気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:バラエティ > イッテQ



    (出典 www.yoshi-toku.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/19(日) 16:46:33.06 ID:hB0w81Nw9.net

    家族で見られるファミリー向けの編成が人気を博し、一時期より衰えたとはいえいまだ日曜夜の人気番組として君臨している『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。
    しかし、番組の明るい雰囲気とは裏腹に、ウラでは出演者を巡った〝すきま風〟が吹いているようだ。

    5月12日、この日の同番組は「珍獣ハンターイモトワールドツアー」「ロッチ中岡のQtube」と人気企画を2本立てで放送。
    イモトアヤコ、中岡創一の体を張ったチャレンジで爆笑を届けた後、エンディングには『シャッフルSP』のラインナップを告知した。

    「シャッフルSP」は毎年恒例の人気企画で、各コーナーを担当する出演者が別のコーナーに挑戦するというもの。
    この日の告知でも、本来イモトが出演する「珍獣ハンター」に『ガンバレルーヤ』よしこが、出川哲朗の『はじめてのおつかい』に『ANZEN漫才』みやぞんが挑むことなどが発表された。

    完全無視状態で「干されたの?」の声
    発表は出演者が集められた控室で行われ、デヴィ夫人・みやぞん・河北麻友子など、ラインナップに名を連ねたが発表の場には同席しなかったメンバーも。
    一方、人気企画『温泉同好会』常連の『おかずクラブ』ゆいPは、ラインナップにも発表の場にもいない〝完全無視〟の状態となり、ネット上では、

    《ゆいPはついに呼ばれなくなったか》
    《ゆいPはどうしたの?》
    《干されたんか?》
    《ハブられてる》

    などの声が上がった。

    「確かに、オカリナが『イッテQ!』に頻繁に出る一方、ゆいPの出演回数は2年ほど前から減少傾向に。今ではオカリナだけの出演も全く珍しくなくなり、存在さえ忘れ去られつつあります。
    ゆいPは『温泉同好会』で他の女芸人に盾突くのがお約束だったのですが、実はこれが視聴者からかなり不評だったみたいで…。
    干された要因は1つではないと思いますが、キャラ付けの被害者という面も否定できないかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

    一方、相方のオカリナは『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)でもコーナーを持っており、ピンでの活動は順調そのもの。
    コンビ格差は、この先も開いていく一方と言えるだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1831747/
    2019.05.19 10:31 まいじつ


    (出典 i.imgur.com)


    【『イッテQ!』が『おかずクラブ』ゆいPを追放? コンビ格差が酷過ぎる】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/12(日) 07:46:41.90 ID:pN2TNx7J9.net

    5月5日、日曜夜8時台で熾烈な視聴率争いを繰り広げている『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が17.7%を獲得し、
    13.5%の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にまたしても勝利した(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)。テレビ局関係者が話す。

    「2月24日に初めて『ポツンと一軒家』が上回って以降、7度目の直接対決で5度目の勝利。これまで4度勝っていますが、全て0.1~0.5%以内の僅差でした。
    しかし、今回は4.2%も差をつけた。半年前まで『イッテQ!』の圧勝だった時間帯に地殻変動が起きています」(以下「」内同)

    なぜ、突然4.2%も差が広がったのか。日本テレビ全体の焦りが1つの原因になっているという指摘がある。

    「昨年、5年連続で視聴率三冠王に輝いた日テレですが、前年より数字を落としている。最近はテレ朝やTBSに追い上げられており、安泰な状況ではありません。
    そのためか、編成が全体的にやや近視眼的になっている印象です。つまり、レギュラー番組よりも長時間特番で視聴率を取ろうとしている傾向が見て取れます。

    たとえば、4月改編で、ゴールデン帯唯一の新番組『衝撃のアノ人に会ってみた!』(水曜19時~)を始めた(4月3日スタート)ものの、5月上旬時点でまだ3回しか放送されていない。
    たしかに改編期や改元という事情はありましたが、6週中3週は特番でした。新番組はスタートが大事ですし、飛び飛びの放送では視聴者に定着しません。そんなこともあってか、『衝撃のアノ人』は1度も2ケタに届いていない。
    5月8日は7.6%とテレ東を除いた民放ゴールデン帯の番組で最も悪い数字でした。特番は短期的には特効薬になり得ますが、長い目で見ると必ずしも良い影響を与えるとは限らない」

    近視眼的な編成の象徴が、視聴率の獲れる“日曜のさんま特番”の連発だという。日曜21時台の人気番組『行列のできる法律相談所』は2011年の島田紳助氏の芸能界引退に伴い、週替わりの司会者となった。
    その目玉の1つに、明石家さんまの起用があった。

    「初めてさんまが司会した7年前の2012年1月15日は、21.1%を獲得。その後も、さんまの回は特に高視聴率を連発しました。
    日テレは2013年に『明石家さんまの転職DE天職』、2015年に『誰も知らない明石家さんま』という不定期特番を作り、いずれも良い数字を残した。ただ、昨年10月以降、日曜のゴールデン帯で5度も“さんま特番”を組んでいます。頼り過ぎな感じがします」

