気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:女優 > 小泉今日子



    (出典 news.nifty.com)



    1 Egg ★ :2018/10/16(火) 07:55:10.89 ID:CAP_USER9.net

     10月8日、豊原功補(53)が演出を務めた舞台『またここか』が千秋楽を迎えた。

     この舞台のプロデューサーとして、公演を支えてきたのが豊原との不倫交際宣言をした小泉今日子(52)だ。

    「小泉は今年の2月に、長年所属していた事務所から独立したと同時に妻子ある豊原さんとの恋愛関係を公表しました。 

     世間のバッシングも気にすることなく、住まいの賃貸マンションには2人で生活していますし、豊原が助手席で踏ん反り返り、小泉がハンドルを握り運転するスタイルなんです」

     というのは、スポーツ紙記者。

    増えるタバコの量
     昔は男を振り回していたのに、今ではすっかり豊原の運転手と化し、マネージャーのようにかいがいしく面倒を見るキョンキョンが不思議でならないと首をかしげる。

    「女優業はしばらくお休みして、設立した事務所で、舞台などの制作の裏方業に徹しているようです。今回の舞台は、入れ込んでいる豊原との共作となった作品なので、思い入れも強かったんだと思います。

     連日、会場でお客さんを出迎え、帰りにはアンケートを受け取ったり、記念撮影をしたりと、客寄せパンダにも徹していました」(スポーツ紙記者)

     舞台期間中は、観客が帰った後、小泉は女性スタッフと慌ただしく劇場の片づけをしていた。そして帰りは、近所の飲み屋街へと繰り出す日々だったという。

    「小泉さんは昔から、喫煙を公言してきましたが、最近、タバコの本数が増えてきたようなんです。舞台の会場などでは気をつかって吸わないようにしていたのですが、そのぶん、車の中がすごいことに。

     ショートホープが何箱も転がっているんです。強いタバコですからニオイもきつくて、彼女が来るとすぐわかるんですよ(笑)。飲みに出てもタバコは手放せず、車で帰るときは小泉さんは運転のため飲めないので、ストレスが溜まってるのかもしれません」

     と、舞台の打ち上げに参加した関係者はいう。飲みの席で、タバコが吸えるかどうか、彼女にとっては重要なポイントだそうで、

    「昔から通う、雑居ビルのバーやスナックは今のところ喫煙できるので、お店選びに困ることはないようだけど、『喫煙環境も厳しくなってきたのに、小泉は不倫とか社会の逆行まっしぐらだな』と店の関係者も呆れ顔で話していましたよ」(前出の舞台関係者) 

     千秋楽の打ち上げでは、車を置いてタクシーでやって来た彼女は、終始ご機嫌で大盛り上がりだったよう。表舞台からすっかり裏方となり、仕事は減るがタバコの量は増える一方。そのバランスが少し、心配だーー。

    2018年10月16日 5時0分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15449326/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【<小泉今日子>裏方業に徹し “彼” を全力サポートするも増える「タバコの量」】の続きを読む



    (出典 img.jisin.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/12(金) 07:14:37.68 ID:CAP_USER9.net

     豊原功補(53才)との堂々交際中の小泉今日子(52才)。今年2月には所属事務所からの独立とともに豊原との不倫交際を公表、さらに6月には女優を休業しプロデュース業に専念すると発表した。最近は1年ほど前から仕事場として借りている新居で同棲状態になっているという。

     さらにはこんな話もある。

    「豊原さんとつきあってから、小泉さんは仕事の金銭的なことに口を出すようになった。あれほどの彼女でも彼の影響を受けるのか…あまり悪い方に行ってほしくないですね」(テレビ局関係者)

     彼女を心配する友人の1人が、十数年来の親友・YOU(54才)だ。小泉とYOUが仲よくなったのは、それぞれの夫婦仲が破綻したことがきっかけだといわれている。小泉は1995年に結婚した永瀬正敏(52才)と2004年に離婚。YOUも1997年に再婚した松岡俊介(46才)と2006年に離婚している。

    「赤裸々トークで一気に距離を縮め、今では休日に互いの家でダラダラ過ごしても全く気を使わない、家族に近い関係。仕事も恋の話も、遠慮せずにズケズケと話せる数少ない友人の1人でしょう」(芸能関係者)

     そのYOUが小泉にため息をもらしているという。

    「もちろん、小泉さんを尊重しているし、彼女が大人として選択したことにとやかくは言っていない。ただかなり呆れている状態。飲みに行く機会も以前と比べると一気に減りました。YOUさんとしては男のくせに、煮えきれない彼に対して言いたいことがあるんでしょう。

