気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:女優 > 広瀬すず



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/23(月) 11:28:51.84 ID:Qf+4he9C9.net

    いよいよ物語も大詰めになってきたNHK連続テレビ小説『なつぞら』。ヒロインを演じた女優の広瀬すずが会見に出席し、役を終えてからの〝結婚観〟を明かしたのだが、その発言にネット上では「ビッグな勘違い」などと呆れる声が殺到している。

    広瀬の役どころは、戦争孤児として北海道で育ち、アニメ創成期に東京で自身もアニメ作りに奔走した女性。高校生から社会人、結婚して母親になるまでの長い期間を、現在21歳の広瀬が演じ分けている。

    本作品で妻や母親を〝疑似体験〟したことで、「10代のころは、早くお母さんになりたい」という思いが、なつを演じて「結婚願望がなくなりました」と、自身の結婚観に変化があったことを明かした。その理由として、なつは娘を出産した後「自分よりも子どもを優先すべきなんじゃないか、仕事を続けるべきか」と葛藤していたことを挙げ、仕事と子育ての両立は「覚悟と犠牲のいることだと分かった」「全国の働くお母さんって、すごい」と感じたという。

    「この発言に対して、『なつぞら』の視聴者からは猛ツッコミの声が殺到しています。何といっても、ヒロイン・なつの子育ては〝恵まれ過ぎている〟からです。なつは仕事を続けたいがために、元同僚の下山茜(渡辺麻友)に娘・優を〝丸投げ〟状態。『茜さんに頼り過ぎ』『茜さん、たぶん裏アカでなつのことをボロクソ言ってる』などと散々な言われようでした。また、娘が発熱した際に茜のもとに引き取りに行ったのは、なつの実兄・咲太郎(岡田将生)です。咲太郎が『ちゃんと優のこと見てるのか』となつを責めると、なつはイライラした表情で『見てるよ』『優が病気のときは一緒にいるようにするから』と一丁前に反論する始末。

    完全に〝周りのサポート〟があったからこの程度で済んでいるにもかかわらず、広瀬は今回の会見で母親願望がなくなったことを明かしたわけですから、反感を買うのも当然といえば当然です」(芸能ライター)

    「子育てしてるの周りじゃないか」
    実際にネット上でも、

    《なつの生きざまを見て「子育てと仕事の両立大変!」と思ってるとしたら、ビッグな勘違い》
    《朝ドラのなつほど恵まれた環境ないよね??!》
    《なつなんてめちゃくちゃ優遇されててめちゃくちゃラッキーだよ》
    《いやいや、本当の子育てはこんなに周りの助けも得られないし、旦那もここまで協力的でないし、第一こんなに聞き分けの良い病気もケガもなく育つ子はいない》
    《子育てしてるの周りじゃないか笑》

    などと、広瀬の勘違いぶりに呆れる声が続出している。

    視聴者のイライラポイントを〝あえて〟逆なでしているのだとすれば、広瀬はやはりビッグな女優と言えそうだが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/2013879/
    2019.09.23 10:30 まいじつ


    (出典 img.cinematoday.jp)


    【広瀬すず「結婚願望なくなりました」に呆れる声が続出?の理由とは…】の続きを読む



    (出典 www.lmaga.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/17(火) 10:27:45.45 ID:fONk0lH59.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    NHK連続テレビ小説『なつぞら』(月~土 前8:00 総合ほか)の主演の広瀬すず(21)から次作『スカーレット』(9月30日スタート)で主演を務める戸田恵梨香(31)へのヒロインバトンタッチセレモニーが17日、大阪・中央区の同大阪放送局で行われた。

    戸田に『朝ドラ』ヒロインのバトンを引き継いだ、すずの表情は笑顔に溢れた。恒例のプレゼント交換では広瀬から戸田へ“陶芸に打ち込む喜美子”のオリジナル人物画が、戸田から広瀬へは手作りの信楽焼きマグカップが贈られた。
    マグカップは戸田が信楽での撮影前に自ら作った。底には自身の名前ではなく「すず」と記した。“長丁場の撮影を終えてひと息ついてほしい”という願いが込められている。
    戸田は「ホントにお疲れ様でした。私は始まって半年ぐらいですけど、まぁ大変だったろうなというのが予想できた。ゆっくり休んでください」とねぎらった。広瀬は「忙しいのに…。すごくうれしいです。大切にします」と笑顔を見せた。

