気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:音楽 > 福山雅治



    (出典 realsound.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/03/06(火) 22:19:12.44 ID:CAP_USER9.net

    福山雅治「日本アカデミー賞」で1人だけハブられファンが悲鳴!
    2018/03/06 18:14
    http://asajo.jp/47563

    (出典 asajo.jp)


     3月2日、「第41回日本アカデミー賞授賞式」(日本テレビ系)が放送され、是枝裕和監督作「三度目の殺人」が最優秀作品賞を含む6冠に輝いた。

    「映画『三度目の殺人』は、最優秀作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞のほか、役所広司が最優秀助演男優賞、広瀬すずが最優秀助演女優賞と最多6冠を獲得。
    壇上の是枝監督は『まだまだ映画って分からないなっていうのが撮り終わった後の正直な感想で、これを糧にして、もう一歩先に進みたいと思います』と今度の映画製作の意欲を語りました」(映画ライター)

     また監督は「狭い空間の中で福山雅治さんと2人で芝居を作り上げました。福山さんにも感謝したい」と、同作で主演を務めた福山雅治にも感謝の気持ちを述べた。

     しかし当日、主演にもかかわらず会場に福山の姿はなく、ファンからは悲しみの声が上がったという。

    「監督や他の主要俳優が皆、受賞しているなか、主演の福山だけはノミネートすらされなかったため、会場に彼の姿はありませんでした。
    この状況に福山のファンは『ましゃが、かわいそう!』『仲間外れにするなんて酷い』『主役だけがノミネートされないなんて不自然』と同情や不満の声が殺到しました」(前出・映画ライター)

     だが、盟友・是枝監督の4賞総ナメには、福山も喜んでいるに違いない。


    【福山雅治「日本アカデミー賞」で1人だけハブられファンが悲鳴!…『主役だけがノミネートされないのは不自然』】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 おうか ★ :2018/02/18(日) 16:38:11.69 ID:CAP_USER9.net

     サスペンス・アクション映画「マンハント」(ジョン・ウー監督)の公開記念舞台あいさつが18日、大阪・TOHOシネマズ梅田で行われ、主演の福山雅治(49)、桜庭ななみ(25)が登壇した。

     9日に封切られ、これが最後の舞台あいさつ。映画のロケ地・大阪で福山は「帰ってまいりました!」。撮影にエキストラで参加した観客も多く、「こんなに出演者がいらっしゃる舞台あいさつは、なかなかない」と喜んだ。

     福山の大阪滞在中の楽しみは、日没の撮影終了後に堪能した「牛皿とビール」だったと明かし「吉野家も他の牛丼店もいいんですけど、松屋がおいしい。ビールが安くて、スーパードライが150円(小ジョッキ)。それと牛皿を食べるのが楽しみでした。東京ではほとんど行かないですけど、楽しかった」。CM出演する銘柄をPRしつつ、庶民的な横顔をのぞかせた。

     一方、世界的巨匠の作品への出演でうれしかった事として、「そりゃハトです」と、ウー作品おなじみのシンボルを挙げた。「(共演の)チャン・ハンユーさんとのアクションで、2人の間を通して飛ぶよう、“ハト師”が2人、ハトを持って待ってるんです。ハトと一緒に映るのが夢だっったから『飛べよ、飛べよ』と。自分に『おめでとう』と思いました」と裏話を披露した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000155-sph-ent


    【福山雅治「マンハント」ロケ地・大阪での楽しみは「松屋で牛皿とビール」】の続きを読む



    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    1 おうか ★ :2018/02/17(土) 13:10:06.00 ID:CAP_USER9.net

     歌手で俳優の福山雅治(49)が17日、都内で行われたチャン・ハンユー(53)とのダブル主演映画「マンハント」の公開記念舞台あいさつを行った。

     無実の罪を着せられた弁護士(ハンユー)と、彼を追う孤高の刑事(福山)を描いた物語で、監督はアクション映画の世界的な巨匠ジョン・ウー氏。福山はウー作品について「スケールが大きい」と繰り返し、きちんとした台本がなかったことなどを明かした。

     同席した池内博之(41)についても「最初にキャスティングされた役から変わった」と暴露。池内は当初、福山を追う警察側の役でキャスティングされたが、人殺しの役に変更されたという。

