気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: ジャニーズ



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/19(水) 23:59:38.67 ID:TJDjzr1T9.net

    ◆ ジャニー喜多川氏の緊急搬送報道の裏で気になるあの“女帝”の近況

    ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏(87)が18日、都内の病院に救急搬送されたことを、一部メディアが報じた。
    記事によると、同日昼過ぎ、119番通報があり、救急搬送。通報は「ジャニーさんが倒れた」という内容。
    そのまま入院したとみられ、搬送先の病院には多くの報道陣が集まったというのだ。

    「5月末には各スポーツ紙のジャニーズ担当の記者との食事会に顔を見せていたようです。
    ここ数年、足腰が弱ってしまい、誰かの肩を借りないと歩けないような状態だったといいますが、そこまで具合が悪かったとは。
    関係各所は来たるべき“Xデー”に備えて準備を整えているところです」(ワイドショー関係者)

    そこで気になるのが、ジャニーズに“女帝”として実務を取り仕切っていた、ジャニー氏の姉で事務所の副社長であるメリー喜多川氏(92)の近況。
    数年前には、「週刊文春」(文芸春秋)のインタビューに応じ、当時の元SMAPのチーフマネジャーを記者の前で“公開説教”するなど県勢を振りかざしていたのだが…。

    「常時、運転手付きの車で移動。
    数年前までは都心にある焼き鳥店で1人で食事を楽しむこともあったようですが、最近、すっかりその姿を見かけなくなってしまったようです。
    その理由ですが、やや認知症気味だというから驚きです」(週刊誌記者)

    両巨塔の健康状態は悪化--。
    いよいよジャニーズ帝国の崩壊が始まってしまったようだ。

    週刊実話 2019年06月19日 21時15分
    https://wjn.jp/article/detail/3008876/

    (出典 wjn.jp)


    【ジャニー喜多川(87)の緊急搬送報道の裏で気になるあの“女帝”メリー喜多川(92)の近況は…】の続きを読む



    (出典 nensyu.site)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/20(木) 15:51:34.95 ID:mC8+lH+r9.net

    ◆ KinKi Kids堂本光一、『FF11』を7年間プレイしていたと告白 剛「切な……恐ろしい……」

    KinKi Kidsの堂本光一、堂本剛が6月17日に放送されたラジオ番組『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)にて、「思い入れのあるゲーム」というテーマでトークを繰り広げた。
    番組では、リスナーから寄せられたメールを紹介。
    そこには、先日『週刊ファミ通』で実施された「平成のゲーム最高の1本」を決めるアンケート調査にて「クロノトリガー」が1位になったことに触れつつ、「お二人にとって思い入れのあるゲームは何ですか?」と書かれていた。

    このメールを受けて光一は「意外やな。『クロノトリガー』なんだ」と同作の1位獲得に驚いた様子。
    「ドラクエとかファイナルファンタジーっていうのは、もう昭和になるってこと? 1作目が昭和だから、『それは昭和の作品にしましょう』みたいな感じかな?」と推察し、「だってあの社会現象的に、絶対にそっちのほうが上にきそうやん!」とイマイチ納得がいかないようだった。

    アツく語る光一を尻目に、剛は「いや~、ちょっと俺、ゲームわかれへんなぁ」と冷めた調子でポツリ。
    どうやら剛はロールプレイングゲームの「エンカウント方式」が苦手らしく、「イベントに入った時は人っぽくなってちゃんと動いて、操作するときはそうじゃないみたいなのが好きじゃないんですよ」というと、すかさず光一は「最近はエンカウント方式じゃないものが多い」と説明したうえで、「僕が山登りとか一生懸命やってたやつもそうでしたよ」と述べた。

    すると剛は「山登り……」と、いぶかしみながらチクリ。
    気にせず光一が「海行ったり、山登ったり……」と続けると、「いやいや、ゲームやから。山登りとかじゃないのよ」と指摘していた。

    ちなみに何のゲームをやっていたのかと問うと「ファイナルファンタジーXI」と答えた光一。
    「ずっとやってたんですよ。7年くらい」と付け加えると、剛は「ちょっと待って、引くねんけど。7年も同じものを……?」と驚愕していた。

    しかし、光一は「もっと引くこと言ったろか?」と“隠し玉”があるらしく、「総トータルプレイ時間っていうのが見られるんですよ。
    それが900何日かになってて。7年のうちの3年くらいはゲームしてたんやって」と告げると、剛は「切な……恐ろしい……」と絶句していた。
    なお、膨大なプレイ時間になった理由は、ゲームを有利に進めるべく、仕事に行く間も電源をつけっぱなしにして放置していたかららしい。

