気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: ジャニーズ



    (出典 geitopi.com)



    1 ばーど ★ :2018/10/16(火) 11:24:17.19 ID:CAP_USER9.net


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    「SMAP」という言葉が、消えてしまうのか。分裂騒動を引き起こし、一昨年、惜しまれつつも解散したSMAPの元メンバーはジャニーズ事務所内に木村拓哉と中居正広を残すのみとなったが、その2人に対して「元SMAP」の名称を使わないようにという“使用禁止令”がメディアに通達されていた。いったいどういうことなのか?

     この夏、木村は主演映画「検察側の罪人」が公開され、一時は連日のように番組に出演し、作品のPRに奔走していた。そんな動向が連日、報道される中、ある出版関係者は「ちょうどそのころメディアに対して、ジャニーズ事務所から『キムタクや中居正広に関しては“元SMAP”という肩書を使わないでくれ』というお達しが内々で出ていたんです。キムタクは『俳優の木村拓哉』で、中居は『タレントの中居正広』ということでやってくれという話でしたね」と明かす。

     2016年末の解散以降、即座に「SMAP」という文字を使わないメディアもあったが、「元SMAP」という文言を使用し続けている社も存在した。「まだ使っているところに通達が入った形です」と同関係者。

     すでに解散したとはいえ、一世を風靡したグループ名だけになぜなのか?

     あるテレビ局関係者は「過去を消すということではなく、いつまでもSMAPという文字が使われるのは、本人たちにとっても過去を引きずっているようで、マイナスイメージにつながりかねない」というワケだ。

     それだけではない。17年9月に事務所を辞めた香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の3人が立ち上げた「新しい地図」の影響もあるのではないかという。

     芸能プロ関係者は「新しい地図の3人の躍進は目覚ましいですからね。『元SMAPの3人』という言われ方をしているケースが多いことから、『元SMAP』というと、どうしてもその3人のイメージが強すぎる。3人は地上波のテレビ番組こそ出てませんが、ビッグスポンサーのCMに出まくっている。キムタクや中居がそういう彼らと比べられるのも、決してプラスにはならないという判断もあるんじゃないですか」。

     とはいえ、木村らが「SMAP」だったということをNGにしているのではない。前出のテレビ局関係者は「キムタクが映画(「検察側の罪人」)のPRのために(ダブル主演の)嵐の二宮和也と出演した番組では、SMAPのグループ名の由来などについて話していたこともあるので、彼らにとって、SMAPのことは話してはいけないものでもないし、ましてや“黒歴史”ということでもない。ただ、単にメディア向けの措置と考えていいのでしょう」と話す。

     SMAP解散以後の木村は、解散を加速させた張本人といわれ人気を落としている。「そういう意味でもSMAPの文言はキムタクに、あまりいい影響を及ぼさないかもしれない」(前出のテレビ局関係者)

     使用禁止という措置も致し方がないのかもしれない。

    10/16(火) 11:02
    東スポWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000008-tospoweb-ent


    【ジャニーズ事務所、木村拓哉・中居正広に対し「元SMAP」“使用禁止令”】の続きを読む



    (出典 a-omoshirokatta.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/08(月) 19:44:19.08 ID:CAP_USER9.net

    9月29日?30日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、3位にV6の岡田准一の主演映画「散り椿」が入った。

    同作は名カメラマンの木村大作氏が映画監督第3作として手がけた時代劇だ。同28日から全国342スクリーンで公開され、土日2日間で動員9万2000人、興収1億0800万円を記録したのだが…。

    「ターゲット層はシニア世代の作品ですが、ほかにターゲット層がかぶる作品もなく、もっと動員できると思っていました。
    正直、岡田の主演作としてはかなり物足りない数字です」(映画業界関係者)

    ここ数年の岡田の主演作では「永遠の0」(13年)が興収87・6億円、「蜩ノ記」(14年)が11・2億円、「海賊とよばれた男」(16年)が23・7億円、
    「関ヶ原」(17年)が24・0億円をそれぞれ記録。これらの作品で数々の映画賞を受賞していた。

    「今や映画業界では『侍や軍人は岡田に頼めば鉄板』と言われている。そんな期待に応えるべく、岡田はフィジカルトレーニング、
    映画の撮影に必要な殺陣の鍛錬などを欠かさない。しかし、今作でややその評判がダウンしてしまった」(同前)

    昨年12月に結婚した妻で女優の宮崎あおいが第1子の出産を控える岡田。

    宮崎との新居として、岡田は都内に5億円の豪邸を建てたことも報じられている。

    「もともと、岡田は宮崎との不倫交際からスタート。事務所としてもそのイメージをなんとか打ち消したいが、ここに来て“ファン離れ”が起こり映画の動員に響いたのかもしれない」(芸能記者)

    初のホラー作品となる主演作「来る」(12月7日公開予定)の公開を控えた岡田だが、とりあえず、「散り椿」の動員が気になって仕方ないはずだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1536185/
    2018.10.08 18:40 リアルライブ