     観客も驚く中、福山は「最初のシーンは大阪でカーチェイスするアクションシーンの予定が、許可がおりなくて。次が溶鉱炉の中。スケールアップしたなと思ったら、最終的にトラックにダイナマイトが仕掛けられているシーンに変わった。極め付きが池内さんが警察の人から人を殺しまくる人に変わった」と笑顔で振り返った。

     ガンアクションシーンは監督のこだわりで何度も撮影したといい「自分でも持ち慣れてないので、撮影に入る前、劇で使う銃を持ち歩いてた。家でも触ったり、なじむようにしていた」と告白すると、客席から「エ~ッ」と声が上がった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000067-dal-ent


    【【映画】「マンハント」福山雅治、銃に慣れるため持ち歩く】の続きを読む



    (出典 jprime.ismcdn.jp)



    1 名無しさんは見た!@放送中は実況板で :2017/12/07(木) 00:16:51.38 ID:tOGHNg7F.net

    福山雅治が追い詰められている。今年の大みそかに放送される『第68回紅白歌合戦』への出場も決まり、一見すると順風満帆のようだが、
    シングル曲の売り上げが目に見えて落ちているのだ。

    「今年9月に発売した『聖域』は通算32作目のシングル曲。福山が持つ男性ソロアーティストおよび、シンガーソングライター歴代1位となる
    シングル首位獲得作品数記録を更新と華々しく報じられました。しかし、売り上げ枚数は5.8万枚で、約220万枚売り上げた『桜坂』はもちろん、
    2年前に発売した前作『I am a HERO』の約19万枚にも及ばない結果でした」(芸能記者)

    この聖域は、7~9月に放送された武井咲の主演ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の主題歌で、『通常盤』、『初回限定盤 25周年ライブDVD付』、
    『ファンクラブ限定 BROS.盤』、『初回限定盤 Music Clip DVD・弾き語り音源付』と4種類の形態でリリースされた。福山も音楽番組を筆頭に
    各メディアに出演したが、売り上げの数字は決して突出しているとは言えない。

    12月発売のニューシングル『トモエ学園』はドラマ『トットちゃん』(テレビ朝日系)の主題歌で、黒柳徹子と一緒に番組宣伝として音楽番組に出演したり、
    母校の小学校を訪れたMV(ミュージックビデオ)をYouTubeに公開するなど話題作りをしている。だが、盛り上がりはいまいちで、「コケた」と言われるのを
    気にしたのか、CD発売ではなく枚数をカウントされないiTunesなどのインターネット配信のみだ。


    【福山雅治、「人気急落」を感じさせる現象の数々】の続きを読む



    (出典 grapee.jp)



    1 muffin ★ :2018/01/06(土) 10:36:20.04 ID:CAP_USER9.net

    http://www.narinari.com/Nd/20180147458.html
    2018/01/06 08:55

    歌手で俳優の福山雅治(48歳)が、1月5日に放送されたバラエティ番組「天海祐希・石田ゆり子の『スナックあけぼの橋』×福山雅治『ウタフクヤマ』合体新年会SP」(フジテレビ系)に出演。
    「イケメン!」と連呼する女優の天海祐希(50歳)に「イケメンと言ってもらったの久しぶり」と語った。

    「僕がイケメンだったのは90年代だったんですけれど、その時代はイケメンという言葉はなかったんです」と語る福山。
    天海が「じゃあなんて呼ばれてたの?」と聞くと、間髪入れずに「“抱かれたい男”です」と返答した。これにはスタジオから「ステキ!」「言ってみたい」と声が上がる。

    さすがに照れくさくなったのか、「今、なんかすごく調子に乗ってる…」と弱気になる福山だが、天海は「調子乗ってない。なってない。日本全国探して福山雅治が強気じゃなかったら誰が強気に出られるわけ?」とフォローしてみせた。

    Twitterなどネットでは「福山さすがだわ」「いいドヤ顔だった」「福山雅治になりたい…」「天海祐希と一緒に飲みたい。すごく楽しそう」といった反応が寄せられている。


    (出典 cdn.narinari.com)


    (出典 cdn.narinari.com)


    【福山雅治「僕がイケメンだったのは90年代」「その時代はイケメンという言葉はなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