    このように、長らく『FF XI』に夢中になっていた光一だが、ある日を境にパタリとやらなくなったとのこと。
    というのも、7年かけてようやくお目当ての装備一式をそろえて「やっとここまで来たよ」と感慨にふけっていたところ、突如として大型アップデートがあり、その苦労してゲットした装備が大したものではなくなってしまったのだという。
    光一は「それでちょっと萎えたのよね」としつつ、「でも、いまだにその音楽とか聴いたら、思い出すよね。所詮ゲーム、されどゲームというかね」と懐かしそうに振り返った。

    リアルサウンド 2019.06.20
    https://realsound.jp/tech/2019/06/post-377759.html


    【KinKi Kids堂本光一、『FF11』を7年間もプレイしていたと告白 剛「切な……恐ろしい……」と絶句】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/16(日) 11:20:47.92 ID:CpNH7YXd9.net

    ◆ 関ジャニ大倉も脱退か 3月に脱退報道・錦戸に続き…グループ空中分解危機

    関ジャニ“空中分解”の大ピンチ! ジャニーズの人気グループ・関ジャニ∞が激震に見舞われている。メンバー錦戸亮(34)がグループを脱退するのでは?と報じられているが、どうやら抜けるのは錦戸だけでは収まりそうにない。大倉忠義(34)にも錦戸同様“危険なニオイ”がプンプン漂っているとの声が漏れ伝わっているからだ。大倉の心中にいったい何が起きているのか。このままだと、嵐に次いで人気面でも双璧といわれるグループが、空中分解してしまいそうだ。

     錦戸が「グループを脱退するのでは?」と報じられたのは、3月のことだった。ただ、3か月が経過した今でも、ジャニーズ事務所からは何の発表もない。

     むしろ、7月からスタートする5大ドームツアーの開催が決まるなど、関ジャニは“通常運行”しているかのような様相を見せている。

     ある芸能プロ幹部は「錦戸の“辞める、辞めない”との話になると、いろいろ情報が錯綜している部分はあるようですが、もはやグループの脱退は避けられそうにもない状況。今では事務所の所属をどうするか、というところまで話は進んでいるようです」と声を潜めている。

     来月から始まる5大ドームツアーには錦戸が参加すると発表していることもあり「9月頭のツアー終了までは発表しないし、本人の心変わりの可能性をジャニーズとしては待っているフシもあるようです」(同幹部)。

     どうやら「1減」は避けられそうもないが、さらにもう1人、心が大きく揺れているメンバーがいるという。

     あるテレビ局関係者は「大倉ですよ。今年に入ってからはグループでの活動以外、新しい仕事を受けようとしないし、そもそも仕事の話をまったくしたがらないそうです。なんだかモチベーションがガタ落ちしているみたいで、錦戸と同じタイミングでグループを辞めるんじゃないか!?と不安がる声が、複数聞こえてきます」と表情を曇らせる。

     大倉といえば、昨年末に自身のブログでストーカー被害に遭っていることを明かし、騒動になった。

    「ブログでは『普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ』と引退をにおわす発言までしたこともあり、大きな話題となりました。今年に入ってからは、そのストーカー騒動そのものも鳴りを潜めたので大丈夫かなとみてましたが、大倉の気持ちの方が切れちゃったみたいで、事務所を辞めるのも時間の問題と見ている人は少なくない」と前出の関係者はいう。

     メンバーだった渋谷すばる(37)が昨年末にジャニーズ事務所を退所し、今年に入ってからは6人で活動してきた関ジャニ。錦戸、大倉と、2人も減ってしまうことになれば、グループとしての存続はかなり厳しいものとなる。

     前出の芸能プロ幹部は「こういう事態を見据えていたわけではないでしょうが、いまは村上(信五)が司会業を順調にこなし、横山(裕)はジュニアのプロデュース業に励んでいるように、個々の活動を充実させています。グループに縛られなくてもいいところまできているようには見えますが…」。

     メンバーが2人抜けて関ジャニ解散――こんな最悪の事態を事務所が覚悟しているというのか。

     5大ドームツアーは9月まで続くが、ひょっとすると最後のステージで、ファンに向け重大発表が飛び出すかもしれない。

    2019/6/16(日) 11:06 東スポWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000001-tospoweb-ent


    (出典 pbs.twimg.com)


    【錦戸に続き、大倉忠義も脱退報道 関ジャニ“空中分解”危機】の続きを読む



    (出典 wezz-y.com)



    1 Egg ★ :2019/06/12(水) 18:01:40.99 ID:iDOxRSdw9.net

     2016年の衝撃の解散以来、常に復活説が取り沙汰されているSMAP。元メンバーの中居正広(46)もたびたびSMAPのことを口にしては、再結成の可能性をにおわせているが、それを阻んでいるのも実は中居本人だというのだ。そこにはある元メンバーとの深い溝が潜んでいるという。

