気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:女優 > のん



    (出典 middlecrest.net)



    1 しじみ ★ :2018/08/06(月) 11:58:12.55 ID:CAP_USER9.net

    6日朝、平和記念公園であった平和記念式典の後、同公園内で行われた旧中島本町の慰霊式に俳優のんさんが参列した。参列者らと話し、町民慰霊碑に手を合わせた。


     のんさんは、戦時下の広島・呉が舞台のアニメ映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督)に主人公「すず」の声で出演。この日は片渕監督とともに訪れた。

     旧中島本町の町並みを再現した映画を見たことが転機となり、祖父の遺骨探しに取り組んだという大木久美子さん(58)が「映画に勇気づけられました」と話しかけると、のんさんは「ありがとうございます」と笑顔で応じていた。

     片渕監督は取材に「こんなに遅くなってしまったけれど皆さんにようやく会えたという気持ちで手を合わせた」と話し、ハンカチで目をぬぐった。


    (出典 www.asahicom.jp)


    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL863DVTL86PTIL011.html


    【のんさん、広島原爆慰霊式に参列 「この世界の片隅に」主人公「すず」の声で出演】の続きを読む



    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)



    1 湛然 ★ :2018/07/18(水) 20:42:57.39 ID:CAP_USER9.net

    2018年7月18日 11時43分
    のん、大野いと『あまちゃん』7月生まれ誕生会に「綺麗になった」の声

     女優、創作あーちすととして活躍するのんが17日、自身のインスタグラムにNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で共演した大野いと、蔵下穂波との3ショットを投稿し、「GMTじやねぇか!泣」「おめでとう!GMTで仲良しなのが嬉しいです」「まじで可愛いねー!」と反響を呼んでいる。

     『あまちゃん』の中で、アイドルグループ「GMT6(後に5)」のメンバー、岩手出身の天野アキを演じたのん、佐賀出身ながら福岡出身と詐称していた遠藤真奈を演じた大野、沖縄出身の喜屋武エレンを演じた蔵下。大野は2016年7月にもインスタグラムでこの3人で久々に再開したことを報告していた。

     のんは「こないだ、7月生まれ同士のいとちゃん、そしてほなみちゃんと会いました。2人とも面白い」というキャプションで、カフェでの3枚を投稿。誕生日仕様にしたガトーショコラとクリームブリュレのシンプルなお皿を囲んで笑顔を見せている。

     唯一9月生まれの蔵下は「可愛い2人のbirthday 会えてよかったですっ」として「#7月は可愛い子生まれるの?」「#いとちゃん #のんちゃん」「#純粋な2人に癒されました」「#幸せな時間をありがとう」というハッシュタグでまた違った写真を投稿。

     これに対しファンは「なんちゅーかわいさなんだ!!!!」「ガールズトーク楽しそうですね」「3人の表情にほっこりします」「あまちゃんメンバー集結ですね 懐かしいです」「GMTフォーエバー」「アキちゃん、真奈ちゃん、キャンちゃん 3人共綺麗になったね」
    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    [non_kamo_ne]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)

    [honami_kurashita]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    https://www.crank-in.net/news/57530/1


    【のん、大野いと『あまちゃん』7月生まれ誕生会に「綺麗になった」の声】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 神々廻 ★ :2018/07/15(日) 22:03:51.97 ID:CAP_USER9.net

    7月13日に25歳の誕生日を迎えた女優・のん。

     6月からUHA味覚糖の「UHAグミサプリ」新CMに起用され、久しぶりにテレビで姿を見せている彼女だが、事務所移籍前の“能年玲奈時代”と比べると出番は激減。
    先日、出席したイベントで「今年の下半期は頑張って女優のお仕事も発表できたら」と意気込みを語った彼女だが、ブレイク作であるNHK朝ドラ「あまちゃん」時代からのファンにとっては寂しい状況が続いている。

     ネット上では「今も前所属事務所の圧力でドラマに出られない」といった憶測がまことしやかに囁かれているが、業界内では異なる見方も。のんの現状について芸能関係者が証言する。

    「女優として活躍したいことに変わりはないと思いますが、今は他にもやりたいことで一杯のようですよ」

     そのひとつがミュージシャンとしての活動だ。

    「5月に発売されたファーストアルバム『スーパーヒーローズ』は音楽業界でも大好評。彼女のミュージシャンとしての素養は折り紙付きです」(前出・芸能関係者)

     さらに「収入面でも女優時代より“儲かる商売”ができているともっぱらのウワサです」と同関係者。

     彼女は何で儲けているのか。

    「現在の能年の収益源は『個展での芸術作品の販売』です。絵やオブジェなど彼女の個性が反映された作品ばかりなのですが、いずれもバカ売れ。300万円もする『ハムスターの巨大オブジェ』まで売れているんです」(前出・芸能関係者)