    (出典 pds.exblog.jp)



    (出典 prt.iza.ne.jp)


    【V6岡田准一、新作主演映画が期待はずれ? 「侍や軍人を任せれば間違いない」と評判も】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/09(火) 11:29:21.65 ID:CAP_USER9.net

    「松本さんは最近、親しい友人に胸の内を明かしたそうなんです。“ちょっと、しばらくは結婚できないかな……”と話していたんだとか」(松本の知人)

    11月から、嵐のデビュー20周年5大ドームツアーが始まる。今年8月に『週刊女性』はアニバーサリーイヤーが終われば結婚が現実味を帯びると報じた。

    「二宮和也さんと松本潤さんは結婚を熱望していて、事務所サイドも認めざるをえなくなったそうです。
    まずは、ファンから“真央潤”と呼ばれて交際を応援されている松本さんと井上真央さんから結婚させようと考えているとか」(スポーツ紙記者) 

    「いつになったら娘と結婚してくれるの」

    松本と井上の交際は10年以上も続いており、ファンも祝福するようになった。

    松本と井上に関しては、何度も破局説が浮上してきた。'16年末には、『週刊文春』でセクシー女優の葵つかさとの浮気を報じられている。

    「いろいろあっても、破局という話にはなりませんでした。井上さんのお母さんから、“いつになったら娘と結婚してくれるの?”
    と言われたこともあって、中途半端な気持ちではなく、真剣に彼女と結婚したいと考えるようになったのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

    頻繁に合コンに参加しているという報道もあり、松本の奔放な女性関係が結婚への障害になると心配する声もあった。だが、そんな私生活にも変化が生じているという。

    「最近は男同士で飲むことが多いみたいですね。結婚を控えて行動を改め、彼女に余計な心配をかけないようにしているのではないでしょうか」(ワイドショー関係者)

    自身のプライベートを見直すと同時に、仕事に臨む姿勢も改めている。

    「嵐のステージ演出をしている松本さんは、いまが本人にとってもグループにとっても大事な時期だと気づいています。

    今年いっぱいで表舞台から去り、Jr.の育成を中心とした裏方に回ると決意した滝沢さんや、SMAPが解散して、今まで以上に映画の宣伝や新しいジャンルのCMに出ている木村拓哉さんの背中を見て、
    “嵐ももっとジャニーズを引っ張っていく存在にならなければいけない”と考えているようです」(前出・芸能プロ関係者)

    事務所の状態が不安定ななかで、自分の話題でさらなる混乱を与えてはいけないという思いもあるのだろう。

    「ゆくゆくは結婚するつもりなのでしょうが、いま結婚することは自分にとってもグループにとっても、ステップアップにならないと思っているのでは」(同・芸能プロ関係者)

    冒頭の発言も、無責任に先延ばししているということではない。

    「彼自身は井上さんとの結婚をきちんと考えていますよ。ただ、明確な日取りまでは決まっていなかったようで、来年の秋以降でできればと考えていたようなんですけどね……」(前出・松本の知人) 

    嵐の代表曲『One Lоve』では《百年先も愛を誓うよ》という歌詞があるが、“愛を誓う”のはもう少し先のことになりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00013503-jprime-ent
    10/9(火) 5:00配信


    (出典 geitopi.com)


    【松本潤が親友に漏らした“結婚延期”、ウラにあった苦渋の事情とは】の続きを読む



    (出典 pics.prcm.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/08(月) 15:12:07.26 ID:CAP_USER9.net

    キンキファンが揺れている。

    毎年この時期にファンクラブ会員宛に応募通知が届く、KinKi Kidsの年末年始の東西ドームコンサート。
    1月1日が堂本光一の誕生日ということもあり、誕生祝いも兼ねて、1997年のデビューから21年も続いていた、もはや“伝統”と言ってもいいほど定番のライヴが、今年は開催されないことが決定した。

    ジャニーズWebのファンクラブ会員向けのページには以下のような文面がアップされている。

    「昨年、皆様にご心配をおかけした堂本剛の症状は、少しずつ回復に向かっているものの、
    ドームクラスの公演の音圧に耐えうるまでには、残念ながらまだ回復しておりません。
    (中略)KinKi Kidsとしてのパフォーマンスに制限がかかり、万全な形をお見せすることが出来ないことを考えますと、一旦、今年のドームコンサートはお休みさせていただこう、という結論に至りました」

    昨年、KinKi Kidsはデビュー20周年を迎えた。アニバーサリーな展開の続く中、6月に堂本剛が突発性難聴を患い、様々な場面で演出などの変更が余儀なくされた。
    恒例のドーム公演は、「オーケストラやアコースティックな編成なら、耳に負担をかけずにコンサートができるかも」ということで、
    全編フルオーケストラ形式に。ジャニーズライヴにつきもののうちわとペンライトを排除したこともあり、彼らの歌からは、“言葉”と“音”が結晶化してクリスタルの輝きをまとったような、張りつめた美しさが感じられた。
    あの広い空間で、オーケストラや演者だけでなく、観客も含め、そこにいる誰もが音に集中した。神聖な体験だった。