    『なつぞら』を視聴していた戸田「なつは、みんなに安心感と優しさを与え続けているヒロインで私も励まされた」と述懐。そして対面した印象について「広瀬さんの笑顔は天使。こうやってお会いしてもヒロインを駆け抜けた解放感を感じられる。
    すごくステキ」と大絶賛した。“解放感”というフレーズに、すずは「解放感がバレてたのは、ちょっと恥ずかしい…」と少し赤面し、周囲にはほっこりした笑いが広がっていた。

    そんな、すずの姿を見続けていた制作統括の磯智明チーフプロデューサーは「終盤は30代後半の役年齢を演じていた。2週間ぶりにお会いして21歳のすずさんに戻ったなという印象でした」としみじみと口にしていた。

    『スカーレット』は戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子、川原喜美子が主人公。
    両親と2人の妹との暮らしは貧しく、喜美子は幼い頃から水くみをしたり、洗濯したり、食事を作ったり…、一家を支える働き者の女の子。
    戸田は第2週の後半から登場し、15歳になった喜美子から演じるが年齢自虐がネタとなっている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17093325/
    2019年9月17日 10時13分 オリコン


    (出典 www.nikkansports.com)


    【広瀬すず、『なつぞら』終えた解放感ダダもれに赤面「恥ずかしい…」】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 ゴアマガラ ★ :2019/06/30(日) 20:44:01.13 ID:zmkMSOsV9.net

    広瀬すず(21)が自身のインスタグラムに投稿した写真が話題となっている。広瀬は現在、NHK連続テレビ小説『なつぞら』にヒロイン役で出演中。
    共演中の俳優・吉沢亮(25)と広瀬が馬に乗っているシーンを捉えた写真がドラマの公式ツイッターに投稿された際には、「美しすぎるお二人!」「朝から爽やかな気持ちになります!」と大きな話題を呼んだばかり。

     そんな広瀬が23日に「#美的 やっぱりこういうの好きだ~楽しいが止まらなくなる~」とつづり、美容雑誌『美的』(小学館)のオフショットとみられる自身のドアップ写真を公開した。

     この投稿に対し、インスタグラム上には「ドアップに余裕で耐えられる顔!すごいなー」「本当に美しすぎる!」「そりゃ、この顔だったら楽しいよね!」といった声が多く寄せられている。

     さらに、一部ネット上でも「叩きたくても叩くところがないくらいに綺麗」「この子を可愛くないって言う人はただの嫉妬だよね」など、あまりの美しさに皮肉の声すら出ない様子。
    ドラマのみならず映画やCMでも大活躍の広瀬。男女ともに認める彼女の美しさに今後も期待したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1895364/?&tb_cb=1


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【広瀬すず、美しすぎるドアップ写真を投稿して大反響「叩きたくても叩くところがない」】の続きを読む



    (出典 www.news-postseven.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/29(水) 16:27:38.50 ID:WCYqWsB89.net

    広瀬すず主演NHK連続テレビ小説『なつぞら』の5月27日放送回視聴率が、21.4%と大台に回復したことが分かった。

    同ドラマは4月17日に放送された第15話で23.6%の最高視聴率を記録。その後も安定して人気をキープしていたが、5月3日の第29話で18.7%、4日の第30話で19.7%と20%の大台を割り込んでいた。番組関係者は「長い間には一時的にあること」と意に介さぬ様子だが、ここに来て〝視聴者離れ〟が加速しているという話も聞こえてくる。

    「広瀬すずの純朴なキャラクターに共感し、毎日欠かさずドラマを視聴している人がいる一方で、『きっぱりと離脱した』『いつまでたっても面白くならない』などといった声が急速に広まっているのです。その一番の理由は脚本だといいます。実話をベースにしているとはいえ、散々世話になった農家を飛び出してアニメーターを目指すストーリーに『全く共感できない』という声が圧倒的なのです。また、立派な跡取り息子がいるのに、赤の他人のなつに『跡を継がせたい』という発言が出たときは、『どれだけVIP待遇なんだよ』『主人公持ち上げ過ぎだろ』などと、違和感を抱く人が続出しました。当初は広瀬目当てだった若年層が急速に離れているようですね」(エンタメ誌記者)

    ?