     小泉さんの周辺では、豊原さんの評判があまりによくない。小泉さんは“でも、かわいいところがあるから”と彼の尊大な態度や不躾な雰囲気もかえって“裏表がない”と認めているようですが、周囲からすればそれは全然違う。

     YOUさんも最初は、やんわりと“もう少し周囲の声を聞いた方がいい”と言っていたみたいですが、小泉さんは無視状態。今はほっとくしかないという感じだと思います」(小泉の知人)

     現在公開中の小泉の主演映画『食べる女』の製作関係者はこうもらす。

    「主演なのに、映画の宣伝に協力的じゃない。映画のPRのためのインタビューやテレビ出演を打診しても、“今は休業中なので”“裏方なので”と断られてしまう。結果、『食べる女』は公開初週さえ興行収入ランキング10位内にも入れませんでした。以前はこんなことはなかったと言わざるを得ません」

     周囲に気を使い、それでいて周囲に流されず、わが道を貫いてきた小泉。樹木希林さんが遺した「おごらず、人と比べず、面白がって、平気に生きればいい」──この言葉が今の彼女にどう響くか。

    ※女性セブン2018年10月25日号


    10/12(金) 7:00配信 NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181012-00000006-pseven-ent


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【小泉今日子、豊原功補との交際で変化 親友YOUの助言も無視】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 かばほ~るφ ★ :2018/10/01(月) 17:56:16.30 ID:CAP_USER9.net

    小泉今日子 豊原功補の隣に…不倫公表後初の堂々2ショット姿
    2018/10/01 14:16

    「ありがとうございました~!」
    劇場のロビーで、甲斐甲斐しく観客を出迎える小泉今日子(52)。その隣には豊原功補(53)が――。

    豊原功補が演出を務める舞台『またここか』が、9月28日からDDD青山クロスシアターで上演されている。
    脚本は『東京ラブストーリー』や『カルテット』で知られる坂元裕二(51)。
    そしてプロデューサーは、この公演を企画した株式会社『明後日』の社長・小泉今日子だ。

    「坂元さんが脚本を書かれたドラマが好きでこの舞台も観に来たのですが、
    劇場に入ったらキョンキョンがいたのでビックリしました。
    キョンキョンは上演前も上演後も豊原さんのすぐ隣にいて、2人そろってお客さんにあいさつしていましたよ」
    (公演を観た女性)

    小泉は2月に事務所からの独立、妻子ある豊原との恋愛関係を公表し注目を浴びた。
    さらに6月には2年間の女優休業を宣言。現在は舞台制作などの”裏方”としての活動に専念している。

    「豊原さんとの“共作”は2度目ですが、事務所独立と豊原さんとの不倫関係を公表してから
    初めての公演ですから、小泉さんがこの作品にこめる思いも並々ならぬものがあったでしょう。
    彼女はプロデューサーとして、若手や小劇場の実力派にも声をかけてキャスティングしたようです。
    今はマネージャーもおらず、取材依頼の電話も小泉さん自身が対応しています。
    ときには稽古場のモップかけまでやっているそうですよ」(演劇関係者)

    小泉みずから雑用までこなし、豊原との共同作業で作り上げた『またここか』。
    Twitter上では《感情をぐわんと持っていかれる》《全ての役者さんから熱いものを感じて胸がじーんとなった》と、
    絶賛の声が上がっている。

    「前売り券は早々に売り切れ、急遽増席が決まったほどの盛況ぶりです。
    初日にはタレントのYOUさん(54)が、わざわざ当日券を買い求めて見に来ていたようです。
    上演は10月8日までですが、全公演満席になるのではないでしょうか」(前出・演劇関係者)

    豊原は現在の妻との離婚がまだ成立していないとみられるが、小泉との堂々としたツーショットはもはや夫婦のよう。
    『またここか』の成功は、2人の絆をさらに強固なものにすることだろう――。

    女性自身
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1668904/

    (出典 img.jisin.jp)


    【小泉今日子(52)、豊原功補(53)の隣に…不倫公表後初の堂々2ショット姿】の続きを読む



    (出典 cdn.images-dot.com)



    1 ストラト ★ :2018/06/20(水) 15:10:00.57 ID:CAP_USER9.net

    女優の小泉今日子が自身が所属する事務所「明後日」の公式HPで、独立以前から決まっていた仕事を終えた後は「その他の仕事(女優業など)についてはしばらく休養させて頂きます」と告知。
    舞台のプロデューサー業にしばらく専念するとした。