    全5回を振り返ってみよう。2018年10月14日の『行列のできる法律相談所 さんまVS 怒れる美女軍団』は13.4%、同年11月25日の『誰も知らない明石家さんま』は16.0%、
    2019年1月13日の『行列のできる法律相談所』は14.8%。いずれも3時間スペシャルで、1か月半置きに放送。13%を超えれば高視聴率と言われる昨今、数字は良かった。

    しかし、4月21日の『行列のできる法律相談』は12.9%、28日『転職DE天職』は11.7%と2週連続の3時間スペシャルでは少しずつ下がった。

    さんま特番は日テレだけに限らない。4月7日はフジテレビ系で『さんまの東大方程式』、5月5日はTBS系で『明石家さんまの熱中少年グランプリ』と他局も含めれば、
    この1か月の日曜5週のうち4週でさんま特番が組まれたことになる。視聴率は『東大方程式』7.6%、『熱中少年』7.9%と1ケタに終わった。いくら人気があるといっても、毎週のように日曜に2~3時間の特番に出ていれば、視聴者が飽きても不思議ではない。

    「もともと、フジやTBSの日曜ゴールデン帯の数字はこの程度なので、特段悪いわけではありません。レギュラーの『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)は4月23日に14.4%を獲るなど、相変わらず高視聴率を続けています」

    日テレはさんま特番のため、『イッテQ!』が2週連続休みとなり、5月5日は3週ぶりの放送だった。

    「この日、『ポツンと一軒家』と4.2%もの差が開いた理由の1つに、視聴習慣が薄れた影響も考えられます。
    改編期からやや外れた4月下旬にさんま特番を連発したのは、今まで『笑点』から『行列』まで2ケタが続く“縦の流れ”だけではなく、
    毎週日曜夜8時は『イッテQ!』を観るという視聴習慣、つまり“横の流れ”を大事にしてきた日テレらしくない編成だったかもしれません」

    『イッテQ!』が再び日曜夜8時の王者に返り咲く日は来るか──。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16445806/
    2019年5月12日 7時0分 NEWSポストセブン


    【日テレ『イッテQ!』の視聴率低迷 さんま特番連発の影響も】の続きを読む



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/16(土) 11:24:13.86 ID:EWjmHvC+9.net

    昨年“やらせ騒動”に揺れた日本テレビ系の看板バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分)に、再び困った事態が起きている。
    レギュラー出演中のデヴィ夫人(79)のヤル気が日増しに高まり、過酷なロケを熱望。
    同番組の新年会では、イモトアヤコ(33)が出演するロケを自分に譲るよう交渉しようとしたという。
    夫人の年齢を考えれば万が一の事態も起こりかねないだけに、スタッフも頭を抱えるばかりだという。

    昨年の年間視聴率で全日(午前6時~午前0時)、プライム(午後7時~午後11時)、ゴールデン(午後7時~午後10時)を制し、
    5年連続の3冠を達成した日テレ。今年も勢いは衰えず、1月の月間視聴率でも3冠を獲得した。
    その原動力となったのは、同局の看板バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」だ。

    とはいえ、同番組は昨年11月に、人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」でヤラセ疑惑が浮上(同局は否定)し、このコーナーを休止した。
    番組の存続自体が危ぶまれたが、現在も放送中だ。

    それでも1月第4週(27日)の放送で「その他娯楽番組」部門トップの視聴率となる20・5%をマーク(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。相変わらずのドル箱ぶりを見せている。

    「やらせ疑惑が報じられてから、出演者たちのモチベーションはむしろ上がっている。5日に行われた今年のイッテQの新年会でも『より面白い番組にしよう』と盛り上がっていた」(関係者)

    そんな出演者の中で、がぜんヤル気になっているのが、不定期レギュラーのデヴィ夫人だという。

    6日に行われた自伝の出版イベントで夫人は、真剣な表情で「今、イモトアヤコさんがライバル」と告白。
    「私がしたいこと、私が行きたいところをイモトさんが全部やっちゃっているから」と、同番組で世界中で過酷なロケをこなすイモトに対抗心を燃やした。

    「実は今年の新年会で、デヴィ夫人はイモトに面と向かって、“海外ロケを少し譲って”と言おうとしていたんです。
    でも同じ会場にいたにもかかわらず、イモトを探し出せなかったようで。
    実はこの時、イモトはトレードマークの“太眉メーク”をしておらず、収録でしか会ったことのないデヴィ夫人は、本人を見ても分からなかったとか(笑い)」(関係者)

    ただ、デヴィ夫人がいくら体を張ったロケもそつなくこなすといっても、イモトのコーナーはやはり難しい。あまりに過酷すぎて年齢的にも危険性が高まるだけに、制作サイドも慎重にならざるを得ないという。

    「本人が『大丈夫』と言っても万が一が起きてしまったら抗議が殺到するでしょうし、やらせ疑惑どころの騒ぎじゃありません。
    今のご時世、収録中のケガなど、出演者の安全に局サイドは非常にナーバスになっている。たとえ元気でも、79歳の女性に無理をさせることはできませんよ」(日テレ関係者)