     元SMAPの5人の現状は、香取慎吾(42)、草なぎ剛(44)、稲垣吾郎(45)の3人がジャニーズを退社し、中居と木村拓哉(46)が残留。木村が独立に反対したことが分裂の原因だったとされている。

     解散から2年以上が過ぎ、元メンバーの口からもSMAPの話が自然と出るようになってきた。そんな中、発売中の『週刊文春』に興味深い中居の発言が掲載された。

     中居が、親しい番組関係者に対して、草なぎ・香取・稲垣の3人を「番組で使ってほしい」と頼み込んでいるというのだ。

     こうした報道に「3人は映画や舞台、ネットテレビ、アーティスト活動など幅広い活動をしているが、地上波のテレビだけはいまだにままならない状況です。中居はそれに気をもんでいるそうです」と民放関係者も理解を示す。

     最近の5人の活動にはどこかしらにSMAPのにおいが感じられることがある。木村はラジオ番組でSMAPの曲を流してファンを喜ばせ、香取は出演したイベントの共演者が木村を思わせる名前だったときに、それをイジるだけの余裕が出ている。

     こうした、ちょっとした出来事の積み重ねが、SMAP再結成への期待につながっているのだ。2020年の東京パラリンピックがそのタイミングともささやかれる。

     「解散のとき、一番頑なだったのは香取だったとされていますが、時間がたつにつれて、香取と中居、香取と木村の間の溝が徐々に薄れています」とベテラン芸能リポーターは指摘する。

     「しかし、最大の障壁は中居と木村の間にある溝ですね。特に中居が木村に対して思うところがあるというんです。もともとは中居も独立派でしたが、木村の単独行動がそれをつぶしたという思いが今も強く残っているのです。テレビ番組で謝罪したときも、リーダーは中居なのに、木村が中心に立っていた。そうしたことがわだかまりになっており、今でも親しいスタッフには『木村だけは許さない』ということを漏らしているそうです。木村もそれを感じています」と、このベテラン芸能リポーターが続ける。

     四十男たちのもつれた糸が解けるときは、いつか来るのだろうか。

    2019年6月12日 17時13分夕刊フジ
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16607707/


    【中居正広と木村拓哉の間に深い溝?「SMAP再結成」における壁】の続きを読む



    (出典 news-img.fumi23.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/06/11(火) 19:23:22.32 ID:aNapUhP69.net

     ジャニーズの人気アイドルグループ「Kis―My―Ft2」(略称キスマイ)の玉森裕太(29)が10日、都内で行われた主演映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の舞台あいさつに出席。黄色い声援を一身に浴びた。

     同映画は東野圭吾氏の同名小説が原作。玉森演じる主人公のパラレルワールドを舞台にしたラブストーリーだ。

     舞台に上がった玉森は、客席をびっしりと埋める女性ファンたちをひと目見て、照れくさそうに「んふふっ」と、ほほ笑んだ。さらに「愛と感謝で、できています。玉森裕太です!」とあいさつすると大きな声援が飛んだ。

     ジャニーズ内で、いまや5本の指に入る人気者の玉森。映画のリピーターも多く、玉森ファンの間では、2回見たら「2パラ」、3回見たら「3パラ」という言葉が飛び交っているほど。この日は公開11日目にして「17パラ」という熱狂的な玉森ファンが駆けつけた。

     とはいえ、いいことばかりではない。舞台あいさつ前、女性ファンが会場に強行突入しようとして、警察沙汰になる騒動が起きていた。

    「30代くらいの女性が強行突破しようとして、関係者に腕をつかまれて止められたんです。そうしたら、その女性が怒りだし、慰謝料を請求するとか言って警察を呼んでしまったようです。いろいろジャニーズのイベントに足を運びますが、こんなことは初めて」(ワイドショー関係者)

     ジャニーズの一部ファンによる“暴走”は少なくない。昨年11月には、関ジャニ∞の大倉忠義が長年のストーカー被害を告白。イベントに足を運んだあるファンは「一部のマナーの悪いファンのせいで、私たちまで一緒にされるのは許せない!」と怒りを隠さない。

     玉森自身は「この映画は、それぞれの恋愛観で感じ方が変わる。何度見ても新鮮なので、たくさんの人に見てもらいたい」とアピールしたが、ファンが暴走することは望んでいないはずだ。


    2019年06月11日 17時00分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/johnnys/1428120/


    【キスマイ玉森裕太 暴走ファンが主演映画舞台あいさつ前に警察沙汰】の続きを読む

    このページのトップヘ