    『おしん』から『なつぞら』の流れは悪手
    実際の視聴率に大きな変化が現れないのは、朝の時計代わりにお茶の間で流しっぱなしにしている家庭が多いためで、見入っているのは高齢者ばかりだという。

    ネット上では「いつもはドラマが終わってから出社する主人が、最近は始まる前に家を出ている」「入社試験中に突然立ち上がるなつを見てやめた。あり得ないだろ」「何だろうね、苦労感が薄く、環境が恵まれ過ぎていて感情移入できない」などという指摘が飛んでいる。

    また、連日、朝の7時15分からNHK・BSプレミアムで『おしん』が再放送されている影響も大きいという。

    「続けて『なつぞら』も放送されることから、当初は、両方見ている人も多かったのですが、さすがに比べてしまうとドラマの〝質〟や〝完成度〟において、圧倒的な差があることが分かってしまったのです。『おしん』は現在、田中裕子がおしんを演じるパートに入っていて、奉公先での数々の苦労に涙する人が続出しています。そんなシーンを見た後で、続けて放送されるなつのあまりにも恵まれた都会での生活ぶりが、ご都合的に見えてしまうのは仕方ないのかもしれません」(同・記者)

    安藤サクラの好演で大人気だった『まんぷく』の流れを受けた広瀬すずだったが、俳優としての実力は安藤、田中に遠く及ばないことは確か。今後どこまで高視聴率がキープできるのか注目したい。

    ?http://dailynewsonline.jp/article/1847672/
    2019.05.29 07:31 まいじつ

    前スレ 2019/05/29(水) 08:06
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559084798/


    【【NHK朝ドラ】広瀬すず『なつぞら』脚本大不評…「恵まれ過ぎ」「共感できない」】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/18(木) 14:37:53.68 ID:B5gYwb689.net

    同世代の女優の中では、頭一つも二つも抜けていると評されている広瀬すず。しかし、その人気に疑問符が付く結果が出てしまったようだ。

    「4月に朝ドラ『なつぞら』とコラボしたフォトブック『「広瀬すず in なつぞら」PHOTO BOOK』が発売されたのですが、初週の売り上げがオリコンによると4042部。何とも微妙な数字で、広瀬の格を考えると明らかに〝爆死〟と言っていいレベルですよ」(出版関係者)

    3月に発売された女優・永野芽郁のファースト写真集 『moment』は、初週だけで9048部を売り上げ、累計では2万部ほどのセールスを記録している。2月には橋本環奈が写真集をリリースし、楽々1万部を超えている。

    「もちろん、写真集のコンセプトが違うため、一概に比べることはできませんが、橋本、永野、広瀬とひと月おきに若手女優が写真集を出し、広瀬だけ圧倒的に売れていないという事実は変わりません。『なつぞら』が高視聴率を記録しているだけに、写真集のコケ方がより際立ちますね」(同・関係者)


    “表紙買い”したくならない
    2016年に発売したフォトブック『17才のすずぼん。』では、累計6万5000部を刷るほど注文が入ったという。一体なぜ、今回はここまで外したのだろうか。

    「まず、表紙がいけませんね。前髪をすべて上げ、何とも言えない笑顔を浮かべる広瀬…。今までの写真集は広瀬の〝あざとい〟かわいらしさを前面に押し出していたのに、これはかわいらしさが皆無。写りの悪い〝逆奇跡の1枚〟を表紙にしたのかと疑うものでしたよ。『なつぞら』のドラマイメージを写真集に落とし込んだのかもしれませんが、ファンからしたらただの期待ハズレ。

    購買意欲がそそられなくて当然ですね」(アイドルライター)



    最近、かわいさよりもやたらと〝かっこよさ〟や〝オシャレさ〟を打ち出し、変な髪型やメークで登場することの多い広瀬。本格派として売りたい事務所の考えかもしれないが、まだまだかわいさを押していくべきかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1782279/
    2019.04.18 10:32 まいじつ
    (deleted an unsolicited ad)


    (出典 zasshi.tv)



    (出典 img.hmv.co.jp)


    【広瀬すず『フォトブック』が大コケ! かわいさゼロ?の“表紙”とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