気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:俳優 > ディーン・フジオカ


    ディーン・フジオカ 爆死状態 わずか1年でマスコミ集客が激減


    NO.6449616 2018/06/03 13:10
    ディーン・フジオカ 爆死状態 わずか1年でマスコミ集客が激減
    ディーン・フジオカ 爆死状態 わずか1年でマスコミ集客が激減
     現在放送中の主演ドラマ『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)が平均視聴率5%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に低迷し、“爆死”状態のディーン・フジオカ。

    そんな危機的状況の中、ディーンが視聴者だけではなく、マスコミにも“そっぽを向かれる”状態になりつつあるという。

    「ディーンといえば2015年にNHK連続テレビ小説『あさが来た』の五代友厚役でブレーク。4カ国5言語を駆使する国際派俳優として“おディーン様”旋風を巻き起こしましたが、昨年の音楽活動では微妙な結果しか残せず、昨年10月に武井咲とW主演したドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)の視聴率も大コケと、暗い話題続きですね」(芸能ライター)

    そんなディーンだが、5月26日に公開された主演映画『海を駆ける』のマスコミ集客のプロモーションにも、大きく影響が出ていたという。

    「5月23日に日本外国特派員協会で深田晃司監督と会見を行ったのですが、午後9時台という時間もあり、芸能マスコミが15社ほど、あとは外国人記者が会場を埋めているという状況でした。昨年6月に公開となったディーン主演の映画『結婚』も同じ場所・同じ時間帯で会見をしていましたが、このときはマスコミが入りきれないのではないかというくらいの集客で、1年でこんなに差が出るのかという感じでしたね。作品内容の難解さもあって、深田監督に質問が集中。司会から英語で『ディーンさんにも質問はありませんか?』と、声がかけられ、やっと手が挙がるなど、外国人記者の反応も鈍い感じでした」(映画ライター)

    そして、同作の初日舞台挨拶ではこんな光景も。

    「ディーンによる集客を見越したのか、前方2列がマスコミ席として確保されていたものの、フタを開けてみれば2列目の席は半分ぐらいしか埋まらなかった。ムービー取材も少なく、“凋落ぶり”を目の当たりにさせられるような感じでした。とはいえ、特定のファンはいまだしっかりついていっているようで、劇場内は立ち見が出るほどと、局地的な人気は健在でしたよ」(同)

    結局、同作は全国週末興行成績でトップ10入りすることもなく、寂しい結果となってしまったディーン。

    今後、起死回生となるような作品に出会うことはあるのだろうか?

    【日時】2018年06月03日
    【提供】日刊サイゾー


    【ディーン・フジオカ 爆死状態 わずか1年でマスコミ集客が激減】の続きを読む



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 きゅう ★ :2017/12/03(日) 12:28:24.73 ID:CAP_USER9.net

     イケメン俳優として人気の“おディーンさま”ことディーン・フジオカ(37)が日本テレビに絶縁状を叩きつけた。現在、出演中のドラマ『今からあなたを脅迫します』の視聴率があまりに悪いことを受け、怒り心頭に達しているという。
     「初回は8.0%、第2話は5.7%、第3話は6.4%、第4話5.9%。前枠の『愛してたって、秘密はある。』は平均して8%はキープしていたことを考えれば、かなりヤバい数字なんです」(編成関係者)

     そもそもディーン本人にしてみたら、日テレで連ドラ初主演作に出ることなどまったくの想定外だったという。
     「高視聴率を取った『あさが来た』の制作で気心を知り合ったNHKでやると決めていたんです。ところが、事務所の後輩である小出恵介が淫行スキャンダルを起こし、『愛してたって、秘密はある。』を急遽、降板してしまった。結果、局側が違約金などを請求しない代わりに、ディーンが10月期の日曜ドラマに民放連ドラ初主演という冠をつけて制作したんです」(芸能関係者)

     なんと今ドラマは、最初から訳アリ、つまり小出恵介の尻拭いだったというのだ。そして、視聴率が上がらず苛立つディーンをさらに苦境に陥れたのが、制作発表後に発覚したヒロイン武井咲の妊娠だったという。
     「当初は普通に収録する予定が、つわりを理由にどんどん押していっているそう。台本変更も起きており、現場はかなり混乱している状態です」(同)

     イライラが募るディーンは、日テレに対し、視聴率をアップさせるための改革案を求めたという。
     「そりゃ当然です。このまま低視聴率で打ち切りになれば、ドラマ界でNGの烙印を押されてしまう。タレント価値の棄損にも繋がる。損失は単純計算でン十億円になるのではないでしょうか」(芸能事情通)

     ディーンはドラマ1本当たり120万円~のギャラを手にしているが今後は不透明。日テレに対し絶縁状を叩きつけるのもうなずける。

    http://wjn.jp/article/detail/1673135/

    (出典 images.wjn.jp)


    【主演ドラマが低迷でディーン・フジオカが日テレに絶縁状 なんとこのドラマはあの俳優の尻拭いで決定していた?!】の続きを読む

    このページのトップヘ