    小泉は15日に「明後日」のHPに「小泉今日子からのご報告」というメッセージを掲載。
    「2018年、2月1日より(株)バーニングプロダクションから独立致しました」と切り出し「独立以前から決まっていた仕事については(株)ミツヤエージェンシーにマネージメントを委託しております。その他の仕事(女優業など)についてはしばらく休養させて頂きます」とした。

    続けて「舞台の制作などプロデューサー業に力を入れ、良い作品を世に送り出したいと思っております」と、しばらくはプロデューサー業など裏方に専念するようで「WEBサイトもスッキリとリニューアル致しました。まもなく今秋に公演予定の舞台作品の発表も御座います。どうぞお楽しみに!今後とも株式会社明後日をよろしくお願い致します」とつづった。

    小泉は現在、舞台「お蘭、登場」に出演中。7月26日の大阪公演まで出演は決まっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000062-dal-ent

    小泉今日子からのご報告

    2018年、2月1日より(株)バーニングプロダクションから独立致しました。

    独立以前から決まっていた仕事については(株)ミツヤエージェンシーにマネージメントを委託しております。その他の仕事(女優業など)についてはしばらく休養させて頂きます。舞台の制作などプロデューサー業に力を入れ、良い作品を世に送り出したいと思っております。WEBサイトもスッキリとリニューアル致しました。まもなく今秋に公演予定の舞台作品の発表も御座います。

    どうぞお楽しみに!

    今後とも株式会社明後日をよろしくお願い致します。

    2018年6月吉日 小泉今日子

    小泉今日子

    (出典 i.daily.jp)


    【小泉今日子、女優業は「しばらく休養」 プロデューサー業に専念へ】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 ひかり ★ :2018/03/30(金) 16:15:06.88 ID:CAP_USER9.net

    「捜査を受ける身です。刑事訴追を受ける恐れがあるので答弁は差し控えたい」

     3月27日、衆参両院で行われた証人喚問で、森友学園問題の財務省側の責任者である佐川宣寿・前国税庁長官(60才)はそう繰り返した。

     240分にわたる証人喚問は「なぜ、土地を安く提供したのか」「決裁文書の書き換えを誰が指示したのか」という根本的な謎はまったく解明されずに
    終わった。

     各マスコミの世論調査で安倍内閣の支持率は軒並み30%台にまで急落。国民の怒りは沸騰していて、国会周辺や首相官邸前では連日、「安倍首相と昭恵夫人は
    責任を取れ」とのプラカードを掲げた抗議デモが繰り広げられている。

     芸能界でも声が上がり始めている。小泉今日子(52才)が代表を務める会社の公式ツイッターは、安倍政権批判や抗議デモに関するツイートに次々と
    「いいね!」をつけた。たとえば、有名舞台演出家のこんなツイートだ。

    《どうして世間ではまっっったく通用しない非常識が政権中枢では当然のようにまかり通るのか。佐川が書き換えやったって、自分にはひとつも得がないのは
    全員わかりきってるはず。誰に言われたかも、或いは誰に忖度したのかも。まさにカフカ的な不条理。もう、あとは、国民が本気で怒るしかない》

     自宅前で小泉本人に話を聞くと、「この件については私の言葉では語るつもりはありません」と語るのみだった。

     この森友騒動は元を辿れば、すべて昭恵さんの振る舞いが原因であることは、連日ワイドショーが報じている通り。

    「籠池泰典理事長の森友学園が9億円以上と目される国有地をタダ同然で手に入れた。その土地に建つはずだった小学校の名誉校長が昭恵夫人でした」
    (全国紙政治部記者)

     この3月半ばに明らかになった財務省の決裁文書改ざんでは、2014年4月に昭恵さんが籠池氏に「いい土地ですから、前に進めてください」と
    話したとされるくだりや、昭恵さんが森友学園の教育方針に感涙したことなどがそっくり削除されていた。

     どうして昭恵さんはそんな怪しい学校の名誉校長になってしまったのか、「土地を安く売って」と財務省に働きかけをしていないのか、昭恵さんの口から
    ちゃんとした説明が聞きたい、すなわち証人として国会に出てくるべきだという声が高まっている。佐川氏じゃない、昭恵さんなのだ。

    ※女性セブン2018年4月12日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180330-00000023-pseven-ent


    【小泉今日子、政権批判ツイートに ”いいね”  本人に直撃するも「語るつもりない」】の続きを読む

    このページのトップヘ