    テレビ以外で才能を発揮しているのであった。

    (白川健一)

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-108445/


    【のん、テレビ出演激減も「女優時代より儲かっている」という意外な収入源】の続きを読む



    (出典 img.eservice-hk.net)



    1 湛然 ★ :2018/07/14(土) 20:41:06.59 ID:CAP_USER9.net

    2018年07月14日 17時58分 公開
    25歳を迎えた“のん” 特注ケーキ&「この世界の片隅に」スタッフから愛情マシマシの祝福を受ける

     女優ののんさんが7月13日に25歳の誕生日を迎え、事務所スタッフから特注のケーキが振舞われて盛大に祝福されたことをInstagramで報告しました。また、2年前にのんさんが主人公の声を演じたアニメーション映画「この世界の片隅に」のスタッフ一同からTwitter上でお祝いのコメントが寄せられており、のんさんの愛されっぷりが話題になっています。

     「のんスタッフが祝ってくれました。嬉しい。ワルイちゃんズが可愛すぎる」とコメントし、誕生会の様子をアップしたのんさん。自身がデザインした黄色いワンピースを着たいたずらっ子のキャラクター“ワルイちゃん”がデコレーションされたバースデーケーキが用意され、ワルイちゃんの頭にのっている友達のジェニファ(アフロが本体)を模した帽子を被り、くしゃっとした笑顔を見せてご満悦の様子。“のん”名義となってからは、女優以外に声優や歌手、本の出版などのアーティスト活動を行っており、「25歳の年も、皆さんに元気を届けられるよう精進します」と1年間の意気込みをつづっています。

     さらに、アニメーション映画「この世界の片隅に」の公式Twitterは7月13日の午前0時ぴったりにのんさんへの祝福コメントを更新。「すずさんに息を吹き込んで下さったあの日から約2年。どんな時も一生懸命でまっすぐな姿は、いつも私たちの希望でした。そしてそれは、これからもずっと。この日をきっと誰よりも喜んでいる #片渕須直 監督と共に」と、主人公・すずを演じたのんさんへ愛のこもったメッセージと、「25」のろうそくが立てられたバースデーケーキを片渕監督からのんさんへ手渡す写真を公開しました。

     同映画はクラウドファンディングで制作をスタートし、2016年11月に公開されてから600日以上も上映され続ける異例のロングランを記録。2018年の夏も多くの劇場で公開が決まっている中、片渕監督は同映画の長尺版を制作中で、続報に注目が集まっています。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)



    @konosekai_movie

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    [non_kamo_ne]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/14/news034.html


    【25歳を迎えた“のん” 特注ケーキ&「この世界の片隅に」スタッフから祝福を受ける】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 湛然 ★ :2018/07/02(月) 13:03:38.44 ID:CAP_USER9.net

    2018.07.02
    のん、下半期は女優活動に前向き「みなさん、見たいとおっしゃっているので頑張りたい」

     女優・のんが2日、都内で行われた『LINEモバイル』記者発表会に出席。今年の下半期にむけて、女優としての活動へ意欲を見せた。

     LINEモバイルがソフトバンク回線を利用したサービスの提供開始の発表会で、普段のスマホの使い方を聞かれ「最近は『温故知新』を検索しました。24歳にもなって『(意味)わかってろよ!』という感じなんですが、改めて意味をちゃんと知ろうと思って」と紹介。スマホは「お風呂やお布団の中でいつも見ています。おすすめされたお笑い芸人さんのネタやアーティストの動画を検索してます」と私生活の様子を明かした。

     今後挑戦したいことは「のんシガレッツというバンドで9月にツアーをやることは、大きな挑戦かなと。今年の下半期は頑張って女優としての仕事を発表できたらいいなと思っています」と話し「みなさん、(女優としての姿を)見たいとおっしゃっているので、頑張りたいです!」と意欲を見せた。

     LINEモバイルのCMに今回も起用されるのんは、1年前から同社のCMを務めており「キリンジさんの『エイリアンズ』を歌わせていただいたことは光栄でうれしかった」と振り返り「(あの時)『音楽を歌ってみたいな』という気持ちがあったところで歌わせていただき、『のんは歌うんだ!』とみなさんに知れ渡った。その後に音楽デビューすることになりました」と、音楽活動をするきっかけを作ってくれたCMに感謝した。

     また、期間限定で月額300円でスマホを利用できるキャンペーンについて「300円あったらペットボトルのドリンク2本買える。9月にライブツアーを控えているので、ギターのピックを3枚くらい買い足せますね」と笑わせた。


    2018年下半期の女優活動に前向きなのん (C)ORICON NewS inc.

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)

    https://www.oricon.co.jp/news/2114733/full/


    【のん、下半期は女優活動に前向き「みなさん、見たいとおっしゃっているので頑張りたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