    KinKi Kidsは、ジャニー喜多川という天才プロデューサーが生んだ、紛れもない“最高傑作”である。
    「硝子の少年」「愛されるより愛したい」「フラワー」など、誰もが知るヒットソングを抱え、がデビューから22年、39枚連続シングルオリコン1位という記録を更新。
    東京ドーム公演も、昨年の12月17日の公演が通算56公演目、20年連続という記録を“更新中”だった。その音楽性は、アイドルの範疇を超えており、
    彼らが打ち立てたいくつもの記録は、記録好きのジャニー社長を大層喜ばせてきたはずだ。
    シングルの連続1位記録はこれからも続くだろうが、東京ドーム連続公演記録の更新は、今年末で途切れることになる。

    今回、恒例のドームコンサートが中止になったことで、ファンは大いに嘆いている。
    でもそれは、単に「楽しみにしていたコンサートをやらない」ことに対する落胆や動揺ではない。
    「KinKi Kidsとしてのパフォーマンスに制限がかかり、万全な形をお見せすることが出来ない」という文面を、剛のファンは、
    「光一が剛に完璧なものを求めすぎたのでは?」と、光一のファンは、「剛がまた“できない”とワガママを言ったのでは?」と、それぞれに“相方”のせいじゃないかと、邪推してしまっているのである。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00010004-friday-ent
    10/8(月) 9:10配信


    【KinKi Kids 恒例のドーム公演中止発表 「過激派」光一担と「穏健派」剛担が邪推合戦か?】の続きを読む



    (出典 kininaru8.net)



    1 ひかり ★ :2018/10/06(土) 13:26:24.26 ID:CAP_USER9.net

    【平野紫耀/モデルプレス=10月6日】King & Princeが出演するフジテレビ系ドキュメンタリー番組『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』(毎週金曜25時25分~25時55分/初回は25時35分~26時05分)が5日よりスタート。
    平野紫耀が、昨年ジャニーズ事務所を辞めようと思っていたことを明かした。

    ◆平野紫耀、昨年ジャニーズを辞めようと思っていた

    今年5月に「シンデレラガール」で華々しいデビューを飾ったKing & Prince。平野はその中でもCMやドラマに単独出演、映画で主演も務めるなどエースとして引っ張っていく存在に。一方で「俺、全然王道じゃない」
    「本当にアイドルに向いてないんですよ」と本音をこぼす。

    密着取材では、平野の地元である愛知県・名古屋市でのインタビューも敢行。慣れ親しんだ故郷で、解放された様子の平野は、もし今の仕事に就いていなかったら何になりたかったのか問われると「ダンスの先生、保育士、自衛隊」と
    答え、「人を守るのが好きで。守りたがっちゃうんですよね。社会科見学とか、ずっと陸上自衛隊に行っていた」と自衛隊への憧れを口に。

    さらに「去年(ジャニーズを)辞めて、自衛隊に行くつもりだった」とも明かし、「『もう今年辞めようかなって思ってるんです』って言って。CMをやっていたので、CMの契約期間が切れたら、辞めようと思っていましたね。
    パツッと辞めて、どっか行ってやろうかと思ってました」と告白。しかし「すごい素敵な言葉で止めてくださったんで。事務所の人も。僕は被災地とか行って助けたかったんですけど、その人に言われたのは『身体的な面で
    助けてあげることはできないけど、テレビを見たり雑誌を見たりコンサートで見たりして、“また明日から頑張ろう”って精神面で助けてあげることはできるんだよ』って言われて」と
    事務所のスタッフからの言葉で考え直したようで、「確かに今までもいたんですよ。ファンの人で。『紫耀くんのおかげで、元気になれました』とか『明日から学校頑張れます』とか」とファンの支えになれていることを感慨深げに語った。

    ◆平野紫耀が「死ぬなよ」と言い続ける理由

    また、「最近、僕の身内とか、去年、友達とかでも死んじゃった人が多いので…すっごい死んじゃうんだもんな」と神妙な面持ちで切り出した平野。「だから僕、コンサートの最後とかで『死ぬなよ』って言うことが多いんですよ。
    コンサートで僕と目が合わなくても、僕を見てくれてる人、僕と関わった人はなるべく死なないでもらいたいなっていうのが多いですね。僕もこれを続けてる理由としては、みんなに元気を与えたいっていうこともあるので」と
    決意を明かした。(modelpress編集部)

    情報:フジテレビ

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12160-100151/#article


    【King & Prince平野紫耀、ジャニーズを辞めて自衛隊に入ろうとしていた 続けたキッカケ・決意を明かす】の続きを読む

    このページのトップヘ