    それでもデヴィ夫人の情熱は衰え知らず。1月6日に放送された同番組の米国・ロサンゼルスロケで、出川哲朗らと体を張ったバブルボールに挑戦したが、そのシーンが丸々カットされてしまい激高。
    男性ディレクターにおかんむりで「アナタとはもう絶対にやりません!」などと怒りをあらわにしたことも、番組で明かされた。

    やらせ疑惑が降りかかった番組に、少しでも貢献したいとの熱い気持ちは分かるだけに、現場も悩ましい限りだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/12275/12275-193050
    2019年02月16日 11時00分 東スポWeb


    (出典 news.walkerplus.com)


    【デヴィ夫人79歳が「イッテQ!」スタッフ悩ます「イモトさんの仕事したい」】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/05(火) 16:33:15.19 ID:PawBwNrU9.net


    2月3日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でのスタッフの行動に、視聴者から非難の声が殺到している。

    この日の番組は人気企画『イモトワールドツアー』を放送し、イモトアヤコが中国・ハルビンへ。1月の平均気温がマイナス19℃という極寒の同市で、名物イベントという寒中水泳に挑むこととなった。

    本人は「やりたくない」と露骨に嫌がっていたが、出演中のドラマ『家売るオンナの逆襲』(同系)の番宣ができると聞き、渋々ながらもこれを受け入れることに。
    「1メートル泳ぐごとに1秒の告知タイム獲得」というルールのもと、早速スクール水着に着替えていく。

    しかし、プールは屋外のため、イモトは入水前から「寒い!」「ヤダぁぁぁ!」と大絶叫。
    飛び込み後もプール脇のはしごへ一直線に向かい、記録は6メートルに終わってしまった。

    “リアクション”を撮りたい名ばかりの告知
    プールから上がったイモトは現場スタッフに抱えられ、上着をかけられながら暖かい小屋へ。すると、番組スタッフがすぐさま駆け寄り、「イモトさん6秒! はいスタート!」と告知タイムの開始を急に宣言した。

    イモトは寒さのため咳き込むばかりで、一言もしゃべらないまま告知は終了。その後、“泣きの1回”で計12秒の告知タイムを得たが、2回目もプールから上がってすぐにスタッフが駆け寄ってきた。

    当然、2回目の告知タイムでも悶えるばかりで、まともな言葉をほぼ発せなかったイモト。すると、ツイッターには、

    《スタッフがイモトに塩対応過ぎて見てて不快になる》
    《それを笑って撮ってるのももはや怖い》
    《イモトいじめの度が過ぎてて胸クソ》
    《嫌がらせに近いわ》
    《これが面白いと思ってるの? ショーアップしたイジメみたいですごく不快》
    《イモトかわいそ過ぎるだろ…》

    など、スタッフの対応に苦言を呈するツイートが続出した。

    同番組はヤラセ騒動後も高視聴率を維持しているが、このまま“信頼の回復”をホッタラカシにして続ける意向のようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1680230/
    2019.02.05 11:00 まいじつ


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【イモトアヤコに『イッテQ!』スタッフのイジメ?「度がすぎる」「すごく不快」】の続きを読む


    NEWS・手越祐也 未成年との飲酒問題でついに「イッテQ」降板へ?


    NO.7187779 2019/01/11 12:23
    NEWS・手越祐也 未成年との飲酒問題でついに「イッテQ」降板へ
    NEWS・手越祐也 未成年との飲酒問題でついに「イッテQ」降板へ
    ジャニーズのアイドルグループ「NEWS」の手越祐也(31)が、いよいよ絶体絶命のピンチに陥っている。

    唯一のレギュラー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)から、とうとうリストラ話が持ち上がったのだ。

    “イッテQ”といえば昨年11月、週刊文春に「やらせ疑惑」を報道され、番組存続の危機に直面したのは記憶に新しい。

    そんなナーバスな状況下で昨年の大みそか、再び文春に手越のスキャンダルが報じられて――。

    「もう完全にウミは出し切ったと本人からも確認していたのに…。『あいつは本当に大丈夫なのか?』という声が局内から噴出しているんです」(日本テレビ関係者)

    騒動の始まりは大みそかに配信された「週刊文春デジタル」で、またしても手越の飲酒がらみのスキャンダルが報じられたことだ。

    「文春は昨年9月に手越がグアムの法律では飲酒が禁止されている20歳の女性と酒席を共にし、さらに11月に日本で未成年女性と飲酒していたと報じたんです。記事から察するに情報源をしっかりと囲っている。ジャニーズの出方次第では二の矢、三の矢があると思わせる記事構成なんです」(前出関係者)

    こうした“やんちゃ..



    【日時】2019年01月11日 11:00
    【ソース】東スポWeb


    【NEWS・手越祐也 未成年との飲酒問題でついに「イッテQ」降板へ?】の続きを読む

    このページのトップヘ