(出典 yumeijinhensachi.com)



1 ひぃぃ ★ :2017/12/11(月) 09:45:41.30 ID:CAP_USER9.net

 俳優・堺雅人(44)が10日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)にゲスト出演し、意外な弱点について語った。

 この日の放送では「これが私の運命でしたSP」と題して、運命が変わった瞬間を紹介。堺は高校3年の時に進路希望は国立大で将来は公務員になろうとしていたが、数学が嫌いで、入試の数学の問題を解かずに勝手に小論文を書いたことを明かした。

 志望校はそのために不合格となったが、記念受験で受けた早大に合格。劇団に所属し演劇にのめり込み中退して俳優への道に進んだという。

 番組では数学が苦手で、台本のセリフに数字があっても文字に書き換えて覚えていると紹介。堺は「銀行員役の時は地獄でした。全部ひらがなにして呪文で覚えていました」と明かした。

 俳優を目指していたが、アルバイトなしで生計を立てられるようになったのは30歳の時だったという。「お金がなくて。でも野菜を食べないといけないという強迫観念があったので、タンポポを食べていました。結構食べられる」と明かした。

 苦労が続いてもモチベーションを保ち続けられた理由を問われると「チョコチョコって自己満足を与えられるステージがあったおかげ」と冷静に分析していた。

2017年12月11日9時0分
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171210-OHT1T50274.html

画像

(出典 www.hochi.co.jp)


【堺雅人、役作りの天才でも地獄だったと語る銀行員役とは…意外な弱点】の続きを読む