした。そこから彼女からもようやく色んな言葉を引き出せるようになってきて、作品の話ができるようになりました。

     最初に「演技の何が不安?」と聞いたら、「うそをついているようで嫌です」と。「今まで平手友梨奈としてうそをつかずにやってきたから、演技をすることで今までやってきたことが台無しになってしまうのが怖いです」と言うんですね。

    続きはソースで


    (出典 www.asahicom.jp)


    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL9N67G6L9NUCVL01Q.html


    【【欅坂46】壊れてしまう?平手友梨奈の「折り合いつけない」生き様】の続きを読む

    このページのトップヘ